質問です。
コサージュ買う時何を一番の基準に購入していますか?
デザイン?金額?それは一番大切なところですよね。

コサージュを触る時、どこをつかみますか?
モチーフを触らないように必ず台を触りますって方います?

私は一番つかみやすいモチーフを触ってしまいます。
台をつかむにしても一度モチーフを持ち上げないと触れませんよね。
この時、もしモチーフがぽろって台から外れてしまったら・・・(T_T)
買ってからまだ1回しか使っていないのに~!とか思っちゃいますよね。

だから、壊れにくいものという事を念頭に作品を作っています。
多くのコサージュはグルーガンという糊でブローチ台にモチーフを張り付けられています。
これは剥がれやすくて、ある時突然ぽろって取れちゃうことがあるんです。
せっかく代金を支払って買ってくださったのに壊れてしまっては大変申し訳ないので、糊を一切使わず、薔薇も一針一針手縫いで作っています。
葉っぱも形になるように根元で縫い合わせ、台に取り付ける際は、シャワー台に切れにくく腐食しにくいステンレスのワイヤーできっちり留めています。
だからモチーフをつかんでもモチーフが外れたりしません。
コサージュは数年に1度くらいしか使わないものなので、数年後も使うことを見越して丈夫なものを選ぶことをお勧めします♪
(貼り付けでも超強力ボンドで頑丈に作られているものもありますので、貼り付けがすべて弱いという事ではありません)

 

さて、今日ご紹介するのは、1つの白薔薇のコサージュ、今度は薄いゴールドカラーの縁取りのものです。
白いバラが気品あふれたものになります。


3つの花のコサージュは3つで直径8㎝でしたが、これは1つの花で直径8㎝です。
葉っぱまで入れると11㎝になります。

着画はこちら
葉っぱはゴールドのソフトメッシュに少しキラキララメが入っています。




さらに、よく見ると同系色の天然石も入っています。
これはルチルクォーツです。
豪華でしょう~


こちらも白が基調なので、どんな洋服でも合わせやすいですね♪

裏はピンとクリップが付いていますので、洋服に穴を開けずに挟むだけで飾ることもできますし、結った髪に付けていただくこともできます。
ちなみに写真はドレスにクリップで挟んでいます。



花 直径 8㎝
全体 11㎝


AD
リボンの薔薇をいくつも作っていましたが、いくつかコサージュにしてみました。
このリボンは梨地オーガンジーと言って、梨の表面のように少しざらざらしています。
そして、輝きが普通のオーガンジーより光沢が抑えられていて、控えめなキラキラで高級感を醸し出しています。
普通のオーカンジーダと安っぽい感じですが、このオーガンジーはすごく上品な色合いなんです。

今回は、バラを花盛のようなコサージュを作ってみたくて、縁取りを青くした薔薇を3つ使って作りました。
とても華やかなものになりました。


でもね~、薔薇を3つ作るのに まぁ~時間がかかるんですよ~。
ちょっといくつも作るのは大変。
でも出来上がったものはとても気に入っています。
どこから見てもふわっとしているんですね。
縁取りを青くしているので、淡い色ですが、甘すぎずシックな雰囲気で大人の女性にも素敵ですよ。


お花だけでなく、お花とお花の間が3か所ありますが、そこによく見ないと見えないくらいの位置で水晶を入れています。
ドロップカットを立てているので、光が当たったときだけキラッと光ります。
今回お花が主役ですので、あくまで横から見た時とか花の間に少しだけ見えるようにしました。

マークの真上の辺りに水晶が見えますか?


こちらはお花の下の方ですね。
こんな風に横から見られたときにちょこっと見える程度ですが、光が当たるとカットされているので、キラッと光ります。



白い色なので、黒だったり、紺などのワンピースやスーツにもとてもよく合いますよ♪

裏面はピンとクリップが付いていまして、クリップで結った髪に付けていただくこともできます。


直径 8㎝


AD
コサージュの為の薔薇を作っているのですが、リボンから作っています。
後のリボンを手前の薔薇の形にしていくんですね。


そのあと、薔薇の花びら1枚1枚に縁取りで色を付けていきます。
これはコサージュの台座の色とちぐはぐにならないような色を選んで付けます。
まずは手前のものがシルバーのラメで縁取りしました。
奥にある2つはまだ何もしていない状態です。


これでも綺麗なんですけど、もうちょっと色を入れたいな~と思ったので、ラメのほかに少し青い縁取りにしてい見ました。
うっすら青い色にシルバーのラメを入れています。
これがどんなコサージュになるかお楽しみに~♪



AD
キットのパッキングをやっておりましたが、途中でテキストの補足説明が必要な個所が見つかったり、キットの中に入れるカバーがなかったりしたため、再度印刷業者に印刷を依頼するなどしてて、ちょっと時間がかかってしまいました。
ようやくそれも終わり、各キット20個づつで全160キットを目指しておりましたが、それぞれ20キット以上つくることができましたので、全部で190キット程が出来上がりました。

仙台の生徒さんで、モードジュエリーを終えてオリジナルベーシックコースを2つ終わらせた方が、やっぱり全部やりたいという事で、残りのキットをご注文をいただきました。
すでに上級者の方なので、サクサク作れると思います。
楽しみながら作りますというメールをいただきました。
こんなに時間が経ってしまったのに、待っててくださって、ありがとうございました。
作ることを楽しんでいただけたら嬉しいです♪


キット作りは終了したので、まだ途中だった動画の編集などを始めたのですが、以前作りかけのファイルの日付を確認すると、1年も前だったんですね~。
1年前は3月から忙しくなって、動画の編集作業が途中になったままだったんです。
ぼちぼち動画撮影と編集を始めました。
ところが、保存したファイルが何故かあちこちに飛んでいて、どういう規則で保存していたんだったか・・・
まぁ~それを理解するのに1日かかっちゃった。
どうしてこんなファイルの仕方をしていたのか、さっぱり覚えていないんですよ。
動画編集ソフトも起動できるけど、使い方をさっぱり忘れて、再度ネットで調べながらやっております(^▽^;)
時間もできたことだし動画撮影だけでなく、新商品も作りたいと思います。
今頃って感じですが、3月、4月の卒業、入学シーズンに合わせたコサージュなどこれから作ります。
お楽しみに~♪

 


今日は友達の結婚式にお呼ばれでした。
結婚式は幸せな雰囲気がいっぱいで、みんな笑顔で楽しいですね~♪
友達とみんなでずっと笑いっぱなしでした。
楽しかったです。
今日の結婚式に合わせて久しぶりに自分が身に着けていくためのアクセサリーを作りました。



ムーンストーン、ラブラドライト、アメジスト、アクアマリン、ペリドット、淡水パール、シードパール等を使っています。



着画はこちら。着けるとこんな雰囲気になります。


あまりキラキラしすぎなように、スワロフスキーなどは使いませんでした。
併せて、ピアスも新調しました。
以前自分用に作ったイヤリングがあったのですが、私の耳たぶは薄くてイヤリングが安定しないので、ピアスに作り替えてしまいました。


リーフ型の座金にパールを巻き付けています。
これは左右決まっていないのでどちらでもいいのですが、左右反対に付けるとリーフの向きが変わるので雰囲気も変わります。


さらに、ピアスの場合上下ひっくり返すことも可能ですので、こんな風に寝かせてもいいかも。


というわけで、こういうアクセサリーで参列しました。


今日はお母さんへのプレゼントを作るために体験教室に来てくださいました。
綺麗な白い貝でお母さんにバックチャームを作りたいという事で、10歳の男の子とお父さんが来てくれました。
こちらがその貝です。
この中に色を塗ってレジンでビーズや天然石を浮かべて、貝の中に海を再現しました。


作っている最中は真剣です。






さぁ~出来上がり。
奥には濃い青い空、綺麗な海とキラキラする砂浜があります。
こういうストーリーを10歳の子供が考えながら、作ったんですよ~!
12月の誕生石ターコイズ、8月の誕生石ペリドット、6月の誕生石パールにキューブとボタンカットのガラスビーズを入れています。



これをもらったらお母さん喜ぶでしょうね。
だって、思い出の貝殻に素敵なストーリーが詰まっているんですよ。
色も統一感があるし、美しい海の様子が伝わってくる作品でしょう?
本当に世界でたった一つのプレゼントです。
これをこのシルバーの素敵な宝箱に入れてプレゼントするんです。





 

すごく楽しかった、また来たいと言ってくれました。
嬉しかったです。
お母さんも喜んでくれるといいな!
是非、また遊びに来て下さいね~♪

 


トルソーに布ドレス

テーマ:
トルソーに素敵なドレスを着せたいけど持っていないので、布でドレス風にしてみました。
よく見ると全身シースルーで海外のレッドカーペットを歩く女優のようにセクシー路線になっております!
ちょっとラメの入ったシフォンジョーゼットの布を巻いただけ。
肩はレースリボン。
簡単だけど華やかになりました。


そこにゴールドのローズコサージュを付けています。





このコサージュは手が込んでいて、葉っぱの部分から作っています。
ブレードリボンというものにシードパールを付けているんです。
詳しくはこちら

こちらは紺のワンピースに合わせたときの様子です。
ギラギラした色合いのゴールドではないので、紺などに合わせると華やかだけど落ち着いた雰囲気になりますよ。
卒業、入学シーズンに活躍します。





 

 


今日は近所の高校生が体験教室に来てくれました。
普段あまり手作りとかしないという事でしたが、上手にできていましたよ。

作ったのは巻き付けフープイヤリング。
天然石とガラスビーズから好きなものを選べます。
今回は、2種類のガラスビーズを選んで交互に並べて、中央のしずく型のガラスはグレーとモンタナの色で迷っていましたが、淡いグレーの方にしました。
自由にデザインできますので、個性が出るところですよね~。
皆さん、分かります? 一見同じものに見えますが、右と左で色の配列が逆になっているんですよ!
こんなところがすごくおしゃれですね~♪


なかなか中央のしずく型のビーズをフープと接続するための小さな丸カンを開け閉めするのは、初めての方には難しくて、お手伝いすることが多いのですが、ちゃんと最後まで自分でできていました。
不器用だなんて言っていましたが、これができるなら全く不器用ではありませんよ~。
むしろ自信をもっていいくらいです。
作っている最中は、アイドルの話や部活の話などおしゃべりしながら作っていましたが、さすがに丸カンの開閉は集中するので静かでしたね。
出来上がった作品は、全体的に淡い色なので、顔が明るく見えるし、光が当たるとキラキラして綺麗なんです。
気に入ってくれたようで、午後からお出かけするのに着けていくって言いながら、笑顔で帰って行かれました。
この仕事はこの瞬間が楽しいです。
やっぱり人が笑顔になるのをみると私もうれしいですね。


体験教室はこちらでたくさん用意しているガラスや天然石ビーズから選んでいただくことができます。
興味がある方は是非遊びに来てくださいね。
どの作品もだいたい1時間くらいで仕上がる内容になっています。
内容を知りたい方はこちら→体験教室
ご連絡は045-875-0662 もしくは メールをください。


愛猫との別れ

テーマ:
私事ですが、日曜日に愛猫ラモスが虹の橋を渡ってしまいました。
年末から発作が何度か起きるようになり、3日前からおもらししたりとちょっと弱ってきているようでしたが、土曜日の診察の時には変わった様子もなく、夜も沢山ご飯を食べていたのに、日曜日の夕方から様態が急変して逝ってしまいました。
私も主人もいる目の前でどんどん様態が変化していくのに何もできず、ただただ緊急病院に連れて行くのが精一杯でした。
かかりつけの先生は、たまたま不在で診ていただくことができませんでした。
後日先生に様子を話したところ、血栓がどこかに詰まった状態だったのだと思うと言われました。
おそらく心筋梗塞のような状態だったのだと思います。

6歳で元の飼い主に捨てられて、NPO団体に引き取られ、1年間ボランティアさんのお宅を転々としていました。
その団体から私の家に来た時は7歳でした。
体が小さくて腎臓病で、ストレスから体中の毛を自分でむしり取って、そこが痒くなって掻きむしりひっかき傷が無数にある子でした。
どの病院でも長く生きられないと言われていましたが、毎日「ラモスは可愛いね。大好きだよ。1日でも長生きしてママのそばにいてね」って言ってたら、15歳まで頑張って私のそばにいてくれました。
もうすぐ16歳だったのに、これから足腰立たなくなっても付きっ切りでそばにいるつもりでいたのに。
全く手のかからない子で、私に何もさせてくれないまま逝ってしまいました。

思えばラモスが来てからですね、私のやりたいことが見つかって、こうなったら楽しいなって事が次々と実現していったのは。
ラモスにはお店を出す前にブランドロゴを決める時のモデルになってもらいました。
主人のお姉さんにラモスをモデルに輪郭をトレースしてもらって、それをロゴにしていたんです。
ラモスはしっぽが短い子だったので、この絵は少ししっぽを長くしていますが、ロゴの猫の形はラモスの輪郭そのものなんです。



家に帰って「ただいま」っていうと濁声で「に゛ゃー」ってお出迎えがないのでさみしいな。
今まで支えてくれて本当にありがとう。
ママ、ラモスと一緒に作ったお店を続けられるよう頑張るね。
そして、またいつか私の元に戻ってきてね。


ピンポンを付けました

テーマ:
お店の玄関は自由に入ってきていただきたいと思い、あえてピンポンを付けずにいましたが、見た目が普通の民家なので逆に入りにくいようなのです。
そこで、この度ピンポンを付けました。
どうぞ、ピンポンを押してくださいませ。



ピンポンはかなり大きな音なので、気が付かないという事はありませんが、故障などにより突然鳴なくなるという事も考えられます。
ピンポン押したのに全然反応がないという場合は、扉を開けて内側のベルをカンカン鳴らしてください。


外側から写している私の影が怪しすぎますね・・・(^▽^;)