広島で唯一プロナーズ認定のマンション管理士田原事務所です。

広島で唯一のプロナーズ認定マンション管理士事務所です。マンション管理適正化法の考え方に基づきマンション管理士が適切な管理組合運営をお手伝いします。役員様の負担の軽減を図りスムースな管理組合運営を実現します。
☎082-577-9034  FAX082-553-0137

マンション管理士田原事務所は広島市内で唯一のプロナーズ認定の マンション管理士事務所です。
マンション管理に関するご相談を事前予約制にてお受けいたしております。初回は無料で対応いたしますのでどうぞご連絡ください。詳細はマンション管理士田原事務所ホームページ にてお願いいたします。
マンションに関する悩みを解決しましょう。


マンション管理組合様向けのオリジナル研修も対応いたします。問題解決のための研修をご一緒に企画しませんか。

テーマ:

5月です。今日は天気が悪く肌寒いですが、昨日までは暑い日が続きましたね。

 

観光庁を中心に民泊推進を掲げる政府だが、思うように民泊特区や民泊申請は進んで無いようだ。

実際の民泊利用者は急増しているにも関わらず大半は不法民泊の様子。マスコミも不法民泊の話題ばかり。

 

一方、日本の仲介大手はビジネス客向けに「民泊サービス」の展開を考えているとの情報もある。

 

民泊の可否は各々の判断になるのだろうが、特にマンション管理組合では管理組合としての意思を決めることが大切で、何もしなければいわゆる不法民泊が出現し、「区分所有者に対する不法行為」により生活に支障が出る可能性もある。

 

民泊を認めるにしても、禁止するにしても管理組合として話し合い、その上で管理組合としての意思を管理規約や使用細則に記述しておくことがポイント。

 

民泊営業していることが判明してから後、宿泊施設としての営業を禁止する規約改正をした管理組合で不法行為責任が認められる判決が1月13日に大阪地裁から出された。民泊を禁止したいのであればその趣旨を管理規約に書くことが重要ということ。

 

管理規約改正に向けたご相談や勉強会の企画、理事会への参加 について対応させていただきます。

いつでもご連絡ください。

 
「マンション管理士田原事務所通信第54号」
 
ご相談はいつでもメールで受け付けています。
メール相談は無料ですのでお気軽にどうぞ。
マンション大規模修繕工事をはじめ、民泊問題や管理規約改正などマンション管理組合の相談はマンション管理のプロ広島で最初のプロナーズ認定「マンション管理士田原事務所」において受け付けております。ホームページからご連絡ください。または ☎082-577-9034 FAX082-553-0137 でも受け付けております。
ご相談は マンション管理士田原事務所まで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。