関西ユルクライムTT

高槻、茨木、豊能、亀岡辺りのワインディングロードをロードバイクと時々オートバイでのんびり走っています。


テーマ:

GARMIN EDGE520はシリーズの中ではコンパクトで比較的安価な、それでいてトレーニングには十分な機能を持ったサイコンです。トレーニング以外にナビゲーションとしても活用したいなら上位機種の820や1000が良いのかもしれません。EDGE520に初期状態で入っている地図は幹線国道くらいしか載っていない簡略されたものです。

 

しかし自分で地図をインストールしてやればナビとしても十分に使えます。その方法を記載します。この記事は人様のブログを見て実践してみた事をまとめて備忘録として作成しました。マップの範囲が限定されるので地方遠征にはマップの入れ替えが必要なのでその時にサクッと作業するためです(^^;

 

Free maps for Garmin brand GPS devices 
http://garmin.openstreetmap.nl/



このページでマップファイルを作成します。EDGE520のメモリーは105MBですが、これくらいの範囲のマップ

で75.8MBととなり、これをインストールすると残り18.7MBです。残り容量が少なくなるとどんな挙動が起こるか心配はあります(^^; これで普段に走る範囲はほとんど網羅されていますが、ビワイチ、アワイチ、伊勢志摩などは入りきらないので、そちら方面の時はマップファイルを入れ替える必要があります。

マップの作製ですが

Choose your map type
 Routable Bycycle選択

Choose a predefined country
 Asis
 Japanを選択

Perhaps you'd like to add some additional tiles?
 then use the map below to add and remove tiles to the selection

チェックを入れると範囲選択が可能になります。Japanを選択すると日本全土が選択された状態なので

Reset Selectionボタンをクリック

して選択範囲を一旦リセットします。それから必要な区域を選択します。選択範囲は画面キャプチャーしてどこを選択したか記録しておくと便利だと思います。

Request your map or download it directly
メールアドレスを入力してからBuild my mapボタンをクリックします。

メールアドレスにすぐに1通のメールが届きます。それから更にしばらくしてからもう1通メールが届きます。そこにダウンロード先のアドレスが載っているので、それを開くと多数ファイルがありますが、openfietsmap_lite_gmapsupp.zipだけをダウンロードします。zipファイルを解凍するとgmapsupp.imgというファイルが取り出されます。

EDGE520のGarminフォルダにgmapbmap.imgというファイルがあります。これが地図データです。これをPCに移動させて保管しておきます。先ほど解凍したgmapsupp.imgファイルをGarminフォルダにコピーします。コピーしたらリネームしてgmapbmap.imgにします。

これで地図データの変更完了(^^)



走るルートをルートラボで作成してGPXファイルとしてダウンロードします。ダウンロードのファイル名はコースとして分かりやすい名前にするといいでしょう。私のEDGE520は海外バージョンなので全角文字は使えないと思いますが、Jバージョンだとどうなのかは分かりません(^^; 半角で良いでしょ(^^)

このファイルをGarmin/newfilesフォルダにコピーします。
EDGE520のトレーニング→コースでコースを選択すればナビとして機能します。分岐点の手前でアラートが鳴るし、コースアウトしてもアラートが鳴ります。なかなか使えますよ(^^)

 

ルート作成はルートラボが一番便利で使いやすいです。MSエッジやグーグルクロームでは使用できないのでMSインターネットエクスプローラーを使用します。

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。