今までに鉄馬で走ったとこ。

        map  

               地球は、美しい! 

               世界は、面白い!! 

            生きてるって、素晴らしい!!!


             すべての繋がりに感謝。 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-28 20:34:49

ボリビア15:ホーストレッキング

テーマ:南米
2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。

  ↓↓↓↓↓


ツピサに来た目的は、馬。
バスターミナル横のホテルで、馬を聞く。1時間16ボリ。約240円。さらに15ボリまでマケてもらい、3時間45ボリのトレッキングに行く。約700円!

スタートは12時。まだ1時間半ほどあるので、ターミナルでコロッケとアイス食べる。栄養不足と言われたのを気にして食べる。

ボリビア、なんとなくアフリカ。




しけた町かと思ってたら、ちゃんと繁華街もあるし、まぁまぁ街。ウユニより大きい。ネットも一時間3ボリ(45円ぐらい)で沢山ある。

豚の腸詰めサンド。いろいろ食べたのに、まだ100円もしない。




慎さんが、ボリ飯に飽きるって言ってたけど、わかる。なんか食欲わかない。

12時。馬が来ると思っていたら、ガイドさんが歩いて迎えに来た。馬のところまで歩く。

白い馬がワタシ。




3時間のホーストレッキング♪




歩いたり、走ったり、前半は楽しかった。景色もよい。




途中、馬休憩。ワタシは、自分で歩いて渓谷をトレッキングさせられる。いや、まじで。「僕と馬たちは休んでるから、君は渓谷を歩いておいで」みたいな感じ。




後半、お尻が痛い。馬、ずっと歩く。走らない。2時半、ツピサに戻る。馬に乗ってたのは2時間ほど。でも、700円でこんなに乗れたらいいか。









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-26 20:07:43

同窓会

テーマ:滋賀県高島市

今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓


放牧。
休耕田をお借りしている。



お腹いっぱいになったら、帰って寝る。Me, too♪
今夜は宴会なので、今のうちに寝ておこう。



今日は、馬講座の同窓会。30歳以上年の離れた二人も、同級生。




近場へ、ピクニック登山。




皆さん、2年前のへっぴり腰が嘘のよう。




さぁ、ここから冒険ルートへ。




いやぁ、すごい冒険になった。 シロ君がへたり込んでしまい、救出劇になったり。 「別の道にしませんか?」と涙声で訴える生徒さん。「この道しかないのです。行きますよ!」とワタシ。

人馬一体、一致団結!

そうしてたどり着いた頂上での昼食。絶景、




人馬でひとつの群れになる。




人との距離が近い馬。




馬を気遣いつつ、坂を下りる。人馬の寄り添う心。




ご飯食べるのも、休憩も、人馬一緒。




ちょいと、展示会へ寄り道。いいモノに触れる。






橘夫妻、ひとみちゃんも来て、同窓会の宴。




同窓会♪いっつも生徒さんたちがご馳走してくれる。ありがとう!




夜も更けるころ、同窓会を企画した本人が、やっとこさ登場。我ら人馬一体ミュージカルにて、彼女をお出迎え。喜んでいただけたかしら?



人馬、共に群れる。人が馬に近いのか。馬が人に近いのか。
同窓会、いいね。いつもありがとう!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-25 20:25:45

うばがもち

テーマ:滋賀県高島市

今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓


湖岸のパン屋さん。
すぐに売り切れてしまう。広いお庭がある。馬で買いに来てもいいって。




美味しいパンの後は、山を駆ける。




緑が深くなってきた今日この頃。



母の運転手として、京都へ。帰りに「うばがもち」で昼食。30年ぶりぐらいに来たお店。和菓子「うばがもち」は、乳母のオッパイの形。






久々の場所は、古い記憶と新しい刺激があって、いいなー。



ただ日々を書き記す。それだけで、良い。自分の中だけで思考を完結していると、いつか消化できず爆発してしまう。相手がいなくても、書き記すというアウトプットがあるだけで、人は救われる。日記、ぜひいろんな人にお勧めしたい。

「徒然なるままに、日暮らし硯に向かいて、
心に映りゆく由無し事をそこはかとなく書きつくれば、  
あやしうこそ物狂おしけれ 」




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-24 20:48:46

ボリビア14:ツピサ

テーマ:南米
2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。

  ↓↓↓↓↓


そろそろ日暮れ。
でも標高がまだ高すぎるので、低くなるまで走る。日没、真っ暗になる寸前、やっとこ一気に下りだし、野宿ポイントも見つかった。セーフ。




石原くんが言ってた。アカギレも、肌荒れも、爪がボロボロなのも、栄養不足だって。ちゃんと食べなきゃ。




ウユニからツピサへの道、今のところ南米で一番よい。カメラの電池がそろそろ切れる。充電するために、宿に泊まる?こんなけ標高が下がったら、明日から夏服だな。今夜からバッテリーも外さなくて大丈夫。




朝起きて、チェーン2コマ張る。オイルも差す。セル、勢いよく回る。

さて、ツピサヘ。すごい山道なので、この先に町があること信じられない。でも、町登場。ツピサにガソリンありますように。


サルテーニャが揚げたて。1ボリ。約15円。でら安くてウマイ!






ガソリンはあった。標高高いところのアップダウンで、かなりガソリンを消費していた。ここでガソリンがなかったら、危ないところだった。

ツピサに来た理由は、ホーストレッキング!










いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-22 20:24:35

ピキピキ

テーマ:滋賀県高島市

今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓


ハンモック、今年も出してしまった。
人間を堕落させるハンモック…。




ま、それもいいじゃん。とブチ君。




堕落してもいいのよ~、とハンモックから見上げる木々の方々。




だね。スヤスヤ~。




朝の二度寝から目覚める頃、来訪者。シロ君は、いろいろ気を使ってくれる。その横で、自由気ままに寝るブチ君。




起こそうと、ブチ君の顔を引っ張るけど、ムリムリ~と、起き上がらない。そんなブチ君に、大笑いのギャラリー人類。好きなだけ寝ていいよ。その気持ち、わかるもん。起きたらお散歩いこ。




起きた。お散歩。シロ君に乗るのは、小4女子。上手、上手。




川を越えて向かう先は、本日定休日のレストラン。レストランの原っぱでピクニック。ランチを持って、お母さんが後から来る予定。




彼女は動物の毛アレルギー。顔が腫れても、かゆくなっても、馬大好き。




本日休業のレストランのテラスをお借りする。馬は自由に放牧。レストランのご厚意に感謝。いつも、ありがとうございます。




豪華メニューのランチ。2歳児の妹も「ここ、いいね!」と気に入った様子。




ピキピキ、サイコー♪




「ピクニック」の歌

丘を越え行こうよ
口笛ふきつつ
空は澄み 青空
牧場をさして
歌おう ほがらに
ともに手を取り
ラララ ララ ララ ララ
ララ ララ あひるさん
ガァガァガァ
ララ ララ ララ やぎさんも
メーーエ
ララ 歌声あわせよ
足並みそろえよ
きょうは ゆかいだ

丘を越え行こうよ
口笛ふきつつ
空は澄み 青空
牧場をさして
歌おう ほがらに
ともに手を取り
ラララ ララ ララ ララ
ララ ララ いぬくんも
ワンワン
ララ ララ ララ にわとりさんも
コケコッコー
ララ 歌声あわせよ
足並みそろえよ
きょうは ゆかいだ

丘を越え行こうよ
口笛ふきつつ
空は澄み 青空
牧場をさして
歌おう ほがらに
ともに手を取り
ラララ ララ ララ ララ
ララ ララ にわとりさん
コケコッコー
ララ ララ ララ うしさんも
モーーー
ララ 歌声あわせよ
足並みそろえよ
きょうは ゆかいだ


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-21 20:02:11

海彦&山彦

テーマ:滋賀県高島市

今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓



ミネモリサンチの昼食にお呼ばれ。
ダイビングの先生が遊びに来られるので、このご馳走。




鹿肉料理を、炊飯器で作るアヤコさん。




これも鹿肉。




ダイビングの先生。ブチ君に跨がるのは2年ぶり。




ついでにヤギ農園にも、足を伸ばす。




数週間前に産まれたばかりの子やぎ。





あーん、かわいい。



雄は、いずれ食用に。




経産婦のあやこさん。聖母の眼差し。




未産婦のワタシも授乳。




夜も、山の幸、海の幸、湖の幸が並ぶご馳走。






翌朝は、雨上がりを待って、湖へ。漁師さんの船に乗せてもらう。




普段、海の船に乗るダイビングの先生も嬉しそう。なんか、巨人の海彦、山彦を案内する小人族、てな構図に見える…。



ミネモリサンチのブログより


すっぽんが捕れた!




あー、楽しかった!


いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-20 20:46:59

ボリビア13:荒涼

テーマ:南米
2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。

  ↓↓↓↓↓


ウユニの街へ戻る。 
街へ入る手前で、昨日のチャリダーさんたちを追い抜く。




ウユニ街のガススタ、まだガソリン到着していない。うむむ、前でずっと待っていると、また5リットル入れてくれた。次の目的地、ツピサの街へ向かう。




砂漠、草原、山へと、めくるめく景色が変わる。




山へ入ってからも、最高の景色。




砂が深く、川渡も、いくつかあり。雨季は、かなりハードだろうな。




別れ道が何本もあり、迷いそうになる度、うまいこと人やランクルが来る。




人に聞かなきゃ、危うく別方向へ行っていたことも数回あり。




あるとき、停まっているランクルに、スペイン語で、「こっちで合ってる?」と聞いたら、薄汚れた助手がスペイン語で、「どこから来たの?」と聞いてくる。「ジャポン」とスペイン語で答えたら、なんとこの人、チャリダー日本人の石原くん。静岡県出身。キツイのでトラックに乗せてもらったとのこと。トラックは、パンク修理中。なんだかじゅんちゃんみたいな感じで、気が合うチャリダーさんだった。ひとしきり話して別れる。




また別れ道。セニョーラ(おばさん)に、ツピサへの道を聞く。




そちらの山道をしばらく行くと、男の子がいた。「こっちツピサ?」と聞くと、「これはタリハへの道。ツピサじゃないよ」と。えー!けっこう登ってきたぜ。何度その男の子に聞いても、ツピサじゃないと。「せ、せ、セニョーラ!」 もう少し先に家があるという。そこまで行くか。と、5km程でランクルが通りかかった。必死に「ツピサはどっち?」と聞く。なんだ、合ってんじゃん。あの少年め。ツピサそのものを知らんかったのか?まさか。








いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-18 20:19:24

飢え知らず

テーマ:滋賀県高島市

今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓


おはよー。
朝カフェ。コーヒーはあるけど、食べるものがない。



あんた達のはあるよ。安心おし。




近くで刈り取ってきた青草。初夏。草には困らない。




森を、藤の花が彩る。



小6女子とお散歩。シロ君、気持ちよさげ。



朝、電話がかかってきた。「午前中、馬に乗りたいです!」
いいよ、カモン♪ワタシもお昼からバイトやし、パケランと駆けに行こう!




パケランと駆けて、山の上へ。



山から降りるときも、シロ君へ優しい気遣いを欠かさない。




山を駆けて戻る。




彼女をバイトに行く前に送っていくと、彼女のお母さんがクッキーを焼いてくれていた。クルミいっぱい入った美味しいクッキー。頂いたクッキーを持って、バイト先へ。




この日のバイトは、昼食つき。食後のクッキー、大好評。
バイトから戻ると、山本夫妻がお友達夫妻と来訪。お茶菓子を持って来てくれたので、お茶を出す。ステキな午後のお茶タイム。






初乗馬で、馬カフェのお友達夫妻。



今日も、飢えなかった。ありがたい。

















いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-17 20:11:27

祭り

テーマ:滋賀県高島市

今の話。

いつもは以前の旅の話をアップしていますが、時々今の馬出来事を日記がてら書いています。

 ↓↓↓↓

近くの神社でお祭り。
知る人ぞ知る「七川祭」。七つの集落が、持ち回りで祭りを執り行う。

お馬さんの楽屋。衣装直し中。




エロい文句で祭りを盛り上げる奴衆。




流鏑馬の馬。



七つの集落から一頭づつ馬を出す。昔は各集落で馬を用意した。馬持ちの家の娘となれば、モテモテだったそうな。今は、京都から全頭借りてくる。




参道を、神様のところまでご挨拶にいく。祭りの当たり年ではない集落も、母衣(笠?)を担いで参加。




さて、神様へのご挨拶がすめば、流鏑馬と駆け馬。かつては流鏑馬も地元の人がしていたけど、今は小笠原流から流鏑馬の方が来られる。今回の乗り手の一人は、外国の人だった。




家でするお祭りの宴に誘っていただいた。たまたま遊びに来た名古屋のゴトちゃんも一緒におよばれ。ゴトちゃんとは20年来の友人。

先日琵琶湖で捕った鯉のお刺身。魚卵がまぶしてある。




母衣が帰ってきた。みんな外に出て、「ごくろうさんでした」と拍手で迎えて、労をねぎらう。




さて、家中に戻って宴会。みなさん、人生の大先輩の方ばかり。ワタシとゴトちゃん(二人とも40代前半)の年齢を足しても、まだ追いつかない人もちらほら。郷土料理が並んだので、名古屋のゴトちゃん、喜んでくれたかな? この宴会、大いに盛り上がり、お開きのときの言葉がステキ。

「あー、面白かった。もう一年頑張って生きようかな」。




名古屋から車で日帰りゴトちゃん。ひとりお酒を飲んでいないので、皆さんのを車で送る役になった。朝に突然思い付いて「遊びに行っていい?」と連絡してきたゴトちゃん。2年ぶりに遊びに来たら、こんな展開になるとはね。私にも想像つかなかった。ありがとね。

夜はうちんちで焚き火。酔っぱらって使い物にならない主の代わりに、馬たちがもてなしてくれたらしい。




夜遅くなる前に名古屋へ戻ってったゴトちゃん。
お疲れさまでした。ありがとー。












いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-16 20:37:32

ボリビア12:寒い塩湖

テーマ:南米
2002年ー2007年にバイクで旅した思い出話。

  ↓↓↓↓↓


魚島には、レンジャーさんがいる。
魚島の宿の管理人でもあるビキとワルドさん。夜にはウユニの街へ帰っちゃう。また朝にやって来る。

魚島の宿に泊めてもらってよかった。部屋の中は、毛布5枚かぶれば、少し汗ばむぐらい温かい。でも外は激寒。氷点下。どうやらお腹を壊したようで、トイレは夜閉まるし、朝まで開かないし、すごく困る。トイレが朝まで閉まるのは、水が凍るからかな。

明け方、塩湖がピンク色に染まった。




朝、やってきたビキさんとワルドさんに、朝ごはんを頂く。コーヒーが温かいのが嬉しい。バッテリーをバイクに装着して、パッキング。手が凍える。アカギレができている。人差し指と、親指と、手のひら。寒すぎて痛い感覚もなし。ビキさんとワルドさんにお礼を述べて、出発。

魚島を一周して帰路へ。




10kmも走らずして、手が痛くてエンジンで温める。でも、エンジンもそんなに熱くなってない。また10km走って、手を温める。でも、これじゃ距離が進まない。そこで、ビニール袋に手袋ごと入れて走る。するとマシ。20kmは走れるようになった。



フラミンゴの群れが、飛んで横切る。写真には撮れそうにないので、夢中で心に焼き付ける。すぐ目の前を飛んで行く。うわぁ、うわぁ、と声が出た。



魚島。




ウユニ塩湖を後にして、ウユニの街へ戻る。










いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。