天蓋を覆い尽くさんばかりな満天の桜。
 その花びらの舞い落ちる先に、シェル・レランのシェフ達が持てる限りの粋を尽くした、豪勢な料理の数々。
 それを囲うのは勿論、シレーナを初めとするシェル・レランの面々。
 歌い、踊り、喋り、食べ。
 うららかな春の陽気を祝うかのように、どんちゃん騒ぎを楽しんでいた。
 宴もたけなわ。
 空の重箱が積み上がりはじめている。
 と、そんな時。周りからはやし立てられるように、1人のエルモニーがすくっと立ち上がり、皆の注目を集めた。
 それと同時に喧噪がピタリと止んだ。今までの陽気はどこへやら、まるで豪雪地帯の真冬のような、静まりかえった冷たい空気が張りつめた。
 ・・・エルモニーが喋り始める。
 「えっと、えっと・・・みんな、今までありがとう! このシェル・レランで覚えたことや一杯の思い出は、絶対に忘れないよ。」
 エルモニーを取り囲む輪の中から、すすり泣く声や、別れを惜しむ声が聞こえる。
 「それじゃみんな・・・元気でね。」
 エルモニーはそっと、マイク代わりのフライパンをレジャーシートの上に置き、ゆっくりとその姿をスポットライトから・・・。
 「・・・ってこら! ライチ君、そこまでしなくてもよろしくてよ!」
 バシッ!!!
 とそこで、シレーナの突っ込みが入った。
 「たかだか一週間、交換留学でグロム・スミスに体験入会するだけではないですか。大げさですわよ。」
 「まあ、それもそうですね。ちょっとやりすぎましたね。」
 輪の中の1人がそう言い、そしてみんな笑った。
 「まあ、いいですわ。ライチ君、シェル・レランの恥にならないように、しっかりやりなさい・・・って、あら?」
 シレーナが振り返ると、そこには地面に伏したままピクリとも動かないライチの姿が。
 それもその筈、シレーナの裏拳のような突っ込みを肩口へまともに受け、キリモミしながら数メートル吹き飛び、地面へ激突したのだから・・・。
 
 「ったく、酷い目にあったよ・・・イタタタ。」
 左肩を押さえながら、ネオク高原を歩くライチ。ネオク・ラングを越え、グロム・スミスのギルドがある高原東部へと向かっている。
 「この辺って・・・石や岩がゴロゴロしているな。掘ったら何か出てきそうだな・・・って、これは!」
 ライチは一つの大きな岩の前で止まった。
 他と何も変わらないように見える岩だが、ライチは一発で見抜いた。
 「これは銅の岩だ。これ掘って銅鉱石取れば弾が三発出来るんだよな。」
 と、その時。
 「ふふっ、違うわよ。最新の製法だと、銅鉱石一つから弾は五発は作れるのよ。」
 いつの間にかその岩の上に、少女が座っていた。足をブラブラさせながら、笑顔を浮かべライチを見つめている。
 「へー、そうなんだ・・・って君は誰? 誰?」
 「私はアルマ。グロム・スミスのギルド雑貨屋よ。貴方がシェル・レランのライチさんね。お父さんに言われて、迎えに来たの。」
 「あ、そうなんだ!」
 ライチはピョンピョンと猫のように岩を駆け上がると、アルマの前に立った。そして、「シェル・レランのライチです。一週間よろしくね!」と言い、握手を求めて手を差し出した。
 「ふふっ、宜しくね。」
 そう言って、アルマも手を伸ばした・・・その時。
 一筋の閃光が空から降り、ライチとアルマの手と手の間をすり抜けて、銅の岩に突き刺さり。
 グワァァァァァンン!!!
 それを、木っ端微塵に破壊した。
 

 ・・・・・パラパラパラ・・・
 空に舞った岩の欠片が、重力に従って三人に降り注ぐ。
 そう、三人に。
 岩が割れた衝撃で宙に舞い、地面に叩き落とされて尻餅を付いているライチと、宙は舞ったが誰かに受け止められた為に無傷のアルマと。
 一蹴りで銅の岩をたたき割り、放射状に散った欠片の中心に立つ体格のよい中年男に。
 アルマはその男の腕の中でキョトンとしている。
 最初に口を開いたのは、その男であった。
 「貴様! 今俺の娘に手を出そうとしたな!! 俺の娘に変な虫はつけさせん! 命が惜しくばここから立ち去れい!!」
 「え? え?」
 事態が飲み込めずオロオロするライチ。
 「お・・・お父さん、ダメよ。ほら、この人はシェル・レランから来た交換留学生よ。そんな言い方してはダメよ。」
 「何? ・・・そのシェル・レランの服装、緑髪のエルモニー、武器は中レベルの銃器・・・ふむ、確かにマスター・シレーナが言っていた人物と一緒だな。」
 男はジロジロとライチを頭からつま先までじっくり見つめ、そして急に顔がにこやかになった。
 「うむ。君がライチ君か。ようこそグロム・スミスへ。俺はギルドマスターのマレウスだ。まあ、一週間という短い期間だが、じっかり我々の仕事を覚えていってくれ。」
 そう言って、マレウスは右手を差し出した。
 「あ、よ、よろしくおねがいします。」
 ライチは怖々と、その右手を握る。すぐに離そうと手を開いたが・・・マレウスの右手は、ライチの右手を掴んだまま。
 「ただし・・・ここのギルドには、絶対に破ってはいけない掟がある。それは、俺の娘には絶対に手を出さない、という掟だ。以後、気を付けるように。」
 「は・・・はい。」
 その台詞を言っているときのマレウスは・・・真剣な顔をしていた。
 
 その後、ライチは無事にグロム・スミスのギルド本部へ到着。部屋も用意され、食事も用意され、風呂も用意され、寝るまでずっと安らぎの時間を過ごしていった。
 翌日からの惨劇を知る事も無いまま・・・。


そして翌日。
 「ライチさん、ライチさん。朝ですよ、起きて下さい。」
 「・・・ん、ぁあ・・・。」
 ユサユサと揺すられて、ライチは目を覚ます。視界に飛び込んできたのは、光と、昨日会ったちょっと可愛い女の子・・・と、その後ろで鬼のような表情をしている中年男。
 「!! は、はい! 大丈夫、手なんて出してないよ、ね、ね?」
 ライチは飛び起きると、ベッドの端へズザザザッと下がる。
 「どうしました? 怖い夢でも見たんですか?」
 アルマはにっこりと微笑む。どうやら背後に佇むマレウスには気づいていない様子。
 「は・・・ははははい、ちょっとシレーナさまに怒られる夢を・・・ね。」
 「そうですか。それじゃ、目はバッチリ覚めましたね。」
 「「はは・・・そうだね、醒めた醒めた!」
 「ふふっ・・・では食堂に来て下さい。すぐに朝ご飯が出来ますわよ・・・でも、シェル・レランの人にご飯を出すのって初めてだから、美味しいか分かりませんけど・・・。」
 「いや、そんな事無いよ。だってほら、いい匂いがしてくるもん。この匂いだったら絶対に美味しい料理って分かるから・・・から・・・、早く行こ、行こ、ね。」
 後ろのマレウスの表情を伺いつつ、ライチはアルマをせかす。
 「そう? それじゃ待ってるね。早く来てね♪」
 ライチに手を振って、アルマは部屋を出る。アルマが振り返った瞬間に天井に張り付いたマレウスも、着地するとライチを一瞥してから部屋を出た。
 その目には明らかなメッセージが込められていた。
 「・・・・・・はー・・・怖いよー。」
 ベッドの中、溜息をつくライチであった。


 しかしこの出来事でさえ、まだ序章にすぎない。
 本当の恐怖は、この後に待ちかまえているのであった。
 (第35章 完 → 第36章へ続く)

AD