ライチにとって、イルヴァーナ渓谷はトラウマそのものである。過去2回、モンスターに追いかけ回された辛い経験があるからだ。
 しかしライチは、懲りずにその地へ足を踏み入れた。
 厨房師となった今、過去の弱い自分を乗り越える為・・・ではなく。
 最早グリードルでは満足出来ないほどに上がってしまった釣りスキルと、もっと大物を釣り上げたいとする欲求を満たす為。
 渓谷入口でマップを広げ、太陽の位置とカマロンがつけた赤い丸を確認する。
 「えっと・・・こっちかな。」
 北を向き、トコトコと歩き出した。
 イルヴァーナ渓谷は、マップ上では広く平坦な土地に見えるが、実際は河岸段丘であり、急激な高低差によって土地は分断され、通れるルートは限られている。
 その上、バルドスのような気性の荒いな動物や、コボルトやドワーフといった好戦的な亜人間が闊歩し、危険の色は更に濃く深い。
 しかしライチは構わず、坂を下りはじめた。
 「ふふふ・・・厨房師となった僕に、怖いものなんて怒ったシレーナさま以外に無いんだよ。」
 自信たっぷりに、不適な笑いを浮かべながら。
 程なく、行く手に大きなバルドス。後ろを向き、まだライチに気付いていない様子。
 「バルドスか・・・お肉はとっても美味しいんだよね。ふふふ・・・さてと。」
 そう言うと。ライチはくるっと、回れ右。
 「さてと、逃げよっと。」
 そして、一目散に逃げ出した。
 ・・・まあ、そんなもんだろう。


 幾多の遠回りを経て、ようやくライチは湖へ到着した。
 「えと、ここがカマロンさんが言っていた湖だな。えとえと、ポイントは・・・対岸の方か。よーし。」
 ライチは勢いよく湖へ飛び込むと、対岸へ向けてバシャバシャと泳ぐ。程なく対岸手前にある大岩に着いた。
 早速、釣り糸を垂らす。
 と、すぐに浮きがピクピクッと反応。
 「でやー!!」
 気合一閃。釣り竿を力の限り持ち上げる・・・が、しかし。
 動かない。張った糸が切れそうになり、慌てて力を緩める。
 「うわ、わわ。これは大勝負になる予感だな・・・。」
 四方八方に水面を切る釣り糸。泳がせる時は泳がせ、動きが弱まってたら竿を引くライチ。
 一進一退の攻防の末。
 「やったー! リバーマンテイル、げっと~!!」
 岩の上で、両腕で丸を描いたぐらいの大きさの、平べったい魚が力無く跳ねる。
 「よし、次いくぞー。」
 魚を捌き、切り身を鞄に仕舞ってから、再び釣り糸を垂らした。

えいげっとー
 
 しかし、4匹ほど釣った所で、当たりがぴったり止まってしまう。
 「うーん、枯れちゃったのかな。他のとこ行くかな。」
 ライチは再び湖に飛び込み、ポイントを変える。着いた先は湖の対岸。カマロンの描いた赤丸が、その岸を囲っている。
 釣り再開。程なく、魚がかかる。
 「よーし、これも釣り上げてやるぞー!」
 再び格闘を始めた。
 持ち上げる竿と、持つライチの影は長く、薄く、消えかかっている。
 空の色はオレンジ。時間は夕方、黄昏時。
 この時、ライチは完全に忘れていた。カマロンが地図に書いた、一つの注意を。
 「この場所は、夜に立ち入ってはいけませんぞ。」


 帳が降り、黒い空。遠くでフクロウがホウホウと鳴く。
 それでもライチは構わず、ランタンの灯りを頼りに釣りを続けていた。
 と、その灯りが一瞬だけ揺れる。
 ふわっと、本当に一瞬だけ。
 その揺れに何かを感じ取ったライチは、ふと振り向く。
 するとそこには、今まさにその棍棒を振りおろさんとする、男の姿があった。
 ドゴーン!!
 大きな音が、静寂の闇夜を打ち破る。土煙が上がり、土片があたりに飛び散る。地面にはクレーターのような窪みができ・・・その先に、間一髪でそれを避け、尻餅をついたライチが居た。
 「な・・・なななな?」
 驚いて声も出ないライチに、男は冷静に言い放った。
 「わりゃぁ、ここが我らサイクスの縄張りだと知っとって踏み込んだんか?」
 ライチは首をブンブンと振る。
 「ほうか。そりゃぁ運が悪かったの。じゃあ身ぐるみ置いて、川に浮かんでもらおうか。」
 サイクスはもう一度、棍棒を振り上げる。
 ライチは荷物を掴むと、咄嗟に湖へ飛び込んだ。
 
 「わーー! やっぱイルヴァーナ渓谷なんて大嫌いだー!!」
 叫びながら、湖を泳いで逃げるライチ。
 「こら待て、逃げるなわれ!!」
 叫びながら、湖を泳いで追いかけるサイクス。
 その泳ぎは、巨体に似合わず意外に早く。振り切れないと悟ったライチは、目に付いた地面に上陸すると、走って逃げ出した。
 しかし相手も食らいつく。棍棒を肩に乗せ、叫びながら迫ってくる。
 逃げる。追われる。逃げる。追いかけられる。
 いつの間にか、地面は急斜面になっていた。どうやらライチは岩山へ登ってしまったようだ。
 僅かな突起に足をかけ、猫のようにジャンプを繰り返し上へ上へ。
 サイクスは棍棒をくわえ、ロッククライミングで追う。
 ついにライチは頂上についてしまう。逃げ場が無い・・・と思った、その瞬間。
 「うわ・・・うわわわわわ!」
 いきなり、地面が動いた。同時に岩山がどんどん小さくなっていく。

 下の頂上では、サイクスが悔しそうな仕草をしながら叫んでいる。
 ライチは空を飛んでいた。
 
 「うわー、凄い凄い!!」
 見上げれば、満天の星と真ん丸い月。見下ろせば、高速で移動する朧気な地面。
 顔に、風が吹き付ける。ライチは伏せながら、長くふわふわした草のようなものをしっかりと握りしめる。
 羽ばたく音が、耳の側で鳴る。
 そう。
 ライチは、グリフォンの背に乗っていた。恐らく岩山の頂上で寝ていたのだろう。
 グリフォンの機嫌は、すこぶる悪かった。
 
 「うわーん! 助けてー!! 怖いよーー!」
 急降下したり、キリモミしたり、回転したり。
 グリフォンはライチを振り落とそうと、曲芸飛行を続ける。
 ライチは振り落とされまいと、必死でグリフォンの背にしがみつく。
 「降ろしてーーーー!!!!」
 ライチの叫び声は、イルヴァーナの薄闇に吸い込まれ消えていく。
 こうしてまた一つ、イルヴァーナ渓谷でのトラウマが増えたのであった・・・。
 (第17章 完)

AD

コメント(2)