* キャリアの翼 *                              「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*

がんばる!善玉菌キャリア・コンサルタント
キャリアウィング*ヨシダ目の「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*

This is written as a part of the career consulting.


みなさまから頂戴する 肉球ポチっと応援 が、日々綴りのモチベーションの主成分です・謝々!


ぜひとも一押し、よろしくお願い申し上げます。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ


all written by  Career wing  T.Yoshida@ponyo




NEW !
テーマ:


ミニチュアボトルのお酒


大の大人がベロンベロンに酔っ払い、部屋のテーブルの周りにはお酒のボトルが散乱している・・・なんてことを聞いたら、「いい大人がまったく何考えてんだか・・・」と眉を顰めてお叱りを受けるのが常かとも思うのですが、毎年恒例の知人宅での飲み会では同じ状況だったにも関わらず、参加者の家族が迎えに来ると、笑顔溢れる声で「あらら・・・」と言われ、「可愛い!」の声まで聞こえる状況だったのでした。

その訳は、ただ仲間内でお酒を飲んで、開いたボトルがテーブルに散乱していたのではなく、飲んだお酒が「ミニチュアボトル」のお酒だったせいなのでした。

1年間で自宅に集まった世界各国の酒のミニチュアボトルを各々が持ち合い、酒供養でもするように春一番の季節に飲み会を開催するのが恒例となっています。

いつ頃からはじめたのか、時期も切っ掛けも覚えては無いのですが、誰かが国内・海外の旅行に行く時に「買えそうなら面白そうな酒のミニチュアボトルを買ってきてよ~」とおねだりをするようになり、昔は洋酒が中心だったのに日本酒や焼酎にリキュール系までミニチュアボトルを手にすることが出来るため、利き酒よろしく、ミニチュアボトルとその酒に纏わる話題で華を咲かせながら酔い痴れる会となっていったのでした。

ミニチュアボトルの楽しみ方


色々な酒をちゃんぽんにして飲むと酔いが回るなどと言いますが、毎度ミニチュアボトルを飲む会では酔い潰れる奴が現れる程、色んなお酒をクピクピ飲んでしまうため犠牲者が生まれるのも常なのでした。

はじめの頃は普通のロックグラスとアイスペールにミネラルウォーターを用意してボトルがミニ以外は普通の飲み方で嗜んでいましたが、参加人数が増える都度、全員が酒の味を楽しめる程の量が飲めない事態となっていき、最近はショットグラスを用意して、氷もクラッシュアイスのサイズまでは行かずも、小さな固まりに砕いて、酒以外のモノもミニチュアボトルサイズにして楽しんでいるのでした。

お酒のミニチュアボトルが生まれた経緯は分かりませんが、カクテルの本なども持ち出し、シェイカーは流石に用意はしていないのですが、目分量でリキュール+ジュースなどをショットグラスに注ぎ入れ、お手製の簡易カクテルを作ったりもするのでした。

これが意外に好評で、興味本位にあの酒とこのリキュールでとか、ワインよろしくウイスキーのブレンドを作ってみたりと、ストレートで楽しむのは無論の事ながら、同じミニチュアボトルが何本も重なってしまった時には、こんな悪戯飲みを繰り広げているのでした。

今回は、アホ友の会社で定年退職をされるIさんが参加することになったのですが、旅行&酒好きの影響と収集癖があり、フルボトルをサイドボードに飾り貯めるのにも限界があるとして、数十年間のコレクションを頂戴することになったため、酒造メーカーの非売品の記念ミニチュアボトルや、見たことのない海外の酒のボトルが数多く集まったため、普段以上に盛り上がり、泥酔撃沈者も数多くなったのでした。

サイドボードのミニチュアボトル


みんながベロベロになるなかIさんは最後までしっかりと飲み続け、酒好きは伊達じゃないなどと若造どもから言われ捲っていましたが、それでも正体が分からぬお手製カクテルを飲み続けたあとは、もうただの酔っ払いのおやじに擬態していたのでした。

リビングのあちこちで犠牲者が寝そべったりしていましたが、ボクもベロンベロになりついウトウトしてしまい、最後には全員がうたた寝状態になってしまっていました。

温かい暖房と明かりもついた部屋だったためふと目覚めると、身体の揺れで酔ってるのは間違いなくもテーブルに散乱したミニチュアボトルを愛おしそうにひと瓶づつ手にしては真っ直ぐにテーブルに立て、それを何度も繰り返していました。

国内・海外の旅行の都度買い集めたというIさんのミニチュアボトルのお酒たちですが、仕事や家庭での記念日があると同じようにミニチュアボトルをひと瓶買ってたんだよ言われた言葉が蘇っていました。

Iさんにとってのミニチュアボトルのお酒たちは、過ぎて来た想い出そのものだったのだと思います。

こんなことを思いながらまた静かに目を閉じると次に目覚めたのは、酔い覚ましにと用意してくれた味噌汁の香りにでした。

知人宅を出る時、みんな一様に二日酔いの頭の痛さが取れず、こめかみを抑えながらお迎えの車に乗り込みましたが、ご近所の方々はその様子をご覧になられどんな風に思われたのか・・・

帰りしな「サイドボードが一杯になったらまた参加させて貰う」というIさんに「いつでもお待ちしてます」とみんなで声を掛け、頭のなかの百八つの煩悩の除夜の鐘は鳴り響いていたのでした。








笑顔の行方を見つめて

all written by  Career wing  T.Yoshida@ponyo




「キャリアの翼」は2つのランキング・サイトに参加しています。
もしも、応援を頂ける際は、ワンクリックをお願いします!!

ポチッとね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらにもポチッとお願い出来れば・・・メッチャHAPPY!
人気ブログランキングへ」・・・謝々!



素敵な笑顔溢れる1日でありますように!




AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。