* キャリアの翼 *                              「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*

がんばる!善玉菌キャリア・コンサルタント
キャリアウィング*ヨシダ目の「笑顔の行方を見つめる」キャリア*ノート*

This is written as a part of the career consulting.


みなさまから頂戴する 肉球ポチっと応援 が、日々綴りのモチベーションの主成分です・謝々!


ぜひとも一押し、よろしくお願い申し上げます。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ


all written by  Career wing  T.Yoshida@ponyo




NEW !
テーマ:

One for all,all for one.  一人はみんなのために、みんなは一人のために

ラグビーの世界でラガーマンがチーム精神を説く際に好んでよく口にされる言葉かと思う。
お叱りを受けることを承知の上で恥を晒すなら、「One for all,all for one. 」の言葉を好んで使う方で、この通りの生き方を貫き通している方と未だ出会ったことがない。

簡単には出来ぬがゆえに教訓として生まれた言葉なのだともいえるのかも知れぬが、「俺は俺のために、みんなは俺のために」を地で行く方々しか知らぬのは、拙い人生の歩みゆえに本当の人物と出会えてない赤面のことゆえなのだと思う。

元々の発祥は、ボヘミア(現在のチェコ)の宗教の指導者から生まれ、フランスの小説「三銃士」のなかで、固い友情で結ばれた三銃士が、一致団結して力を合わせて戦い、敵を倒すことのモットーとして用いた合言葉が「One for all, All for one.」だった。

青春テレビドラマ「スクール☆ウォーズ」でキャッチフレーズ的に使われたがゆえに耳障りの良い言葉の解釈となってしまっている感が否めぬが、ラグビーの元日本代表で元日本代表監督もあったミスター・ラグビー:平尾誠二さんによれば「All for one」の「one」の意味は、みんなとのことではなく、一つの目的であると仰られ、その目的とは「Victory(勝利)」に他ならぬもので、「一人はみんなのために、みんなで一つの勝利のために」と言うのが正しいラグビー精神だと仰られた。

このフレーズが、なぜラグビーの世界で広がったのかは分からぬが、競技の種類に係らず、チームプレイにおいては「みんなは一人のために・みんなで一つの勝利のために」のどちらでも、ひとつの真実であることには間違いないだろうと思う。


「個人が全体のために、全体は個人のために動くこと」は、勝利という目標達成のためには必須のことではあり、「全体の結果は、個々人の成果」ともいえるが、「個人の責任は、全体の責任」の連帯責任的な捉え方に展開していくと微妙な影を落としていくことになる。

個人と全体との調和バランスでもあるホロニックを考えた時、相乗効果も含めて最大の効果を発揮するための知恵が相互互助としての「One for all,all for one. 」となる訳だが、権利と義務・責任と権限を踏まえれば、その前提として、「個々の自立(自律)」と「共通の目的(目標)の共有」が求められることになる。

人の性格や技量や状況など十人十色&千差万別なのだが、権利・権限から見た個人尊重に基づく相互互助の精神と、義務と責任から見た連帯責任を問われる全体主義的な賞罰の関係を考え合わせると突然モヤモヤしてくる。

それが、試合・戦い以外での賞罰的な連帯責任論に及べばなお更でもある。


甲子園出場校の龍谷高校の野球部員の喫煙が原因とされるぼやによる、地区大会準決勝への出場辞退のニュースが流れた。

しごき・暴力・体罰事件などの問題発覚による責任の取り方として連帯責任が度々取られもする。

国レベルのことで云うならば、ドーピング隠蔽問題によるリオデジャネイロ五輪におけるロシア選手の出場停止・連帯責任への波及もスポーツ仲裁裁判所(CAS)と国際オリンピック委員会(IOC)とロシア及び世界各国のなかで湧き上がってもいる。


子供が起こした問題と兄弟・親との責任の取り方による関係性や、個人と組織・地域・国などの全体との関係性のなかで、当事者と関係者との兼ね合いのなかで、連帯としての責任をどこまで負うべきとするのかは熟考が必要な問題でもある。

また、未成人である学生の処遇と一般との違いもただの精神論ではない時代に即した判断が必要になるように思う。

問題を起こした当事者の処罰は致し方なくも、連帯責任としての価値観は基本的に時代にそぐわぬものであるように感じてもいる。











毎年新年に開催される箱根駅伝には、関東学生連合チームがある。

詳細規定はあるが、出場権を得られなかった大学の中から、

予選会で個人成績が優秀な選手が選抜されて構成されるチームとなる。




連帯責任問題が起きる都度、

五人組の監視社会のような負の連鎖を思い浮かべる。

これは、マイナスの強化による処罰となるのだが、

プラスの強化による賞賛はあったのだろうか。



罰則を与えることには意味が伴う。

箱根駅伝の関東学生連合チームはプラスの強化による救済と思える。

ゆえにか、一番に応援を送ってしまうのだが、

ここのメンバーたちは、結果責任をどう担うのだろうか。



責任を取らせることが権力の証のように目的化していて、

本当に目指すべき姿になっていないことが少なくないように感じる。

連帯責任はその最たるものでもあり、その効果を完全否定をするものではないため、

それが必要ならば、実施レベルに注視した判断を行って欲しいと願うばかりだ。



マイナスの強化による賞罰付与

プラスの強化による賞罰付与

当事者と関係者の両方に課せられる連帯責任




時代の変遷に応じた対応こそが必須なことであり、

もっと々各方面での議論が尽くされ時代の価値観として欲しいと願う今日この頃だ。




collective responsibility.



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



笑顔の行方を見つめて

all written by  Career wing  T.Yoshida@ponyo





・・・   today's ponyo room   ・・・


雪の化粧はさらりとやめて 素肌自慢の夏の富士



アホアホ仲間の後輩Fは、TVのチャンネルを5CHに

する時には必ず「もう、照れやさんなんだから~」と

独り芝居をして悶えているとです。

もちろん「もう、テレ朝なんだから~」の意味だとですが、

この姿を見る都度、早く結婚しろと思うとです・・・ぷるん。




肉球バナーにポチッとエールの一押しをお願いしますとです!

足あと
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
足あと

こちらにもなどとの贅沢は・・・いや本当は・・・

善玉菌活性の慈愛のポチッとお願い出来れば・・・謝々!


人気ブログランキングへ


ローカル・ルールながら、メッセ・コメント・読者登録等々につきましては、
肉球ポチッとエールの一押しを頂けた方のみの対応とさせて頂いております。


all written by  Career wing  T.Yoshida@ponyo



笑顔あふれる素敵な1日でありますように!









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。