Cancer Fitness がんになったら運動しよう!

一般社団法人キャンサーフィットネスのブログです。カラダを笑顔にするコツをお伝えしていきますー☆


テーマ:

ごきげんよう、代表の広瀬ですニコニコ

 

今年も、4月から、杉本亮子(一般社団法人キャンサーフィットネス理事)先生の

講座がスタートしました。

 

前年度のタイトルは、「動くからだ生きるからだの基本セミナー」

 

今年は、「動くからだづくり講座」

 

昨年より、さらにブラッシュアップした内容となっており、

キャンサーフィットネスオリジナルのがんサバイバーのためのプログラムです。

 

がん患者のための身体の知識&体操方法を学びます。
 
がんになったからこそ、自分のからだと向き合い、身体の機能や構造を知ることはとても大事です。
からだの使い方や今までの体のくせを知り、体力を取り戻すための理論と実践に使える技術を学べます。

 詳しくはこちらをご覧ください。

http://cancerfitness.jp/healthcare-academy/

 

1時間目は、

 

解剖学概論

 

骨の動き方、関節の動き、小さな筋肉や大きな筋肉の機能、

筋肉がどんな風に骨を動かすか、など、

実際に私たち、がん患者が、術後、動きにくくなっている箇所が、

皆さんそれぞれあるかと思いますが、

肩が痛いと、肩だけを見るのではなく、

体全体を考えて、運動する、または生活することが大事だと

思う内容でした。

 

image

image

 

骨の模型を使って、わかりやすいおはなし。

 

image

 

image

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やってみよう🎶

ジグリング 

その筋肉が付いている骨を振ります。

例えば、股関節の辺りが硬いと思うなら、

太ももの骨、

または、骨盤の骨を

小さく振ってみてください。

 

筋肉を骨から離れやすくしてあげると、筋肉が弛緩しやすくなりますよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2時間目は、

 

呼吸の解剖学

 

 

この写真はどこの部分でしょうか?

 

 

image

 

肋骨に、ガイコツが、捕まっています(笑)

亮子先生のクラスでは、さまざまな骨がお目見え!

そして、わかりやすい解説があり、

自分の体を頭の中で、だんだんイメージできてきます。

 

image

image

 

ぜひやってみてくださいね! 体がラクになります🎶

image

 

 

image

 

 

リンパ浮腫の方は、腹式呼吸で!! 

リンパの流れをよくします。

image

 

 

 

3時間目 動くからだづくり体操教室

 

1時間目と2時間目に学んだことの実践編です。

 

みなさんにも実際に体を動かしていただき、体得していただきます。

体のバランスのどこが悪いか、亮子先生が、指摘してくださいます。

 

ヨガマットを縦に巻いて、体の中心に置き、呼吸して、リラックス。

 

呼吸をしてみると、脊柱に及ぼす影響もわかります。

 

image

 

肩甲骨が緩むのがわかります。

 

image

 

 

image

こちらの亮子先生が横になっている写真は、

骨盤のゆりかご運動で、ピラティスのお腹の引き込みを使って 腰をちゃんと丸めて伸ばしている様子ですが、骨盤のバランスを整え、腰痛やそり腰を改善していきます。

 

下は、足を上げた時に、自然と骨盤のゆりかご運動が起きているかを確認しています。

image

 

image

今回は、解剖学概論でしたが、

からだというのは、股関節が痛いから、そこだけが問題だと思いがちですが、

全身に繋がっていることが、実際に体を動かしてみるとよく理解できますね。

呼吸の仕方、体の使い方次第で、

より動きやすいからだへと変わることを実感されたと思います。

 

 

 

 

image

 

岐阜から、大垣市民病院がん看護専門看護師の林さんも参加してくださいました。

昨年、MDアンダーソンがんセンターが監修するJapan team Oncology Programというがん患者のための医療者のワークショップで、ご一緒しました。

こうしてお休みの日も、がん患者さんケアのために学び続けてくださる素敵な看護師さんです。

(中央)

(左が亮子先生、右が広瀬です。)

 
   

 

 

そして、

なんとこの日は、この講座のあとに、

前列中央3名の方々の卒業式がありました。

 

なんの卒業式かと言いますと、

キャンサーフィットネス認定インストラクター養成コースです。

もうすでに100時間の受講が終わっている3名の受講生ですが、

この日は、みなさん揃って、参加してくださいました。

image

毎月、来月からお会いできないと思うと、寂しいです。

卒業祝いを記念して、全員で撮影していただきました。

(お写真の掲載はみなさんから許可を頂いています。)

 

 

*インストラクターコースはいつからでも入会できます。

*詳細はこちらをご覧ください。

  ご予約していただければ、個別にご説明もいたします。

 

 

 

次回の「動くからだづくり講座」は、5月28日(日)9:30〜です。

会場:DAYS赤坂見附(赤坂見附駅徒歩1分)

 

次回は、姿勢がテーマです!

姿勢が悪い人、姿勢が気になる人はぜひ、お勧めいたします。

自分で直す方法がわかれば、一生、姿勢美人で生きていけます!!

というよりも、

からだがラクになりますよ。

 

お待ちしております。

 

お申込/詳細は、

 http://cancerfitness20170528.peatix.com

 

HP 

http://cancerfitness.jp/

 

 

動くからだづくり体操教室だけの参加もOKです。

(その前の講座を学ぶとより理解できますが、お時間ない方は体操だけでも受講できます。)

 

以下が、5月以降の動くからだ体操教室の各プログラムです。

 

5月28日 日 姿勢を整える

6月11日 日 胴体トレーニング

7月9日 日 肩、腕の体操

8月11日 日 脚、足の体操

8月13日 日 循環系と神経系を活性化させる体操

 

場所:Days赤坂見附 スタジオ6F

東京都港区赤坂3-9-1

 

*毎月、定期的に開催しているヨガピラティス教室は、4月~8月は、この教室に変わります。

 こちらの体操の理論は、ヨガやピラティスの考え方と共通です。

 講師も同じ杉本先生ですので、ぜひご継続ください。

 

*毎月、この体操教室の前に、このテーマでの座学の講座も開催しております。

 講座を受講しなくても、どなたでも体操は可能ですが、

 講座でからだの勉強をすることで、どの部分を意識してからだを動かしたらよいかわかるよう

 になり、自分でも家で安全に運動をできるようになりますので、さらに効果的です。

 

 キャンサーフィットネスで、元気と笑顔を手に入れてください!! 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キャンサーフィットネス認定インストラクター

NEW 1期生が誕生しました!
おめでとうございます乙女のトキメキ
image
左から2番目より、
間島奈央子さん、村山民愛さん、小山紀枝さんの3名です。
 
(3人を囲んでいるのは、キャンサーフィットネスの理事である、
杉本亮子、大久保奈美、わたし広瀬です。)
 
image
 
認定証授与祝日
image
 
約1年半、100時間の講義、
実技、レポートを経て、見事合格され、
キャンサーフィットネスのインストラクターとして正式に認定されました。
 
本当に長い間、大変だったと思いますが、
身体の知識やがんサバイバーのための運動療法、メンタルケア、ピアサポート、リスクマネージメント、安全な運動教室の運営方法など、
がん患者さんのための運動教室を行う上で必要な知識と実践をしっかりと学ばれました。
 
そして、ご自身のがんサバイバーとしての経験は、
今後、たくさんのがん患者さんのお役に立てることと思います。
 
運動については、
がん患者のための運動ガイドラインである有酸素運動、筋トレ、ストレッチはもちろん、
ヨガ、ピラティス、エアロビクスも、
ご指導できるよう学ばれています。
 
がんになったら運動しよう!
キャンサーフィットネスのキャッチフレーズですが、
なぜこんな言葉でお伝えしているのでしょう?
 

がんになると、がんそのものや治療に伴う後遺症や副作用などによって、がん患者はさまざまな身体的・心理的な障害を受けます。

告知や、治療によって、普段の生活で身体活動量が減少し、

筋力や体力が落ちて、動きにくくなったり、関節が痛くなったりと、

生活に影響が出てくることもあるからです。

 

けれども、運動する習慣がなかった方、運動が苦手な人、あまり好きではない方にとっては、

先生から運動してね、と言われても、何からやったらいいのか、何をしたらいいのか、、、

わからないまま、、、、

やっぱりムリぃ〜ショボーンとなります。

 

でも、

がんの仲間と一緒に、

みんなで、

運動してみてください!

 

ひとりじゃない、ってわかります。

時間を忘れ、がんであることも忘れてしまいます。

 

キャンサーフィットネスの運動教室は、

がん患者およびがんサバイバーの回復力を高め、

個人の持つ能力を維持・向上させ、

健康的な生活を取り戻すことを支援することによって、

クオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を大切にしようとする考え方に基づいて行われます。

 

そして、キャンサーフィットネスの運動教室の

一番の特徴は、

インストラクターが、がんサバイバーであることです。

 

がん患者の気持ちに寄り添うことができ、

がん患者のピアサポーターでもあるのです。

 

そんな素敵ながんサバイバーのインストラクターが誕生しましたラブラブ

 

5月中に、HPに認定インストラクターのページができますので、

ぜひご覧くださいね。

 

以下、3名のNew インストラクターをご紹介致します。

 

うさぎクッキー小山紀枝さん(のっちさん)(埼玉在住)

すでに、乳がんを体験された方ONLYのヨガ、
「NYOGA(にょが)」を行っていらっしゃいます。

ブログ http://ameblo.jp/nyoga-info/

 

【Cava!(サヴァ)〜さいたまBEC〜】

☆さいたまで乳がん体験者さん向けの患者会もされています。

ブログhttp://blog.goo.ne.jp/cava2011

 

image

 

イルカ間島奈央子さん(なおちゃん)(沖縄在住) 

 

現在、数ヶ月に1回の割合で上京し、東京でもヨガクラスを行っています。

今後、ゆるゆるエアロ教室の開催を楽しみに待っている方がたくさんいます!

沖縄でも、クラスをスタートしていくそうです!!

 

image

 

カエル村山民愛さん(みねちゃん)(名古屋在住)

 名古屋で、すでにフィットネスクラブやご自身のフィットネスサークルで、エアロビクスをはじめ運動教室の指導者としてご活躍され、最近は、がん患者さんにも教えているとのこと。

今後は、名古屋で、がんサバイバーさんのための運動教室を広げていく予定です。

 

名古屋市立西武医療センターで開催しているがん患者フィットネス の会で、

広瀬が運動指導を行っていますが、最近では、みねちゃんが一部ご指導を

お手伝いしてくださっていますクローバー

 

 

image

 
名古屋、沖縄、埼玉、東京界隈のがんサバイバーの皆様、患者会の皆様、病院関係の皆様、
ぜひ、運動教室や、セミナーなど開催の折には、
ご依頼下さいませ。
 
今後、キャンサーフィットネスでも、
新しいクラスがスタートするかもしれませんネ!!
 
日本全国のより多くのがん患者さんに、
運動して元気になっていただくために
キャンサーフィットネスでは、
これから、
この3名の新インストラクターを支援していきますふんわりリボン
 
そして、現在、インストラクター2期生も頑張っていますキラキラ
 
みなさま、応援してくださいね流れ星
 
どうぞよろしくお願い致します。
 
キャンサーフィットネス認定インストラクターにご興味ある方は、
いつからでも入会できます。
但し、受講資格は、がん患者、がんサバイバー(がん経験者)のみとなります。
がん専門の医療者の方は、ご相談に応じますので、ご連絡下さい。
 
詳しくは、こちらで!
個別にお会いして、ご相談にも応じますので、お気軽にご連絡ください。
 
一般社団法人キャンサーフィットネス
インストラクター養成コース
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017/4/8 がんサバイバーのための ヘルスケアアカデミー
《リンパ浮腫の こころとからだの健康管理講座》

 

レポートです。

 

昨年のリンパ浮腫1day講座を行いましたが、

リンパ浮腫の講座のリクエストが多かったので、今年は早々に企画しました。

 

今回のテーマは、

 

〜リンパ浮腫を怖がらずに前向きに付き合う方法を知る〜

 

がん研で、リンパ浮腫の患者会もしていますが、

なにしろ、どこに行っても、リンパ浮腫を怖がる人が多いのです。

 

わたしも、リンパ浮腫なので、それはよくわかります。

でも、知識があれば、余計な心配もしなくて済みますので、

ストレスがかなり軽減します。

 

術後、まだリンパ浮腫になってもいないのに、

あまりに心配になるあまり、

腕や足をできるだけ動かさないようにする方が多くいます。

動かさなければ、筋力が落ちます。

筋力が落ちれば、リンパ管の流れは、動きにくくなります。

そこを理解していないと、本当の運動不足になり、

負のスパイラルに陥ります。

 

今回は、様々な角度から、リンパ浮腫について、

考えてみたいと思い、

以下のようなプログラムで講座を開催しました。

 

 

<プログラム>

●1部「リンパ浮腫の予防:患者さんの心理面&生活環境から健康管理を考えよう」

午後12時~14時

講師 土屋雅子先生(国立がん研究センター研究員)

 

リンパ浮腫を抱えた患者さんの心理、リンパ浮腫発現予防セルフケア

 

プロフィール ----------------------------------------------

◎土屋雅子先生(つちやみやこ)PhD.

Chartered Psychologist(英国心理学会),専門健康心理士(日本健康心理学会)

健康心理学の視点から、がん患者さんの情報ニーズ、病気開示と対人コミュニケーションの問題、

リンパ浮腫の予防行動に関する研究等を実施。

 

経歴:国立小児病院研究所疫学研究室研究助手、香港大学医学部社会医学系助手、

慶応義塾大学看護医療学部非常勤講師、千葉大学大学院看護学研究科

特任研究員および同大学院がんプロフェッショナル養成基盤推進プランe-learning講師。

現在国立がん研究センターがん対策情報センターがんサバイバーシップ支援部研究員

 

image

 

image

 

image

 

image

 

 

 

〜休憩〜

 

●2部「リンパカフェ テーマ "セルフケアが大事"」

午後14時30分~16時30分 がん研

① 講義「リンパ浮腫のセルフケア」50分

 田端聡先生 がん研有明病院リンパケアルーム看護師

② リンパ浮腫エクササイズ 広瀬眞奈美 15分

③ 「リンパ浮腫のケア」「生活の工夫」について考えよう
 田端聡先生 がん研有明病院リンパケアルーム看護師 45分

④ 質疑応答 10分

--------------------------------------------------------------------------------

◎田端 聡先生

がん研有明病院リンパケアルーム看護師
日本医療リンパドレナージ協会上級セラピスト
同協会養成講習会コースアシスタント
医療従事者対象のリンパ浮腫ケアセミナー講師
リンパカフェ(リンパ浮腫ケアサポートグループ)代表

----------------------------------------------------------------------

 

image

 

image


どうして浮腫が起きるか?

いつもわかりやすく説明してくださる田端さん。

image

 

image

 

リンパ浮腫になると、運動なんてありえない!と思う方が多いのですが、

昨今は、エビデンスも多く、

リンパ浮腫には、運動療法がよいと言われています。

 

ただし、物足りない程度でやめることが大切です。

 

image

 

蜂窩織炎は、最初、この写真のようなポツポツから始まることが多いのですが、

これに気がつけると、早期発見できます!

 

image

 

リンパ浮腫になると、

毎日ケアもしなければならないし、

病院からも、テキストでも、

〜をしてはいけません、が多く、

こればかりに囚われてしまいがちです。

 

でも、体調がよく、自分の状態を毎日見て、

セルフケアをしっかりと習得できれば、

 

温泉に入っても大丈夫。

土いじりをしても大丈夫。

泳いでも大丈夫。

やりたいことをやっても大丈夫です。

 

それよりも、ここ↓ 

 

本当に人生で大切なことはなんだろう?

を考えてください。

そこは大切にするべきです。

 

 

image

 

 

一緒にがんばりましょう!

 

image

 

 

#キャンサーフィットネス

#リンパ浮腫

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

恒例の春のウォーキングイベントは、

Cancer GIft Maggie`sチャリティウォークでした。

 

ご参加下さいましたみなさま、ありがとうございました。

今回はチャリティとして開催し、参加費をすべて寄付とさせていただくことをお伝えしましたが、おかげさまで計46,000円となりました。

すべて、マギーズ東京へ寄付とさせていただきます。

 

マギーズ東京については、以下のサイトをご参照ください。

http://maggiestokyo.org/

 

これまで、マギーズ東京代表の鈴木美穂さんと一緒に“がんになって良かった”と思えるご褒美の時間 Thankful Tea Partyを主催したり、昨年10月のマギーズ東京のオープ二ングではステージの責任者をさせていただいた関係もありますが、

マギーズ東京は、キャンサーフィットネスとしても、ひとりのがんサバイバーとしても、

心から応援したいプロジェクトですが、今後も応援していきたいと思います。

 

 

 

以下、当日のレポートです。

お天気に恵まれ、がん患者、がんサバイバー、ご家族、がん患者を応援してくださるみなさまと共に楽しいひとときとなりました。

 

 

image

 

12:30に、門前仲町駅に集合しました。

全員で23名、たくさんの方にご参加いただきました。

 

近くの臨海公園で、準備体操をして、いざ出発!

 

お天気に恵まれ、まさに春のウォーキング日和となりました。

 

大横川は、桜で有名です。

江戸時代も、この川で桜を楽しんだそうです。

 

この日は、桜は七部咲きで少し残念ではありましたが、

歩いていると、すぐ横に桜が垂れ咲き、目の前に咲く桜は、なんとも幸せな気持ちにしてくれます。

 

image

 

image

 

 

このイベントは、実は、みーこちゃんこと、大友美智子さんを追悼する思いで歩く方も多くいました。

キャンサーフィットネスの会員さんであり、

キャンサーフィットネス認定ウォーキングガイドとなられて、

ちょうど昨年のこの季節に、

認定ウォーキングガイドとして、深川のウォーキング教室のコースを企画してくれました。

そのあと、再発され、本当に悲しいことに、この1月に天に召されました。

 

今回は、ご主人とご両親とお友達がご参加下さり、

一緒に歩きました。

以下がみなさんとの写真です。

きっと、みーこちゃんも笑顔で一緒に歩いてくれたと思います。

 

image

 

 

富岡八幡宮では、日本で一番大きいお神輿を見て、神社で手を合わせ、

そのあと、すぐ近くの深川不動尊へ(写真)

 

image

 

深川不動尊のあとは、女子の大好きなスィーツで、Big Smileいただきました😄😄😄

 

image

 

 

立石場川親水公園 

 

ここの立石場は、江戸城を築くための石の置き場になっていたそうで、

この地名がついているそうです。

 

この辺りは、運河がいたるところに入り込んでいます。

石を船で運んだ江戸時代に思いを馳せながら歩きながら、

今、ここに生きていることに感謝の思いが湧いてきます。

 

 

image

 

image

 

 

途中、ストレッチです!

せっかく、みんなでストレッチなので、

二人一組で、なかよく〜💗

 

imageimage

 

豊洲公園 あと少しでゴールです。

 

image

 

 

 

image

 

imageimage

 

 

ゴールです!

 

拍手で、マギーズ東京のみなさまがお出迎えしてくださいました。

日曜日でお休みの日にもかかわらず、(土日はおやすみです。)

あけていただき、本当にありがとうございました。

 

image

 

 

 

 

 

image

 

 

マギーズ東京に、もう一度来たかったみーこちゃん。

彼女のために、マギーズ東京のみなさんが、お菓子とお茶をご用意してくださいました。

マギーズ流おもてなしは、素晴らしいですね。

ありがとうございました。

image

 

みなさんが、自由にくつろげるのもマギーズのよいところですね。

 

image

 

image

 

ご参加ありがとうございました。

 

またお会いしましょう!

 

広瀬眞奈美 Manami Hirose

 

ウォーキングガイド 

一般社団法人キャンサーフィットネス 代表理事 

 

#

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

{4D1EB366-8DE1-424C-B47B-4E326E1374BC}

ごきげんよう、広瀬です😄

今日はこちらに。
がんになってサイモントン療法を教えて頂いた田村先生が出演されると伺い、またいのちのスープの辰巳先生のお話はぜひとも聞いておかなければと、楽しみに伺いました。

92歳の辰巳先生のおはなしには圧倒されました。あー40年後はこうなりたい〜〜!
こんな元気で力強く生きていきたいと思いました。 

田村先生は、いのちのスープを緩和ケアの場で作り、患者さんにご馳走されています。

末期の患者さんのお話を聞いて、母を思い出しました。

スプーン1杯のスープ、匂いを嗅いで、ゆっくりと味わったそうです。

そして、飲み干したあと、

最高の笑顔で、おいしかったあ!って。

さぞかし、おいしかったのでしょうね。



スープは、いいですね。

抗がん剤の時も、スープはよく作りました。

からだに優しくて、簡単に栄養を取れるイメージありますよね。


がんになってから、 

スープは、わたしの生活の一部になっています。



素材のよいものを ぐつぐつ煮たあと

たっぷりの香りと湯気に包まれながら、

お鍋の前で、スプーンですするときの味見は、

なんとも幸せです。


たったひとさじだけでも、

体の細胞まで沁み渡る感じがするのは私だけかしら。


気持ちが沈んでいるときにも、

美味しいポタージュのスープを飲むと

なんだろう、ホッとして涙が出てくることもありました。


気持ちがいっぱいいっぱいのときは、

玄米のスープ。

なんだかあたまが軽くなります〜♪




なんと言っても、

いのちのスープは、

終末期だったときの母に、

毎日毎日心を込めて作った大切な思い出があります。


毎回、これが母のこの人生の最後の食事だったらと思いながら。


そうなると、

祈りながら

ときに

魔法をかけながら、

栄養がたっぷりつまったスープを作る。


しあわせを味わえますように。  

穏やかに命を真っ当できますように。  


でも実際に食べられるのは、

ほんのひとさじ🥄


でも細胞の深いところまで届く気がします。


そして、いよいよ口からものが食べられないときも、私はまだいのちのスープをつくり、ガーゼにひたして、口元につけました。


母の命の 望みに答えたかったのです。

母の命の声を必死で聞いたのです。


これが私が人を愛することだと思った瞬間でした。愛する人を大切にしたいということ。


今日は、辰巳先生がお話されていたことに、母が重なりました。


いのちのスープは

だしには、愛も入っていますね!

{78945655-21AA-4F94-90B1-BCEC8A628826}

セミナーのあとは、横浜の義母と、
お花見がてら、うなぎを食べに。
もちろん、このあとなので、
一口一口、味わいましたよー!
肝吸いも、空っぽの胃に染み入りました。
とても美味しかったのですが、
途中から、最近認知症が進行している母が、

私は何才?私はどこに住んでるの?
あなたは何才?あなたはどこに住んでるの?

これ50回は繰り返しました💦

どんどん、不安のスパイラルに陥り、
全てがわからなくなってきて。。

落ち着かせるために、
話を変えたり
お茶を飲んだり、
最後は、ハグして、手を繋いで、
やっと落ち着きました。

今のことは覚えてる?
「うなぎ食べて美味しかったわよねー。」
今日はそれだけで十分。
「からだが元気になったみたい」.
よかったねー、おいしいこと幸せだもん。
今のことだけ考えて感謝することが、
幸せなんだって。
「どこに住んでるかわからなくなっちゃったけど、まあいいか。」 
明日は明日の風が吹くよ〜〜

美しい桜を眺めながら、
もしかしたら、人は、過去のことなんか忘れてしまっても、どってことないのかも、と思いました。

今をしっかり味わえるなら、
今この時をも感謝できるもの。

辰巳先生の言葉。

「愛するってどうゆうことだと思う?愛を感じた相手を大切にしていくことなの」


「命の源にこころを向けなければ生きられない。」


「宇宙の一部に自分がいる」


今日は、92歳の辰巳芳子先生と90歳の義母から、人生の本質を学びました💖




がんサバイバーのための
いのちのスープ教室やりたいな。

キャンサーフィットネスでは、
一度、私のやむを得ぬ都合で、
中止になってしまっているので、
また企画しないと!

よしっ!乞うご期待💖

7/1〜2はキャンプしますよー。
そこでやる⁉︎




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在、キャンサーフィットネスでは、

がんサバイバーのための ヘルスケアアカデミーを毎月2回開催しています。

がんになったら、健康管理やヘルスケアを自分で適切にできることが、生涯にわたり、QOLの向上につながります。

セミナーというよりも、がん患者のための勉強会です。少人数なので、講師にも気軽に質問もできます。講師の方は、がんに関わる医師や看護士さんなど医療者の方に依頼しております。

 

4月は、以下の通り、ご案内申し上げます。

 2017/04/08 (土) 12:00 - 16:30 


《リンパ浮腫の こころとからだの健康管理講座 》〜リンパ浮腫を怖がらずに前向きに付き合う方法を知る〜

2017/04/08 (土) 12:00 - 16:30 

場所:四谷三丁目駅徒歩6分 (アデランス本社 7階会議室ビル3階)

 

<プログラム>

●1部

「リンパ浮腫の予防:患者さんの心理面&生活環境から健康管理を考えよう」

 

午後12時~14時

講師 土屋雅子先生(国立がん研究センター研究員)

 

〜休憩〜

 

●2部「リンパカフェ テーマ "セルフケアが大事"」

午後14時30分~16時30分 がん研

① 講義「リンパ浮腫のセルフケア」 50分

 リンパ浮腫のセルフケアをしっかり学びましょう。

 田端聡先生 がん研有明病院リンパケアルーム看護師

② リンパ浮腫エクササイズ 広瀬眞奈美 15分

③ おはなし会 45分

 テーマ「リンパ浮腫のケア」「生活の工夫」

④ 質疑応答 10分

 

 

講師プロフィール ----------------------------------------------

◎土屋雅子先生(つちやみやこ)PhD.

Chartered Psychologist(英国心理学会),専門健康心理士(日本健康心理学会)

健康心理学の視点から、がん患者さんの情報ニーズ、病気開示と対人コミュニケーションの問題、

リンパ浮腫の予防行動に関する研究等を実施。

 

経歴:国立小児病院研究所疫学研究室研究助手、香港大学医学部社会医学系助手、

慶応義塾大学看護医療学部非常勤講師、千葉大学大学院看護学研究科

特任研究員および同大学院がんプロフェッショナル養成基盤推進プランe-learning講師。

現在国立がん研究センターがん対策情報センターがんサバイバーシップ支援部研究員

 

--------------------------------------------------------------------------------

◎田端 聡先生

がん研有明病院リンパケアルーム看護師
日本医療リンパドレナージ協会上級セラピスト
同協会養成講習会コースアシスタント
医療従事者対象のリンパ浮腫ケアセミナー講師
リンパカフェ(リンパ浮腫ケアサポートグループ)代表

----------------------------------------------------------------------

 

4月8日についての講座のお申し込み詳細はこちらからご覧ください。
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017/04/09 (日) 10:00 - 15:30 
 

《がん患者のための動くからだづくり講座 1回目 》

プログラム

解剖学概論  10:00〜11:30

 

自分のからだの機能を知り、ヨガやウォーキングなどの運動も、安全にからだを動かし、機能回復の効果を得やすくなります。

 

呼吸の解剖学  11:40〜13:10

 

呼吸の機能を知り、呼吸による効果的な健康づくりを学びます。

 

場所:DAYS赤坂見附3F 会議室

 

動くからだ体操教室 14:00〜15:30

 

①②から学んだことを実際にからだを動かして体得します。

*腹式呼吸

*胸式呼吸

*腹部のドローイング・イン*体幹の運動とブレスサポート

 

場所:DAYS赤坂見附6F スタジオ

 

*①②③の講義は、ご希望のクラスのみの受講も可能です。

------------------------------------------------------------------------------------------------

講師:杉本亮子

一般社団法人キャンサーフィットネス理事、ボディコンディショナー。

1994年お茶の水女子大学大学院修士課程 人文科学研究 舞踊教育学専攻(動作学)修了。

慶応義塾大学、東京女子大学等で一般体育として、また運動指導者、ヨガインストラクター養成講座や理学療法士の講習会等、さまざまな専門分野の方々にボディ・コンディショニング、解剖学、運動生理学の指導、講義をおこなっている。2012年4月、Martha Eddy氏主催のがん患者のための運動療法Moving For Life(NY)の教師養成資格コース2013年7月に資格を取得。がんサバイバーのための運動教室を開催。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

4月9日についての講座のお申し込み詳細はこちらからご覧ください。

http://cancerfitness20170409.peatix.com

 

お気軽にご参加、お待ちしております。

 

インストラクター希望される方は、是非、このクラスより受講をお勧めいたします。

毎月開催するヘルスケアアカデミーの講座と運動教室のうちから70時間と、

インストラクター養成専科単位取得が条件です。

 

こちらは、9月から(第2週目の日曜日)予定しておりますが、その前に開催の《がん患者のための動くからだづくり講座 第1〜7回 》 4月9日、5月28日、6月11日、7月9日、8月11日13日14日のうち、受講が条件です。

 

インストラクター養成専科

         
9月10日   LMA3,4
10月15日   BF3,4
  BMC3
11月12日   ヨガ
12月10日   ピラティス
1月14日   エアロビクス
2月12日   実演&講評
* レポート提出    
         

詳細は、お問い合わせください。

 

 

主催:一般社団法人キャンサーフィットネス

東京都港区六本木7-21-6

E-MAIL: info@cancerfitness.jp

WEBサイト:http://cancerfitness.jp

 

*お問い合わせはメールにて、

キャンサーフィットネス事務局山中美香宛までお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

こんにちは、広瀬です。

 

ここのところ、がんリハビリテーションについて、

NHKから取材を受けておりましたが、

みなさんは、「がんリハビリテーション」という言葉を聞いたことがありますか?

 

がんのリハビリは、がんと診断された早期からどのような病状や状況、時期でも受けることができるもので、治療のどの段階においても、それぞれのリハビリの役割があり、患者さんが自分らしく生きるためのサポートを行うところです。

 

以下、詳細がありますので、ご興味ある方は、読んでみてください。

http://ganjoho.jp/public/dia_tre/rehabilitation/reha01.html

 

 

 

わたしが、8年前の術後、思うように体が動かないことに絶望しそうになり、

リハビリできる場所を探しましたが、

手術した病院では、退院後にリハビリを受けられない状況でした。


そこで、がんリハビリテーションのような施設があったらいいなと思って、スタートしたのが、このキャンサーフィットネスの活動です。

入院中より、退院後のほうが、後遺症などで、困ったことがたくさんありました。

 

 

ようやく、がんリハビリテーションが、がん対策基本法の改正があり、退院後も受けられるようになったのですが、

現在、がんの後遺症を回復させるリハビリを、退院後行う医療機関は全国のがん拠点病院でも24%しかないことが、国の研究班の調査で初めてわかりました。

 

キャンサーフィットネスは、がんリハの代わりにはなれませんが、
少しでもがん患者さんが、体力をつけ、心も元気を取り戻し、
社会に戻れるようお手伝いできればと思っていますが、

全国のがん拠点病院でリハビリができるようになることが一番の願いです。

 

 

今回は、この調査をされた慶応大学の辻哲也准教授が、NHKにキャンサーフィットネスをご紹介してくださり、NHKから取材を受けました。

 

 

実際にがんサバイバーさんが困っていることなどもお話しましたが、

リンパ浮腫についてとても関心を持っていただき、

今回は、私が代表をしているがん研有明病院のリンパ浮腫の患者会にカメラが入りました。

 

昨夜、ニュースでがんリハビリテーションについて放映されましたが、

時間がなく、リンパ浮腫まで出せなかったとのことで、

来週以降に、NHKのHPで記事にして下さるそうです。

後遺症やリンパ浮腫について、たくさんの方に知っていただき、

社会に理解していただき、後遺症があっても改善できるような医療へと変わってほしいですね。

わたしたちも医療制度の改革の道へと、努力していきたいと思います。

 

 

以下、昨日のTVと記事です。

〜がんのリハビリ 退院後実施は拠点病院でも24%〜

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010912351000.html

 

 

こちらのサイトは、辻先生にわたしたちがインタビューに行った時のものです。

がんリハビリテーションについて、お話を伺っています。

ぜひ、読んでみてくださいね!!

 

 

慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室 准教授 辻哲也先生 インタビュー

http://cancerfitness.jp/interview/

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
ごきげんよう、代表の広瀬です。

今日は、乳がん術後1年未満の方の運動教室のお知らせです。

(乳がん以外の方もご参加でき、トレーナーが体のお悩みがあれば、個別にご対応致しますので、ご相談ください。)


毎月、平日の月曜日に、
乳がん術後1年未満の方のための運動教室を3クラス開催しています。

渋谷に高級プライペートジムEAUで行なっています。http://eau.madoca.jp/

こちらのオーナー様がキャンサーフィットネスの活動に賛同してくださり、ジムの定休日である月曜日を月に1回で契約しております。

門からして驚くようなジムとは思えないエントランスで、
なんと、守衛さんまでいます。
{BC232ED5-3919-4EA7-92AE-C1D43ABC9A8F}


中に入っても、玄関には、大きなお花がお出迎え、
大変きれいで、とても快適なジムであり、
私たちがん患者さんにとっては、とてもうれしい環境です。



3月のこの教室は、来週13日月曜日です。

いつも人気のクラスで、すぐに満席になってしまいますが、
今月はジムで定休日にメンテナンスなどがあり、日程が決まらず、
告知から実施日まで1週間足らずの告知となってしまいました。

もしご興味ある方、今まさに術後の運動が必要な方、
ぜひ、この機会に、ご参加ください。

◎10時〜入門クラス
基本的な体操をゆっくりとその方に合わせて、行っていきます。
{5CB34489-0724-4EA4-ABD0-D39E4D851A5E}



◎11時〜 初級クラス

もう少し動ける方の初級クラスです。

{F36AA418-90B1-4DDB-8530-E73240728518}



こちらは、ジムの器具も使うこともあり、軽い筋トレも入ります。


{5FBE4405-1797-4957-9E8B-E4CD771224A1}


◎13時からは、ジム内でウォーキング入門教室があります。
先日ブログでもご紹介しました。  

{50DB1CB6-A4CE-40B8-A9EB-71D8ABCC5AA5}


トレーナーの倉田さんは、細やかなご指導、相談にも的確な改善方法を教えてくださいます。
一度お会いすればわかりますが、どんな方も安心されるような、とても穏やかで優しいトレーナーさんです。
コンディショナー、整体師、
キャンサーフィットネス認定トレーナー
eau トレーナー

{BF2506D2-4C31-4588-92B0-BD79FDCE2276}

{1F017E3D-17A8-456B-967D-C51BD46EAD50}

{8312E23D-3742-4179-9913-65A292949052}



乳がんでない方もご参加可能です。
実際に他のがん種のかたもいらっしゃいますが、
お体の動きのお悩みのご対応可能です。

お申込、詳細は、HPからお願い致します。
http://cancerfitness.jp/


必要な方に、届きますように

お気軽にご参加お待ちしております。



#一般社団法人キャンサーフィットネス
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ごきげんよう。キャンサーフィットネス代表の広瀬です。

 

皆さんは、がんになって、うつになりそうになったことありませんか?

 

米国国立がん研究所(NCI)の研究では、がん患者は、がん患者さんの約4分の1がうつ病になると報告しています。

 

でも、よくよく考えると、うつ病って、うつうつしたり、ネガティブになったり、のようなイメージで、本当は、どんな状態になるのかきちんとした知識がないかと思います。

 

私は、がんになって生まれて初めて、うつ病ってこうなるんだーっという状態がわかりました。

よくあるうつうつとした感じとは、あきらかに違います。

 

何をやっても気持ちが晴れず、そうなると焦るので、さらに落ち込み、無気力になり、こうなると負のスパイラルに陥りそうになります。

 

私は、退院後、これに陥りましたので、主治医に話したら、精神腫瘍科の受診を勧められ、適応障害とうつ病を診断されました。

 

人によっては、何年か経過した後に突然に、発症することもあるそうです。

 

 

うつっぽいなあと、思ったら、放っておかずに、まずは、体を休めたり、外に出て空を見上げて深呼吸したり、軽く有酸素運動をしたりすることも大切です。

 

 

家族や友人に、遠慮せず、たすけてというサインを出すことも大事です。

 

 

がんになると、本当の気持ちをなかなか伝えることができないのはよくわかりますが、

一人で悩まず、誰かに打ち明けましょう。

 

 

それでもよくならなければ、躊躇せず、主治医に相談または、精神科を受診することをおすすめします。

 

 

人によっては、何年か経過した後に突然に、発症することもあるそうです。

がん患者さんは、日頃からのメンタルケアはとても大事です。

ここに、米国国立がん研究所(NCI)の

がん患者のうつ病について書かれた記事があります。

ご心配な方は、とても詳しく説明していますので、ぜひご参考になさってみてください。

 

がん患者のうつ病について

 

(がん情報要約サイトより)

 

 

 

現在、キャンサーフィットネスでは、毎月、がんサバイバーのためのヘルスケアアカデミーを開催しています。

 

がん患者さんの健康づくりのための勉強会です。

 

今月はメンタルケアです。

 

日々どんな気持ちでいることが、よりよい人生につながるのか、一緒に勉強しませんか。もちろん、うつ予防、うつ改善にもなります。

 

間際のお知らせになりますが、あと数名様お申込可能にいたしました。

以下の通りご案内申し上げます。

 

お申込はこちらからお願いします。

 

 

がんサバイバーのためのヘルスケアアカデミー第2回3月講座  

2017/3/4 15:30~19:00 

《講演:がんとともに生きるということ》

×

《講座:ありのままに生きる~禅の教え》

 

1部 特別講演 「がんとともにいきるということ」15:30~16:30

             聖路加国際病院 リエゾンセンター長 保坂隆先生  

 

どうしたらがんになっても心豊かに生きることができるのか、

たくさんの患者さんの相談を受けてきた先生が、がんでもなぜか長生きできる人の心の

共通点、日常の生活習慣から心を整える方法など、お話してくださいます。

 

2部 がんサバイバーのための禅講座  17:00~19:00

    「ありのままに生きる~禅の教え」   

             一般社団法人禅トレプレナー協会 島津清彦先生

 

① 禅ってなに?(皆さんとダイアログ)

② 禅の歴史・文化・坐禅の効果に関する講話

 ※ストレス軽減・集中力向上・周囲への気づき力向上等 

③ イス座禅実践 座禅をやってみよう!

  やり方の説明(調身・調息・調心)5分イス座禅実践 

 ~休憩 10分(この時間に質問受付)~

④ 禅語を学ぶ

 3つの禅語

 ⑴随処作主・立処皆真

 ⑵主人公

 ⑶全機現 

⑤イス座禅2回目 

⑥ 座禅シェアタイム+質問+まとめ 

 

 場所:金剛院  

    東京都豊島区長崎1丁目  03-3957-2313 

   (池袋駅から1駅。西武池袋線 椎名町駅下車)

   http://www.kongohin.or.jp/

 

お待ちしております。

 

 

一般社団法人キャンサーフィットネス

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月27日(月) 昨日は、倉田トレーナーによる「術後1年未満の方のための運動教室」がありました。
昨年後半から、この後に、「ウォーキング入門教室」を行っています。

これからウォーキングを始めようかなと思っていらっしゃる方のための入門クラスです。

そのため、歩き方のきほんの「き」をしっかりと学んでいただくために、スタジオ内で行っています。

今日は、このクラスをご紹介しますね!


まずは、呼吸から。
骨盤を前傾させながら、
次は、後傾させながら、
と、順番に、おへその下辺りをぎゅーっと引き上げながら、ゆっくりと息を吸ったり吐いたりします。イメージは下腹部や膣の辺りの筋肉を締めていく感じです。

これは尿もれ予防にもなりますよ!

{0991FE8D-E5B7-473E-930C-C12A9D706390}


四つん這いになり、右手をまっすぐ伸ばしたときは、左足をまっすぐ伸ばすトレーニング。
反対もやりましょう。
初めてやるとバランスを取るのが難しく感じるかもしれませんが、慣れてくるとうまくできるようになってきます。
そのとき、体幹を使っていることがわかります。

この日のレッスンのテーマは、
体幹を感じで歩くこと!

{4ADA60AE-939E-445E-99AB-F5E75191C8AB}


次は姿勢をチェックして、先ほどトレーニングした体幹を意識して、下半身をできるだけ動かさずに、腕を前後に動かします。

肩甲骨はしっかり動いているかな?
重心の位置を感じてみます。

{1F4CB445-4BEF-4B28-BCCB-3A04F001263A}

一歩前に進むときは、反対の足を蹴るわけですが、このとき一番に使うのはどこの筋肉だと思われますか?

お尻の筋肉です。

というわけで、お尻の筋肉を上手に使えるようにするためのトレーニング。

脚を後ろに蹴り上げながら、
お尻の筋肉の動き方を感じていただいています。


{5BAAE6D9-0BCE-4D22-AA0A-D40753528623}


実際に、お尻の筋肉を使って歩いてみます!

これだけを意識して歩くだけでも、
ヒップアップできる予感

重心の移動を感じながらゆっくり歩いてみます。
{5EC2842D-4A53-471F-9516-396269E79C9D}

このあとは、膝やももの引き上げの練習です。
みなさん、だんだん股関節もよく動いてきます。

{BCA3FFD0-76A1-4CB0-95D2-6F09EA7775BB}

{8474FEF1-A9F5-4DB7-82F0-A727F9CBC91D}


最後は二人一組になり、後ろの人に、セラバンドで引っ張ってもらいながら、前の人は、やや前傾姿勢で歩きます。
これをやるためには、体幹を使わないと上手く歩けません。
この日の最初に行った骨盤のトレーニングの腹筋や、お尻の筋肉が大事だということがよくわかります!

最後は何もない状態で歩いて頂くと、
歓声が!

軽快に、しかもきれいに歩けています。

さあ、明日から3月、春ですカナヘイハート

少し外に出て、お散歩してみませんか!

体の使い方を意識して、
歩いてみるだけで、有酸素運動と筋トレになります。
そして、終わったあとは、ストレッチすれば、
パーフェクトです!

次回のウォーキング入門は、3月13日(月)13:00からの予定です。

また、4月2日は、春のお花見ウォーキングです。
門前仲町から、豊洲のマギーズ東京まで、約5キロ歩きます。

一緒に春を楽しみませんか!

詳細、お申込は、ホームページからご覧くださいね。お待ちしておりますカナヘイうさぎ


{BEB87977-9BDB-4935-A006-FAF033C3E410}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。