ムーミンin渋谷

テーマ:

話題のムーミンバレエを観に行ってきました!→これです

何というか不思議な舞台でした。観たというより目撃して

しまった気分です。


前半は普通のガラで、白鳥の湖とかスタンダードを踊りました。

あまりバレエは観たことないのですが、これは非常によかった。

美しかったし、感情豊かだったし、すごく見応えがありました。


その素晴らしいダンサーが後半は着ぐるみになっちゃうんですね。

その時点で、ちょっと「なんで?」という感情が生まれます。

ムーミンたちは本当に忠実な着ぐるみで、あまり踊れません。

少しポーズを取ったり、それらしく動いたりはしますが、脚が

短いので、動きに制約がある。ミイやスナフキンなど、人間ぽい

キャラクターは普通に踊ります。あと花の精とかそういった

妖精ぽいキャラが群舞を踊ったりするので、それはとても上手で

美しい。そうするとますますムーミンたちへの疑問が始まって

しまうんですね。なぜムーミンがバレエなのか、なぜバレエで

ムーミンなのか、その必然性がなさすぎて。。。ムーミンが

バレエに乱入したみたいになってました。


一緒に行ったバレエ好きの友達と話したのは、ムーミンをもっと

踊れる着ぐるみにすべきではないかということ。ムーミンの

造形を守るためにバレエが出来ない体形になっていましたが、

ちょっとムーミンぽくなくなってもいいから、脚を出すべき。

例えばピューロランドのキティちゃんだって、頭はキティちゃんで

体は人間で、ぱっと見変な感じだけど、それはそれで受け入れ

られているのですから!


なんと、ムーミンは終演後にロビーに出てきて観客のお見送りを

してくれました。それに群がる人々。もうセレブ状態。






AD

ダンス公演

テーマ:

今年もナショナルタップデイに出演しました!

今まで以上に感慨深いかな。ダンスの演出や振り付けが今まで

やったことがないようなスタイルだったし、いつもと違う先生に

担当して頂いたので、大変でしたが勉強になりました。

言葉では表現しにくいですが、今までになかった気付きがたくさん

あった気がします。今まで似たような振り付け、似たようなノリの

演目ばかりやってきて、大体求められるものは分かっていたの

ですが、今回は本当に頭を絞る思いで、でも自分なりに新しい

レベルを見た気がしました。こんな思いは初めてです。


もっと色気を出せと言われ、でもこれまでの人生セクシー路線

で来ていないし、どう踊れば色っぽく見えるかも分からず、

みんなで思考錯誤してきました。本当に素敵な演出でもあったので、

自分たちの稚拙な踊りで、それを台無しにしてはいけないという

プレッシャーもありました。そしたら、観に来てくれた友達に

「エロかっこよかった」と言ってもらえ、とても嬉しかったです。

先生から見ると、まだまだ完成形には遠いのだろうけど、雰囲気と

いうか目的はちゃんと観客に伝わったことが嬉しかった。

楽しいとかきれいとか以上のメッセージ(この場合は色気)が

ちゃんと伝えられたことは、自分の中で大きな発見であり

気付きであり、自信となりました。


今回はちょうど真ん中へんの出番だったので、他の団体の

踊りはほとんど見られなかったのですが、結構バラエティーに

富んでいて、面白い公演となったようです。

DVD観るのが楽しみです。


ナショナルタップデイは勉強になるし、結果、楽しいのですが、

やはり練習が大変で、今年は特に年始に出張が多かったため

かなり負担でした。しばらくは出演を見合わせようと思っていて、

もしかしたら今回が最後かもと思っています。

でもこうやって、まだ新しく学ぶことが出来る喜びを感じると

今後も頑張って出たくなってしまうのでした。これはまた

考えます。


疲れ果てたので、今日は仕事は休んで休養しています。

夜はムーミンバレエを観に行きます。観るだけの立場って

なんて気楽なんだ!






AD

先月飛行機で観た映画ですが備忘録として感想を書いて

おきます。


『ララランド』

私の周りにはタップダンサーが多いので、往年のミュージカル

映画のファンも多く、この作品は賛否両論でした。やはり昔の

ミュージカルには全然追いつかない的なことを言う人が多い。

でも私は楽しかったですよ。

確かに歌と踊りのシーンの唐突さは否めませんが、それは

昔のミュージカルでも唐突と感じる人はいますからね。

私のイメージでは、昔のミュージカル映画は、歌と踊りではない

普通のシーンでもリズム感がいいので、急に歌い出しても

自然な気がするのです。でもそれは、たくさん観ている中で

その法則みたいのに慣れてきたからであり、初めて観る人は

やはり不自然に感じるようです。

あとこの映画は歌は良かったけど踊りが今一つでしたかね。

でも全体にはストーリーも抒情的で良かったし、主演の

エマ・ストーンとライアン・ゴスリングも息が合ってた。

それとこのご時世に現代の日常をミュージカルにした

チャゼル監督のセンスと心意気が素晴らしい。

みんな心の中でちらっと考えたことがあると思うけど、でも

実際はなかなか実現できないことだと思います。


『マリアンヌ』

原題はAlliedというのでした。ブラッド・ビットとマリオン・コティ

ヤールのスパイ映画。第二次世界大戦時代、ナチスドイツと

戦うイギリス軍のスパイをする男性が、フランスで反ナチスの

レジスタンス運動をしている女性と恋に落ちるという話。

これはシーンごとに見応えはあって、映像がきれいだったり

セリフが気が利いていたりするのですが、全体のストーリーは

全然面白くなった。というか極めて凡庸でした。

これ小説っぽいんです。小説なら読み応えあると思うし、とても

面白い読み物だと思うんだけど、それは繊細な心理劇がある

からであり、映画にしてしまうとただのアクションスパイ映画の

ような趣きになり、結果的に物足りない。これにブラピとコティ

ヤールという大物を持ってきた意味もよく分からないし。

マリオン・コティヤールの女スパイっぷりは格好良かったです。

相変わらず美しいし。やっぱりフランス人の女優さんは雰囲気が

あります。






AD