【民団】「地方参政権、上程11年、もう待てぬ」…共生社会実現のために「われわれは必ず勝つ。勝たなければならない」


「各政党はこれ以上先送りせず、地域住民である永住外国人に地方参政権を付与せよ」。5月31日に東京中央区の銀座ブロッサムで開かれた「韓国での実現から3年、永住外国人に地方参政権を!」集会には、在日同胞を中心とした永住外国人と市民、超党派の国会議員ら1000人が参加した。

参加者らは、地方自治体の7割が意見書を採択しており、韓国でも実現していることなどを改めて指摘、「時期はとうに熟している」と、早期の実現を訴えた。

開会あいさつで青年会中央本部の金宗洙会長は「実現までもう少しのところにきている」と強調、実現に向けてさらに力を結集して前進させることを誓った。

婦人会中央本部の余玉善会長は、「自信を持って、われわれの強い思いを伝え、付与に賛同する衆院議員立候補者が当選するよう支援していこう」と呼びかけた。「定住外国人の地方参政権を実現させる日・韓・在日ネットワーク」の田中宏共同代表は基調報告で「地方参政権はすぐれて民主主義にかかわる問題だ。OECD(経済協力開発機構)加盟国中、まったく認めていないのは日本だけ」と指摘。

「最高裁判決は国政レベルでの参政権付与は認められないが、地方レベルは国政上問題なく、国会で決めることができる」と早期付与の必要性を強調した。




早期実現を求める外国籍住民によるアピールでは、オリビア赤津・外国籍都民会議第1期委員(フィリピン)、アンジェロ・イシ武蔵大学准教授(ブラジル)、ジョージ・ギュシュ青山学院大学名誉教授(米国)、王慧槿多文化共生センター東京代表(中国)、金朋央在日コリアン青年連合共同代表(韓国)が、地方参政権の必要性を訴えた。

国会開会中にも各党代表参席

国会開会中にもかかわらず参加した民主党副代表の円より子参院議員、公明党副幹事長の魚住裕一郎参院議員、共産党総務部会長の塩川鉄也衆院議員、新党日本の有田芳生副代表らは、「付与は当然」と早期実現へ尽力を力強く表明した(2面に発言骨子)。民主党の白真勲参院議員も駆けつけた。

東京日韓親善協会連合会の保坂三蔵会長は、あいさつで「今日の集会を真剣に受けとめている。共生社会実現のために地方参政権は必ず実現させる」と決意を表明。韓日親善協会中央会の金守漢会長(元国会議長)からは、「地方参政権付与は韓日両国間の強固な紐帯と友好増進の重要な絆となる」との激励メッセージが寄せられた。民団関東地方協議会を代表して李時香会長(東京本部団長)は「われわれは必ず勝つ。勝たなければならない」とアピール。民団地方参政権獲得運動本部の呂健二代表代行は「自治体の7割が賛同している。にもかかわらず付与へ動かないのは永田町の論理。今度の衆院総選挙では賛同候補者を積極的に支援しよう」と呼びかけた。




参加者は①政府および国会が、1995年の最高裁判決と、立法化を求めてきた多くの地方自治体議会の意見
書採択を尊重し、早期に永住外国人の地方参政権を実現することを求める②98年に初めて国会に法案が
提出されて以来、10年以上が経過するにもかかわらず、いまだに法案が成立していないことに強い憤りを禁じ
えない。各政党がこれ以上先送りすることなく、国会で速やかに立法化するよう強く求める--との決議文を
満場一致で採択した。

(2009.6.3 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3420&corner=2


関連スレ
【民団】政党の如何にかかわらず地方参政権付与に賛同する立候補者を集中的に支援する! 総選挙控え各地
方研修会で再確認[05/27]

http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1243412306/


【民団】民主・小沢鋭仁国会議員「政権奪取で皆さんの地方参政権を実現する」[04/01]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1238563756/

オウムや統一教会問題を追っていた有田芳生というコメンテーター(新党日本の板橋地区あたりで出馬することを表明済み)が、5月31日の参政権よこせ集会(民潭主催)において、強い口調で典型的な左翼発言をしていました。
1.相互主義を踏まえれば税金を支払っている外国人に参政権を与えないのはおかしい。
2.外国人に地方参政権を与えるなと言っている人々は、外国人に地方参政権を与えるなと言うならば、それと同時に日本政府に対して、海外在住の日本人に現地国の政府から付与されている現地国の参政権を返上するように要求するのが筋。そういうこともやらずにナショナリズムを繰り広げるのはおかしい。
2.21世紀は共生社会の時代だ
3.大きな声をあげている人々は排他的で歪んだナショナリズムの持ち主。
4.外国人に参政権を与えると日本が乗っ取られるんじゃないかと妄想するのはやめてほしい。
5.在韓日本人で選挙権を得た人は約2千人で、明らかに在日の方が多いから不公平じゃないかという人は、歴史認識が全く欠けている。
6.在日の祖父母が日本に来る事になったのは植民地支配が原因
http://www.youtube.com/watch?v=na5ED2N_Wog


民主党に政権を取ってもらい地方参政権を勝ち取ろう」… 在日韓国人、魯漢圭(広島市)地方参政権があれば、実質日本国内に在日の独立国を建国することが可能。半島からのニューカマーを、引き入れて日本人を追い出せば誰も、手出しできない。治外法権の在日独立国家を完成させることができる。
まずはカナダのケベック州の様な、特別州を作り出すのが在日の当面の目標
で、そのための今最も力を入れてるのが、地方参政権獲得闘争の完全勝利。
それは確実に実現へと近づいている。在日の地方参政権獲得で表社会を制圧。 既に裏社会は殆ど支配下に置き、その暴力と経済力を背景に日本の政官財界を侵略する。
60万在日の経済力は日本経済の2割に相当し、それは実に韓国の経済力の2倍という凄まじい物だ。
経済力に加え、地方参政権によって政治力も手に入れ。やがては軍事力も手にした日には完全に日本から独立した。世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。
もはや完全に在日の奴隷状態の日本人には、在日国家の軍門に下って貰うことになる。
こうして、在日朝鮮民族はアジアの頂点に立つことが可能となり、半島と日本を実質支配する。アジアでもっとも強固な支配階層、特権階級となるだろう。
市役所や県庁などの採用における国籍条項撤廃、地方参政権の獲得に向けた動きはまず在日が日本の地方行政に徹底的に介入を行い、韓国主導の日韓併合を行い日本を乗っ取るための下地を作るためではないかと危惧してる。
名前: 1 03/10/07 16:36 ID:KwzZOtVA
http://megalodon.jp/?url=http://www.geocities.jp/yotsta/MINDAN-shinbun/sanseiken.htm&date=20070530195346


地方参政権勝ち取ろう 魯漢圭(広島市)
http://www.geocities.jp/yotsta/MINDAN-shinbun/sanseiken.htm


「北の核開発マンセー!」の会合に民主党議員が出席
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1244017962/l50

■民団の綱領■

※ 大韓民国の国是を尊守する。
※ 在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を尊守します。
http://www.mindan.org/min/min_reki31.php


■民主党サイト、リンクから転載した民主党の支援団体
http://www.dpj.or.jp/footer/link/index.html

関係団体

市民がつくる政策調査会         ←売国貴族
http://www.c-poli.org/

日本労働組合総連合会(連合)     ←労働貴族
http://www.jtuc-rengo.or.jp/

部落解放同盟中央本部          ←人権貴族
http://www.bll.gr.jp/


西松建設
^^^^^^^^^
在日本朝鮮青年商工会
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
全日本自治団体労働組合(自治労)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
公務員公共サービス労働組合
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
部落開放同盟中央本部
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
日本教職員組合(日教組)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
郡山遊技場組合
^^^^^^^^^^^^^^^^
ソース
2004民主党大躍進パーティー
http://www.dpj.or.jp/governance/openinfo/images/04sh11.pdf


民主党 円より子
 外国人参政権は民主党の結党時からの方針
 ここに来るとき、会場がバリケードで囲まれていたのは残念
 (反対派の言動は)多文化共生の妨げ、日本人がそういう(多文化共生の?)教育をされてこなかったからだ

公明党 魚住裕一郎
 公明党はどこよりも積極果敢に取り組んできた
 NHKでもようやく(日本と)韓半島とのかかわりを取り上げるようになった

共産党 塩川鉄也
 選挙権だけでなく被選挙権も必要だ
 総務省に地方議会での採択の様子を訊くと7割超えているとのこと

新党日本 有田芳生
 外で声をあげてる人が論理を貫くのなら、アイルランド、ベルギー、・・・etc 他の国の政府にも「外国人参政権を
 返上せよ」と言うのが筋だろう
 日本が占領されるなんて妄言は止してほしい
 在日コリアンの数が多いから、というのは歴史認識不足、植民地支配の歴史のせいだ

元自民党参院議員 保坂三蔵(東京日韓親善協会として挨拶)
 今日、党本部から挨拶が来なかったのは非常に残念
 河村建夫、中曽根博文も応援している 麻生さんも同じ気持ちだと思う
 参政権は公明党との連立時の約束なので果たしたい

民主党 白眞勲(閉会の辞直後に登場)
 アメリカは民族も宗教も乗り越えて一丸となって国を守ろうとしている、日本も国際社会の云々
 (※他にも何か言ってましたが、勢いと大袈裟な身振りだけで中身は全くありませんでした)
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

アンジェロ・イシ武蔵大学准教授(ブラジル)

日系ブラジル人が、ブラジルで一目も二目も置かれるようになったのは、ブラジル国民となってブラジルに忠誠を近い、貢献したからだろう?日本国籍のまま、参政権寄越せなんて運動したのか?


>「定住外国人の地方参政権を実現させる日・韓・在日ネットワーク」の田中宏共同代表は基調報告で「地方参政権はすぐれて民主主義にかかわる問題だ。OECD(経済協力開発機構)加盟国中、まったく認めていないのは日本だけ」

ダウト!!!!!!


小沢一郎ウェブサイト
永住外国人に地方参政権を与えることについての国際社会の状況は、アメリカをはじめ未だ多くの国が、国籍の取得を要件としているのは事実であります。
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/05.htm



(1)EU加盟国(19か国)
 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダベルギールクセンブルクフィンランド、スウェーデン、オーストリア、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア。

(2)その他(11か国)
 日本、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュー・ジーランド、スイス、ノールウェー、アイスランド、トルコ、韓国。  

外国人参政権を与えている国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8F%82%E6%94%BF%E6%A8%A9

EU(欧州連合):アイルランド、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ハンガリー、スロバキア、スロベニア、リトアニア、エストニア
EU非加盟:ノルウェー、アイスランド、ロシア
英国邦連邦:ニュージーランド
北米・南米:チリ、ウルグアイ、ベネズエラ
その他:韓国、イスラエル、マラウェイ

田中宏共同代表は大嘘つきだな。
嘘は他にもあるだろうな。

> 「われわれは必ず勝つ。勝たなければならない」

それ「共生」と違う。



>6.在日の祖父母が日本に来る事になったのは植民地支配が原因

■韓国朝鮮人の同胞虐殺の歴史
1948年 済州島「4.3事件」韓国軍の虐殺で3~10万人死亡 ←←これが原因で戦後に大量の朝鮮人が日本に密航した
1950年 朝鮮戦争      400万人死亡 ←←これが原因で戦後に大量の朝鮮人が日本に密航した
1950年 保導連盟事件   30万人死亡
1950年 国民防衛軍事件  10万人死亡
1951年 居昌事件     85000人死亡
1980年 光州事件      200人死亡
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1244025619/


>「最高裁判決は国政レベルでの参政権付与は認められないが、地方レベルは国政上問題なく、国会で決めることができる」と早期付与の必要性を強調した。

◆日本国憲法第15条
「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」

◆憲法前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1244025619/


「共生」など絶対ならない。

【対立】が深刻化し、【憎悪】が大きくなるだけだ。

絶対に禍根を残すぞ。


共生の強制


 私の批判は2点ある。まず皮肉なことに、「国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的違いを認めあい、対等な関係を築こうとしながら生きていくこと」ことこそが、現在起きている民族間紛争の根本的理由であることを山脇氏と総務省 は知らないらしい。


 パレスチナ 問題がその典型である。民族間に紛争が起こる第一の条件は、お互いの文化が違い、お互いが異民族であるという認識である。同じ地域の住民同士における「私たち」と「彼ら」の区別こそが、すべての民族紛争に絶対的に共通する要素なのだ。この区別を前提とした時点で、すでに共生の第一歩が始まっている。

 なぜ近代国民国家が誕生したのか、その根本的理由の1つは、ヨーロッパ を蹂躙した宗教戦争である。その教訓から、宗教や民族を超えた国民国家という枠を作ることで、少なくともその枠内での対立・紛争を抑える装置が生まれた。旧ユーゴスラビアやインドネシア が少数民族を暴力的に抑圧してまで国家統一した理由は、「私たち」と「彼ら」の区別を消し去ることで、少なくとも国民国家の枠内での紛争を抑えるためである。

 民族間の紛争が起きる第二の条件は、互いの文化的違いを認識した民族が対等の関係を築こうとすることである民族紛争の火種は常に、自分たちが不当に虐げられていると感じる民族が対等を求めて闘争する点にある。その点で長谷川氏の「棲み分け」論は正鵠を得ている。人間は争わないために棲み分けるのだ。もし本当に平和を願う日本人なら、大量の移民には反対すべきである。棲み分けと聞くと、南アフリカのアパルトヘイトを思い出す人がいるかもしれない。しかし、黒人たちが望んでいたのは、白人との共生ではなく、自由で豊かな暮らしである。逆に云えば、白人と共生したことで、彼らは自由と豊かさを失っていたとも言える。

 もう1つだけ指摘しておきたい。理念によって「理想」の社会を作ろうという試みは、最高の傲慢であるナチズムを支えた人たちというのは、総務省 や山脇氏のような凡庸な理想主義者だったのだと思う。歴史と現実の世界に対する謙虚さと畏敬を失った人間というのは怖いですね。

 「共生社会」をアピールする人たちが、アメリカ を例に挙げたりする。こちらに住んでみればわかるが、アメリカ とは、共生を強制する国である。多民族が共生するためには、ある種の暴力的強制装置が必要であり、これこそ総務省 や山脇氏のような擬似ヒューマニストのお花畑な頭では思い浮かばないものだろう。民族間の暴力を抑止できるのは、より大きな国家的暴力だけである。

http://tillich.iza.ne.jp/blog/entry/869770


「多民族国家の幻想」と内戦

 旧い話ですが、かつて東西冷戦の時代、チトー大統領が統治していたユーゴスラビアという国家を理想の国家と日本の知識人は賛美していた。
 日本共産党などもソ連や中国は批判していたが、ユーゴは絶賛していた。

 その理由はそこには宗教と民族の違いを超えて、様々な人種が共存し得る、まさに共産主義社会の楽園があると宣伝されてきたのです。しかし、そのような理想は無残にも打ち砕かれた。

 旧ソ連邦の解体と同時に始った各共和国の独立運動から、東欧社会においては、民族浄化の合言葉の基に、内戦状態に突入した。

 その最大の悲劇に見舞われたのが旧ユーゴスラビアであり、これは現在においても解決することなく燻っています。セルビア人による「民族殲滅」作戦とは旧ユーゴからイスラム系住民を一掃することを目的として開始された。

 皮肉にもこの「民族殲滅」を反イスラムという立場からユダヤ国家のイスラエルが裏で支援していた。セルビア人の民族浄化作戦をナチス・ドイツのようだと国際世論は形容したが、そのナチスの最大の被害者であったユダヤがそれを支援するという現実を我々は見せ付けられた。

 実はこの内戦はユーゴだけのものではなく、全ヨーロッパにおいても顕在化していた。民族・人種・宗教・文化の違いは対立となって浮上する。

 旧ユーゴでは強力なリーダーであったチトーを失った途端に内戦は始まり、理想の国家はものの見事に解体されて消滅した。ここから学ぶべき点は余りにも多い。

 お互いに考え方も違う民族が共存することは非常に難しい。人権主義や博愛主義、或いは友愛などと言っても、それは歴史が既にこれまで幾度となく証明してきた。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52257150.html


日本は日本人が住みやすく、日本人同士が幸せに暮らすためにご先祖様が作り上げてきた国


 そもそも国家とは、同じ民族や同じ文化や同じ習俗・習慣を持つ「仲間」が、自分達の考え方や自分達の正義に基づいて、自由に生活できる世界を維持・継続する目的の装置である。自分達と違う考え方や自分達が正義だと思う事柄と違うやり方で支配されることを防ぐための手段として、同じ民族や同じ文化を持つ仲間が国家を形成しているのである。日本語を話し、正月になれば初詣をし、4月になれば学校が始まる。商店では店先に商品を無造作に並べていても、それが盗難にあうことは少なく、電車でサイフを忘れても遺失物係に届けられているケースが多々ある。

 そんな日本の普通の生活を日本人は自分で選択して日本という国を形作ってきた。そんな日本人のための共同体である日本国は、日本人のための国家であり、他国の国民のための国家ではない。我々日本人の先祖が作り上げてきた偉大なる遺産である日本国という社会基盤を我々日本人がその恩恵を受けるのではなく、外国人が受けることがいいことなのか?

 いったい日本国の主権者は誰なんだ? 日本人のための日本国を取り戻す時期に来ている。米国での移民受入や国籍付与の場合、米国の国民になる際に移民達に対して、米国というチームへの忠誠や貢献を誓わせる。当たり前である。国というチームの中に、そのチームを破壊し別のチームを優先させるチームメイトが存在することなど、古今東西、何処にも存在しないからだ。
 そんなアンチ集団に日本というチームの先行き決定権利を与えることなど、狂気に等しい。在日韓国人・在日朝鮮人は帰国することもせず、日本に住み日本人よりも優遇されることを声高に要求し、日本と日本人を虚偽の理由であしざまに罵倒、誹謗中傷する。こんな下劣な集団が日本に存在していることを、そろそろ拒否してもいい時期ではないか?
http://www.youtube.com/watch?v=GhWSLUbfy8o
http://www.youtube.com/watch?v=jBMDaJ4xnuk
【外国人参政権FLASH】

http://www.geocities.jp/ffflash2005/sanseiken.html

【速報】5.31民団"外国人参政権要求"集会に突撃抗議編
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7213917
<youtube版>
http://www.youtube.com/watch?v=6pqTvAX0Ots
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/5j8r8c

民主党が政権を取れば非常にやばい状況に追い込まれることは間違いありません。

お金持ちや公務員などの安定した生活をしている人達にとってはそれほど影響はないでしょう。

が、しかし、今ぎりぎりの生活をしている一般庶民の人たちは真っ先にそのしわ寄せが来るでしょう。

今でさえ、日本人に施されるはずの福祉が在日コリアンや他の在日外国人に優先されているわけですから。

外国人に取り込まれた政治家や役人がさらに日本人を後回しにするような地域社会にしていくに違いありません。

将来に不安を抱えてりいる人たちは、民主党には絶対に投票してはいけません。

絶対にです。

AD

コメント(16)