在日コリアの来歴


1.強制連行説の嘘


参考)「教科書が教えない歴史 (4)」 藤岡信勝 平成9年 扶桑社
年代 法令 日本・台湾 朝鮮
1938年 国家総動員法
(国民徴用令は1939年)が成立

15~45歳までの男子、
16~25歳までの女子が徴用
徴用の代わりに、内地の企業による求人活動が許可される
1942年 人手不足により、
「官斡旋」による募集が始まる

既に徴用済み 日本企業への就職が斡旋される。しかし、雇用先を辞めても罰則なし。
1944年 朝鮮に初めて徴用令発布
(実質、六ヶ月間で終了)
既に徴用済み 本人の意志を優先した為、達成率は79%に留まる。
注釈)強制連行は徴用の歪曲であり、その徴用も朝鮮人には中々課されなかった。
なお、徴用で来日し、残留した朝鮮人はわずか245 人。出典)朝日新聞1959 年7 月13日付



2.土地収奪による移民説の嘘(本当の来歴)




米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授

戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワークを頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。
今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率を占めている。
日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で、密入国者に関しても寛大に扱った。



三国人発言の由来


1.北斗星氏の取材(三国人は何をしたのか?)


石原都知事の三国人発言の真意
2000年07月29日、政治団体・日本会議事務局の草野氏がHPに掲載した取材記録

第三国人の暴行

表題の件について既に一通り書き終えたつもりであったが、本日郷土、城東葛飾にたまたまいたところ、偶々老人達が本件を論じていた。中にも地方議員たる七十翁の回顧は愚生の筆より数段迫力ありしゆえ、帰宅早々記憶により再現し、ここに記して御歴々の御参考にしようとするものである。


--- 録取者 北斗星 ---


終戦後の第三国人どもは本当に酷かった。軍の兵器を盗んで来たらしく、三八式歩兵銃や南部式拳銃で武装し、小銃には着剣して強盗強姦傷害恐喝脅迫不動産窃盗、時には殺人まで、経済犯、実力犯を中心にあらゆる悪事を重ねていた
銀座、浅草、新宿は朝鮮人、新橋、渋谷は台湾人に支配され、政府も警察も動揺し、手を拱いていた。戦勝国民は治外法権だったのである。
だから食管法に限らず、戦勝国民には日本法を適用出来なかった。服部時計店や白木屋も米軍の酒歩(PX)に接収され、そこへ行けば食料に限らず物資は山ほどあった。日本人は買へなかったが。
そうした情勢に便乗し、朝鮮人は戦勝国民だの「朝鮮進駐軍」を僭称して堂々と闇商売を行い、派手に稼いでいた。そりゃ儲かるだろう。取締を横目に犯罪のし放題。警察の検問を竹槍日本刀を振り回して強行突破したのだから(さすがに銃撃戦は挑まなかった模様)。
当時は物不足で、売る方は素人でも出来た。仕入れこそ難しかったのだが、彼等は日本人露天商を襲って商品を奪うのだから。それで警察が黙認して捕まえないのだから、こりゃあ損のしようが無い。
警察が襲撃されることしきりで、署長が叩きのめされたり、捜査主任が手錠を賭けられ半殺しにされるぐらいは珍しからず。上野で朝鮮人経営の焼肉屋へ国税局査察部が査察に行った際、大金庫を開けて手を入れた瞬間を狙って二十人ぐらいで一斉に金庫の扉を押したものだから査察官は腕を切断されてしまった。
(録取者註 当時は警察署が襲撃される事が珍しくなく、第三国人の襲来によって犯人を奪還された富坂警察署事件、ついでに警官が殺された渋谷警察署事件、共産党が大群で警察署を包囲し外部との連絡を遮断「攻城戦」に出た平警察署事件等、枚挙に暇有りませんでした

東京東部(すなはち大東京の中心地)北郊の荒川、古利根-中川、江戸川、利根川流域の牛は皆いなくなった。
当時、あの辺は畜力として農耕牛を使っていたが、深夜、不良朝鮮人が侵入して来て盗み出し、河原へひいて行って屠殺した。牛はモウと言って泣いたので皆気付いたが、銃砲刀剣で武装しているので追う訳には行かなかった。永年愛育し、慈しんで来た牛が悲しそうに泣きながらズルズル引き出され殺されるのを傍観するのは無念で耐え難かったが、手向へば殺されるのでどうにも出来なかった。
そうして利根川水系流域一帯の牛は皆、不良朝鮮人に盗まれ、殺され、闇市で売られた。この辺へも、新聞紙に包んだ肉塊を売りに来たものだ。上流で屠殺した牛を、そのまま下流へ売りに来たのだろう。
かくて南関東から、牛はいなくなった。
家畜相手ならまだしも、人間に対しても、関東以西の大都市を中心に、日本中に灰神楽が立つような勢で数多犯罪を重ねた。川崎、浜松、大阪、神戸などが酷かった。
その最も著しい、象徴的事例に、元文部大臣、後の首相・鳩山一郎氏に対する集団暴行・傷害事件がある。
翁が軽井沢の静養先から帰京しようとして信越本線の汽車に乗っていたら、例の「朝鮮進駐軍」が後から大勢、切符も買はず、鉄道員を突き飛ばし押入って来て、俺達は戦勝国民だ、おまえら被支配者の敗戦国民が座って支配者様を立たせるとは生意気だ、この車両は朝鮮進駐軍が接収するから全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな! と追い立てた。
それで鳩山氏が、我々はきちんと切符を買って座っているのにそりゃおかしい、と一乗客として穏やかに抗議したら、たちまち大勢飛び掛かって袋叩きにし、鳩山翁を半殺しにした。幸にして重体にも重傷にも至らなかったが、頭部裂傷だか顔面挫傷だか忘れたが、血に塗れ腫れ上がった痛々しい顔で帰京した。
年老いた祖父を理不尽に叩きのめされて怨まぬ孫も有るまい、いかに不出来な孫にせよ。孫共はこれを知らんのだろう。

直後に総理大臣に成る程の大物でもかくのごとし。いわんや庶民におては 土地も屋敷も物資も操も、奪い放題であった。闇、賭博、傷害、強盗事件が多く、ことには、空襲や疎開で一時的に空いている土地が片端から強奪された。今、朝鮮人が駅前の一等地でパチンコ屋や焼肉屋を営業しているのは、皆、あの時奪った被災者の土地だ。
それでも警察は手が出せなかった。歴代首相大臣等が絞首刑になって行く状況で、警察ごときに何が出来よう。ある日、警察は何月何日を以て廃止す、再び登庁するを許さず、と命ぜられれば、それ切り警察は消滅する。七百万の大軍を擁した彼の帝国陸海軍ですら、左様にして両総長 両大臣以下、自然廃官になった。まこと、敗戦は悲しからずや。

たまりかねた警察が密かにやくざに頼み込み「浜松大戦争」になった訳だが、「小戦争」は日本中に頻発した。
最後の頼みの綱は連合国軍であったが、遂にはその憲兵隊でも手に負へぬ非常事態に立ち至った。


それでさすがに米軍も腹に据えかね、日本本土全域の占領を担当していた米第八軍司令官アイケルバーガー中将が、関東と言はず関西と言はず、はたまた北九州と言はず、不良朝鮮人活動地域に正規戦闘部隊の大軍を出動させ、街頭に布陣して簡易陣地を築き、重装甲車両を並べ、人の背丈程に大きな重機関銃を構へて不良朝鮮人共にピタリと狙いをつけ、ようやく鎮圧した。我々はその火器のきらめきを間近に見た。
この時、連合軍総司令官ダグラス・マックアーサー元帥の発した布告が、「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」と言い声名で、これぞ「第三国人」なる語のおこりである。
だから、外国人差別用語なはずは無い。彼等自身、マックアーサー元帥以下、一人残らず皆、外国人ではないか。

連合国軍総司令官は日本人に対してこそ絶大な権勢を振ったが、本国や同盟国、対日理事会や極東委員会に気を使わねばならぬ外交センスの要る役職であった。何人にもせよ、敗戦国民以外を、声名発してまで差別なんぞする筈が無い。
「第三国人」の語は、国際法に則って説いた技術的専門用語に過ぎない。

近頃の報道人は歳も若く、当時の経緯や語感が全然判らないのだろう。知合いの報道人幾人かに電話して、テレビにでも新聞にでも出て歴史の真実を話して進ぜよう、と申入れたら皆、検討させて下さい、と逃げてしまった。真面目に報道する気は無いのかの。
貴公、パソコン通信をやってなさるそうじゃが、インターネットとやらは随分と情報を発信できて、幾百万の人が見ると聞く。一つ満天下の正義の為に、今の話を発信して下さらんか。



当時の在日コリアの検挙率の異常な高さ
「在日朝鮮人に関する総合調査研究」 朴在一 新紀元社 1957年

15~59歳の男女人口を犯罪年齢人口とすると、刑法犯、特別法犯の検挙人員は合計3万7276人(1949年)であるから、在日朝鮮人の成年男女の100人のうち、14.4人が検挙されたことになる。外国人登録法違反による被検挙者数まで入れると、この数字はもっと増えて100人当たり20.2人になる。このほかに道路交通法違反による検挙者1万9332人もいる。それ故に大都市警察の留置所が、何時でも朝鮮人で一杯であるという事も否定し得ない悲しむべき事実であろう。




2.戦後七年間の間に起きた在日コリアの集団犯罪
(襲撃・暴動への参加者、延べ
三万人余り。検挙者延べ三千人余り)



(0000)は、コリアの(およその参加者数逮捕・検挙者数)
1945年10月22日 大阿仁村事件
(
52)
1951年12月1日 東成警察署催涙ガス投擲事件
(
303)
1945年12月24日~1946年1月9日 生田警察署襲撃事件
(
903
1951年12月3~11日 半田・一宮事件
(
32027)
1945年12月29日 直江津駅リンチ殺人事件
(
3)
1951年12月16日 軍需品製造工場襲撃事件
(
110)
1946年1月3日 富坂警察署襲撃事件
(
)
1951年12月18日 日野事件
(
5035)
1946年5月13日 長崎警察署襲撃事件
(
12660)
1952年2月21~23日 木造地区警察署襲撃事件
(
702)
1946年8月5日 富山駅前派出所襲撃事件
(
30)
1952年2月28日 姫路事件
(
7021)
1946年9月22日 坂町事件
(
6514)
1952年3月1日 八坂神社事件
(
706)
1946年9月26日~29日 新潟日報社襲撃事件
(
)
1952年3月13日 宇治事件
(
156)
1946年12月20日 首相官邸デモ事件
(
200015)
1952年3月26~30日 多奈川町事件
(
50027)
1947年10月20日 尾花沢派出所襲撃事件
(
3729)
1952年4月19日 田川事件
(
)
1948年4月23~25日 阪神教育事件
(
70001800)
1952年4月24日~5月30日 岡山事件
(
100016)
1948年10月11~12日 評定河原事件
(
6)
1952年5月1日 血のメーデー事件
(
5000131)
1948年12月9日 宇部事件
(
200)
1952年5月8日 上郡事件
(
8)
1949年1月25日 益田事件
(
30057)
1952年5月12~25日、11月9~12日 大村収容所脱走企図事件
(
5024)
1949年4月6~13日 枝川事件
(
509)
1952年5月13日 広島地裁事件
(
200)
1949年4月7~11日 高田ドブロク事件
(
70017)
1952年5月26日 高田派出所襲撃事件
(数十/
31)
1949年6月2~11日 本郷村事件
(
200)
1952年5月31日 奈良警察官宅襲撃事件
(
10)
1949年8月20日 下関事件
(
200200)
1952年5月31日~6月5日 万来町事件
(
500)
1950年3月20日 台東会館事件
(
400120)
1952年6月10日 島津三条工場事件
(
150)
1950年8月15日 連島町事件
(
7008)
1952年6月13日 醒ヶ井村事件
(
46)
1950年11月20~27日 第二神戸事件
(
1200214)
1952年6月24日 葺合・長田事件
(
30013)
1951年1月23日 四日市事件
(
2015)
1952年6月24~25日 吹田・枚方事件
(
1109113)
1951年3月7日 王子事件
(
17008)
1952年6月25日 新宿駅事件
(
3000)
1951年6月13日 神奈川事件
(
50028)
1952年7月7日 大須事件
(
1000145)
1951年10月22日 下里村役場事件
(
20015)
1952年7月8日 舞鶴事件
(
20020)
1951年11月21日 福岡事件
(
150021)
1952年11月19~26日 五所川原税務署襲撃事件
(
60)


上記事件の一例(直江津駅リンチ殺人事件)

信越線黒井駅でヤミ米ブローカーの朝鮮人3名が列車の窓ガラスを割って乗り込もうとしたところ、ある日本人乗客に拒まれて乗り込むことができず、デッキにぶらさがって直江津駅まで行った。彼らは直江津駅でその日本人乗客に対し、「乗降口から乗れないので、仕方なくガラスを壊して乗ろうとしたのになぜ妨害した」と詰め寄ったが、日本人乗客が「窓から乗り込むという方法はない」と反駁したので、「朝鮮人に向かって生意気だ!ホームに降りろ!殺してやる!!」と叫んで、その乗客をホームへ引きずり出して、パイプやスコップで滅多打ちにして殺害した。朝鮮人3名はその後逮捕されたが、全員逃走してしまい、結局うやむやのうちに終わってしまった。
なお余談ではあるが、この種の鉄道内の不法行為を防止するために、急遽設けられたのが「鉄道公安官」制度である。

参考サイト
秋津嶋案内所
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/index.html

http://resistance333.web.fc2.com/html/corea_living_in_japan.htm#2


強制連行でつれて来れられて来たかわいそうな民族などと、嘘をついて被害者を装い特別永住資格の要求や免税措置など様々な特権を獲得してきた朝鮮人は実は終戦後直後、犯罪の限りを尽くした許し難き犯罪者集団だ。

どれほどの日本人が集団暴行、殴打暴行、強姦、拉致監禁、拷問、不動産搾取、殺人などで、在日どもに蹂躙されたのか。

薄汚いやつら、本来日本から追い出されてしかるべきところを、本国に帰れば地獄のような生活が待っているため、被害者を装い日本に寄生している。

日韓基本条約において、在日の生活保護や永住資格の付与が規定されているが、この条約の締結にあたり交渉を有利にするために、韓国政府は日本人漁民をおよそ4000人を拉致し、殺害せしめた。


未だに、このような在日の罪が凶弾されることなく、この日本でのうのうと生活している。

この在日たちを日本人は絶対に許してはならない。

AD