スイングしなけりゃ意味がない!

東京っ子の独身フォティ。
マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズを
こよなく愛しております。
海外物流街道にずっと携われている幸せ者です。
映画と絵本も好き。
週末ランナーでもあります。


テーマ:


なんと、ランナーになって丸1年経ちました。


去年の今頃は、何だかスッキリしたいな~という時期。


体が発する本能の声に従い、おもむろに走りはじめてみたのですが、

思いのほか自分に合っていたようで…飽きずに続いています。

たぶん適当に無理なく、だからいいのかも。

連続走行時間は50分をコンスタントに続けてました。

毎回、もう少し走りたいなと思いつつ、でも筋肉と腱がまだきゃしゃなので

急な負荷は…と控えていました。

今日も50分の予定でいたのですが、マイケルのBAD ライブ音源

聴きながら走っていたところ、45分過ぎからマイケルのセリフが入りまして、

Can I come down there ?とか

you are so beautiful などにいちいちキャ~キャ~反応してたら、

いつの間にか1時間走っちゃった…というチャラいオレ…


一応、連続走行時間1時間が初心者卒業の目安になるそうですが
こんなモチベーションではなあ~

もうしばらく初心者として、謙虚に楽しく走り続けようと思います。

走るにあたり、この本、ランナー必読!!


「BORN TO RUN=走るために生まれた」

(クリストファー・マクドウーガル著/NHK出版)


メキシコの秘境に生きる、走る民族タラウマラ族とウルトラマラソンランナー達とのレースを、

シューズ研究などと絡めて描いています。

タラウマラ族にとっての、生きるための走りは、全人類の進化の歴史に共通することであり、

人はみな、実は誰もが長距離ランナーの資質を持っている、そのことをも科学的に解説しています。


そう、走るって本能で根源的な歓びなのだよね~。

あまり眉間にシワ寄せないで、子供の頃みたいに全身で楽しめば良いのですよ♪





http://www.amazon.co.jp/BORN-TO-RUN-%E8%B5%B0%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%9F~%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BCVS%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E2%80%9D%E8%B5%B0%E3%82%8B%E6%B0%91%E6%97%8F%E2%80%9D-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AB/dp/4140814144/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1385221989&sr=1-1&keywords=born+to+run

(相変わらずうまいリンクの貼り方が分からんですんません。

そして、スマホから投稿すると、記事がベタ打で写真の上がちょん切れっとった・・・。

なので、すこし修正しました。写真も後日直します。)


Android携帯からの投稿

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもです。

3連休の初日11月2日(土)に、早速西会津にあります

国際芸術村=keep smiling=に日帰りで行ってまいりました。


以下でさっくりとご案内しますね。


スイングしなけりゃ意味がない!-鉄橋
芸術村周辺の風景。いい感じの鉄橋。

なんでもここ、SLが走るらしい。春には桜が咲くので

全国から鉄男くんたちがカメラ片手に押し寄せるとか。



スイングしなけりゃ意味がない!-全景
西会津国際芸術村全景。

旧新郷中学校の木造校舎を保存し、海外や国内の

アーテイストを招へいして作品作りなども進めているそうです。



スイングしなけりゃ意味がない!-校内入口
芸術村入口です。

昔の学校の雰囲気が伝わるかな?



スイングしなけりゃ意味がない!-廊下

木のぬくもりがやさしい廊下を通ります。



スイングしなけりゃ意味がない!-展示室とテレビカメラ

keep smiling展示室。

旧ユーゴスラヴィアを旅して撮りためた写真が

展示されております。

スタンドカメラは、この日福島中央テレビさんが

取材にいらしてました。

内戦時と内戦終了後のユーゴスラヴィアを高橋洋子さんは

繰り返し訪れ、写真を撮りためていました。

行くたびに復興は進んでおり、大変な中でも

現地の人達は懸命に笑顔でがんばっておられました。

その、戦火での笑顔=keep smiling=が

震災後の福島と重なるのでは?ということ、

そして、ある意味限界集落ともいえる田舎での

村おこし、芸術村。

その2点に的を絞っての取材となりました。


ケーブルではなく、日テレ系列のテレビ局さんですが、放映は

残念ながら福島ローカルなんですね。



スイングしなけりゃ意味がない!-写真展

こんな感じで教室1室をまるまる利用して

写真を展示。



スイングしなけりゃ意味がない!-カフェミク地図と旅日記コーナー

はい、こちらはカフェミクコーナーというか

アシストさせていただいた箇所です。

地図イラストと、机の上のファイルには14年前に

高橋洋子さんの旅日記をそのままコミックに

描き下ろしたもの。

地図イラストと、旅日記あとがきは今回描き下ろしました。

旅日記そのものは14年前のものを使用。

本当は描き直したかったけれど、当時とムードが違って

しまうのも良し悪しと話し合って、こういう形になりました。


では、教室をちょっと出てみましょう。


スイングしなけりゃ意味がない!-窓辺



スイングしなけりゃ意味がない!-自主来談


スイングしなけりゃ意味がない!-オルガン


スイングしなけりゃ意味がない!-元素記号表

なんとも懐かしいグッズに囲まれた、優しい雰囲気を

醸し出す校舎です。


先ほどの展示室にあったソファに座ると、

窓からはこんな景色。



スイングしなけりゃ意味がない!-校庭

高橋洋子さん曰く、何もないところではのんびりするのが

一番良い過ごし方、と言っていたけれど、本当にそう。

私は高橋さん達が取材を受けている間、このソファで

ぼー・・・っと30分位この景色だけを眺めていた。

全然飽きない。

何せ空気がきれい。

余計な音がない。


写真展もですが、この校舎をご紹介出来て良かった!


関係者の方曰く、一度は廃校が決まったものの、

芸術村として再生し、人が集まるようになると、

校舎の醸し出す雰囲気が変わってきたそうです。

やはり、人でにぎわうと校舎も喜んでいるみたいだと。




東京からですと、郡山まで新幹線、

郡山から会津若松を経由し、野沢駅まで磐越西線を利用します。

野沢駅からは、役場に事前連絡をして「デマンドバス」という

地域で必要な場合に予約して来てもらうバスがあり、

そのバスを使います。

事前に電話をして予約すると300円で送ってくれます。


私は今回、行きは郡山から車で直行し、帰りのみ上記のように

電車を乗り継いでみました。

写真が少ないのは、何せ山奥なのでとっぷり日が暮れて

こんなだから写らないんだなあ。



スイングしなけりゃ意味がない!-jr野沢駅
真っ暗・・・。

18時2分の野沢駅発磐越西線に乗りたいことを

デマンドバス予約時に伝えます。

野沢駅起点18時のデマンドバスなので、

芸術村のあるくぬぎ山バス停に17時半に

迎えに来てくれます。



スイングしなけりゃ意味がない!-磐越西線内
これが磐越西線。

そう、西会津って福島県だけれど、ほぼ新潟県との

県境なんですよね。

なんだか銀河鉄道999に乗っているみたい。

透明人間の車掌さんが出てきたら・・・とわくわくしつつ、

連日のイベント疲れか、爆睡・・・。


で、日帰りのタイムスケジュールとしては、

17時半くぬぎ山バス停発

18時2分野沢駅発

19時会津若松駅着

19時5分会津若松駅発

20時10分郡山駅着

20時42分郡山駅発新幹線やまびこ号

22時東京駅着


野沢駅から郡山駅までは磐越西線ですが、会津若松で

乗り換える必要があります。

そこでの乗り換え時間は5分!これを逃すと

1時間近くタイムロスしてしまいます。

が、隣り合わせのホームなので、5分あれば何とか

乗り継げます。

(そのかわり写真撮る暇はなかったけど)


ちなみに、今回は3連休初日だけあって、東京駅も混んでましたが

郡山駅も相当にぎわっていたみたい。

帰り、郡山駅から駅弁を買って新幹線に乗ろうと思ったら、

駅弁が最後の1個・・・。

選びようがないじゃん(涙)

現在、NHK大河ドラマ、「八重の桜」も放映しておりますので、

その点でも観光客が多かったのかも。

磐越西線ホームは綾瀬はるかちゃんのポスターだらけでした。


東京近辺からはかなり遠いです。

上記タイムスケジュールでもお分かりのように、片道きっちり乗り継いでも

4時間半。そこからそれぞれの帰路がプラスされるので、

おいそれと「ぜひ行ってね」とは言えませんが。

まあ、福島県の西会津に、このような素敵な場所がありますということを

知っていただくだけでもいいかな、と。


http://nishiaizu-artvillage.com/news/2013/10/04/yokotakahashi/


ではでは。良い連休をお過ごしください。


***

おまけ

福島への旅、あちこちで本当に良くしていただきました。

フクスマの人達、やさしいっす(涙)

本当にどうもありがとうございました!


なのに、どうなの、こんな優しい人達が震災であんなに

辛い思いをしなくちゃならないって・・・

暖かいおもてなしに感謝しつつ、やるせない気持ちも

抱えてしまった福島への小旅行でした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもです。


本日11月1日は、わたくしがマイケル・ジャクソンと出会った

運命の日でございます。


2009年11月1日、ちょっとした偶然から知った映画館、

立川シネマシティにて、映画「THIS IS IT」を観た日から。

私の生活は大きく変わりました。


若干くすんでいたその頃のスモーキーな日々から

少しづつ鮮やかでポップな色彩の日々へと変貌を遂げたのでした。


彼と出会ったことで、行動も出会う人たちも広がり、

まさか四十路になって、こんな楽しい日々が待っているとは

夢にも思っていませんでした。


スモーキーな当時の私は自分と親の老後やら年金やらを憂い、

自分の将来に見切りをつけ始めていました。

店の縮小準備をするべきなのかも・・・

このまま、おばさんになってしまえば、いっそ楽でいい・・・

そんな風に思っていたのですが。


確実に店は拡張し続けています。ありがたいことです。


そしてそんな記念すべき日の前夜祭、ハロウィンナイト!

その素晴らしき夜を、新宿のライブスペース、

新宿ケントスにて過ごしました。


本場ラスベガスの、マイケル・ジャクソン/インパーソネーター、

ウィリアム・ホール氏が来日し、ミニライブが開催されたのです。

写真撮影が禁止されていたのでお見せ出来ず、残念ですが・・・


来年、ウィリアム・ホール氏のジャパンツアーがあるための

プロモーションとのことでした。

約30分、マイケルにダンスもですが、歌声や表情までそっくりの

素晴らしいパフォーマンスを仲間たちと堪能してきました。


もちろん、ハロウィンナイトですから、仮装あり、です。


恐れ多くも、マイケルの格好をしていったのですが、

男装の麗人をイメージしていたのに、仕上がりは

手塚漫画のロック少年、もしくは鉄人28号の男の子・・・


おいおい、アンタちょっと数年前の一時期、しかめっ面して

年金の心配してなかったっけ?と、己に突っ込み入れつつ

苦笑い。

頭なんて1個しかないのに、アンタいくつ帽子買ったよ?


思えば遠くに来たもんだ。


そして、その道はまだまだ続くのでした。



今日はマイケルに思いを馳せ、出会えたことに感謝しながら

過ごしたいと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。