スイングしなけりゃ意味がない!

東京っ子の独身フォティ。
マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズを
こよなく愛しております。
海外物流街道にずっと携われている幸せ者です。
映画と絵本も好き。
週末ランナーでもあります。


テーマ:

1度だけ書く。あれから1年経ったから。


去年の7月、我がセンターの現場で働いてくれていた

N君が亡くなった。


享年25歳だった。


職場が新しいステージに移ろうとしているもっとも大変な時期の

ことだった。

不慮の事故に巻き込まれたとのことだった。


初めにその話を聞いた時、本当に事故?と疑った。

亡くなる前日から彼は家を出ており、携帯電話も置きっぱなし

だった、というので。

何より、彼は新しいステージに移ることを大変恐れていた。

新しいステージとなると、彼の仕事内容も変わってしまう。

彼はその新しい仕事についてゆく自信がなかった。


いえ、それよりもずっとずっと前から、N君は大きな悩みを

抱えており、もう抱えきれずに限界を迎えてはいたから。


誰しも人間、悩みは抱えているものだけれど

N君の悩みはまあ、深いものではあり。

「みんないろいろなことを受け止めて頑張っている。

同じ境遇でもっと頑張っている人もいる。

だからあんたも頑張れ」というのは酷というもの。

だから言わなかった。

ただただ、時折話を聞くくらいしか出来なかった。


そして、ご家庭でも何やら問題を抱えていたみたいで

ご家族とあまりうまくいっていない・・・というのが本人の弁。


職場の上司も、他の彼の周りにいる大人達も、そのことは

ある程度知っており。

彼らなりに話を聞いてやり、相談に乗ってあげたりは

していた。

時々カウンセリングにも通っていた。

けれど、彼の悩みが解決するわけではないし、

そのことがご家族とのことにも暗い影を落としていたのかもしれない。

ただ、ご家族だっていろいろ彼の面倒を見てあげて

心配もされているようでもあり・・・

ご家族側のお話を知らないので、この辺は判断が出来ない。


悪い奴ではない。

ただ不器用で、物の考え方が大変シニカルかつ悲観的ではあった。


自然科学などに大変興味があり、夢中になって話をしてくれるけれど、

最後には「人間が存在することで自然を損ねてしまう」となってしまう。


「じゃあ、私達死んじゃう方がいい?」と尋ねると、困った顔をしたものだった。


2年前の12月、代々木ではマイケル・ジャクソントリビュートライブが

開催されていたが、私は抱えている案件が超繁忙期だった。

クリスマスに向けての業務で、N君にもいろいろ現場を助けてもらった。


クリスマスプレゼント用の商品をいろいろ見ていると、

「クリスマスプレゼントを彼女に贈るのかー

そういうのまったく僕、縁がないよ」とつぶやいた。


「じゃあ、N君はどんな人が好み?」と聞くと、

大変正統派美人の女優2名の名前を挙げてくれた。


N君ってすっごい面食いだったんだね・・・と言うと、

うーん・・まあ、でも無理だと思う、と困った顔でつぶやいた。

まあでも、まだ若いから、これからだよ、N君。


そんな会話をした数か月後に亡くなるなんて、

彼自身分かってはいなかったんだろう。


彼の抱えている深い問題のこともあり、一度休職したことがあった。


思ったよりも早く回復したから復帰したい、そう言って

復職したものの、やはり無理があった。

途中で早退したり、ということを時々するようになった。


そして、職場が新しいステージに移ることが決まった頃から

早退の頻度が増えていったような気がする。


徐々に頻度が高くなり、ああまた帰っちゃうのか、と

こちらも彼の不在に慣れてしまうくらいに。


何より、新しいステージへの準備はかなり大変だったから、

彼の周囲の人達や上司達も、彼を心配してはいたけれど

彼だけに構ってもいられない状況だった。


彼はもう、ひたすら悶々と悩み、自分の中に閉じこもって

しまったようだった。

まったく周囲は見えていなかった。


そんな折。

N君が欠勤した。

普段、決してそんなことはしないで、お休みの時には必ず

電話を入れる子だったのに。


あれ?おかしいな・・・とは思った。

その数日後、彼の訃報が飛び込んできたのだった。


事の真相は分からない。

彼はあまりに自分のことだけに集中しすぎていたから、

もう電話するとか考えられなかったんじゃないかと言う気もする。

悩みだけに集中して携帯電話も忘れたまま家を出て、

ろくに周囲に目を配らずにいて事故に巻き込まれた・・・ということも

可能性としてはある。



ただ、あまりに急な別れだったので、納得がいかなかった。


だから私は、決して彼のためじゃない、自分のためにお通夜に行った。


教えてもらった斎場に着くと、彼の名前があった。

そして彼の写真が飾られていた。


ああ・・・やっぱりもう、N君はいないんだ・・・。


ふと前方を見ると、彼のご家族が座ってらした。

御母上はただでさえ小柄な方なのに、背中を丸めて

大層小さくなって終始すすり泣いてらした。

それを、御父上と彼の弟さんが辛そうに見つめてらした。


家族とうまくいっていない、家族は僕なんかより

出来のいい弟を可愛がっているんだ。


生前、彼はよくそんなことを言っていた。

実際どうなのかは分からないけれど。

まあ少なくとも、弟さんなかなかの好青年だ。


でも。

遺影を見ながら、だんだん腹が立ってきた。


バカちん!

子供はなー、親より先に死んじゃいけないんだよっ!

見ろ、あんなに悲しんでらっしゃるじゃないか。


こんな思いをするために、命掛けでアンタを産んで

大変な思いをして働きながらアンタを食わせてきたんじゃ

ないんだよ!


そんなことを思いながら、お焼香をして遺影を見つめた。

遺影の中のN君はいつもの彼みたいに、ちょっと困った顔だった。


うーっむ。分からない。

自ら命を・・・じゃなく、本当に、本当に不慮の事故に

ただただ巻き込まれてしまったのかもしれない。

お休みのこと、携帯電話のことはたまたまだった、だけで。


だとしたら、これは彼の寿命なんだろうか?

たった25年の短い人生、

彼は何をしに、この世に生を受けてきたというわけ?


私がここ最近出たお通夜は、どれも80歳以上の大往生の方

ばかりだったので、悲しいけれど、どこかで「あっぱれ」感があった。

晴れやかな寂しさというのかな。

もう会えないけれど、でも本当にご立派な一生でした、というような。

いろんな人の「その人像」があり、見る人によって様々な面を

人というのは持っているのだなあ、というあらたな発見すら

あるような、深い味わいのある席なのだけれど。


たった25年でこんな形でこの世を去った彼のお通夜は

あまりに切なすぎて、お焼香の後、食事の席にお誘いを受けたけれど

とてもじゃないがそんな気持ちになれなかった。


もう、早々に斎場を後にした。



あれから1年。


現場のアルバイトさんと、先日久しぶりにN君の話をした。

職場が新しいステージになって1年経ちましたね、

N君はここを知らないままになってしまいましたね・・・と。

彼の思い出話をすることが、せめてもの供養になったらいいなと思う。


そして、彼のことを心配していた人誰もが。

もっとこうしてあげたら良かったのでは?とか、

もしあの時こうだったら、こんなことには?とは、思わないでほしい。


事の真相は誰にも分からないのだから。

10やってあげたとしても、20やってあげればよかった、となるだけだから。

もう、キリがないから。


人は何をしにお母さんに命掛けで産んでもらって、この世にやってくるんだろうね。


たぶん、その人その人でいろいろ役割があるんだと思う。

寿命もあるんだと思う。

もしかしたら、最初から決まっているのかもしれないけれど。


ただ、N君がもし次に生まれ変わってこの世に来たら、

もう少し長く生きて、彼女も作ってほしいなと思う。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもですー久しぶりに、まっこと久しぶりに休み取れた。

また年末の怒涛シーズン前に、エアポケットのように

ヒマになったので、それっとばかりに歯医者の予約を

入れて、都心までこれまた久しぶりに行った。


いや・・・映画は観に行ってたけど。

平日なんて特に、がーっと仕事終えて、がーっと観に行って

がーっと帰ってまして、ぶらぶらはしてないの(^^;)


特に大手町方面、いつのまにやらこんなものが!


三十路姉さんプラスパワー日記-OOTEMATI
丸の内ブリックススクエアちゅうんだそうですよ。

いろいろ新しくなってますねえ。

そのほかにも、珍しくぶらぶらしてみた。

余裕は大事だよなあ・・・


というのも。


先日。

とある製品のサンプルが届いたんですわ。

皆心待ちにしていたのですが、届いたそれを見て、

一同「・・・」となってしまった。


手前味噌だけど、成分はいいんだよ、いい材料

使ってるんだけど、容器がいまいちなんだよね。


なんちゅうかさ。

なんで女優やモデルを広告に使うかって言ったら、

イメージじゃないですか。

はっきり言って、あのコスメ使ったところで、

あの女優と同じにはなりませんよ。


でも。

ひょっとして、これを使えば、私も?って、

魔法を期待するのが、コスメじゃあないですか。

すっごい美人になっちゃったりしちゃったり?って

ワクワクドキドキするのもコスメの役目なわけですよ。


パッケージに、魔法とか愛とか夢って言葉を

直接使うわけじゃあないけど、

パッケージに魔法や愛や夢がこめられてて

ほしいわけですよ。

魔法がかかちゃって欲しいわけですよ。


へたれ男子が言った。

「やっぱさ、数字とか効率を追うと余裕が

ないからさ。その余裕のなさが出てますよね」


・・・そうなんだよねー。

うちの会社さ、なんだかんだ言って、特に女子は

本当に本当に強くて頑張り屋が多いんだよ。

(男子はわりと優しいんだよね)

そこはナイスなんだけどさ。

頑張りすぎて余裕がないんだ・・・

って私が言う筋合いないですが(^^;)

おめえだってそうだろ!って感じですが。


職場でも言っていたんだけど、無駄も大事だよね。

無駄が出来る余裕、ゆとり、豊かさ・・・。


ということで、久しぶりに私もぶらぶら街歩きを

してみました(^^)




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。