お客様各位

当日のご連絡で申し訳ありませんが、本日(1/22)は都合により臨時休業とさせていただきます
よろしくお願いいたします

bar cacoi
AD
新年あけましておめでとうございます


blogでのご挨拶もしないまま三が日も過ぎてしまいましたが、おかげさまで年末年始の営業では多くのお客様にお越しいただきました
誠にありがとうございます

ちょっと変わったジンや話題のシングルモルト、季節のフレッシュフルーツカクテル、オールドボトルのリキュール等々、様々なお勧めをご用意してお待ちしております
2017年もbar cacoiをどうぞよろしくお願いいたします

{ADB7154E-760D-4641-B914-A6A7F6D3BCC6}



bar cacoi
大場 健志
 
AD

文楽12月公演第二部

テーマ:
昨日の定休日は国立劇場へ

文楽12月公演第二部を観劇してきました

一部、二部通し狂言の仮名手本忠臣蔵
{E441633A-5D5A-4FB1-A5A9-D86E9DF0C1CF}

一部も観たいところですが、タイミングが合わず二部のみの観劇
若干の休憩をはさみつつ、5時間超えの長丁場でしたが、見どころたっぷり!
堪能してきました

{3570131B-8497-4F6D-BFB7-41BB4DD1C6D7}

今日からまた頑張ります!

富山にて器との出会いその3

テーマ:
記事の更新、間があいあいてしまいました

前々回、前回からの続きです

富山行きの目的はセイズファームさんでしたが、他にも楽しみにしていたレストランとアトリエがありました

富山駅から旅情あふれる電車に乗り換え
{E7C7851A-FE1C-4345-9D07-9391BEEF13B9}

最寄駅から徒歩15分ほど

リゾートホテルの地下一階にあるレストラン
“レヴォ”さんです
{215B2CD8-00C0-4DCD-8C8F-9C5ACD7D1E39}

前衛的地方料理を掲げ、食材はもちろん、テーブルやカトラリーなども地元富山産を多く使っておられるレストランです


「しけ絹」という富山の絹に印刷されたメニュー
{5D015964-28E9-48C8-899B-FF172BD0A6BD}

ハンドメイドの器たち
そのほとんどが富山の作家によるもの
{0274675A-8975-483D-A0BC-4EAC3FCF9292}

どの料理からも富山の自然を感じることができる素晴らしい味わいで、ランチにもかかわらず調子に乗ってついつい杯を重ねすぎてしまいました(笑)



レヴォさんのテーブル、一部のカトラリーとお皿は富山のユニット作家「SHIMOO DESIGN」さんが手がけています
{C8FE3A56-0A44-49A0-B804-452CA59BF103}

{49BD058A-D053-4290-8095-7AC8F0C6ADD0}

{5EF20157-CDE5-47F1-A64E-0CF52F75909A}

{5443891E-0915-4B06-A4EA-77C215416DA5}



SHIMOO DESIGNさんの器はbar cacoiでも使っているので、富山に行ったらレヴォさん、そしてSHIMOO DESIGNさんのアトリエはぜひお邪魔したい場所でした
念願かなっての訪問、素敵な空間と料理、そして器たちと大満足の時間を過ごすことができました



東京に戻る直前にSHIMOO DESIGNさんのアトリエへ
富山巡り最終地点となりました

{EB2E2756-33A0-4D98-B33A-B4E66FF5B9E2}

{1EF17F8B-E7E2-4813-B309-669D89731970}

{F34A5C6D-FCC2-44CE-8F43-12663A0F9936}

{2FAAE728-3B8B-4944-9D90-306F1E90BA74}

{5F2D690F-04DD-4F56-AF26-08791B416B85}

前日のレヴォさんでの印象が強く残っている中でのアトリエ拝見、かなり高まりました(笑)
色々と詳しいお話も伺え楽しい時間でした


帰りはわざわざ駅まで車で送っていただき、感謝感謝です
最後に記念撮影を
{22FC4E8B-AFF5-4B3B-A2F2-BC8747AA1D50}


人気作家のため、下尾さんの器は予約待ちだったりするのですが来年1月には銀座の松屋で個展があるというお話をお聞きして新しい楽しみができました

今回の富山訪問も多くのご縁によって実りあるものとなりました、お世話になった皆様、ありがとうございました!!


色々と仕入れてきた食材やお酒、器はさっそくお店で活躍しています、皆様にお楽しみいただけたら幸いですm(_ _)m

富山にて器との出会いその2

テーマ:
富山でお邪魔したお店その2

5割1分さん

{310906C7-0751-417F-B29B-BFA88B47BF94}

{1C7BFEED-0CE5-4CF3-BB6F-264003EB0BB9}

デザイン事務所兼店舗

こちらではポートランドの作家・Lilith rockett(リリス・ロケット)さんの器を
{18A869A2-3093-480A-8E30-A6A6A78514B2}


薄く綺麗にひかれた生地は繊細な触り心地
ミニマムなデザインが魅力の作家でbar cacoiでは二つ目となる器です
本来の用途は違うでしょうが、抹茶碗として使うイメージが湧いてきて購入を決めました

弊店冬の定番「お番茶イ」(お番茶を使ったチャイカクテルです)にも合いそう
前回のブログでご紹介した川西さんの器同様、暗い店内に映える白地の器
ぜひお楽しみをm(_ _)m



富山にて器との出会いその1

テーマ:
1泊2日の富山行き

メインはセイズファームさんでしたが、色々とお邪魔してきました

まずは富山駅にあったSynさん
{D5761737-D522-49DC-B0FE-4DF95F909431}

加賀棒茶で有名な丸八製茶場さんの日本茶カフェです
秋冬限定の唐紅をいただきました
{C9B2CF1C-280A-42FA-B38E-BCE70E462DF4}

{60B85C0F-ED48-4C41-8868-D04AD48BA811}

華やかな香り、チョコレートのフィナンシェとよく合いました

店内にはミニギャラリーがあり川西知沙さんという富山で作陶をなさっている作家さんの作品を展示していました
見た目もサイズも程よく、完全に一目惚れして茶葉とともに購入してきました
湯のみにもぐい呑としても使えるサイズ

{37D1DEE2-0CE1-44F6-8125-9605A068799B}

暗めな店内に白い器が映えると思います
どんなお酒に使うのか、楽しみながら考えていきます
1日臨時休業となってしまいましたが、本日から通常通り営業いたします
他にも色々と仕入れてきましたのでぜひお立ち寄りください!!

昨日から富山へ

友人達と氷見のワイナリー“セイズファーム”さんにお邪魔しています

氷見駅から車で20分ほど、山の上に位置しており、宿泊施設やレストランが併設されている素敵なロケーションです
{6E5A20E4-C5FF-4B6E-A3FE-0D0983F7CB18}



{115297AC-0E76-499F-9E86-ABF6CB104034}

ステンレスタンク
{6F47C86A-D432-4A7D-B4BA-C6A9BB4181FA}


スタイリッシュなロゴマーク
{970FE1E2-9F7D-4B88-A769-81659251EA41}



醸造家・田向さんからご説明をしていただき
{589D6BEF-3D22-4CD9-B977-72F54502E530}


試飲や
{106CF544-EA79-4CB3-AA5C-F8729A6FBA2A}

樽熟成庫も見せていただきました
{68820D75-9248-4918-A274-2EA8CF966B7F}


※今日(12/7)は臨時休業をいただいております、ご迷惑をおかけしますがまた明日からよろしくお願いいたします

お客様各位

掲題につきまして、今月は下記の通り営業いたします
2016年も最後の月となりました

11月に引き続き、今月もやや不定期な営業となってしまい申し訳ありませんが、例年通り今年も大晦日まで営業(新年は元日から営業)というスケジュールです
どうぞよろしくお願いいたします


5日(月)貸切営業
6日(火)定休日
7日(水)臨時休業日
13日(火)定休日
20日(火)定休日
以後、大晦日まで通常営業、新年も元日から営業いたします
先日(11/20)は池袋で開催された

Whisky Festival 2016

に参加してきました

主目的は本会場ではなく、老舗ボトラー『ゴードン&マクファイル』の方々との昼食会、そしてシングルモルト・ベンロマックのセミナーでした

弊店が『ベンロマック』のアンバサダー店舗に選んでいただいているご縁で昼食会に招いていただきました(ゴードン&マクファイル社はベンロマック蒸留所のオーナーです)

{5CDE4766-0744-4CC7-B3D1-AB9B68164B88}


伺ってみると他のアンバサダー店舗の方々は皆、有名なバーの方々ばかりなので畏れ多い気持ちでした、、、滝汗
ランチを食べながら貴重なお話を色々とお聞きできて楽しく有意義な時間でした


その後、セミナーに
{31A4E51F-B42D-4521-BFD3-843E31916C4C}

少し前に一緒にランチをしていた方のセミナーを聞くのはなんとなく不思議な気持ちになりましたが(笑)
貴重な長熟ボトルの試飲ができたり、何よりスタンダードボトルの品質の高さを再確認することができました

フェスティバルでも気になっているボトルなど色々とテイスティングしてきました


イベントが開催されることが多い週末は営業日なので、なかなか行くことが出来ないのが残念ですが、足を運ぶとやはり得るものがあります
とても勉強になりました

貴重な経験の機会を下さったジャパン・インポート・システムの皆様、ありがとうございました