~歴史と人事は夜動く~『bar cacoi annex』

このBLOGはbar cacoi(最寄駅:東銀座)のWEB別館、です
新規入荷品のご紹介を中心に、オーナーである僕の身の回りでおこった出来事、バー経営にかかわる悲喜こもごも、などなど徒然に書き綴っていきたいと思います。

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆


◆店舗情報◆
店名    bar cacoi

営業時間 18:00-midnight(Charge:1,000円)火曜定休

※OPEN~21:00はハッピーアワー!No Chargeにてご利用頂けます

電話番号 03-6264-0590

e-mail   tk4oba@yahoo.co.jp

住所   東京都中央区銀座3-14-8銀座NKビルB1

日比谷線・都営浅草線 東銀座駅5番出口から徒歩2分


カウンター8席の落ち着いた作りのカウンターバーです


☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆




テーマ:
昨日、blogに書きました通り3周年@東銀座記念ノベルティとして7インチレコードを作成しました
作成自体は結構前に行ってまして、一般発売も7月中にしています

ノベルティの作成にあたって、実際にレコードのカッティング作業にも立ち会ってきました

{DBD4E25A-03E9-48EA-A0C2-47D29352251F:01}



{5F73009E-254E-463A-A501-8B246E386CE2:01}

{B242D400-51A8-489E-B13B-3382627C45E1:01}

レコードの原盤ってこうやって作るんだぁ!!と大人の社会科見学でした(笑)


ちなみに、ジャケットの組み立ては手作業、僕がせっせとやりました
{A6E6D9FC-C04F-4017-87E1-7A6C4153B827:01}


ちなみに、その2

組み立て前のジャケット裏側
bar cacoiとproduction dessineeさんのロゴがドーンと入ってます、組み立て後は全く見えませんが(笑)
ちょっと覗いてみてください

{7A2D9B43-F97D-4054-98C2-7F953C742646:01}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
現在の場所に移転スタートしてから8月で3周年となりました

不可抗力での移転が続いたこともあり、個人的に感慨深い節目となりました
ひとえにいつもお世話になっている皆様のおかげです
今後ともよろしくお願いいたします


記念パーティーや特別営業をするような店でもないのですが、一つの節目を記念してオリジナルノベルティを作成いたしました


special release “7inch record"
for 
bar cacoi 3rd anniversary at Ginza

Viajante c/w Tout Contre Moi
(Pudditorium)
{66206C44-3898-4C4F-8A98-302D21C07A76:01}

友人のproduction dessineeレーベルオーナー・丸山さんに全面協力をいただいて7インチレコードを作成しました!!

プディトリウムというアーティストの2枚のアルバムから各一曲を収録した、両A面シングルでこれが世界初アナログ化です

この曲が好きで店でもレコード流せたらなぁ、というのがそもそものきっかけで、特に夏の終わりから秋にかけて聴いていただくのにぴったりなブラジリアン・メロウグルーヴの大名曲

普段、お世話になっている皆様へのお礼にさせていただければ

といっても、なかなかレコードプレーヤーをお持ちの方も少ないと思いますので、同内容のCD-Rをおつけいたします、日常生活のBGMとしてお聞きいただければ幸いです

アルバムジャケットをそのまま流用したアートワーク(ひっそりとうちのロゴも入ってますがw)も素敵なデザインで7インチサイズのジャケットはインテリアとして飾っていただけるのではないでしょうか


個人的な趣味全開なノベルティですが、らしくて良いかなと思っています、ぜひご笑納くださいませ!!

こんな感じで、今後もマイペースな営業を続けていきたいと思います
末長くよろしくお願いいたします



以下、丸山氏によるリリースinfoを転載させていただきます

韓国産の極上ブラジリアン・メロウグルーヴの名曲「A 1.Viajante」、同じくフレンチ・メロウグルーヴ「AA1. Tout Contre Moi」がこの世の物とは思えぬ素晴らしさ
韓国の作編曲家、キム・ジョンボム氏のソロユニット、プディトリウムの2枚の傑作『エピソード:別れ』、『エピソード:再会』に収められた名曲が、世界初のアナログ化。

ジャズ・バンド、プディングを率いて人気を博した韓国の男性アーティスト、キム・ジョンボム氏は、プディング名義でも2枚の快作を残し、韓国映画の音楽も手掛けていますが、幼い頃から学んだクラシックの素養をベースに、バークリー音大への短期留学を経て、ニューヨーク大学で本格的にジャズを学んだ後にスタートしたのが、このソロユニット“プディトリウム”です。ジャズをベースにしつつも、ニューヨーク、LAや、サンパウロで録音された2009年のアルバム『エピソード:別れ』、2011年の『エピソード:再会』から漂うのは、ブラジル音楽やフレンチポップなどの上質なエッセンス。自ら描く映像美豊かなサウンドと華麗なアレンジ、ニューヨーク大学時代の盟友達に支えられたサウンドのクオリティも然ることながら、楽曲によってFt.されるヴォーカリスト達の存在感も際立つ、文句無しの1枚です。

本作は、上記の2枚の名作からの7”で、ブラジルの男性シンガーFabio CadoreをFt.し、ポルトガル語で聴かせる極上ブラジリアン・メロウグルーヴの名曲「A1. Viajante」、オーストリアの女性シンガーValerie Sajdik(Saint Privat)と、 Alexis JuliardをFt.して聴かせるサビメロが優しく美しい「AA1. Tout Contre Moi」を収録しています。いずれの楽曲も、歌詞がハングルではないので、恐らく普通に聴いても韓国産の音楽と言うことは意識しないであろう楽曲ですが、そんなことはどうでも良く、とにかく、圧倒的に素晴らしいメロディ、メロウで美しいアレンジが冴え渡る名曲なのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
最近、新規開栓したボトルをご紹介!

ストックの中からで、古めのボトルばかりとなりました


MILKY VODKA 37.5% McCavanders

終売品のアイルランド産ウォッカ
ミルキーの名の通り、ミルクからとれるラクトース100%でできています
優しくほのかに甘い味わい
本来はコーヒーリキュールを使うところを自家製のコーヒーラムでお作りする特製の“ブラックルシアン”がオススメです

{980ADD33-4F6E-449A-BF07-922299149D8D:01}


JONNY WALKER BLACK & SWING
(lot 70~80s)

続きまして、ブレンデッドウイスキー・ジョニーウォーカーの70~80年代オールドボトルを2種類

まずは定番のブラック
ジョニ黒の愛称でおなじみですね
今回開栓したボトルは優しいバランス
キーモルトの一つであるタリスカーちょい垂らししたハイボールオススメです!

{B67E3FCB-EFAE-4C49-B400-747E64DCCDF2:01}


続きましてスイング
こちらも70~80年代のボトルです
豪華客船向けに作られたボトルは軽く傾けても倒れない、その名の通りswingします
黒糖のような甘さを感じる上品でコクのある味わい
飲み方を選ばない佳酒です
{42E31052-7CDE-4D74-A14F-AD255E725D74:01}


最後はリキュール

SACCO FERNET MENTA 40% 

イタリアのサッコ社によるハーブリキュール
70~80年代品です
ミントを中心に甘草などの生薬を感じ、爽やかで甘く、ちょっぴりほろ苦い複雑で長い後味
状態も良く締めの一杯としてストレートやロックで召し上がっていただくのに最適!
オールドのハーブリキュール、バーの世界では人気のあるお酒の一つです、ぜひご賞味ください!
{77361203-3B2F-4683-B81C-96D950B19330:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今月初、夏休みを頂戴して関西方面へと行ってまいりました

大阪で一泊、友人たちとの食事がメインで観光らしい観光もせず、色々と食べ飲み(笑)

途中、酒屋巡りもしましてちょっと懐かしいシングルモルトを発見、仕入れてきました

既に開栓済みです、ぜひご賞味くださいませ


大阪買い付けボトルその1

BOWMORE 8yo 1992-2001 46% (DUN EIDEANN)
{D62518F7-0A9D-4A28-B0EE-57B72B502ADA:01}


大阪買い付けボトルその2

GLEMORANGIE MADEIRA WOOD FINISH 43%
{9FAB7565-3100-4789-866E-A850A5FFB73F:01}


お酒ではありませんが、大阪の能勢酒造さんが造る炭酸水で造ったハイボールがとても美味しかったのでbar cacoiでも取り寄せて使うことにしました
{6ABEA71A-4645-46D7-8DB0-238579B3BCEB:01}


他にもカクテルで使えそうな副材料などなど色々の買ってきました

{53E04434-6160-4613-94B4-DA50C72693B2:01}

たった一泊でも色々と勉強になり、たくさんのは刺激ももらってきました
少しずつですがお店に還元していければと思っています
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
日本のワイナリーの中でも屈指の人気を誇る小布施ワイナリーさんが造るオードヴィ(フルーツブランデー)を仕入れてきました
{EB926EAB-D798-4FB4-9B85-00A2A766B21D:01}



葡萄のオードヴィ
{106A43F6-D695-4592-8EAD-2CCAE35B6F94:01}


プチ・カルバ(林檎のブランデー)
{D460BCFA-A65D-4178-9FEF-6AACF0E6A9BB:01}


の2種類です
生産数も少なくなかなか飲む機会のないブランデーです
ぜひお楽しみ下さい!
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
いろいろと新規入荷、開栓いたしました
オススメをご紹介させていただきます

LAPHROAIG 10yo ORIGINAL CASK STRENGTH batch#007 56.3%

オフィシャルラフロイグのカスクストレングス、日本への入荷も殆どなく、なかなか手に入らないウイスキーになってきました
マーマレードなどのジャム系の甘さにしっかりとした燻製、ヨード、カスクストレングスの飲みごたえ
今年200周年となるラフロイグ蒸留所の気合と自信を感じる味わい!
ラフロイグ好き、アイラモルト好きの皆様にはたまらない一本だと思います!

{C17A8399-A13D-4B2D-9FA9-8286873FD77D:01}



CHARTREUSE SANTA TECLA Jaune 2014 43%

修道院系ハーブリキュールとして人気、知名度とも抜群のシャルトリューズ
1900年代初頭、政教分離の影響で修道士たちがスペインのタラゴナに移住していた時期がありました
こちらはその頃のレシピを復刻して年に一回リリースされる超限定品
穏やかに広がるハーブの香り、優しく溶け込むような甘さがお楽しみいただけます

写真は2014年ヴァージョンの裏ラベルです
表は通常品と同じなのですが裏を見ると毎年異なるデザインが描かれています

{E9FE0F9E-9DB0-49C5-9284-9B6CEA4AE45E:01}





エミリオ ルスタウ
フィノ エンラマ デ ヘレス デ ラ フロンテーラ

エンラマ=無濾過、冷却処理なしの“生シェリー”です
程よい塩味とエレガントな味わい、オススメ!!!
試飲していたら止まらなくなってしまいました(笑)
飲みごたえがあってエレガント、今年のような暑くて湿度が高い夏の一杯目としてグイッといくのにピッタリです!
{2A616CDC-F14B-4732-BC51-E11CD3C0F59B:01}



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
浴衣がドレスコード♫

8/9(日)神保町にある“LAB & Kitchen”さんを舞台に夏のシャンパン会を開催します!!

題して

浴衣だ!唐揚げだ!!シャンパンだ!!!2015
{9F42A45A-C5B1-40DC-AF02-98F2DE53CDFD:01}



シャンパンセレクトを担当するのはWineshop & Diner FUJIMARUの

木邨有希さん

ワインのプロが選ぶ個性豊かなシャンパンたち、ぜひ飲み比べてくださいね!
(カバやスプマンテなどはありませんよー、シャンパンonlyです!!)

そんなシャンパンに合わせていただくのは

“唐揚げ”

もちろん、ただの唐揚げではありません
このイベントの為にあっと驚く一流料理人が集結します!!

先ずは

《焼鳥今井》の今井充史さん!

超人気店のご主人がまさかの参戦です、炭火台をフライヤーに置き換えて唐揚げをお造りします!
店でも食べられない!?超レアなこの機会を食べ逃しなく!!

そして

オーストリア大使館公邸料理人・堀内龍さん

その経験を活かして一味違った唐揚げを考案中だとか
公邸料理人にわざわざ来ていただくのに唐揚げ、正直申し訳ない気持ちにもなります(笑)
こちらももちろん完全イベント限定メニューです!


それにしてもなんと贅沢な唐揚げでしょうか、、、
当然、揚げたてアツアツです、ご期待ください!!


BGMは“no samba,no life!”をキーワードに活躍するDJ高木慶太さんが担当

ブラジリアンを中心に、時にエレガント、時にワイルド、その選曲術は言わば“音楽による空間演出家”
この日は

「昼間の官能」

をテーマにシャンパンに相応しい艶っぽい夏の昼下がりを演出してくれます


夏真っ盛りの日曜日の昼下がり、浴衣姿でゆっくりお愉しみいただけるよう準備万端でお待ちしてます
ぜひ良く冷えたシャンパンを心ゆくまでお楽しみ下さい♫


8/9(日)
浴衣だ!唐揚げだ!!シャンパンだ!!!2015

会場 LAB & Kitchen
住所:東京都千代田区神田小川町3-8-6伸幸ビル6階
アクセス

会費 8,500円
ドレスコード 浴衣(浴衣以外の方は10,000円)

時間 15:00-19:00

facebookにてイベントページを立ち上げました
予約特典をご用意しております、ぜひこちらをご覧ください!!

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇