今日もオリーブ日和

美味しいオリーブオイルのある暮らし

ご訪問いただきありがとうございます♪


伊(イタリア)&食(マンジャーレ)&旅(ヴィアッジャーレ)

オリーブオイル&その他・・・


人生がきっと豊かになる地中海のエッセンスを徒然と綴っています花





テーマ:
以前、友人からのお誘いで参加したセミナーで
中世からドイツに伝わるヒルデガルド(自然ハーブ学・不老不死の錬金術ともいう)によるエリクシールの作り方を教わりました。

このエリクシールを飲み続けると
脾臓系やリンパ、女性ホルモンなどのバランスを調整してくれる効果が期待できるのだとか。
あと、冷え性にも効果的とのことで、
この冬の寒い時期につくって、食後酒としてよく飲んでいました。

{4BCB5014-8B19-4E93-9A7B-D2D5EFEE04D9}

上質な自然派白ワインをつかうようにとのことで
少しもったいないかなと思ったのですが
San Gimignano DOCGのワインをベースにして


{54D7D4D8-61A7-4012-ABFD-073335301AFE}
エリクシールには
こんな黒胡椒もつかいました。

これはなかなか手に入らないので、粗挽き黒胡椒でもいいかもと思います。
かなりたくさん入れます。辛いっ。


{CC416D38-FD6D-41CF-A6CB-3AD1CFD26AA2}

白ワインの中にハーブ類を順序通りに加えていき
数分煮詰めて、アクを取って、、

自然派ハチミツも入れました。
加熱することによりハチミツの酵素はなくなるけれど、つぶれた酵素が別の働きをすると教わったのを憶えています。

強烈にパンチがある、甘いお酒…
これがエリクシールということを忘れて、食後の楽しみになりつつもあり。

飲むと身体が熱くなります 

そして、もう飲み切ってしまったので
これから春に向けては、こちらを飲み始めました。

{7A1CB47A-6C2D-4D19-A175-286D37A85054}

ハーブティンクチャー(抽出液)なのですが
消化器系や脾臓系のデトックス効果があるらしく
冬から春に移り変わるこの季節によいかもと。

イタリアのメルカートで、蜂蜜農家のおばあちゃんから買いました。

90歳近いというこのおばあちゃん、
長年これを毎晩スプーン2・3杯飲んでいることもあり、身体の不調はまったくないのだとか。
オーストリアの有名なエルボリスタで作家だったマリア トレーベン(1907-1991)が、中世の医師や科学者の薬草学を基にしてつくったレシピだそうで、ヨーロッパではよく知られているんだよ、と。

ヨーロッパのハーブ薬局などでも見つかるかもしれませんね。

白湯やハーブティーに垂らして飲んでいます。

薬草等を用いた、副作用の心配のない自然療法…
奥が深そうです。

おかげさまで健康体で過ごせてますが
たまにはリセットのために、期間限定でこういうのを服用するのもよいかなと思っています。


おまけ…


{DD3D151B-7245-42FA-B028-E84CEA4787C8}

日本の春のハーブ?
フキノトウです。

季節は巡りますね〜



   
応援クリックしていただけたら嬉しいで 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

久しぶりのイタリア紀行…

この冬1月、いちばん寒かった時期に訪れたイタリア忘備録です。


機会があり、北イタリアのボローニャに立ち寄りました。


この町にはこれまでにも何度も滞在はしていたけれど

ボローニャを拠点にして他の町を訪問するパターンがほとんどだったので

なんとなく知っているようで知らなかった町でした。


{563583CB-6D2B-49F1-B165-310B864946E6}
メルカートでみかけたトルテッリーニです。


{99FC1E30-A7E7-432B-887F-D528E606661D}
パルメッジャーノにモルタデッラに…
なんとも危険な町です。笑笑


{25B846BC-C6E9-435C-8573-D09CCE5F7275}
エミリア・ロマーニャ州のおいしいものマップを見つけました。
世界に誇る特産物も多いですね〜。

さて

メルカートが並ぶ町の胃袋ストリートから、サントフテーファノ教会群へと向かいました。

教会群という名の通り、教会の増築により、建築様式の異なる教会が連なっていて、いろんな時代にタイムスリップできる教会です。

{374104B8-CBFA-41AE-BC26-F13BBC7869E4}
これは撮った数少ない写真より

煉瓦のモザイクが美しい教会壁と、オリーブの枝葉。
教会群の中庭での憩いの空間


{9B3BF943-0B72-46E3-9564-FE6E71EB2A06}
こちらは町の中心、マッジョーレ広場に面する市庁舎内の一部。

市庁舎内には美術館も併設されていて、絵画や彫刻など鑑賞しました。

また、タイミングよくちょうど議会が行われている横を通りました。
部屋の後ろの方でそっとオブザーブ。
パスポートのチェックはありましたが、交渉したら一観光客も見学可能なんですね!
開かれた行政という印象を持ちました。


{F8CA188F-3D40-41CF-B246-77AEA5507E3D}
一方、同じくマッジョーレ広場に面する
機関車の向こう側に見える城塞のような建物は…


{761E1C0C-DA9F-4A5F-99CE-0257FFD7A4FD}
市民のための図書館となっています。
吹き抜けから明るい陽光が降り注ぐ広い内部は、図書館とは思えないですね〜おねがい

大学の町ですので、自習する学生の姿も見かけました。
利用者は老若男女、幼児のための図書室の前にはベビーカー置き場がありましたよ。

13世紀に建てられたというこの建物、、
以前は株取引所だったり、地域のバスケットボールチームの練習場として使われていた時代もあったのだとか!

足元の床はガラス張り…
この場所で発見されたローマ時代の遺跡が地下に保存されていて、ガラス越しにみることができます。

マッジョーレ広場を背に少し歩いて次に向かったのは 

{3A4E98CD-F60D-477A-8B79-3A0205E78506}
厳かな雰囲気が漂うサンタ チェチーリア祈祷所。

左右の壁一面には、音楽の守護聖人 聖チェチーリアの生涯が描かれていました。

ここでは頻繁にいろんなコンサートが行われているそうです 
この日は予定されていなくて残念。

どこかの部屋でオペラの練習をしているのか
教会の中庭からは音楽が聞こえてきて、BGMのようでした。

このサンタチェチーリア祈祷所から目と鼻の先には
ボローニャ歌劇場もあります。


{1A653A35-4FE6-436F-B1D1-DDBC85A4454E}
町のあちらこちらで見かけた
展示会の広告画。


{FEBE8BA8-A36B-46BA-A68B-8B8458C2254F}
運河への秘密の扉…
知られざる町の姿、水の都ボローニャです。


{419CD935-1207-41E5-BC26-ED88F4AFF2C5}

駆け足での散策。
案内をしてくれたボローニャ在住の友人に感謝!
なんだかイタリアで観光客したの、久しぶりかも。

美食の町
学問の町
音楽の町
….

この町の持ついろんな呼び名のごとく
多様な顔を持つボローニャ。

今回見たボローニャは、まだまだほんの触り。。

これまでイタリアでは 本当にたくさんの町を訪れてますが
訪れたいとは思っても、住みたいと思う町は実はそう多くはなく… 
インスピレーションですが、久しぶりに住民としてここに住んでみたいと思いました。

国際的な町なんだけど、観光客ズレしていない。
元々城塞に囲まれていた旧市街は人間サイズ。
町の人はフレンドリー。

古くより異国の学生を受け入れてきた町の気質かもしれません。

郊外の丘には美味しいオリーブオイルの産地もあり♪♪

唯一気になるところといえば、
内陸特有の「冬の寒さが厳しく夏がとても暑い」という天候かな。

ポルティコ(柱廊)は、真夏の強い日差しよけにもなっているんだよー とのこと。
なるほど。


{14B3BD82-92F6-42C1-921A-BE461C59DE44}
(この写真は以前初夏に撮ったもの…)


帰国後、アマゾンでボローニャ本を見つけてポチッと購入しました。

{A5F80082-541C-4F3B-A4EE-22F4E2739507}

ボローニャの真髄を知ることができる2冊… 

都市再生のヒントなど 勉強にもなり
なかなかよかったです



   
応援クリックしていただけたら嬉しいで 


 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春が来る前に…

 
少し前になりますが
今年もこの時期恒例になりつつある自家製味噌を仕込みました。
ぎりぎり寒仕込みには間に合ったかな?
 
今回は、少しレシピを変えてみました。
 
{907CCFD4-B787-49B3-889E-3FE889DFB962}
 
と言っても、
米麹の量を多くしただけですが 

そういえば去年は玄米麹をつかっていたなぁ。

こうして少しづつレシピをアレンジできる楽しみも
手づくりならでは
 
 
{E4861C88-6FA4-4CDC-8056-AD8603D5E456}
 
 
{6AD9DE1D-3662-4FDA-B031-8B2D9D80A704}
 
仕込み完了!
 
これから秋まで
時間をかけてゆっくり発酵熟成していき、味噌となります。
 
今年は米麹の量を増やしたので
少し甘口のお味噌になるはず…
 
材料は
 
大豆 米麹 にがり入り海塩
 
そして自分の手の常在菌!と シンプル。
 
それにしても、、
 
これだけの材料で美味しいお味噌が出来るだなんて…

初めて味噌を作った昔の人はすごいなぁと思います。
 
ところで今日は 3月11日、あの東北大震災の日からもう6年なのですね。
 
様々な思いを抱きながら日本中の人が聞いていた曲 「花は咲く」
昨日から何度も聞いています。

心に沁みわたります。
 

 

穏やかな、よい週末をお過ごしください♪

 

 
   
↑クリックしていただけたら嬉しいで 

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。