CyberAgent SEO Information  (サイバーエージェントSEO情報ブログ)

サイバーエージェントSEOグローバルイノベーションプロジェクト(SGIP)です。当ブログでは、皆様がウェブサイトを運営するにあたって必要となるSEOに関する情報をご提供して参ります。


テーマ:
アメブロがAMP対応してからしばらくが経ちました。

今回はその"AMP"に対応した結果どうなったのか?
という、効果について簡単に書きたいと思います。

ここ最近ブロガーさん向けの記事が多かったので、今日は珍しくSEOネタっぽいやつです。

さて、アメブロでは3/10より順次AMP対応しています。
スマートフォンでGoogle検索をした際に、

ユニクロ検索結果

このような表示がされることがあります。
これは実際に「ユニクロ」で検索した結果の一部です。

このマーク
AMPロゴ
が表示されているものはAMP対応となり、

AMPページ
このように簡易的なページが表示されます。

AMPページはGoogleからの検索の場合はGoogle側にキャッシュされる形になることもあり、
いろいろな制約があります。
例えば、
・広告の掲載に制約がある
・画像の使い方に規則がある
・使えるHTMLタグに制約がある
などです。

HTMLタグなどは、AMPページを作る段階で注意すべきことなのでよいと思いますが、
我々としてもAMP対応するにあたり広告の掲載に制約がある点は懸念事項でもありました。

ご存知の通り我々のような"メディア"は基本広告料で成り立っています。
その広告収益が減ることは死活問題であり、AMP導入に関しては(弊社にしては珍しく)慎重な意見も出ました。
広告収益を減らさないためには、

・PVやトラフィックが落ちないこと
・クリック率が下がらないこと

が重要になります。
もちろんどちらかでカバーすることができてトータルでプラスになれば基本問題はありません。

さて、実際にどうなったかですが、
まずトラフィックに関してです。


AMPトラフィック

上下動ありますが、(具体的な数字はお出しできませんが)0が4つのレベルではトラフィックが安定的にきています。(なお、すべてのブログやページをAMP対応させているわけではないので、全ページ対応すればさらに増加すると思います。)

話題性があるキーワードでAMP枠が表示される関係上、突如跳ね上がるような日も見られました。
若干懸念していた、「通常のオーガニックがAMP側に流れることがあるのではないか?」という懸念も数値上はほぼないように思われます。
もちろん、現状の数値レベルではAMPが全体の比率に対して小さすぎて分からないというのはあります。
AMPは基本的にどのキーワード表示され、流入が来たかがGoogle Analyticsなどログ解析では分かりません。
Search Consoleでもアメブロの場合はgamp.ameblo.jpというサブドメインにしていますが、このページにSearch Consoleを設定して、検索アナリティクスを見たとしても分かりません・・・・と書くつもりだったのですが、
このブログを書くためにSearch Consoleを見てみたら、数字が出ていました!

AMP Search Console

数値が徐々に上がっているところを見ると順次反映されているのではないでしょうか?
最新の数値はほぼAnalyticsで見るものと同じなので、ここに表示されるものは正しいデータになる気がします。

ここに表示されているキーワード(一部は諸事情により隠させて頂いていますが)、例えば「地震」などは本来オーガニック枠でアメブロが表示されるキーワードではありませんので、
このキーワードからの流入は純増と見てよさそうです。
AMP対応するメディアが増えれば、AMP流入は減少する恐れはありますが、"トラフィック"という観点ではAMP対応することはメリットがありそうです。

トラフィック以外では、我々はPVや広告収益に関しても若干の不安がありました。
ここでは具体的な数字はお出しできませんが、

・AMP経由での離脱が大きいということは特になさそう
です。
AMPの表示速度が早すぎて、通常のウェブページへ遷移する際にもたつきを感じて離脱が増えるのではないか?とか、AMPページのルール上、誘導導線が目立つ部分に設置できないため回遊ページ数が著しく落ちるのではないか?との懸念もありましたが、現時点ではさほど問題はないように思います。

また、最も懸念していた広告についてですが、

AMP 広告

下部ではありますが、このような形で表示され、

・AMPページのクリック率は思っていたほど悪く無い
という感想です。
さすがに位置の制約を受ける分、通常のウェブページのほうが良いですが、
通常のウェブページを10とした場合にCTRの比率としては8~9という感じで、
予想以上に良いという数字になりました。

さらに現在広告の読み込みがかなり遅い印象があるにもかかわらずその数値ですので、
今後もし広告の読み込みが早くなるようなことがあれば、さらにCTRは伸びるかもしれないと考えています。
なお、Search Consoleを見てもAMP流入の主力は通常オーガニックで出ていないキーワードであることを考えると現時点では、AMP分はほぼ"純増"と捉えています。

もちろん、今後AMP対応ページを増やしていくにあたって、通常のウェブページと競合するようなケースもあるとは思いますが、現時点でのCTRと"出さないデメリット"(="他サイトに流れていくというデメリット")を考えると、AMP対応によって広告収益が下がる可能性は低いと考えています。

このようにAMP対応において懸念していた事項については、ほぼ問題はなかったという結果になりました。
途中バグが発生しておかしな表示が出てしまったり(そしてそれに対応するのに工数がかかったり)、AMPの仕様に対応するのに四苦八苦したり(そしてそれに対応するのに工数がかかったり)した分を考えると、まだ元がとれているとは言い難いかもしれませんが(笑)、社内としても対応して良かったという感想を持っています。

現時点でAMPは「ニュース」「ブログ」にしか対応していない状況ですが、今後広がることを考えてそれ以外のサイトもAMP導入の可能性を探ってみるのも良いかもしれません。

木村 賢 (@kimuyan)
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
サイバーエージェントは、Google が主催する Advanced Hosting Meetup プログラム に参加しました。本プログラムは、健全なウェブのエコシステム構築を目指すもので、今回、ホスティング サービスを運営する他の企業と共同で、以下のスパム サイト対策を新たに開始します。

● 【スパム サイト情報の相互共有】 本プログラムに参加したホスティング サービスを運営する企業(以下、プログラム参加企業 ※)は、各サービス上のスパム サイトに関する情報(例えば Google が Search Console 上の手動対策ビューアで提供しているスパム サイトの情報等)をプログラム参加企業間で共有します。情報を相互に共有することで、各サービス上のスパム検知や対策の精度向上を目指します。また、スパム サイトの情報に加え、各社で発見したスパムの最新の傾向や対策法などについても知見を共有します。
● 【アフィリエイト プログラムの悪用抑止】アフィリエイト プログラムを悪用したスパム サイトの作成抑止および、より迅速な対策を目指し、プログラム参加企業は、楽天アフィリエイト プログラムを悪用したスパム サイトを発見した場合、その情報を、楽天アフィリエイトに提供します。楽天アフィリエイトは、提供された情報をもとに調査を実施し、必要な場合、悪質なアフィリエイト ID に対する対策を実施します。

※ プログラム参加企業一覧 (敬称略・50 音順、カッコ内は主な提供サービス名)
● NTTレゾナント株式会社(gooブログ)
● 株式会社サイバーエージェント(アメブロ、 Ameba Ownd 等)
● シーサー株式会社(Seesaaブログ)
● GMO ペパボ株式会社(JUGEM、ロリポップ!レンタルサーバー等)
● 株式会社はてな(はてなブログ)
● ピクシブ株式会社(pixiv)
● ヤフー株式会社(Yahoo!ブログ)
● 楽天株式会社(楽天ブログ、楽天市場等)

詳細は Google 公式ウェブマスター向けブログの記事をご覧ください。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2016/05/advanced-hosting-meetup-report.html
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日海外SEO情報ブログさんにこのような記事が掲載されました。

Google、不自然な発リンクの手動対策を大規模に実施。無料提供された商品の見返りとしてレビュー記事を書いたブログが対象か?

こちらは、記事中にもあるように、Googleで公式発表があった、

企業から無料で提供された商品をブログでレビューする際のベスト プラクティス-Googleウェブマスター公式ブログ

こちらに起因するような不自然な発リンクに対して、手動対策がとられたというものです。
手動対策とはGoogleが手動によっていわゆるペナルティを課すもので、特定ワードもしくは様々なキーワードで検索順位が下がります。
今回はこのような無料で商品提供を受けてレビュー記事を書いていると思われるものであったり、有料でレビュー記事を書いていると思われるもの、SEO目的の自作自演リンク等がこれにあたる可能性があると思われます。
日本語で、この発リンクに関する手動対策のメッセージがサーチコンソールに表示されているケースは未だないものと思われますが今後日本でも同様の対策が行われる可能性は極めて高いと思われます。
(これまでも自作自演リンクなどは「悪質なスパム」等で手動対策されていることがあると思われます)

ブロガーの皆様はこれらのケースに該当する場合、もしくはこれらと疑われる可能性がある場合には下記の対応が必要になります。

リンクはnofollowリンクとする

a href="リンク先" rel="nofollow" の記述をするようにしてください。

PRであることを明記する

「広告」「PR」「スポンサー」等と明記する

キュレーションメディア等でみられるような表記です。 
spotlight

付加価値のあるコンテンツを作成する

Googleは「魅力的でユニークなコンテンツを作成する」と表現していますが、商品を紹介することを主目的とするのではなく、商品に関しての独自の情報を提供することを主目的としたコンテンツを作成することが有効だと考えられます。
これは、アフィリエイトを掲載したコンテンツを同じ考え方で、「商品を紹介して利益を得る」ことだけが目的のコンテンツはそのコンテンツそのものが低品質であると判断されたりスパムと判定されることすらあります。
必ずオリジナルな情報を付加価値として提供できるようにしましょう。

これらが実践できないとスパムとみなされた記事の影響でブログ全体に悪影響を及ぼす可能性があります。
無料提供された商品レビューを書くときや報酬を得て商品紹介する場合は必ず上記を守るようにしてください。

なお、無料提供を受けていないにもかかわらずスパムと誤認されてしまった場合は、
Search Consoleより再審査リクエストをするようにしてください。
[参考]:再審査リクエスト-Google Search Consoleヘルプ
なお、手動対策されているかどうかについてもSearch Consoleでの確認が必要になりますので、まだ設定されていない方はこの機会に是非設定してみてください。
[参考]:ホスティングサービスでのGoogleウェブマスターツール(Search Consoleの旧名)の使い方

ちなみにこれまでのGoogleの手動対策の傾向を考えると過去の記事にさかのぼってペナルティが与えられる可能性があります。
過去の記事についても上記同様の対策を施すか、記事を削除してしまうかの対応をお奨めします。
いいね!(13)  |  リブログ(0)