2010年度予算案で公共事業費が大幅削減されたことをめぐり、前原国土交通相と民主党の桜井充・参院政策審議会長が4日の参院予算委員会で激しくやり合った。

 桜井氏は「地域の産業政策と一体化している公共事業がある」と、政府の予算削減を批判。さらに「閣内になかなか意見が言えないし、説明もない」などと、日頃の不満をぶちまけた。

 これに対し、前原氏は「我々は税金の使い道を変えると言って政権をとった。与党議員として、同じ目線で訴えて」などと反論。「国は莫大(ばくだい)な借金を抱えている。年金も教育もちゃんとしなければいけない」と理解を求めた。議場はしばし、ヤジも静まった。

 10年度予算案に計上された公共事業費は約5兆7700億円で、前年度当初予算と比べ18・3%の大幅減となっている。

諫早湾干拓、与党3党加えて協議へ=農水相(時事通信)
<阿久根市長>出席拒否続く 市議会空転(毎日新聞)
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
機構発足で年金増額ケース大幅減(産経新聞)
男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷-京都(時事通信)
AD