昨日、遅ればせながらこの楽譜を手に入れました。

 

モーツァルト ピアノソナタイ長調[トルコ行進曲つき]

2014年発見の自筆譜による原典版(渡邊順生 校訂/全音)

 

真夜中で音が出せないので、楽譜を読んでいます。

解説も非常に面白い。

私は4月に、この曲を小倉貴久子さんの生演奏で聴きました。

原典版に基づくものはずっと私たちが弾きなれて来たものとは、

かなり違う箇所があり、またモーツァルトが作曲した時の意図が

発見でき、その美しい音色と相まって目から鱗がたくさん落ち

ました。心の目が覚める思いで聴いたのを思い出します。

 

久元祐子さんのCD『優雅なるモーツァルト』では、ヘンレ版・新版

による演奏を聴くことができます。

(私はこのCDは持っていないのですが。。)

 

2014年9月にハンガリーの国立セーチューニ図書館で発見された

自筆譜と初版譜(OE1~2)に基づく原典版。
この発見では、失われたと考えられていた8ページのうち3~6ページ

目の4ページ分の自筆譜が見つかりました。

最後の1ページ(9ページ目)はすでに発見されています。
今回の4ページ分の初版譜発見で、これまで矛盾があった箇所に

ついて明らかになりました。

モーツァルト自身が最初に意図したことがわかったのです。

音符の種類が違っていた点や、これまで短調で演奏されてきた

部分が、自筆譜には長調で書かれていたなど。


本書では、自筆譜だけでなく複数の初版譜を参考に、楽譜校訂者が

書き入れたものは参考にとどめています。

作曲者のオリジナルテキストに、より忠実な版と言えるかと思います。

 

楽譜を読む、ということもとても重要ですね。

音を出す時間ばかりが練習ではないですものね。

 

小倉さんの生演奏を思いだしつつ、おお、ここだ。

このあたりが…

 

 

とっても…

 

 

興味深くて面白い。みなさまどの部分かおわかりですか?

 

 

モーツァルトの言いたかったことが、より鮮明になってきました。

本日は娘サンデーですので、これを実際に弾くことはできません。

明日月曜日に、音出ししたいと思います。

とっても楽しみです。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。
一日一回クリックしていただけると嬉しいです
下矢印下矢印下矢印

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 上矢印上矢印上矢印

ニコニコ ブログランキングに参加しておりますキラキラ
星応援ありがとうございます星

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

こちらはレッスングッズのネットショップです。

おかげさまで取り扱いの数は13種類となりました。
講師のみなさまのお役に立てましたら幸いです。

 

ふんわりリボン やすこ先生のお店  ふんわりリボン
ぜひ一度お訪ねくださいね音符

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


 教室についてのお問い合わせはHPからどうぞ 

 

YASUKO音楽教室

こちらから

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

 

AD