ども!

100切りマスター大和です^^
いや~

群馬は今現在、雪がめちゃくちゃ降ってます(ノ><)ノ


くれぐれも気をつけて帰りましょう!

自分に言ってます・・・・


さて
今日のテーマは。

■アウトサイドインは右利きだからなの・・・


です。


まずこの、アウトサイドインの軌道。

ボールは左に飛び出しスライス(ほぼフェイスが開いてる状態が多い為)


初心者に多いスイング軌道です。

なぜか?


それはタイトル通り、右利きだから右手(右サイド)でクラブを降ろしてしまうからです。

右肩が突っ込んだ状態。


まあー

そもそも右利きの人が、左手で振ること自体が難しいのも事実ですけどね^_^;


しか~し!

左肩支点&左サイド(左手)でクラブを降ろしてはじめて、インサイドの軌道になるワケですから、これは頭に入れとかなければなりません。


え~

コツとすれば・・・・


■左脇を締めて左手一本(左肩支点)で振るイメージ・・・

■トップでの右肩をインパクトまでキープするイメージ・・・

■インパクトの時点で上半身(胸)は、まだ斜め右を向いたイメージ・・・

■右腕はあくまでも、クラブを支えてるだけのイメージ・・・

■自分は左利きだと強く強~く思い込む(笑)



ん~

イメージばっかりで胡散臭いですが・・・・

まあ
イメージは大事ですのでね^^


これくらいのイメージでスイングすれば、左サイドで振ってる感覚も出てきて、ヘッドの軌道がインサイドから入ってくるのが肉眼でも確認できると思いますよ^^

多分・・・(゜▽゜)/


まあー

いつも通り保証はございませんが、試してみる価値はあるのではないでしょうか^^



ではまた!



AD
ども!

100切りマスター大和です^^
体調もそこそこ良くなったので、張り切って勝手なゴルフスイング理論を再開しま~す。

え~

早速ですが、今日のテーマは

■正しい軌道であればクラブヘッドはおまけ?

です。

これって
どーいうことかと言うと・・・


正しいゴルフスイングはシャフトを振っている。


です^^


またまたどーいうことかと言えばですねぇ


アドレスをとってもらうと分かりますが、アドレスの時点でシャフトの延長線上って、ボールの少し手前の地面を指していませんか?

そのままのアドレスでヘッドが付いてないシャフトだけのクラブを振ったとすれば、ボールの手前をシャフトの先っぽが通り空振りしますよね?

これがシャフトプレーンに沿ったスイングです。

んで

ゴルフスイングはそのシャフトの先っぽから横に突き出たおまけのヘッドが付いていてヘッドの前にボールがあり、そして飛ぶ。

なので正確には、シャフトとヘッドの軌道にはズレが生じるということ。


ですが・・・


手というのは正直者で、シャフトの先っぽで無意識にボールを当てようとしてしまうんですね^_^;

練習すればするほど、シャフトの先で当てる確率が上がるワケです。(教えてもらいました)

ある意味凄い能力・・・

これは、シャフトとヘッドの軌道にズレが生じる考えがないとこうなります。


まあー

これが、私を襲ったシャンクの原因でもあります(笑)

「シャンク」の記事を書いた後に気づいたのですが・・・

このシャフトプレーンの事をすっかり忘れてました(ノ><)ノ


え~


話がそれましたが、


つまりボールの手前をシャフトの先っぽが通るようなスイングを意識しなければいけないワケです。


・・・・・・


というよりわたくし・・・


最終的に何を伝えたいのか分からなくなって来ましたのでこの辺で失礼します^_^;


病み上がりなもので(-.-;)

何はともあれ

まずは、試して下さいませ~

ミート率はかなり上がると思いますよ~^^


ボールの手前をシャフトの先っぽが通るようなスイング


ですからね~



ではまた!

AD
ども。

100切りマスター大和です。

え~

しばらく更新できませんでしたが、実は、インフルエンザにかかってしまい寝込んでました(-.-;)


仕事も休み、家ではバイキン扱い・・・


途中、更新しようと頑張ったのですが、全く頭が機能ぜずダウン^_^;

てな感じで、悲惨な日々を過ごしてましたが、今日ようやく仕事に復帰しました^^

ご迷惑をかけて申し訳ありませんでしたm(__)m


ということで、これからもよろしくお願いいたします^^


ん??

・・・・もしかして??

・・・・誰もみてない!?

(ノ><)ノ


AD