釜山日本語教師会(BUJA)

本教師会は 釜山や大邱など韓国慶尚道の日本語教師の集いです。
1995年に発足し、今年20周年を迎えます。日本人・韓国人を問わず、学院、高校、企業、大学と垣根を越えた教師の集まりで、情報・意見交換を通しよりよい授業とより楽しい韓国生活を送るきっかけを提供します。


テーマ:

釜山日本語教師会 5月例会報告
  
  
5月例会は、5月14日(日)午前10時半より、いつもの釜山韓日文化交流協会(YMCA15階)で行われました。今回はお知らせが遅くなってしまったこともあってか、参加者はいつもよりかなり少ない8名でした。
   
image
    
一つ目の企画は、「日本語講師ブラッシュアップ」と題し、「そういえば気になったことがあったな・・・」とか、「そういわれてみると確かに変かも・・・」と思うような表現を5つ取り上げ、学習者の用例としてどう指導するかについてグループで検討しました。
   
  
①あなたが大きな荷物を持って歩いていると、学生が「先生、荷物を持ってさしあげます。」と言ってきました。その言い方が失礼なことを、どうやって説明しますか。
 
②学生に「맛있게 드세요.は日本語で何ですか。」と質問されたら、何と答えますか。
 
③-1.学生からのメールです。どう指導しますか。
「先生、日本語○○の授業のレポートを提出させていただきます。よろしくおねがいします。」
 
③-2.大きな荷物を持って歩いている先生を見かけた学生が言いました。どう指導しますか。
「先生、私に持たせていただけますか。」
 
③-3.授業中、アルバイトについて尋ねたときに学生が言いました。どう指導しますか。
「私は一か月に60万ウォンくらい稼がせていただいています。」
 
④学生に「日本人が どういたしまして と言っているのを聞いたことがないんですが、いつ使うんですか。」と質問されました。何と答えますか。
 
⑤学生が「カタカナの言葉を覚えるのが大変です。全部ちゃんと日本語で言いましょう。」と言ってきました。何と答えますか。
    
image
  
それぞれ、場面を具体的に想像してみると、いろいろ気になることがあって、なかなか一筋縄では説明できない事例だと思います。
このブログをお読みのみなさんなら、どう指導しますか?

  

image

 

    

二つ目の企画は、「学習者の中に日本企業へ就職しようという人が増えている」現象を取り上げました。
まず、TIS日本進路進学留学院の高橋先生に発表をお願いし、韓国の高校や大学を卒業後、突然日本で就職を目指すのではなく、日本の専門学校へ進学するという進路をご紹介いただき、実際にいくつか専門学校の紹介もいただきました。
その後、グループディスカッションを行い、日本での就職を志望する韓国の学習者が増えていることの要因や、必要な指導や助言などを考えました。
また、当日は在釜山の日系企業の社長がお越しくださっており、企業が欲しいと思っている人材や、どのような視点や考えを持って就職活動に臨んでほしいかなど、貴重なお話をいただくことができました。
  
image
  
  
(5月例会担当:柴田・佐藤、文責:佐藤)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「例会報告」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

釜山日本語教師会、5月の例会のお知らせです。
  
   
いつもなら、2週間前には例会のお知らせをするところですが、担当の長期出張などと重なり、当初の企画より大幅変更がありまして、お知らせできず、大変失礼いたしました。
  
    
今回は、1時間目に
     
『日本語講師ブラッシュアップ(キラキラ先生になろう!)』というタイトルで・・・
   
「釜山で今、一番キラキラ輝いてる日本語講師」と、うわさ?されている佐藤葉月先生が進行してくださいます。
  
  
  皆さんが様々な場で日本語を教えているとき!
   
「えっ、そんな質問、急にされても・・・」「あれ・・、どう説明すればいいんだろう~?」と、困ったことはありませんか? 
それは、文化の違いや、正しい敬語の使い方だったり、きわめてあいまいな文法だったり、・・・
    
ここで、ネタを公表するすわけにはいきませんが、この『ブラッシュアップ』で、どんなベテラン先生も「目から鱗」現象をおこす!! かも・・・です。
  
  
そして、グループディスカッションをしながら、解決しようという企画です。
  
  
  
 2時間目に取り上げるのは、

「学習者の中に日本企業へ就職しようという人が増えている」という現象!
  
最近、まわりに「日本に就職したいです」という人に出会ったり、話を聞いたりしたことはありませんか???
  
  
これには、様々な要因がありますが、日本語学習者がへっていても、日本に就職したい人が増えているからには、「講師としては、なにか対処しなくてはならない機会があるのではないか?」という観点で考えてみようと思います。
実際に、日本就職の業務をしている高橋和樹先生と、日本就職担当をしている大学の先生などに状況を聞いてから、
    
グループで話し合って、対処法を考えてみようと思います。
  
  
釜山日本語教師会、「キテヨカッタ~~」と思える出会いが、あなたをお待ちしています!


【日時】
5月14日 日曜10:30~ (受付は午前10時00分から開始いたします)
  
【会場】
釜山YMCA15階韓日文化交流協会 
(地下鉄1号線釜山鎮駅または草梁駅下車徒歩5分)
※正面入口が閉まっている場合は、左側駐車場からお入りください。
地図 →こちらから
   
【予定】
1.10:30~11:20 - 『日本語講師ブラッシュアップ(キラキラ先生になろう!)』
                +グループディスカッション
2.11:20~11:30 - 休憩+お知らせ
3.11:30~12:10 - 『日本への就職希望者増加傾向に対する日本語講師の対応』
                +座談会
4.12:10~ まとめ+お知らせ・連絡(ご希望の方は当日担当者にお伝えください。)
5.12:30~1:30ぐらい  食事しながら楽しい交流の時間
                  *当日、近くの食堂かピザの配達の希望を取って多数決で決めたいと思います。
      
    その後解散、2次会希望者はティータイムなど・・・
  
----------------------------------------------------

初参加、久しぶりの参加の方々も大歓迎です。予約なしでOKです。
お友達の先生「お誘い・声かけ」よろしくお願いします。
それでは、例会でお会いできることを楽しみにしております。
    
    
  
                          担当: 柴田文武・佐藤葉月
  
  
  
****************
  
  
2017年度の前期の例会の日程をお知らせ致します。
  
5月14日 日曜10:30~ 会場:釜山YMCA15階<韓日文化交流協会>
6月17日 土曜15:00~ 会場:釜山YMCA15階<韓日文化交流協会>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

釜山日本語教師会 4月例会報告


2017年度4月例会は4月15日(土)午後2時より、釜山日本語教師会韓国大学生日本語ディベート大会運営委員との共同企画として、日本語教師と日本語を学ぶ人(大学生・社会人)の「日本語交流会」が慶星大学の人文館にある教室を借りて行われました。
  
韓国人大学生、卒業生(社会人)、日本人留学生、来賓の方、そして先生方も含めると当初の予想を大幅に上回る30人近い参加者が集まってくださり、主催者側としてもうれしい誤算となりました。お忙しい中お越しいただき、誠にありがとうございました。
  
image   
例会の内容として、様々なテーマで日本語や日本文化に興味・関心がある学生と日本語教師が楽しく話し合い、意見や情報を交換し合う座談会形式で行いました。各テーマ(日本語学習、日本留学、ビジネス・就職、日本文化、J-POP、ゲーム、旅行・スポーツなど)のグループを作り、教師はそれぞれのグループに2~3人、学生は自分が興味のあるテーマのグループに行き、教師にアドバイスや情報をもらったり、他の学生とは意見を交換し合うといった流れです。30分ほどひとつのテーマで話したあと、休憩を挟んで2回目は他のテーマのグループに学生たちが移動します。
   
   
まずは1グループ5~6人で30分程話をしたあと、休憩を2回挟んで全部で3回行いました。今回来賓として韓国ソニー電子の實山常務理事、ソウルから明知専門大学の大森先生、そして釜山日本領事館の古村領事をお迎えしたこともあり、日本への就職やビジネス、日本留学のグループでは多くの学生たちが話を聞こうと熱心に耳を傾けていました。また旅行やスポーツ、ゲーム・音楽などのサブカルチャーのグループでも1回30分の時間を過ぎても話が尽きないほど、盛り上がりを見せていました。
   
image

  

image

   

image   
最後は参加者の学生たちには簡単に感想を書いてもらい、全員で集合写真を撮りました。学生の感想として、「普段日本語で会話することが少ないので、今日はいい経験が出来た」「就職のことや日本留学のことなど、貴重な話が聞けてよかった」などの声が聞かれました。
    
      
3回に分けてそれぞれのテーマで話をしましたが、どの回も大変盛り上がり、後半は時間が足りず多少バタバタしましたが、先生方からのお知らせと連絡を済ませ、無事に4月例会兼日本語交流会を終えました。
    
image   

image
 

 

その後学生たちは先に解散となり、先生方で食事会を開きました。次回の例会は5月14日(日)を予定しております。来月もよろしくお願いします。
    
     
   
報告者:4月例会担当 二色・大月

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

釜山日本語教師会 3月例会報告
  
  
2017年度3月例会は3月19日(日)10:30午前10時半より、いつもの釜山韓日文化交流協会(釜山YMCA)の教室で行われました。
    
image      
今年度初めとなる今回は、国際交流基金の中野友里先生「基金のサイト」大変分かりやすく紹介してくださり、実際に使うのに、役に立つ企画となりました。
  
  
今まで、日本語教育の現場で活用できるサイトがあることは知っていても、実際どんなサイトがあって、どう使うのかは、知らない先生が多かったのではないかと思われます。
  

image

   

 

image

   
そんな、現場での様々な悩みを解決してくれる便利なサイトがあり、また、使いやすく、様々な教育場面でかつようできることを中野先生の説明を通して、お分かりいただけるいい機会になったと思います。
  
  
これらのサイトは、国際交流基金のサイトから、みなとというサイトにリンクすると、その他全てのサイトに簡単にリンクできるようになっています。
  
文化の補助教材や、読み物、アニメを使ったもの、ドラマ的な動画を使ったものなど、とにかく盛りだくさんで「ほとんどの授業の資料に使えそうだ」という意見が多かったです。
  
中野先生の説明の後、普段なら外部の飲食店に移動して、食事をするところですが、今回はピザを注文して、その場で質問や懇親会を兼ねた座談会となりました。
  
その中で、 いままで補助的な資料を集めるのに悩んでいた先生や、もっと雰囲気を変えて授業をしたい先生たちが、喜んでいる雰囲気が会話の雰囲気から伝わってきました。「とても参考になった。こんなのあるなんて知らなかった。」「実際に使わなきゃもったいない!」など、 様々な意見が交わされました。 
    imageimage
    

  
(3月例会担当 : 柴田、中野)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

会員の皆様へ (※4/13、当日会場となる建物への行き方等追加しました。「記」下記ご覧ください。)
  
  
桜も咲き始めすっかり春の陽気となった今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?


   
4月度例会のご案内です。今回はこれまでの例会と趣向を変えて、「日本語交流会」と称して、日本語教師と日本語学生(学習者)との交流会を企画しました。会場もいつものYMCAと違って、慶星大学 人文館の教室を借りて行います。(韓国大学生日本語ディベート大会運営委員との共同企画です)
  
  
日本語を学ぶ人(大学生・高校生・社会人)にたくさん来てもらい、それぞれ興味のあるテーマのグループに参加してもらい、30分のミニワークショップ、またはおしゃべり会をします。時間内に3つまでテーマ、グループを変えていろいろな学生・先生と交流してもらいます。
  
  
テーマ(予定・当日変更あり/ミニワーク担当者募集中!)
  
  
ミニワーク:日本語通訳翻訳・日本語ディベート・日本文学・日本歴史・日本留学・ポケモンGO …
  
  
おしゃべり会:漫画やイラスト好きの会、J-POP・K-POPの会・日本語教育(教員中心)…など。
  
  
学校・教員・学生の垣根を越えて楽しく交流し、ネットワークを広げ、さらに楽しいこと、面白いことを企画していくスタートの集まりに出来ればと思います。ぜひ、教え子さんや知り合いの先生方を誘ってご参加ください。他学校の学生・生徒さんでもかまいません!いろいろな学校の学生・生徒さんを呼びましょう!(日本人留学生も呼びたいです!)
  
  
※さらに詳しい内容については担当;二色までご連絡ください。nishiki84@hotmail.com
  
  
※ミニワークショップの担当者を募集中です。自分の専門や得意・趣味分野で我こそはと思う方(他薦もあり)は↑ご連絡ください。
  
  
   
―――――― 記 ――――――
  
  
釜山日本語教師会 4月度例会 「釜山地域 日本語交流会」
  
 
日時:4月15日(土) 午後2時~5時(受付1時30分より)
  
  
場所:慶星大学 人文館(6号館) 223・224教室

file:///C:/Users/user/Downloads/directions-Kyungsung%20University2.pdf

   

  
内容:日本語学習者と日本語教師との交流会(ミニワークショップや懇談会)
  
  
地下鉄2号線「慶星大・釜慶大駅」下車4・6番出口(正門より入って一番右奥の建物です)
    

  
日本語を教える人・学ぶ人の交流会です。学生さんや同僚の先生などもさそってご参加いただければと思います。
   

  
当日参加OKですが、すでに参加予定の方(学生さんの参加確認)は事前にご連絡いただければありがたいです。(木・金曜日)
→ nishiki84@hotmail.com (釜山外大・二色)

   

  
※終了後の食事会(教師)も検討中です。

   
  
  
  

  
4月度例会担当:二色・大月

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。