引越し

テーマ:

上海から帰国後、しばらくは実家にくらす母親の家に

同居をさせてもらっていましたが、実家からほど近い

場所に引っ越す決意をし、現在は夫婦と子供の4人で

生活しています。

 

アパート暮らしは当然家賃の発生やらすべての面で

実家にいた時よりもお金がかかります。

が、奥さんと子供達だけで気兼ねなく過ごせる時間は

何物にも代えがたい事です。

 

この引越しの際に、以前とはずいぶん違うな〜と

感じた事。

 

まず、日本を離れる15年ほど前よりも家賃が安くなって

いた事。

これは単純に需要と供給のバランスによるものだと

思われます。

つまり、首都圏と比べると人口が増えていない、

個人の増資ブームで賃貸物件が増えた事、などの

影響でしょう。

 

次に、敷金礼金等が省かれて引越し費用が安く済む事。

これもとてもありがたかった事です。

 

上海での引越しは、日系の不動産会社に依頼すると

大家さんへの礼金、不動産会社への手数料や補償金

などで家賃の2倍から3倍の手数料を取られてしまいます。

ただし、中国語が堪能ならばローカルの不動産屋さんに

依頼することも可能です。

この場合は、家賃1ヶ月分のみの手数料を大家さんと

不動産屋さんが3:7で分ける仕組みです。

 

でも日本との最大の違いは物件探しの際に決まりが

ない事です。

 

いろんなパターンがありますが

自分が経験した話の中では、、、

 

まずは中国人の友人から

投資目的で所有している

マンションに住んで欲しい

とたのまれる事。

当然相場よりもかなり安い家賃で最新式のマンション住人になれます。

このマンション、買えば軽く億を超える金額ですが

投資目的なので転売の話が進むと

退去しなければなりません。

 

次に、日本人が何らかの理由で今のアパートを

退去するときに、大家さんから同じ日本人で

誰か借りてくれる人はいないか探してくれないか?

と言う話が回ってきた時。

 

日本人は店子として非常に人気があります。

理由は簡単、とても綺麗に使ってくれるから。

 

逆を言えば、中国人や欧米人などはどんなに汚していようが

お構い無しで退去していくそうです。

 

引越しの際は身分証明書や就業証明書、VIZAなどを

コピーして大家さんと公安に渡さないといけませんが

物件探しやお金のことはかなり自分でアレンジが可能です。

 

交渉力も必要ですが、型にはまらない方法で

自分なりの部屋探しと、料金体系が大家さん個人の

考え方で変わってくるなど日本とはずいぶん違う引越しに

なります。

 

そして最大の違いは

家電や家具が全て揃っていること!

これに尽きます。

壊れた時なども大家さんに連絡すれば無償で修理、交換

または自分で買ってきてくれていい、その分は家賃から

引いておく、と言うパターンです。

 

海外ではこれが普通のようですが日本ではほぼ

スケルトンで渡されますから

引越しと同時に家電や家具など足りないものを

すべて買い揃わなければなりません。

 

これが今回の引越しの際かなり疲労する話になります。

 

この話は別の機会に。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

お洗濯

テーマ:

現在、子育て専業主夫にとってほぼ毎日

欠かせないルーティンの一つ。

それは洗濯

このお洗濯の時に毎回思うことがあるので書いてみます。

 

ここ浜松市がある東海地方も先週から梅雨入りしました。

14年ぶりに過ごす日本の梅雨です。

 

入梅当初は湿度気温とも高く、入梅ムード満点でしたが

今週は初夏の風が心地よい比較的爽やかなお天気が

続いています。

 

日中は25度を超えるまで気温が上がりますが

日が落ちて寝る頃にはちょっとひんやりするくらい。

お陰様で家族全員朝までぐっすり眠れます。

 

ある晩、浜松の気温が18度、ちなみに今の上海って

何度くらいだろ?

ええ〜27度って出てる!!

 

その瞬間思い出しました。

突然気温と湿度が急上昇して

しかも夜中まで気温がほとんど変わらない

今時の上海の忌まわしい梅雨事情を!

 

上海の梅雨時から灼熱地獄と化す夏と、

やたら雨が多くてなおかつ寒〜い冬。

まさに亜熱帯と大陸性の悪いとこだけ重なってる

ような上海の気候。

そして大気汚染のせいで1年中淀んだ空気。

 

そうなんです、洗濯物を気持ちよく

干せない。

おまけに水道水の水質が悪い。

冬なんぞは2週間雨続きで洗濯物が乾くどころか

生臭くなってしまい

もう一度洗濯機の中へ!なんてことが

よくありました。

 

そこへ行くと、今のお洗濯が楽しくて仕方ありません。

最新式の洗濯機ときれいなお水と澄み切った空気、

爽やかな風!柔軟剤いらずの洗剤。

どれもこれも理想のお洗濯には欠かせない条件が

普通に手に入るんですから。

 

「こいつ何言ってんだ?」

って笑われそうですが

当たり前な事が当たり前でなかった世界から見ると

身の回りの些細な事でもそれだけで幸せな気分に

なれること、思わず感謝したくなる様な事が

日本にはたくさんあるんです。

 

 

 

 

 

 

AD

新幹線

テーマ:

長女が生まれたのは2015年5月、初めての冬を

上海で過ごした翌年2016年の2月。

 

中国の春節休みを利用して日本に一時帰国し

浜松から嫁の実家である千葉県まで新幹線で

移動中の事。

 

東京までの新幹線はタイミングが悪く

ヒカリ号に乗れなかったので仕方なく

こだま号で移動することになりました。

 

こだま号なら空いてるだろうと考えていたのですが

時間が倍近くかかる。

子連れの親にとって移動中の不安は皆さん同じ

だと思いますが、とにかく子供に

静かにしていて欲しい。

 

案の定、1時間が過ぎて小田原を過ぎたあたりから

ぐずりだし、ミルクをあげてもたまごボーロ作戦

でもどうにもならず、子供を抱えてデッキであやす

ことになりました。

 

そのとき、通路を挟んで反対側には初老の女性が

お一人で座っていました。

訪問着を綺麗にまとい、冬なのでショールを

肩に巻いている。

よく見ると、そのショールも着物をアレンジして

仕立てたような感じで、その女性からはなんとなく

気品が漂っていたのです。

 

「申し訳ありません、うるさくて」

とその女性と目があったときにお詫びをすると

「いいのよ、私はね、赤ちゃんの鳴き声を聞くと

幸せな気分になれるの」。

 

会話はそれだけでしたが、聞き分けのできない

子供を同伴する親にとって

なんとありがたいお言葉だったことか!!

 

その方が観音様に見えてくるぐらい

嬉しかったのを覚えています。

 

これで心置きなく泣かせられる!とはさすがに

思いませんでしたが、「気にしてませんよ」

よりも「幸せになれるの、ありがとう」

の心遣いが感服しきったのです。

 

その方は用事があって京都からこの列車に乗り

新横浜で新幹線を降りたのですが

降り立ったホームから長女に向かって

いつまでも手を振っていました。

 

あの女性は本当に鳴き声を聞いて幸せな気分を

感じていらっしゃったのかもしれないな。

 

上海にいる当時、日本の待機児童の問題が大きく

取り上げられているにもかかわらず、保育園の新設が

なかなか進まない、建設予定地の付近住民から

「うるさいからいやだ」

みたいなニュースを聞いていた。

 

奥さんと、中国と比べるとなんだか世知辛いね!

と言っていた日本にも、こんな素敵な方が

いらっしゃるんだな〜、となんだかホッとしました。

 

自分が子供の頃(昭和40年代)は学校が終われば

田んぼや空き地、神社に子供がたくさんいて

どこにいても子供の声が聞こえていました。

 

少子化で子供が減っているとはいえ、誰も遊んでない

公園や人気のない神社は個人的には寂しさを通り越して

ホラーのような感じさえします。

 

先ほどの保育園新設問題も

昼間ゆっくり休みたいと言う方もいらっしゃるから

仕方がないのかもしれません。

 

大げさかもしれませんが、子供たちの遊ぶ声や笑い声が

聞こえなくなったらそれこそホラー映画の始まり

のような、そんな国はゆっくり滅んでいきそうな

感じさえしてしまいます。

 

 

 

 

AD