brush+  心に映る色言葉を翻訳します

カラートランスレーター(色の翻訳家)鶴田実花
人生の塗り絵を書くなら何色をえらぶ?自分を彩る色は、自分史を語ります。
投影された心をカラーボトルに映し出し、心の声を聴きます。
ほっと一息つきたいとき、ちょっと振り返りたいとき、一休みのお手伝いをします。

NEW !
テーマ:

 

富士登山してきました(^∇^)

 

次男と二人で!

 

 

ただいま次男は10歳。

 

10歳以下だと、肺の発達的に高山病になりやすい。

 

そして何よりも気圧や気象の変化に体の不調がでてくる次男。

 

母と二人で富士山登山に行くにはどうだろうか?という心配がかなりありましたが、がんばりぬいてくれました。

 

ちなみに長男は「は?? いかんし」

 

ちなみに旦那氏は「今年は体力的に、時間的に、気力的に無理」

 

というわけで、1~10まで段取り、現地と含めて母がんばりました。

 

今年の春ごろに次男が「富士山行きたい」と。

 

何度も聞きなおしましたよね。「え? 本気?」と(笑)

 

 

気温的にも、天気的にもかなり恵まれた二日間。

 

 

体力的にはわたくし、今年に入って月2くらいは近郊の山で体を慣らしていたのでなんとか大丈夫でした。

 

20日の終業式の日の晩に夜行バス(近鉄バス)で富士宮駅へ。そこから富士急行バスにて、登山口へ。

 

21日の晩は9合目で山小屋泊。

 

22日午前3時ごろから登りはじめ、ご来光

 

たくさんの人が待っていました。

 

これまだ少ないほうです。

 

吉田口とから登ったらえらいことになりますよ、人の多さが。

 

私たちは富士宮口から登りました。

 

 

美しかった。

 

富士山、山頂ははじめてだったけど、この二日間のガスも出ない天気は奇跡のようにさえ感じました。

 

とはいえ、やっぱり山小屋では軽くではあるけれど次男は高山病の症状がでましたね。

 

吐き気や頭痛や気分の悪さと過呼吸ぎみ。

 

すごく焦りました。

 

痛み止めを飲み、冷えピタをはったり、酸素ボンベでもちなおしてくれて。

 

ご来光を見るかはあまり視野にいれていなかったけど、山小屋がご来光見る人でザワザワガタガタうるさくなるので、目がさめちゃうんですよね。

 

で朝まで狭い山小屋にいるより、登ってさっさと帰ろうという決断でした(笑)

 

帰りは須走コース。ここ、結構長い!距離が。(でも御殿場のほうが距離が長い)

 

5時に出て9時には降りれました。これ早いほう(・∀・)/ でも次男にはだいぶ文句言われた。遅い、と。

 

バス電車、新幹線を乗り継いで15時くらいには帰宅。

 

帰宅後富士山での服やリュックをすべて洗いましたけど、まーーーー汚いこと!!

 

でもなによりも、達成感がすごい!!

 

やればできる!

 

自分の枠から出ることができた2日間かなっと思う。

 

日常的に「無理しない範疇」 「できる限り」と頭でいろんなことを理解して終わっていた自分の枠をすこし出ることができましたね。

 

とくに今年はそんな風にしていました。じゃないとキャパオーバーだったから。

 

自分に現実的な力がどのくらいあるのかを実感できる良い機会でした。

 

次男には思いがけず、いい機会をもらいました。よい思い出づくりができました。

 

あ!でもちゃんとフォローしてくれた旦那氏にも感謝しています(@´з`@)ノ゙

 

「次は上高地行きたいな~」と言っていたら、「次は鳥取の大山でしょ」と返されました。

 

好きなことを達成して、喜びを実感できる。

 

これってすごいエネルギーです(o^-')b

 

次男、下りの砂走が大好き。御殿場ルートの砂走りの話を現地の人からいっぱい聞かされて、次は御殿場ルートに行きたいとかなんとか。(御殿場ルートは他のルートの二倍の距離)

 

大学生になったら自分で行ってください、と返しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんわぁ。

 

ご無沙汰しております。

 

次は鞄のことについて書きますよ、と予告しておきながらの放置。

 

いやぁ~体がいくつも欲しいと願った半年でした。

 

 

 

いきなりですが

 

今年の私のイヤーズボトル。

 

「天使」の名前をもつボトルです。

 

カラー仲間とは、神様にこき使われるとしだよぉ~なんて笑い話でよくしていました。

 

自分の役割をしり、時に前に立ち、時にサポートに回り、姿をかえながら与えることを学ぶとし。

 

 

案の定神様にこき使われております。

 

今年にはいり急激な変化に対応するために、ただ黙々とできることをできるだけシンプルに向き合ってきた半年。

 

旦那氏の不調

 

子どもの体におこる不和

 

実家の母の大病

 

大きな大きな出来事が続きました。

 

最初は誰にも一言も弱音も何も言わず乗り越えていましたが、人間そんなに強くいてたらおかしくなるものです。

 

ちゃんと心が破綻して友達に泣きつかせてもらいました。

 

今は通常の生活にはいりつつありますが、でもどうやらお休みはもう少し先のようです。

 

昨日から義父も入院に入りました。(そこそこ元気みたい、大丈夫そうだ)

 

 

もうあと一か月で40ですので、今年からは自分のなかで大切なものをしっかりとかためてゆこうと思っていたとし。

 

辛いとき、まず話をしたいと思ったのは、家族に同じ病気や不調を経験している友人。

 

なぜか? 

 

共感してもらえるからです。

 

語る必要がなく、ただ自分のなかにある哀しい気持ちを感じてもらえるから。

 

辛いときに聞いた一番辛い言葉はなんだったか?

 

みんな一緒だよ。

 

二人に一人はなる病気だよ。

 

そこにみんななるよ。

 

みんな経験してるよ。

 

心理学でいう、一般化です。

 

みんな、みんな一緒だよ。。。

 

私にある痛みは私のものだけど、みんな一緒だからと価値がないように扱われること。

 

私も使ってたなぁ。

 

 

 

ここ半年、天使のとし、を味わいましたが

 

最初は自分が与えているんだって思っていたけど

 

今は優しい人の声がちゃんと聞こえていて

 

たくさん与えてもらっているなぁっとしみじみ実感させてもらっています。

 

あんたは黙ってがんばるんだから!と叱ってもらったり。

 

絶妙なタイミングで大丈夫?って声をかけてくれる友達だったり。

 

言葉にしなくても見守ってくれている人たちだったり。

 

ありがたい。

 

 

 

すべてを大切にしようとして、結局は何も大切にできない。

 

そんなことにならないように

 

大切なものだけをみながら日々すごそうと思っています。

 

とはいえ、そこそこ元気に登山とかもしてますけどね(笑)

 

できることはできる、できないことは出来ないけど、まぁできるだけ。

 

そんな風に切り替えもできるようになった30代最後。

 

今年の指針「ポジティブよりもシンプルに」

 

ほんとそのまま行ってる。

 

あまり意味をおってもしかたないのでね。

 

ぼちぼちと進んでいます。

 

近況報告まで。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

先日甥っ子を預かったんです。

 

車で寝ちゃって、目覚めてここ何処!?って泣いたらどうしようかとヒヤヒヤしましたが、大丈夫でした(-。-;)

 

 

ちっちゃい手。

 

小さな子の手を見ると、「ぽっかぽか」10巻で紹介されていたエピソードを思い出すんですよね。

 

 

病院でおばあちゃんが主人公あすかちゃんの手を握ってとても気持ちよさそうに、命を感じているシーン。

 

「あぁ柔らかいね

  命がいっぱい詰まってる

           いい気分だ」

 

それから小さな子の手握る機会に恵まれると、なんだか思い出すんですよ(単純)

 

命がいっぱい詰まってるって、なんかいいなぁ~とほんわかします。

 

私の周りに「手仕事」をしている方がたくさんいてるので、「手」てすごいなって思います。

 

人に触れて人を癒す手仕事。

 

人の髪に触れて、美しさを引き出す手仕事。

 

美味しいものを作り出す手仕事。

 

素敵なものを作り出す手仕事。

 

絵を書いたり、字を書いたり、書き出したらきりがないくらい。

 

私はぶきっちょなのですごぉく羨ましくなりますね。

 

自分の役立つポイントは手仕事ではないんだ、うんうんε- (´ー`*)フッ

 

なんて自分に甘くしてます( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

例えば、同じレシピ再現しても、なんだか味が違ったりするものでしょ?(これ私しょっちゅう)

 

手のお仕事だけじゃないけど、手って気持ちが入っているかどうかよく伝わるものなのかもしれないなぁとちっちゃい手をみながら考えていました。

 

 

 

それにしても、幼児を相手に洗濯だのご飯だの片付けだの、久しぶりにしましたが。

 

あぁ~思い出した。

 

うん、大変。

 

洗い物してても遊んでって呼びにくるし。

 

ちょっと待っててふんばったら手をつかんで、可愛くアピールしてくるし゜+*:.(●’v`*pq)

 

食べないし。

 

はい、食べて!! ほら、美味しいよ!って必死になってたら

 

我が息子、次男君。

 

「お母さん、赤ちゃんに食べさせるときは、あーーーんって言うんやで」と。

 

そんな単純な問題?と思って「はい、あーーーん」って言ってみたら食べました。

 

「ほらな」とどや顔される。 

 

また、暇なとき、預かりたい🎶なんて思いました。

 

 

 

 

 

 

次回はファッションについて。

 

買って失敗した鞄の話。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。