Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!

NEW !
テーマ:


みなさん、こんにちはブリ子です。

昨年、ソウルフル&ダンサブルなサウンドなサウンドでステージ総立ちで多いに盛り上がったU.K.ソウルの人気ユニット、THE BRAND NEW HEAVIESの来日公演のお知らせです!


10月20日(月)
1st:開場17:30/開演18:30
2nd:開場20:30/開演21:15
ミュージックチャージ:¥7,600

10月22日(水)~10月24日(金)
1st:開場17:30/開演19:00
2nd:開場20:45/開演21:30
ミュージックチャージ:¥7,800

今回は、待望の新譜を携えて来日します!





日本でのイベントスケジュールはこちらから!
P-VINE

サイン会も予定しているようなので、要スケジュールチェックですね♪

ブリ子

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



冬のイギリスの魅力を探しに行こう!

英国政府観光庁メルマガに登録するとペア1組に

スコットランド又はロンドン行き航空券が当たる!
※エコノミークラス、ロンドンまでは直行便を利用!



登録は簡単!ご登録はこちらから

または、
1、お名前(ローマ字 例 Great Buriko)
2、eメールアドレス
3、イギリスで訪れてみたい場所

を記載の上、
タイトルを英国政府観光庁メルマガキャンペーンとし、以下アドレス迄メールにてご応募ください。
enews.japan@visitbritain.org

※メールでの応募の場合は、応募記載事項を基にメルマガ登録させていただきますことご了承ください


■キャンペーン期間:2014922日(月)~1013日(月)迄
■必ず規約をお読みになり、ご応募いただけますようお願いします

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:
みなさんこんにちは、ブリ子です。

今晩11:15~ BSプレミアム新番組
世界入りにくい居酒屋

番組ウェブサイトはこちらから

これは、地元の人しか知らないディープな名店を紹介する番組。
今夜はイギリス、リバプールから、おふくろの味も!

大人のための新しい紀行エンターテイメントが始まります!


以下、番組ホームページより抜粋
今回訪ねるのは、イングランド北西部の港町、リバプール。ビートルズを輩出した国際的貿易港のNo.1の入りにくい居酒屋はなんと元拘置所という一風変わったパブ!街の衰退とともに一時廃墟となっていたが、2000年のリバプールの大規模再開発をきっかけにパブとして甦った。

人気メニューは労働者階級のおふくろの味、スカウス。牛肉をじゃがいもなどと煮込んだ鍋料理、肉じゃがを彷彿させるおいしさ。
実はこのスカウス、歴史は古く、リバプール方言をスカウスとよぶのもこの料理に起源があるのだとか。鉄格子や分厚い扉など、拘置所の名残が残る居酒屋で、古き良きリバプールに想いを馳せる。

以下、番組ホームページより抜粋
世界のどこでも、いい居酒屋は必ず、入りにくいオーラを出しまくっている。
観光客向けのオープンな店とは大違い。

ブリ子
そうとは限らないかもしれないけど、あえてマイナーな店を紹介するという非常にチャレンジ精神あふれる企画!この企画が通るってところが素敵。

以下、番組ホームページより抜粋
メニューはひとクセもふたクセもある
ディープなものばかり。

ブリ子
ディープという言葉に反応。店も見つけにくいディープな場所にある上に、メニューもディープとくれば、そこに集まるお客さんもディープな人ばかり??今夜のリバプール編のディープなメニューに期待!

以下、番組ホームページより抜粋
濃いキャラの店主
”そのソース、Tバックの紐が切れるくらい辛いよ”

ブリ子
この台詞を店主の顔にかぶせて載せちゃうBSプレミアム、最高。
Tバックの紐が切れちゃうって、すごい表現だわ。拍手あげたい。

なんだか観たら、楽しい気分になってこちら側もついついグラスに手がのびてしまいそう。

英国で最も知名度の高い都市のひとつ、リバプールは音楽、カルチャーとナイトライフで有名。ビートルズ・ストーリー博物館で午後を過ごし、マジカル・ミステリー・ツアーに参加し、テート・リバプールで現代アートを楽しみ、重要文化財建築物や博物館がひしめくアルバート・ドックを散策してみましょう!そして、見つけられたら、この「入りにくい居酒屋」を訪れてみては如何でしょうか?


大人のための新しい紀行エンターテイメント、みなさん、今夜はイギリス、リバプール編。
どうかお見逃しなく!!

ブリ子


いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



冬のイギリスの魅力を探しに行こう!

英国政府観光庁メルマガに登録するとペア1組に

スコットランド又はロンドン行き航空券が当たる!
※エコノミークラス、ロンドンまでは直行便を利用!



登録は簡単!ご登録はこちらから

または、
1、お名前(ローマ字 例 Great Buriko)
2、eメールアドレス
3、イギリスで訪れてみたい場所

を記載の上、
タイトルを英国政府観光庁メルマガキャンペーンとし、以下アドレス迄メールにてご応募ください。
enews.japan@visitbritain.org

※メールでの応募の場合は、応募記載事項を基にメルマガ登録させていただきますことご了承ください


■キャンペーン期間:2014922日(月)~1013日(月)迄
■必ず規約をお読みになり、ご応募いただけますようお願いします

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 

AD
いいね!した人

テーマ:



この度ヒルトン大阪において、英国料理フェスティバルBritish Food Festivalと題して、ロンドンの歴史あるホテル「The Waldorf Hiltonザ・ウォルドーフ・ヒルトン・ロンドン」より、権威あるエグゼクティブヘッドシェフ、ロバート・プレンダーガスト氏を招き、1週間に渡り気品溢れる英国料理をご提供いたします。

これは、駐日英国大使館で2013年より展開しているFood is GREAT: A Taste of Britain ためしてみて、美味しいイギリス 」の一環で、期間中は、ヒルトン大阪内のレストラン3箇所で、コース料理からカジュアルなワンプレートランチやビュッフェ、そしてアフタヌーンティをお楽しみ頂けます。



「素材の美味しさを大切にしたい」と語るロバート氏のモダン・ヨーロピアンなイギリス料理を心行くまでご堪能ください。

ロバート・プレンダーガスト(Robert Prendergast)シェフについて

1998年に「C.E.R.T Chef College」を卒業したロバート氏は、イギリス、スコットランドなど数々の有名ホテルを修行しながら渡り歩き、2004年、ウインザーのホテルでエグゼクティブシェフとなる。

 2008年にはイギリスの名だたるミシュランシェフが集うシェフ・カンファレンスを取り仕切るなどリーダーシップを発揮。
2010年にヴィクトリアにある高級ホテルへ、エグゼクティブ ヘッドシェフとして就任した際には、その高い芸術への感性を買われ、オープンキッチンのデザインやコンセプトも任されるようになる。

2014
年に、「ザ・ウォルドーフ・ヒルトン・ロンドン」のエグゼクティブ ヘッドシェフへ就任。エドワード朝様式に彩られ、イングランドの歴史的建造物の象徴でもあるこのホテルで、日々素材にこだわった、モダンヨーロピアンな新しい料理を模索、発信している。



ここ数年で、飛躍的な変貌を遂げたと言われる英国料理を大阪でお楽しみいただけるチャンスをお見逃しなく!

お仕事のミーティングやご接待、プライベートなお食事にぜひご利用下さい。

英国料理フェスティバル@ヒルトン大阪
2014106日(月)~12日(日)

共催:英国総領事館  協賛:ターキッシュエアラインズ  協力:英国政府観光庁

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



冬のイギリスの魅力を探しに行こう!

英国政府観光庁メルマガに登録するとペア1組に

スコットランド又はロンドン行き航空券が当たる!
※エコノミークラス、ロンドンまでは直行便を利用!



登録は簡単!ご登録はこちらから

または、
1、お名前(ローマ字 例 Great Buriko)
2、eメールアドレス
3、イギリスで訪れてみたい場所

を記載の上、
タイトルを英国政府観光庁メルマガキャンペーンとし、以下アドレス迄メールにてご応募ください。
enews.japan@visitbritain.org

※メールでの応募の場合は、応募記載事項を基にメルマガ登録させていただきますことご了承ください


■キャンペーン期間:2014922日(月)~1013日(月)迄
■必ず規約をお読みになり、ご応募いただけますようお願いします

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 

AD
いいね!した人

テーマ:

2014929日】日本政府観光局(JNTO/ 本部:東京千代田区)の松山良一理事長と英国政府観光庁(VisitBritain/ 本部:英国ロンドン)のクリストファー・ロドリゲス会長は、926日東京において、両国の観光分野の経験や情報交換と観光促進を目的にした覚書を締結しました。在日英国商業会議所(BCCJ)が覚書調印式を開催しました。

 

日本政府観光局(JNTO)は、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会を見据え、2012年オリンピック・パラリンピックロンドン大会開催において英国のインバウンド観光推進に成功した英国政府観光庁の実体験に基づいた情報や経験を共有することで、効果的な訪日プロモーションの実施を目指します。覚書によりJNTOと英国政府観光庁は協力体制を構築し、両国間の訪問者数の増加を目指します。

 

2013年、2020年のオリンピック・パラリンピック大会の開催都市が東京に決定しました。同年、史上初めて訪日外国人旅行者1,000万人を達成し、2013年は日本の観光業にとって節目の年となりました。2014年は、その先の目標である訪日外国人旅行者2,000万人という高みを目指します。この目標を到達する上で、オリンピック・パラリンピック大会の開催は日本にとって絶好の機会になるでしょう。

 

英国政府観光庁にとって2012年のロンドン大会は、当時の訪英者数3,280万人を2020年までに4,000万人に引き上げることを目指した10年計画のスタート地点でした(2020年が日本だけの目標ではないことがお分かりいただけるでしょう)。 英国政府観光庁はこの目標達成に向かって前進しており、昨年は訪英旅行者数が6%増加し、訪英旅行者の英国内での消費額は13%増加しました。

 

最初の共同プロジェクトは、102日にロンドンの日本大使館で開催する日英観光シンポジウム「観光業の成長戦略、オリンピック・パラリンピック大会を最大限に活かす(Growth Strategy for Tourism, Making the Best Use of the Olympic and Paralympic Games)」です。シンポジウムでは、林景一駐英国特命全権大使と元外務英連邦大臣であり2012年オリンピック担当大臣であったヒュー・ロバートソン下院議員(Rt Hon Sir Hugh Robertson KCMG MP)、JNTO理事長松山良一、英国政府観光庁海外統括ディレクターのキース・ビーチャムによるスピーチが予定されています。

 

JNTO松山良一理事長は、「日本は2013年に初めて1,000万人の外国人観光客を迎え入れ、今年は2020年に向けた活動を開始しました。オリンピック・パラリンピック大会の開催で成功を収めた英国政府観光庁とこの覚書が締結できたことは光栄であり、我々はオリンピック・パラリンピック東京大会を日本がさらなる観光立国となるして生まれ変わるための大事なチャンスとして捉えています」と、述べています。

 

英国政府観光庁クリストファー・ロドリゲス会長は、「2013年は英国の観光業にとって歴史的一年であり、大方の予想を裏切りオリンピック年の訪問者落ち込みを経験することもありませんでした。JNTOの仲間達と締結したこの覚書により貴重な知識が共有され、日本の観光業に持続的な観光レガシーがもたらされるでしょう」と述べています。

 

BCCJ のデヴィット・ビックル(David Bickle)会頭は、「BCCJは、2020年オリンピック・パラリンピック大会に関連した日英企業のビジネスチャンスを拡大することを最優先課題としています。ですから、日英両国の観光振興を目指した画期的な合意に焦点をあてる覚書調印式開催を依頼されたことを非常に光栄に思っています。」と、述べています。



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



冬のイギリスの魅力を探しに行こう!

英国政府観光庁メルマガに登録するとペア1組に

スコットランド又はロンドン行き航空券が当たる!
※エコノミークラス、ロンドンまでは直行便を利用!



登録は簡単!ご登録はこちらから

または、
1、お名前(ローマ字 例 Great Buriko)
2、eメールアドレス
3、イギリスで訪れてみたい場所

を記載の上、
タイトルを英国政府観光庁メルマガキャンペーンとし、以下アドレス迄メールにてご応募ください。
enews.japan@visitbritain.org

※メールでの応募の場合は、応募記載事項を基にメルマガ登録させていただきますことご了承ください


■キャンペーン期間:2014922日(月)~1013日(月)迄
■必ず規約をお読みになり、ご応募いただけますようお願いします

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


いいね!した人

テーマ:

↑とってもキュートなピーター・ラビットは大人気者でした!


みなさんこんにちは、ブリ子です。

26日(金)より3日間、世界最大級 旅の祭典 『ツーリズムEXPOジャパン』が東京ビックサイトにて催されていました。


英国政府観光庁チームもブースで皆様とお会いすることができ、大変有意義な3日間でした。みなさま、また来年お会いしましょう!

そして、明日から新しい朝の連ドラ「マッサン」がスタートしますね!

時代は大正時代。日本一華やかな大阪で青春時代を過ごしていた造り酒屋の跡取りは、ウイスキーに目覚め単身「スコットランド」へウィスキー造りを学ぶために渡ります。そこで現地で知り合った女性と恋に落ち、なかば駆け落ち同然で国際結婚。北海道にて二人でウィスキー造りに励みます。モデルは日本のウィスキーの父、竹鶴政孝とその妻リタ。

NHK「マッサン」公式ページはこちらから

ニッカウィスキー「マッサンとリタの物語」

NHK始まっての、初の外国人ヒロインということでも話題を呼んでいるこのドラマ、主人公とヒロインはまだそこまで一般に知られてはいませんが、脇を固める俳優人の顔ぶれがすごい!


亀山政春(かめやま まさはる)
演 - 玉山鉄二
亀山エリー(かめやま エリー)
演 - シャーロット・ケイト・フォックス
亀山早苗(かめやま さなえ)
演 - 泉ピン子
亀山政志(かめやま まさし)
演 - 前田吟
岡崎千加子(おかざき ちかこ)
演 - 西田尚美
亀山すみれ(かめやま すみれ)
演 - 早見あかり
番頭・島爺(しまじい)
演 - 高橋元太郎
住吉酒造社長・田中大作(たなか だいさく)
演 - 西川きよし
田中優子(たなか ゆうこ)
演 - 相武紗季
田中佳代(たなか かよ)
演 - 夏樹陽子
住吉酒造専務・矢口(やぐち)
演 - 白井晃
住吉酒造事務員・好子(よしこ)
演 - 江口のりこ
キャサリン(種子〈たねこ〉)
演 - 濱田マリ
食堂「こひのぼり」店主・春(はる)さん
演 - 及川いぞう
鴨居欣次郎(かもい きんじろう)
演 - 堤真一
俊夫
演 - 八嶋智人
鴨居英一郎
演 - 浅香航大
巡査
演 - バッファロー吾郎A

主題歌は、中島みゆき「麦の唄」

マッサン、いよいよ明日8時15分よりスタートです!!



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



冬のイギリスの魅力を探しに行こう!

英国政府観光庁メルマガに登録するとペア1組に

スコットランド又はロンドン行き航空券が当たる!
※エコノミークラス、ロンドンまでは直行便を利用!



登録は簡単!ご登録はこちらから

または、
1、お名前(ローマ字 例 Great Buriko)
2、eメールアドレス
3、イギリスで訪れてみたい場所

を記載の上、
タイトルを英国政府観光庁メルマガキャンペーンとし、以下アドレス迄メールにてご応募ください。
enews.japan@visitbritain.org

※メールでの応募の場合は、応募記載事項を基にメルマガ登録させていただきますことご了承ください


■キャンペーン期間:2014922日(月)~1013日(月)迄
■必ず規約をお読みになり、ご応募いただけますようお願いします

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


いいね!した人

[PR]気になるキーワード