Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!



テーマ:


ブリテンパーク様、おじゃまいたします。

こんにちは、マンチェスター帰りの川合亮平です!

先日、初めて北イングランドの都市マンチェスターに行って参りました~。カタール航空で!

乗る前より乗った後の方が元気になるという、長時間フライトの常識を覆す、カタール航空のビジネスクラス。驚愕の極楽サービス・・・。

4月28日(火)の夜、成田発、
現地正味4日間の濃密トリップ。
5月4日(月)の夕方、成田着です。

マンチェスターといえば、あなたは何を思い浮かべますか?

僕にとって、僕の人生にとって決定的に重要な要素が2つも
マンチェスター繋がりなのです!

1つは、マンチェスターが生んだ、90年代ブリテッシュ・ロック・ムーブメントの
代表格:OASIS(オエイシス)。

もう1つは、マンチェスターが生んだ、天才テレビプレゼンター、
Karl Pilkington(カール・ポーキントン)。
又の名を、リッキー・ジャベイスの良きパートナー。
又の名を、伝説的テレビ番組、An Idiot Abroad(イディエット・アブロード)の人。

多くは語りますまい。
1つ確かな事は、
OasisとMr. Pilkingtonがいなければ、
僕がこうしてブリテンパークさんに寄稿させて頂ける機会を
得る事もなかったであろう!

だから、巡礼の訪問、マンチェスター。感無量です。

東京に戻りたくなかったな、正直(笑)

超盛りだくさんな旅で経験した、耳より情報を何回かの投稿に分けて
お伝えしていきます~!

マンチェスターの街はこじんまりまとまっていて、街の観光スポットへは徒歩の移動で十分間に合います。

都市といっても、ロンドンとはまたひと味違う。ロンドンよりも庶民的な感じ。

概ね、人の感じもロンドンと違いました。
産業革命の時に、工業地として栄えた名残なのか、骨太な労働者気質、
一見近寄りがたいんだけど、実はすごく優しい、みたいな。
肩肘張らないリラックスした雰囲気が感じられました。
ナイスです。すごく親しみやすい。

San Carlo Farmacia Del Dolce マンチェスターにある、セルフリッジズ(百貨店)の地下1階。こんな可愛らしいカフェがございます。お席の予約は:Call 0161 838 0571まで。

マンチェスターの街散策の途中に「ホッと」一息つくのにもってこいの場所です。

ケーキやスコーン。柔らかい色調の内装にリラックスできます。

注文は・・・。「アフタヌーンティー10人前!」(笑)

待ってました!!

東洋風のティー・ポット!

1つ1つのお菓子がしっかり食べごたえがあって、大満足。誠に結構なお味でございました。

さて、アフタヌーンティー(10人前(笑))で、エナジー満タン。
ひきつづき、マンチェスターを満喫するぞ~!!

(つづく)

川合亮平でした!


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!





NEW!! イギリス在住者がつくったイギリス特集
PCはこちらから
モバイルはこちらから


ブリティッシュ・エアウェイズで行く
 「ロンドン&湖水&エディンバラ3都市周遊7日間」

PCはこちらから
モバイルはこちらから

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 


AD
いいね!した人

テーマ:


皆様、こにちは。牧歌ブリ吉でございます。

最近、なかなか好い陽気が続いておりますけど、そろそろお湿りが欲しい気もします。雨季の指標となる植物と言えば、これ☟でしょうか?

 
普段は枯れ木のようにクタっとしているのですが、この時期に息を吹き返すかのように鮮やかな紫陽花が広がります。

日本の中の英国の季節もどんどん進みます。


 

こちらは英国大使館の環境チームが栽培するブルーベリーの樹。4月下旬撮影の花の色は、ブルーぢゃないんですね。って当たり前か。
 

現在(5月上旬)に至っては、ブリ-ベリーの実に近づきつつ、まだ緑。

 

4月の下旬は結構咲き乱れていたツツジも、

 

大使公邸のバラも、

もう旬を過ぎてしまったようですね。

人間は80年も生きますけど、花の盛りは短い。

そのために生まれた芸術がボタニカル・アートです。

ロイヤル・ホーティカルチュアル・ソサイエティに行くとこんな版画や絵がたくさん見られます。

何ゆえ版画か?

という疑問にお答えすると、元々は博物誌として出版するために作成された版画が、あまりにも美しいためにアートとして世の中に認知されるようになったのです。短い花の命を出来るだけ鮮明に残して置こう、科学に役立つデータとして活用しようという意図から発展した芸術ということです。

さらに、大航海時代からはプラントハンターという職業もあったことから、世界中のそれぞれの植物の詳細なデータとしてビジュアル化されたというわけです。観葉以前に、レメディ(治療)や薬草として使われるためにハンターたちは必死に正しいデータを作っていたということで、後の生物学や医学の発展に貢献したのです。

 


こちらの図書館に行けば、200年以上前からの版画や絵など元祖ボタニカル・アートが鑑賞出来ます。

さらに、現代のボタニカル・アートの展示会なども開かれております。ブリ吉が取材に行ったのは、2006年以前でしたが、優勝者からほとんど入賞者が日本人の皆様で占められていたことがあります。日本の受賞者様たちと絵を撮影した筈なのですが、ブリ吉アーカイブスはファイリングが悪いようで、見つかりません。ちょっと残念であります。


個人的には、こうしたハーブ類を料理のチョイ足しにしたり、ハーブの飲み物の原液を作るのが楽しみだったりします。

英国では各家庭で普通にやっているので、特に案内は無いのかなと思ったのですが、以下ご参考までに。


英国産であるだけに、日本で買える種類は少ないですね。もっとアイテムを楽しみたい方は是非英国へ。

以上、ブリ吉でした。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!





NEW!! イギリス在住者がつくったイギリス特集
PCはこちらから
モバイルはこちらから


ブリティッシュ・エアウェイズで行く
 「ロンドン&湖水&エディンバラ3都市周遊7日間」

PCはこちらから
モバイルはこちらから

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 

AD
いいね!した人

テーマ:


『イギリスの暮らし』をテーマにした雑誌RSVP第16号「イギリスの陶磁器に魅せられて」をもうお手にとられましたか?

陶磁器の故郷ストーク・オン・トレントでは、胸がきゅんとするようなかわいいカフェやホテルや知りたかったアウトレットショッピングの情報が充実。イギリスで陶磁器の魅力に触れてみたいという方は必読の内容になっています。

イギリスの魅力がぎゅっとつまった、とても読み応えのある一冊です。

ぜひ書店、またはお取りよせにてお手にとってご覧ください。

AD
いいね!した人

テーマ:

みなさま、こにちは。
牧歌ブリ吉でございます。

梅雨直前の日本の天候を英国に置き換えるらなば、もはや真夏の陽気に相当します。そんな天候になれば、食べたくなるのは爽やかでフルーティな食べ物!

 

画像はfacebook練馬の料理教室から。
https://www.facebook.com/cariadcooking?fref=ts

この季節の英国は、散歩しながらでも見つかるベリー類の収穫の楽しみ。ドルチェを作る楽しみ、そして仲間と一緒に食べる楽しみというわけで楽しみ満載であります。

 

【イートンメスだ!苺のウェッジウッドにも見事にマッチング!!】

他にもルバーブで大使公邸吉田シェフのレシピ(http://cookpad.com/recipe/2397073)を試してイートン・メスを作ってみるとか、グズベリーとカスタードを合わせパイにとか、ちょっと作り置きしておいた梨や桃のコンポットでトライフルを作るとか…。

 

【昨年、友人宅のアロットメント(貸農地)で栽培されたグズベリー。ピンボケでごめんなさい。友人はグズベリーと鯖を一緒にオーブンでローストしていました。醤油を掛けなくても美味しく頂ける料理に仕上がっていましたが、画像が見つかりません】


 

【先日、横浜の郊外の露天でルバーブを見つけました。最近はどこでも売っているのですね】

拙妻(英人)が初めて日本に来た1985年、当時鎌倉に棲んでいたのですが、近所の八百屋さんで緑色のルバーブを発見したそうです。家に戻ってすぐにルバーブのコンポットを作ろうと煮込んだのですが、いっこうに柔らかくならず、繊維がキツイ上に嗅いだこともないニオイがして来ました。日本のルバーブはちょっと扱い方が違うのかもしれないと思って、一昼夜置いたのですが、翌日になって口にすると、繊維だらけで食べられた状態ではなかったとのことでした。そして、その後判明したそれは、なんと「蕗(ふき)」だったのです。

蕗自体の旨さは、日本に居る間に判るようになりましたが、日本でルバーブを見つけた時の喜びとルバーブではないと判った時との落差は相当激しかったようです。 

この季節はいろいろな果物を見るだけでも心晴れやかな気持ちになります。
こうやって煮込んでは発せられるベリーの甘い香りがもうタマランですね。

これからの季節、日本の梅雨を避けて英国に飛んで行ってしまいたいものです。

イギリスに行かれない皆さまには、せめてこちらで美味しい料理を習ってお召し上がりくださいませ。

以上、ブリ吉でした。


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!
いいね!した人

テーマ:

みなさんこんにちは、ブリ子です。

イギリス人に、チョコホリックな人が多いのはみなさんもご存知ですよね?
ニュースエージェントや、スーパーのレジの近くには、必ずチョコレートバーがずらりと並んでいて、大人も子供も結構な頻度で手を出しています。
ちなみにブリ子は、チョコバーの中ではAeroとKitKatが好き。ピーナッツやキャラメルが混じっているのは苦手です。


ちなみに、イギリス人が一番よく食べるメニューはローストビーフでも、パイでもなく実は『カレー』。イギリスを訪れたら一食くらい『カレー』に手を出してみてください。ロンドンだと、ブリックレーンや、ユーストン駅裏などにカレー街がありますが、バーミンガムにはバルチ・トライアングルというエリアがあって、おいしいカレーにありつけます。



じゃなくて、プレスタがカフェをオープンしたという話でしたね。すみません、プレスタのチョコレートは正真正銘のチョコレートと呼んでいいチョコレートです。




パッケージがすごくかわいくて、日本でも女子に大人気ですよね。

そんな故ダイアナ元妃をはじめとする英国王室の人々に愛されてきた『王室御用達』チョコレート店『PRESTAT(プレスタ)』が、『CAFÉ PRESTAT(カフェ・プレスタ)』をロンドンのチェルシーにオープンしました!




プレスタの宝石箱のようなビビッドでかわいいパッケージデザインがそのままカフェになって登場☆

ロンドンの新名所として要チェック!


186 Pavilion Road, Chelsea, London SW3 2BF

ブリ子


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇