Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!

NEW !
テーマ:


いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。
ポチっと一押しよろしくお願いします!


みなさんこんにちは、ブリ子です。

今日は、先日の続きで、ロンドンから気軽に行ける、ゆっくりと時間を過ごしたい人の穴場スポット 『ガンジー島』の紹介です。

ゆっくりと時間を過ごしたい人の穴場スポット タックス・ヘブンアイランド ガンジー島はこちらから


  「レ・ミゼラブル」や「ノートルダム・ド・パリ」他、多くの作品を残したフランスの文豪、ヴィクトル・ユゴー(1802-85) は、フランスを政治的理由で追われ、後に愛人ジュリエットの計らいにより、ガンジー島に落ち着くことになりました。



セント・ピーター・ポートから徒歩5分程の緩やかな坂道の中腹、Hauteville St 38番地にフランス国旗がはためく白亜の大きな家があり、これがユゴーが家族とともに15年間 (1856 - 1870)暮らした家になります。現在はフランス政府下にて管理され、一日数回、英語とフランス語のガイドツアーのみで一般公開されています。



満足!驚き満載ツアー

たっぷり約1時間のガイドツアーは、ユゴーの新たな一面と、作品への理解を深めることができる非常に有意義なツアー。



床から天井まで全面タペストリーが張られた“タペストリー・ルーム”、“隠し暗室“、”びっくりドア“、



細部に彫られたメッセージ、特殊なガラス、




よく見るとかつてドアだったテーブルなど、



Hauteville Houseはユゴーの芸術家としてのアイディアや、エネルギー溢れる一つの芸術作品。




意外にもユゴーの寝室は上階の一番シンプルで小さな部屋でした。


寝室には小さなバルコニーがあり、




不眠症だったヴィクトル・ユゴーは良く眠れた日にはこのテラスに白いハンカチを結び、庭をはさんだ隣家に住む最愛の愛人、ジュリエットに知らせたと言われています。(なんだか幸せの○色のハンカチのようですね)


書斎は最上階の建て増し部分の採光溢れる部屋。フランス大陸が見える向きに簡素なデスクがあり、ユゴーは祖国フランスを眺め、立ちながら執筆していたそうです。



寝室の隠し棚や、





ホリデー中に原稿を隠す隠し戸など、驚き満載のツアーなので是非訪れてみてくださいね。





まだつづく>>

ブリ子

Hauteville House
Open from 1 April until 30 September

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!




英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 

AD
いいね!した人

テーマ:

いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。
ポチっと一押しよろしくお願いします!



みなさんこんにちは、ブリ子です。

今日は、久しぶりの雨模様。日に日に寒くなってきましたね。
イギリスはこの時期クリスマスイルミネーションで街が輝いています。


クリスマス・ツリーの伝統は、ヴィクトリア女王の夫君であったアルバート公が母国のドイツから持ち込み、英国で普及したと言われています。今ではクリスマス・シーズンになると、英国各地にある都市や町、そして村でクリスマス・ツリーが飾られます。



ロンドンにいるなら、トラファルガー・スクエアーに飾られる巨大なクリスマス・ツリーを見に行ってみましょう。これは毎年、ノルウェーの人たちから贈られる恒例のプレゼントとなっています。



今年は12月4日からツリーがトラファルガー・スクエアーに登場、23日までクリスマスキャロルコンサートなどが催されます。

さて、今日はクリスマスに向けてプレゼントにピッタリな、ブリ子のイチおしウィンターギフト第三弾!
ご紹介するのは、英国ではコレクターがいる程人気の王室御用達チョコレート店『PRESTAT プレスタ』のオーナメントシリーズです。


2014年の最新作の一つは真っ赤なお鼻のトナカイがモチーフ。中には同じように丸くて真っ赤なトリュフチョコレートが詰まっています。レッドヴェルヴェットケーキをチョコレート仕立てにした少し甘酸っぱいラズベリーの味わい。

スノーマンは人気の定番デザイン。でも詰合せたチョコレートは今年新作のスノーボールココナッツトリュフ。まさに雪玉のように丸くて真っ白。まるでスノーマンからの贈り物のようなチョコレートです。

2014年の最新作の一つは真っ白な髭の笑顔が素敵なサンタ。中に詰められたチョコレートはロンドンを代表するお酒「ジン」を使った、サンタの髭のように真っ白なトリュフチョコレート。とても陽気な表情は中に詰められたチョコレートに酔ったせいかもしれません。

フルーツ、ナッツ、フラワーなど様々なフレーバーが詰め合わされた25粒のチョコレートたち。
アドヴェントカレンダー代わりに、クリスマスまで一日一粒ずつ食べても楽しめます。


取扱店のお問い合せは
デシーマジャパン株式会社
東京都千代田区永田町2-17-8
03-5501-1051

イチオシ ウィンターギフトの巻きでした~。

ブリ子

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!




英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


AD
いいね!した人

テーマ:

いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。

ポチっと一押しよろしくお願いします!




皆さま、こにちは。牧歌ブリ吉でございます。

先日、大使公邸シェフの吉田さんと話していたら、「イギリスのスーパーマーケットの特集をやって下さい」とご依頼を頂きました。


クックパッド 英国大使館のレシピ

英国を拠点としている筈のブリ吉ですが、ここ数年間、年に数回英国に戻るだけなので、情報を載せたとしても、7年以上前のお古情報になってまう可能性もあるなあと、予め言い添えさせて頂きます。もし、「あれ?」と思うところは各自お確かめ頂きたいと思います。

 【英国に行くと必ず買うもののひとつ。コールマンズのホースラディッシュはロースト料理に欠かせません。ローストビーフサンドイッチにこれをたっぷり塗って食むと至福の時間が訪れます】


まず、対日貿易及び対英投資担当の英国人参事官の話から、マクロ的な現在の在英量販店の傾向性を申し上げますと、ディスカウントショップ系と高級指向系の2種が増加しつつ、中流指向のメガショップがかなり売上を下げているということです。品質の偏差値で言うと、真ん中の50~60台が減りつつ、高級指向の70台とディスカウント指向40台が増えつつという状況にあるというこってす。


 【拙宅にある紅茶の在庫を調べてみたら、あらら、ほとんどがT社でした。右上のぺパミント&ネトルのネトルとは、和名イラクサ(http://urx.nu/eoFt)です。英国の郊外で散歩していると、小径の両脇に現れる雑草です。大葉に似ていますが、触ると皮膚炎を起こすトゲがあるので危険ですが、歴史的にはお茶に繊維に大活躍です】


最近はちゃんと調理をする英国人も増えてきたので、品質が飛び切り良くなくても、旨くなるように工夫をしているという話もウェイトローズの元マーケティング担当から聞き及んでおります。


 【冷凍食品の専門店。旅行者の皆様には縁遠いかもしれませんけど、冷凍の肉の方が安くて、良い肉を販売していることがあります。但し、その地域の需要に合わせた品揃えをしています】


また、階級差ではなく、新自由主義経済の影響を今なお強く残す英国社会は、貧富の差が現代の日本以上に激しいこともあって、「持つ者」は高級指向なわけです。


この両端の市場が徐々に膨らむ一方で、中流の市場は徐々に低下しているのです。
で、旅行者の皆様には何を見て頂きたいかという話ですが、もちろん、ここでブリ吉が述べたその違いを、皆さまご自身のその目で確かめて行くことも面白いと思います。アベノミクス経済のままでしたら、英国並みにさらに貧富差が拡大するであろう将来の日本の縮図が見えるかもしれません。


 【紅茶の庶民ブランドPGティップス。「英国から買って来ています」と言うと、インターデックの社長さんに「ウチから買って下さい」と叱られてしまいました。通販でも購入可能なので、皆さま宜しくお願いします。http://www.interdec.jp/ 】


ちょいと役立つお話をすると、店によって異なるブランド。安くても意外に旨いブランド。英国のお土産を安くするにはこのスーパーという括り方も可能です。ブリ吉が日本の皆様へのお土産に使う店がM&S(マークス&スペンサー)とWaitrose(「待て薔薇ちゃん」ではなくて、ウェイトローズ)の2店です。ショートブレッドなどのお茶受けでも、高過ぎず、悪からず、むしろ良質な自社ブランドが揃っています。空港の免税店で購入するよりも相当安いですし、旅慣れたスッチー様たちを売り場で見掛けることもあります。


食だけにこだわらず、先日は手のデカい日本人の友人に英国人仕様のM&Sの皮製手袋を26ポンド(4500円くらい)で買って来てあげました。ブリ吉も手がデカいので、同じものを15年間愛用しています。サイズが豊富なだけでなく、クオリティが良いのですね。質で言うなら1万円相当ですが、日本ではサイズがありませんので比較しようがない。


 【ブリ吉は大体LLサイズなんですが、これはLサイズでもピッタリフィットしています。日本では靴下やシャツのサイズもないのでちょっと困り。靴下のあつらえってあるのかなあ】


旅行をしていれば、食の楽しみが重要なファクターのひとつですが、例えば、1週間のロンドン滞在で毎回外食していれば、とんでもない費用を使うことになります。ホテルに戻って、チンする食事を買うなら、Tesco Metroなどのこぢんまりとしたショップでサラダ、飲物、果物、そして温め直しの惣菜やパスタなどが購入可能です。

 【サンドイッチはブラウン・ブレッドで野菜たっぷりのPloughman`s(プラウマンズ)が野菜不足にはお奨めです。最近はブッフェ形式も増え、サラダバーやスープバーなどもあるので、選択肢が増えました】


街中にも、地方にもこうしたこぢんまりとしたショップが増えていることもひとつの特徴です。街中の小規模量販店では、食品の素材は殆ど買えません。パッケージを開けば、すぐに食べられるような出来あいの食品か、プロセスフーズを専門としています。

 【甘すぎるデザートですが、人気あるんだよな~】


あらら、もっと具体的なスーパーの名前を挙げて「どこがどうだ」と述べて行くつもりでしたが、ぼちぼち小出しにして参りましょう。でも、次回も量販店ネタとは限りませんので悪しからず。w


ブリ吉でした。


※次号のための参考ウェブ。掲載無用。
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_supermarket_chains_in_the_United_Kingdom


いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



クリスマスギフトは、英国政府観光庁オンラインショップで!
今なら20%オフのセール商品も!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


AD
いいね!した人

テーマ:
みなさんこんにちは、ブリ子です。

さて、今日は久しブリに
<<リツィート&フォローキャンペーン>> のお知らせです。

英国政府観光庁公式ツイッターをリツィート、またはフォローしていただいた方の中から3名様に
英国男子甲冑コレクションをプレゼント!


(写真:横山明美、トム宮川コールトン、石井理恵子)


<<リツィート&フォローキャンペーン>> エントリーはこちらから!
https://twitter.com/VisitBritain_JP

締め切り 11/25日(火)午前0時

現代に蘇る、英国の騎士たちに会いにいきませんか?

ライターの石井理恵子さんは、英国の古いのに新鮮さを感じるものごとに関心を持ち、本を出版(『英国男子制服コレクション』『スコティッシュ・キルト・コレクション』など)されてきました。今回は『英国男子甲冑コレクション』というタイトルで、甲冑にスポットを当てています。堅苦しいことはなしに、夏の野外イベントで甲冑姿の人たちに親しもう!というものです。





先日は、英国で甲冑姿の人たちに直接出会えるチャンス、フェスティバルの様子などを著者である石井さんにブログ寄稿してもらいました。

ブログはこちらから!
<<リツィート&フォローキャンペーン>> エントリーはこちらから!

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



クリスマスギフトは、英国政府観光庁オンラインショップで!
今なら20%オフのセール商品も!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 



いいね!した人

テーマ:



いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。

ポチっと一押しよろしくお願いします!

みなさんこんにちは、ブリ子です。

今夜の【世界ふしぎ発見!】11/22夜9時~は英国ファンは見逃せませんよ!

今夜のお題は
『あなたの知らない華麗なる英国貴族の世界』

番組詳細はこちらから


11/30日からシリーズ2が放送予定のダウントン・アビーの世界ですわっ!


イギリスの貴族は今の時代どんな暮らしをしている?


スコットランドのお城 (番組で登場するお城とは異なります)

普段垣間見ることの出来ない、スコットランドのお城に住む貴族の若者の社交術、狩猟やテーブルマナーから(これがかなりのイケメン貴族男子が登場するのよ!)


コッツウォルズの世界遺産にも登録されているウィンストン・チャーチル卿の生家、ブレナム宮殿の当主も登場します!

※番組に登場予定の当主11代目マールバラ公爵は、収録後間もない先月、お亡くなりになりました。お葬式には多くの人々が参列し、当主を偲びました。ご冥福をお祈りします。


もう一度書くけど、スコットランドの貴族の若者たちがなんともカッコイイのよ。へー、貴族って今でもこんなお遊びをするのねー!って感心しちゃった~。

それから、回答者にも注目よ!英国王第5代イングランド王エドワード1世(トランプのキングのモデル)の子孫が
ゲスト出演してます!

ミステリーハンター野々すみ花が英国貴族の知られざる世界に迫る!どうぞお見逃しなく!



いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!



クリスマスギフトは、英国政府観光庁オンラインショップで!
今なら20%オフのセール商品も!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 

いいね!した人

[PR]気になるキーワード