Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!


NEW !
テーマ:
こんにちは、ブリグリンです~。今日もブログへのアクセスありがとうございます!



さて、今日は先日弊庁のツイッターでも好評だった、こちらの可愛らしいガイドブック『英国ファンタジーをめぐるロンドン散歩』





表紙はもちろん、中のお写真もとーーっても可愛いですよ♪

英国のファンタジーと言えば、『くまのパディントン』、『ハリー・ポッター』、『シャーロック・ホームズ』等々、日本でも有名なものばかり。



本ガイドブックは、そんなロンドンの街にある英国のファンタジーをめぐることができるという、ありそうでなかった旅ガイドになっています!



さらに今日は、本ガイドブックを刊行された山内史子さんが、本ガイドブックの誕生秘話を教えてくださいました~♪



山内さんは英国ペンギン・ブックス社でプロモーションをご担当された後に独立され、国内外の史跡や物語の舞台を巡られており、著書に英国貴族の館に泊まる』(小学館)などがあります。

========================================================


ロンドン・オリンピックが開催された4年前、テレビでマラソンの中継を見ていたときのことです。




19世紀に建てられたアーケード「レドンホール・マーケット」が映し出され、目が釘付けに。

そこは映画「ハリー・ポッターと賢者の石」で、ハリーとハグリッドが歩いていた場所でした。 




その後も、ドリトル先生やメアリー・ポピンズのシリーズに登場する「セント・ポール大聖堂」、

「クリスマス・キャロル」にゆかりある教会など、大好きなイギリスの物語を通してお馴染みだった通りや建物が背景を過ぎるため、勝負はそっちのけで想像の世界にひたりました。


街のそこかしこに、物語のかけらが隠れている。時が熟し、そんな思いふくらんで生まれたのが、「英国ファンタジーをめぐるロンドン散歩」(小学館)です。




特別な秘密の場所へと足を延ばしているわけではありません。



ビッグ・ベンやテムズ川周辺、百貨店のハロッズやセルフリッジズ、バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院、ケンジントン・ガーデンズなどなど。


観光地をめぐるだけでも、物語へと続く扉はたくさん見つかりました。数多くの作品が生まれたヴィクトリア朝の面影や、ロンドン塔のように時代を越えてランドマークとなっている建物があちらこちらに残っているのも、ロンドンの魅力です。

 

散策後、物語のなかの街の景色はより鮮やかに。紅茶のおいしさをはじめ旅したからこそふれられるイギリスの文化や習慣、頻繁に雨が降るお天気だって、行間をリアルに彩ります。



「英国ファンタジーをめぐるロンドン散歩」を片手に、皆さんもぜひ、ロンドンを歩いてみてください。


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!



英国旅行でホテルを探すなら↓が便利


英国旅行の必需品!
旅行中もサクサクwifiが繋がる、目的地へもスイスイ行ける!ポケットサイズのWi-Fiサービスがあれば、旅行中にGoogle Mapを使って目的地に到着することもできるのでとっても便利!ポータブルwifiレンタルは英国政府観光庁公式オンラインショップで安心レンタル。詳しくはこちらから




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。