Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!

NEW !
テーマ:


【本日発売!!】
保存版トラベルガイド

BRUTUS  ブルータス


\\ ロンドンで見る、買う、食べる、101のこと// 


ロンドンの最新情報から定番まで、今のロンドンで濃密な時間を過ごすためにするべきことがぎゅっと詰まった待望の一冊!

旬なエリア、レストラン、スポット、ショップが網羅されているところは、さすがです。


ブルータスを手に、ロンドンへ行こう!

美味しそうなものがいっぱい!気になる中身はこちらから
http://bit.ly/17JlXLz




いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!



1度で2度おいしい!
【キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】

旅の様子はこちらから!

【ロイヤル・ブリテン】ケンブリッジ公ウィリアム王子が住むケンジントン宮殿

キャセイの羽田x香港ラウンジ 麺対決!

やっぱりすごい!ブリ子も「放心」キャセイのビジネスクラス 


いよいよ出発!日系以外で初!キャセイ航空羽田ラウンジ

これを食べずに飛び立ってはいけません

ブロガー魂を見た!マンチェスター&ロンドンの旅 

#cx2britain 

AD
いいね!した人

テーマ:


©Kiyoshi Sakasaki


ジャズアーティスト、コートニー・パイン来日時のインタビュー記事

東京・コットンクラブ 2015116日(金)

 

1月中旬、コットンクラブでの来日公演のため東京を訪れていた、英国を代表するジャズアーティスト、コートニー・パイン氏(以下:CP)に、英国政府観光局(以下:VB)が話を聞いた。


©Kiyoshi Sakasaki

 

Q.1 – VBでは最近、日本人を対象に、英国でもっとも訪れたい場所や体験したいことについてアンケート調査を行いました。その結果、バッキンガム宮殿、湖水地方、エディンバラ城が訪れたい観光地として挙げられたほか、本場のアフタヌーンティーの体験や、シャードから眺めるロンドン市街などにも人気が集まっていました。

そこで、コートニーさんが日本人旅行者に勧めたい場所についても、お聞かせ願えますか?



©Kiyoshi Sakasaki

 

CP(満面の笑顔で):生粋のロンドンっ子としては、来客にはやはりロンドンを案内することが多いね。つい最近も、豊かな歴史を誇るロンドン塔でライブ演奏をしたんだ。しかし今はやはり、サウスバンクのテート・モダンやその周辺が大のお気に入りさ。例えばライブ音楽からシェイクスピア・グローブ座、大道芸人、そして威厳あるバーやレストランに至るまで、新たな芸術が次々に生まれている。そしてロンドンの定番でもあるセントポール大聖堂など、伝統の顔もすぐ近くにある。


©Kiyoshi Sakasaki

 

Q.2英国内の好きな場所と、その理由は?

 

CP:  仕事柄、ツアーなどで全英を巡ることの多い私だが、中でもブライトンやブリストルは「クール」という言葉に尽きるね。一見の価値はあるよ。いずれも、ロンドンからも行きやすいし、アートや音楽、食など、いつ行っても、常に新しい何かが生み出され、表現されていることを実感するだろう。


↓ブリストルではバンクシーによる作品も街中で見ることが出来る 


©Kiyoshi Sakasaki

↓ブライトンのビーチ

 

Q.3 英国観光に最適な時期と、その理由は?


CP:  迷わず、8月下旬の「ノッティング・ヒル・カーニバル(TheNotting Hill Carnival)」に合わせて来ることを勧めるよ。日本だけでなく、世界中の友人たちにも、いつも言ってるんだ。多彩なイベントが同時多発的に開催され、まさに娯楽とエネルギーに満ち溢れている。子供の頃から、このカーニバルを見て育った私だが、今でも必ず行くんだ。多くの日本人がきっと、心から楽しんでくれると思う。


 

Q.4 英国の食事は、日本では評判の悪いものの代表格と定義されることがあります。そうした誤解を解くために、どんなレストランを紹介しますか?


CP: (室内に響き渡る大きな笑い声):実は私も、好物はジャマイカ料理なんだ!イーリングに「タートルベイ(TurtleBay)」という、とびきりのジャマイカ料理店があって、うまいカリブ海料理を出すよ。消化にもいいしね。イーリングといえば日本人駐在員が多く居住しているよね。そうした駐在員をひとりでも友人に持っていて、イーリングを訪ねてくるようなことがあれば、ぜひ「タートルベイ」をお勧めするよ。



©Kiyoshi Sakasaki


Q.5 
英国流夜遊びの真髄を味わいたい日本人へ、アドバイスは?


CP: サウス・ロンドンのストリータムにある、「ハイダウェイ・クラブ(Hideaway Club)」では、よく演奏している。暖かな共同体意識があるし、観客は常にエネルギーに満ちているからね。まさに夜遊びに格好の場だし、ミュージシャンにとっても素晴らしい会場だよ。ここのクラブには、「コートニー・パイン」というカクテルまであるくらいさ!




©Kiyoshi Sakasaki


Q.6 コートニーさんの音楽からは、多彩な文化的影響が感じられます。多文化都市としてのロンドンが、その土台にあると思いますか?


CP:  それは間違いない。特に私がまた若かった1980年代には、非常に多くの影響を受けた。「ザ・スペシャルズ」のようなスカバンドのほか、ソウルボーイやニューウェーブ、レゲエにも触れたし、ロンドンでは常に、新しい流れがあちこちでひっきりなしに湧き出していた。例えばウォーダーストリートの「ワグ・クラブ(Wag Club)」は、ジャズの中心的な場所のひとつだったな。その後、アメリカに移住する機会もあったが、私はロンドンに留まることを選んだ。ロンドンには音楽の自由があるし、だからこそ高い創造性が育まれるんだ。



©Kiyoshi Sakasaki


Q.7 インスピレーションとなっている日本の音楽アーティストはいますか?


CP:  おのぜ・まこと氏はヒーロー的な存在であり、インスピレーションの源泉だね。まもなくツアーを予定しているんじゃなかったかな。もうひとりのインスピレーションは、渡辺貞夫氏。かつてふらっと、私のライブに立ち寄ってくれたことがあったんだ。自分の目を疑ったよ。まさに崇拝の対象さ。それから最近、黒田卓也氏に出会ったが、彼の作品は素晴らしいよ。そして、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーたちにも出会う機会があって、エネルギーに満ちあふれたライブに圧倒された。

 

Q.8日本と英国との間に、なんらかの共通点はあると思いますか?


CP: 主な共通点としては、いずれも島国であり、そのことに由来する固有の文化が形成されてきたということだろう。ただし日本は世界のどんなところよりも特徴的で、とても独特だね。日本に来るのが毎回すごく楽しみだよ。文化はもちろん、食べ物や人が特別なんだ。


©Kiyoshi Sakasaki


Q.9 コートニーさんの音楽に、特にインスピレーションとなっている「英国的な」もの(例えばクラブやサブカルチャー)があれば、教えてください。


CPさっきも言ったように、ロンドンはとても創造的な街であり、この創造性は刺激となっている。常に新しい音楽作品に触れられることで、自らの音楽をより一層高めることができている。期待の新人アーティストもたくさん出てきてる。中でもザラ・マクファーレン(Zara McFarlane、注:VBでは2013年初頭、ザラ氏にもインタビューしています)は最近、MOBOアワードを受賞してるよね。



©Kiyoshi Sakasaki


Q.10 2015年の計画は?


CP:  そうだな、まずはちょうど、新アルバムのアートワークを最終調整している段階なんだけど、私にとっては初めてとなるデュエット・アルバムになっているんだ。正直に言って、今までしてきたことの中で一番難しかった。すごい強烈なプロセスだよ。いつものバンドメンバーとは、ひとりずつ演奏するから、ソロの延長と言うことができるが、2人だけで演奏するとなると、全く違うプロセスになるよね。このアルバムを引っさげて、まずはサウサンプトンから、英国ツアーを予定してる。だから結構緊張してるよ。(VBではコットンクラブで行われたコートニー氏のライブを鑑賞、高いエネルギーを感じ取りました。そして会場を埋め尽くした人々は、バンドメンバー全員とまさに一体となっており、それだけにコートニー氏の言う2人だけのステージによる空気感の相違について、想像できました。)

コートニー氏の最新アルバム「House of Legends」は、アマゾンから入手可能です。



1度で2度おいしい!
【キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】

旅の様子はこちらから!

【ロイヤル・ブリテン】ケンブリッジ公ウィリアム王子が住むケンジントン宮殿

キャセイの羽田x香港ラウンジ 麺対決!

やっぱりすごい!ブリ子も「放心」キャセイのビジネスクラス 


いよいよ出発!日系以外で初!キャセイ航空羽田ラウンジ

これを食べずに飛び立ってはいけません

ブロガー魂を見た!マンチェスター&ロンドンの旅 

#cx2britain 

AD
いいね!した人

テーマ:

いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!




皆さま、こにちは。
牧歌ブリ吉でございます。


今年の英国政府はGreat Innovation Campaignを進めていますが、今回のウィリアム王子の来日は、英国の産業界にとってキャンペーンを行う絶好の機会になっています。

実は、ブリ吉は王子と握手して、会話もしましたよ。えへへ、すんません。
今年は王室と皇室に関わる年のようです。

 


画像は2月27日のみのディスプレイでしたが、六本木ヒルズの巨大スクリーンにグレート・イノベーション・キャンペーンの映像が流されていました。


発明はインベンションだろが。と思いつつ、革新(イノベーション)という言葉はインベンションを包含すると言えます。ひとつの発明が社会を革新したとか、技術を革新させたと言えるわけですからね。




英国発イノベーションの映像は1765年の蒸気機関の発明から始まり、1798年のジェンナーのワクチン、1826年の世界最古のつり橋、1865年の地下鉄(日本はまだ江戸時代)、1876年の電話、1907年のサーキット、1919年の世界初の国際的航空便、1950年のF1レースの開始、1976年超音速旅客機コンコルドの登場、そして現代に至っては2005年の水素バイク、2012年の持続可能な(五輪)競技場など、約30アイテムの英国初の過去のイノべーションが紹介されていました。


 








しかし、これらはすべて過去のものです。

未来に向かっては、

 
自由自在に動く義手などロボット関係が大半でした。

Innovation is Greatのキャンペーンもこれからウェブも整って行けば、将来の英国製品について、どんどん紹介されると思います。
セミナーのプログラムもこんな感じでした。

プログラム
14:00 アストンマーティンCEO アンディー・パーマー氏 
     開会の辞

14:10 オックスフォード大学総長 アンドリュー・ハミルトン教授 
     「イノベーションのエンジンとしての大学」

14:25 MOM Incubators Ltd クリエイター・創立者、The 2014 James Dyson Award国際最優秀賞受賞者ジェームズ・ロバート氏 
     「ソーシャルイノベーションと起業家精神」

14:40 RU Robots Ltd CEO ジェフ・ペグマン氏 
     「イノベーションと新興テクノロジー—政府、ビジネス、アカデミア」

15:00 The Open Data Institute 会長・共同創立者、サウザンプトン大学人工知能学教授 ナイジェル・シャドボルト教授 
     「データが社会を変える - データ駆動型イノベーション革命」

15:20 Innovation is GREAT campaignスタートセレモニー 
     JAXA宇宙飛行士グループ長 野口聡一氏

15:35 Surrey Satellite Technology Ltd (SSTL) 常勤会長、Surrey Space Centre (SSC) 所長マーティン・スウィーティング卿
     「新しい宇宙の経済学 ? インターナショナルコラボレーションとイノベーション」

15:50 駐日英国大使 ティム・ヒッチンズ 
     閉会の辞

でもですね。

ブリ吉は今回紹介された過去のイノベーションに添えたかったものが3つ(3名)ほどあります。

ひとつは、ロンドンの下水道を整備したジョーゼフ・バザルゲット卿です。
もうひとつは、統計学の母フローレンス・ナイチンゲール様。
さらに、偉大な100人の英国人の中でも、第二位に選ばれる人物イザムバード・キングダム・ブルネル

どの人物も19世紀に大活躍した人物です。
この偉大な御三方のお住まい跡には、以下のようなブループラークが印として残されています。
 







それぞれの人物と、イノベーションとの関係と、そして観光資源としてのブループラークについて、出来れば次回以降に語ろうと思います。

ブリ吉はブループラークや銅像を求めてロンドン市内を彷徨うだけで、楽しくなっちゃうのでありますが、皆さまは如何でしょう?

以上、ブリ吉でした。


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!



#‎英王子訪日‬

1度で2度おいしい!
【キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】
旅のお土産プレゼントキャンペーン締め切り間近!

旅の様子はこちらから!

【ロイヤル・ブリテン】ケンブリッジ公ウィリアム王子が住むケンジントン宮殿

キャセイの羽田x香港ラウンジ 麺対決!

やっぱりすごい!ブリ子も「放心」キャセイのビジネスクラス 


いよいよ出発!日系以外で初!キャセイ航空羽田ラウンジ

これを食べずに飛び立ってはいけません

ブロガー魂を見た!マンチェスター&ロンドンの旅 

#cx2britain 


英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 



AD
いいね!した人

テーマ:




Great British Days


代官山 蔦屋書店では、現在『Great British Days』フェアを開催中!
この機会に伝統とエッジの効いた英国の魅力に触れてみて!

詳細はこちらから
http://bit.ly/1APYpPt  ‪

鉄道に乗ってロンドンから出る小旅行にお薦めの書籍をセレクトし販売するそうですよ!次の英国旅行用にぜひ!

開催概要
会期:2015年2月20日(金) - 3月16日(月)
会場:代官山 蔦屋書店
開館時間:7:00~深夜2:00(営業時間)
主催:代官山 蔦屋書店
協力:英国大使館

#‎英王子訪日‬

いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!


1度で2度おいしい!
【キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】
旅のお土産プレゼントキャンペーン締め切り間近!

旅の様子はこちらから!

キャセイの羽田x香港ラウンジ 麺対決!

やっぱりすごい!ブリ子も「放心」キャセイのビジネスクラス 


いよいよ出発!日系以外で初!キャセイ航空羽田ラウンジ

これを食べずに飛び立ってはいけません

ブロガー魂を見た!マンチェスター&ロンドンの旅 

#cx2britain 


英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 

いいね!した人

テーマ:

みなさんこんにちは、ブリ子です。

いよいよケンブリッジ公が初訪日されますね!
今日は、こちらのとっても素敵なプレゼントが当たる企画をご紹介させていただきます。

ケンブリッジ公初訪日記念!
【英国キャンペーン第1弾】
クイズに答えて素敵なプリンセスを目指そう!
抽選で『英国王室御用達グッズ』プレゼント!

旅行会社エイチ・アイ・エスでは、2015年2月26日から3月1日の4日間の日程で、ケンブリッジ公ウィリアム王子が初訪日することを受け、英国政府観光庁公認企画として英国キャンペーン第1弾「クイズに答えて素敵なプリンセスを目指そう!」を実施。





英国王室御用達の歴史や、2011年4月に執り行われたケンブリッジ公ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式典の会場になったウェストミンスター寺院からバッキンガム宮殿までのパレードルートを辿りながら、ロンドンの見どころを10問のクイズ形式でご紹介します。


全問正解時には美しいウェディングドレス姿の結果画面が表示されます。ぜひ素敵なプリンセスを目指してご参加くださいね。
クイズ回答後にご応募頂いた方の中から抽選で、香水、チョコレートなど英国王室御用達商品をプレゼントいたします。

H.I.S.はイギリス新パンフレット「Love LONDON」を制作し、3月5日より販売を開始いたします。パンフレットには、お洒落な雑貨店やレストランなど女性に好まれる情報を紹介すると共に、ロンドンはもちろん、湖水地方やエディンバラを周遊する新商品を掲載いたします。あわせて3月下旬には英国キャンペーン第2弾を実施予定。

クイズに答えて素敵なプリンセスを目指そう!

■期間:2015年2月26日(木)~2015年3月12日(木)

■参加方法:Facebookアカウント、またはTwitterアカウント(※1)によりクイズにご参加頂けます。何度でも挑戦可能です。クイズ参加後の結果画面にプレゼント応募ボタンがありますので、そちらからご応募ください。(※2)

■賞品:英国王室御用達商品を計50名様にプレゼント
・Berry Bros. & Ruddのオリジナル・シャンパーニュ
「ベリーズ・ユナイテッド・キングダム・キュヴェ」×6本(※3)
・プレスタのジュエルボックス×5箱
・ペンハリガンのエンプレッサ オードトワレ100ml×2点
・パートリッジのエコバッグ×37枚

■当選者発表:キャンペーン終了後に抽選を行い3月下旬にご当選者に応募フォームにご登録頂いたメールアドレス宛にメールでご連絡します。賞品配送の為の情報をご登録頂きます。

■キャンペーンURL:http://www.like-world.com/quiz/1642

(※1)Twitterアカウントでのご参加時は、H.I.S.公式Twitterアカウント「HIS_japan」のフォローが必須になります。
(※2)プレゼントの応募には、H.I.S.と英国政府観光庁のメルマガ登録が必須になります。
(※3)シャンパーニュのご応募は20歳以上の方限定となります。

このキャンペーンを通じて、これから人気の春シーズンを迎えるイギリス旅行にお出かけ頂ければと思います!!

クイズに参加してみなさんも、ぜひクイズに参加して英国王室御用達賞品をゲットしてくださいね☆

クイズはこちらから参加してね!

ブリ子

いつもありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!



1度で2度おいしい!
【キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】
ただ今旅のお土産プレゼントキャンペーン実施中!

旅の様子はこちらから!

キャセイの羽田x香港ラウンジ 麺対決!

やっぱりすごい!ブリ子も「放心」キャセイのビジネスクラス 


いよいよ出発!日系以外で初!キャセイ航空羽田ラウンジ

これを食べずに飛び立ってはいけません

ブロガー魂を見た!マンチェスター&ロンドンの旅 

#cx2britain 


英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 

いいね!した人

[PR]気になるキーワード