Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!


NEW !
テーマ:

みなさんこんにちは、ブリ子です。

最近TVでの露出も多い、英国です。
ダウントンやシャーロックなど世界的な人気を誇るドラマに加え、アナザースカイや、旅サラダほかここ数ヶ月、英国をTVで見ない週末はないくらいです。

そして、今週の日曜日からはいよいよ英国でロングランヒットのミステリーの名作がBSプレミアムに登場します。

主人公フォイルの
いぶし銀の魅力が光る
刑事フォイル」が8月30日(日)スタート!

舞台は、第二次世界大戦さなかのイングランド南東部ヘイスティングズです。

‘いぶし銀の魅力‘いいですねぇ~。
このNHK BSのキャッチコピーがつき刺さりましたよ。

日曜日の夜9時スタートというのも、いいですね。
楽しい週末はあっという間に終わるもの。
月曜出勤が頭を過ぎり、ブルーになるところが、このドラマを観ている間だけは忘れられるかもしれません。(失言?笑)

今週末は刑事フォイルを見て、月曜日にオフィスで「いぶし銀の魅力」をふりまいてみよう。

みなさま、どうぞお見逃しなく!

ブリ子

毎週日曜日夜9時放送(全28回)


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!



ブリティッシュ・エアウェイズで行く
 「ロンドン&湖水&エディンバラ3都市周遊7日間」
PCはこちらから
モバイルはこちらから



NEW!! イギリス在住者がつくったイギリス特集
PCはこちらから
モバイルはこちらから


英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 

AD
いいね!した人

テーマ:


みなさんこんにちは、ブリ子です。

今日は、雨も降ったりしましたが、涼しくて過ごしやすかったですね~。
冷房を入れずに、快適に過ごせました。
このまま秋に突入でしょうかね。

今日は、ブリティッシュ・エアウェイズが先日発表した、新しい建造物から歴史的な建造物まで21個の「21世紀のイギリスを象徴するトップランドマーク」ランキングです。

ランキングは同社の機内誌High lifeの読者を対象に、英国のインデペンデント誌とともに実施。英国全土から2000件以上の応募があった中から、建造物や森林公園など150のランドマークがノミネートされました。その中から専門家7名が21のランドマークに絞り込み、そのなかからトップ3を選定しました

1位に選ばれのは「エデン・プロジェクト」(コーンウォール)
この近未来的庭園の巨大な「バイオーム」は、世界最大級の温室です。



2位 エンジェル・オブ・ザ・ノース/ゲーツヘッド、タインアンドウィア州

アントニー・ゴームリーによる、堂々とそびえ立つ彫刻は、ニューカッスルと北東イングランドのシンボルです。



3位 コヴェントリー大聖堂/コヴェントリー
14世紀に建てられました大聖堂は空襲に合い、外壁の一部を残し燃えてしまいました。 


▽4位以下の「21世紀のイギリスを象徴するトップランドマーク」

ミレニアム・ブリッジ
ロンドン・アイ
セント・ポール大聖堂
テート・モダンホワイトチャペル・ギャラリー
ドゥ・ラ・ウォー・パビリオン
ターナーコンテンポラリー
リンカン大聖堂
セルフリッジズ
チャッツワース
ラベル電波望遠鏡
グライズデール森林公園
シンギング・リンギング・ツリー
アルバート・ドック
ブラックプールタワー
ウェールズ・ミレニアム・センター
エディンバラ城
ビジターセンター


今なら、BAで飛ぶ11月以降の出発の
ロンドン往復料金が50,000円~
(燃油サーチャージ別途要) 

ご予約は
http://bit.ly/1nQhGZN


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!



ブリティッシュ・エアウェイズで行く
 「ロンドン&湖水&エディンバラ3都市周遊7日間」
PCはこちらから
モバイルはこちらから



NEW!! イギリス在住者がつくったイギリス特集
PCはこちらから
モバイルはこちらから


英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 

英国政府観光庁オンラインショップ 

フォローしてね!Twitter 


AD
いいね!した人

テーマ:


皆様、こぬちは。
牧歌ブリ吉でございます。

実は、ブリ吉は某国で家探し(ハウス・ハンティング)の最中であります。

 

【ハウス・ハンティング中の物件のひとつ。どこの街だか判っちゃう?】

日本国内と海外での引越しはこれで何度目だらうか、と指折り数えてみると、やや!なんと16回目であります。長期滞在型アパートなんてものを含めると、もう数えきれなくなっちゃうのであります。それだけに、ひと所に落ち着きたいお年頃なのであります。

 

【3週間前まで棲んでいた元我が家。1929年以前の建築中の様子】

その引越しのうちの4回はエゲレス国内なのでありますが、最近ようやくローンの支払いが終わりました。長かった~。

 

【家がヴィクトリア建築なんですぜい。あちこち修繕するのはほとんど自分。業者に頼むと下手だし、高価だし。英国で家を持つのは大変なんですぜい】

これで悠々自適と思いきや、そうでもありません。

英国を拠点にしているものの、海外勤務ですから、まだ何度か引越しがあるのです。
おまけに、ロンドンの家に戻っても、またそこに住みたいかどうか、というのも疑問です。

 

【元々は19世紀の終わりにロンドンで働く低賃金労働者のために建てられたトイレ共同の長屋住宅。この種のこじんまりとした長屋にも、アラブマネーや中国マネーやロシアマネーが影響して超高級価格です。アラブマネーと同時期に日本のバブルマネーも英国の不動産価格に影響しました】

日本では「終の住処」という言葉のとおり、家は一生ものの買い物ですが、英国ではそうでもないのですね。親からの独立、同棲、結婚、家族、夫婦二人という具合に家族形態が変わると、家を買い換えていくのです。

もちろん、子どもを育てた家に思い出が強く残っていて手放せないでいるご夫婦もいらっしゃいます。そんな方々は、かつての大家族を懐かしんで、家をB&B(ベッド&ブレックファスト)に改造してしまわれる話もよく聞きます。

 
【申し訳ありませんが、コッツウォルドストーンの住宅の画像の持ち合わせがありません。ケント州の伝統的な造り家で我慢して下さい。】

一方、コッツウォルドなどの風光明媚な地方に行くと、若い頃からずっと古いお宅に住まわれている方々も少なくありません。

そんな方々が積み上げて来た伝統的な技術と材料に目付けられたお二方の日本人の企業を紹介しましょう。



ある意味、同業他社でもある両社ですが、それぞれの社長さんはとても魅力的なキャラクターで、最近ようやく話を交わすようになったブリ吉としては、もっと早く知り合っておきたかったほどです。

 

【West Hampstead近辺の工事現場。英国の業者高級住宅造っていても、現場は雑然としています。日本だったら、安全衛生管理法違反ですね。やっぱ、英国は大らかなんでしょうか?】

お二人の人間性はもちろん、その仕事ぶりもウェブでご覧ください。

そして、両社長の心を射止めたコッツウォルズ・ストーンの魅力は英国の空気と空と住んでいる人たちのバランスから感じ取って頂きたいと思います。

ブリ吉もローンの終えた家を売って、コッツウォルズに新居を購入して住んでもいいかな、などと憎まれ口を叩いてもいいでしょうか? たぶん、高過ぎて買えませんが…。値苦笑!

家~ぃ!以上、ブリ吉でした。


いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!

AD
いいね!した人

テーマ:

みなさんこんにちは、ブリ子です。

今日はお盆明けの月曜日だというのに、朝から雨で「がくーん!」でしたね。
暑くて雨だと長靴という気にもなれず、何を履こうか悩みますよね。
大事な靴は、雨の日はなるべく履きたくないし。。。。

みなさんは、靴のメンテナンスは、されていますか?
よく言いますよね、靴を見るとその人となりが分かる?
人格や性格がその人の履いている靴で分かってしまうらしいですよ!

あ!
まずい!

と思う方、ブリ子だけではないハズ。

このワークショップに参加して、お気に入りの靴を長持ち、プラス「人格も性格も素晴らしい!」と思われるような人になりましょう。


ワークショップ第4弾!
靴磨きワークショップ中級編! 

BRITISH MADE 青山本店にて、8月28日(金)第2回目となる靴磨きワークショップを開催します。 

当日は靴磨き店「Brift H」より有薗 真也さんを講師としてお招きし、初級編に続き中級編として、靴磨きの基礎をふまえながら、 新発売となるBRITISH MADE初のオリジナルシューポリッシュ(Made in Engalnd)を使用し、“つや出し”にチャンレンジしていただきます。

開催会場: BRITISH MADE 青山本店 1F 

詳しい時間や、参加申し込みはこちらから



過去の靴磨きワークショップの模様はこちらのブログをご参考ください。

テラリウムづくりワークショップの模様はこちらから


では、一週間みなさんなんとか乗り切りましょう!


ブリ子

いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!
いいね!した人

テーマ:

英国政府観光庁オンラインショップに新しいツアーが追加されました!

New!!『ロイヤルアルバートホールツアー』

ガイドツアーにてこの世界的有名なコンサートホールの歴史を体験してください!


5200人客席可能な華麗なオーディトリアム

ギャラリー 素晴らしいステージの眺めとホール全体が眺められる

ロイヤルリタイヤリングルーム ビクトリア朝の家具と王英王室の様々な写真が飾られる部屋

女王のプライベートボックス席 ロイヤルファミリーがいつも眺める景色を体験できます!

屋内円形劇場の音調は素晴らしい事で有名

屋根の部分のドームはマンチェスターから馬車で運ばれた!

夜眺めると劇場の概観がライトアップされとてもきれいです



英国政府観光庁オンラインショップ
http://bit.ly/1DQ0Zd1

スペシャルオファーはこちらから
http://bit.ly/1PePdcV

いつも読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。ポチっと一押しよろしくお願いします!

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇