Britain Park  - 英国政府観光庁 -

英国政府観光庁の"ブリ子"がお届けする、
イギリスの今が沢山つまったイギリス情報。
さあ、一緒にイギリスの旅へ出かけましょう!

NEW !
テーマ:
みなさんこんにちは、ブリ子です。

あ~待ちに待った週末ですぅ~♪
さて、今日は久しブリに
<< リツィート&フォローキャンペーン >> 
のお知らせです。

英国政府観光庁公式ツイッター @visitbritain_jp をリツィート、またはフォローしていただいた方の中から3名様にオリジナル英文を楽しみながら可愛くスケジュール管理ができる
『ピーターラビットの2015年版ダイアリー』を3名様にプレゼント!

10月27日(月)締め切り


ジャパンタイムズは、世界でもっとも有名なうさぎのキャラクター「ピーター・ラビット」の物語の一節を英語で収めたダイアリーを発売しました。

100年以上にわたり全世界で愛されつづけている、ピーターラビットをはじめ、いとこのベンジャミン・バニー、こねこのトム、そしてあひるのジマイマといった、ピーターと仲間たちのバラエティに富んだ物語を月ごとに収録。

週間ダイアリーでは、人気キャラクターのかわいい挿絵とともに、物語のオリジナル英文の一節を和訳付きで紹介。原作を英語で味わいながら、日々の出来事を楽しく記録できます。

各キャラクターの紹介は
物語ごとにわかりやすく挿絵入りなので、とってもわかりやすいですよ。また、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの紹介もあり、ピーターラビットの世界を思う存分堪能できるダイアリーです。


また素晴らしいことに、絵本の舞台となったイギリス・湖水地方の紹介を写真入りで紹介。
物語で世界的に有名になった「ニア・ソーリー」村の紹介も充実しているので、ダイアリーを持って、ピーターラビットの舞台を訪れたくなってしまいます。


毎日たっぷり書き込める「月間+1週間」(2014年12月~2015年12月)タイプのフォーマットで実用的!

★付属の人気キャラクターシールを使って、自分だけのオリジナルダイアリーも作れます♪


プレゼントにも最適です。ぜひ本屋さんに立ち寄って手に取ってみてください。
挿絵のカラーがとってもやさしくて、ほっこりした気持ちになれますよ。

プレゼントキャンペーンは、10月27日(月)締め切りです。

みなさんのご応募もお待ちしております! ブリ子

■商品概要■
商品名:『PETER RABBITTM ENGLISH DIARY』
発売日:2014年10月上旬より全国の書店にて順次発売
定価:1512円(税込)
体裁:B6・並製・192ページ・本文カラー/ビニールカバー・シールつき
ISBN: 978-4-7890-1581-3

◆木谷朋子 [きたに・ともこ] プロフィール(訳・解説)◆東京都出身の旅行作家&編集者。明治大学経営学部卒業。『留学ジャーナル』の編集者を経て、1989年より2年間英国へ留学。シェフィールド大学とシティ・オブ・ロンドン・ポリテクニック(現ロンドン・ギルドホール大学)で学び、ビジネスのディプロマを取得。帰国後は、ヨーロッパやアジア、オーストラリアなど、世界各地を取材しながら、海外の旅文化、留学、語学をテーマに、幅広い分野で執筆活動を続ける。主な著書に『英語で楽しむピーターラビットTMの世界』、『LIVE fromオーストラリア』(以上、ジャパンタイムズ)、『英国で一番美しい風景 湖水地方』(小学館)、イギリス留学』(共著・三修社)、『ロンドンと田舎町を訪ねるイギリス』(共著・トラベル・ジャーナル)などがある。「英国ビアトリクス・ポター協会」会員。

【「The Japan Times」について】「The Japan Times」は国内で最大の販売部数を誇る英字新聞であり、多様で独自性のある日本関連の英文ニュースを提供しています。1897 年の創刊以来、政治、経済、文化、社会およびスポーツ報道を通じ、日本を世界に発信する役割を果たしてきました。2013 年 10 月からは「The Japan Times / International New York Times」の名称で、世界のクオリティーペーパーとして名高いニューヨーク・タイムズ紙国際版とセットで発行しています。

つも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


英国政府観光庁とキャセイパシフィック航空は共同で、2015年1月下旬に実施する1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅と題したマンチェスターとその周辺都市、ロンドンを巡る5泊6日のツアーへのブロガー参加者を2名募集中!

ブロガー参加者の募集期間:2014年10月15日~11月11日まで

くわしい詳細、お申し込みはこちら特設ウェブサイトをご覧ください。
http://www.cathaypacific.co.jp/manchester



AD
いいね!した人

テーマ:


みなさんこんにちは、ブリ子です。

いよいよ来週10/27~月曜日から、『英国ショッピングウィーク』が開催スタート!

このイベントは、駐日英国大使館が“手の届く洗練”をコンセプトに日本で初めて展開するイベントで、ファッション・アクセサリー、コスメティックス、インテリア、キッチン雑貨からフード&ドリンク(レストラン、カフェ、パブ)まで、80以上の英国ブランドが参加し、丸の内、銀座、青山、表参道など都内シッピングエリアを中心に展開されます。

参加ブランドリストをチェックをチェックしてみよう!




英国ショッピングウィーク公式フェイスブック公式ツィッターで、随時見逃せないイベントやフォロワー限定情報を配信したり、参加ブランド・店舗を順次フィーチャーしているので、要チェック!

SNSファン限定キャンペーン第二弾では、ロンドン・ショッピング・エリアの人気投票を実施し、ワンランク上の英国ショッピング旅行をはじめ、2階建てロンドンバス乗車券、ボディケアアイテム、キッチンウェアなど、合計169名様に英国ショッピングウィークならではの素敵な商品をプレゼントします!!



この他にもいろいろあります!!


プレゼントの応募受付は、今夜23時59分までとなっています。
ワンランク上の英国ショッピング旅行が当たるチャンスをどうぞお見逃しなく!

プレゼントの応募は公式フェイスブック から



Shopping is GREATロンドンバスがMINIと一緒に都内をパレード

10月27日(月)から11月3日(月)まで、丸の内・有楽町・銀座エリア、渋谷・原宿・青山エリアなどの主要ショッピングエリアを、Shopping is GREAT BritainロンドンバスがTHE NEW MINI 3 DOORと一緒に走ります。見かけたあなたはラッキー。Twitterで#SiGB2014をつけてつぶやいて、みんなにラッキーのおすそわけを。

各エリアの走行ルートはこちらから

また期間中、英国ショッピングウィーク公式Twitter(@eikokushopping)では、リアルタイムでMINIとロンドンバスのベスト撮影ポイント到着をツイートします。(約20分程度停車)





情報発信拠点@丸の内・マルキューブ

英国ショッピングウィークの情報発信拠点となる丸の内ビル1階マルキューブでは10月27日(月)から31日(金)の午前11時から午後8時までポップアップストアを開店し、楽しい英国お土産グッズを販売します。
また、10月28日(火)から10月30日(金)までは、連日午後6時30分から午後7時30分まで「注目の英国ドラマ最前線」「ロンドンコレクションはエキサイティング!」「スピリチュアルな英国」「英国に学ぶダンディズム」をテーマにトークショーを開催します。

トークショーなどのスケジュールはこちらから


オンラインキャンペーンで英国ショッピングウィークを極める

英国ショッピングウィーク公式フェイスブックでは、10月27日から11月11日23時59分まで2,000円以上お買い上げの方約100名様に豪華英国ブランド商品が当たるキャンペーンを実施します。(応募には参加店舗で配布するパスワードが必要です。)

参加ブランドからの提供賞品 はこちらから

また、「ワンランク上の英国ショッピング旅行(ブリティッシュ・エアウェイズの東京/ロンドン間往復World Traveller Plusプレミアムエコノミーフライト+豪華ホテル4泊 セントパンクラスルネッサンスホテルロンドン)が1組2名様に当たるチャンス!」キャンペーンも同時に開催します。(こちらの賞品は2,000円以上の購入の必要はありません。18才以上であれば誰でも応募できます。)



特製ガイドマップ

英国生まれのシティガイド、タイムアウト東京とのコラボ企画による特製ガイドマップ「英国ショッピングウィークでしかできない50のこと」をぜひ入手ください。各店舗やタイムアウト東京ガイドマップ配布場所にて配布しています。

オンラインでの閲覧はこちらから


来週は東京の街が英国色に染まりそうですね!
ルートマスター(旧式ダブルデッカー)は今ではロンドンでもなかなか乗車できるチャンスはありませんから、これは希少な機会です!2階建てバスから眺める東京の街、見てみたいですね。

ブリ子


いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 

AD
いいね!した人

テーマ:
皆さま、こにちわ。
牧歌ブリ吉でございます。

最先端のライフスタイルを展開するオッサンとか、稀代の主夫と言われるお調子者のブリ吉ですが、粉もん料理は滅多に作らないのです。

粉もんとはたこ焼きとか、お好みとか、ピザとか、ナンとか、ケーキとか、はたまたパン作りとか、小麦粉を使う料理のことです。広義には麺類も粉モンですが、気づいてみれば、意外と粉モンを作ってないので、必然的にその種のご紹介を疎かになっていたような気がします。

 

【ブリ吉の妻は故国のレシピで、ブラムリー(林檎)を使ったケーキとアップル・クランブルを作りました】

英国の粉モンと言えば、すぐに連想されるのはパウンドケーキでしょうか?・・・いいえ、英国人はパウンドケーキを知りません。

【英国人が大好きなチョコレートを使ったケーキ】

意外なことですが、小麦粉、バター、砂糖、そして卵を1pound(約454g)ずつ入れて混ぜ合わせると出来上がる筈のPound Cakeを英国人はスポンジケーキと言うのでありますね。

【スポンジケーキの代表格 ビクトリアスポンジケーキ】

スポンジケーキと言えば、日本のデパ地下で必ず見かける「3時のおやつは…」などで高名な長崎系の店先に煉瓦のように陳列されるカステラ、あるいは巷の苺ショートケーキのような食感を連想されると思いますが、同じスポンジでも英国のものと日本のそれとでは、やはり食感が異なるのですね。



【日本でも大人気のスコーン】


在英中によく経験することですが、日本からの出張者がお土産としてカステラを持って来てくれます。カステラの封を開けると、ほわ~んんと甘いハチミツの香りが漂います。英国人と日本人の女性社員たちは、興味津々でカステラを口に運びます。日本人職員は「もっちもち~。久々の日本の味~ぃ!」と喜んでいますが、初めてカステラを口にした英国人女性職員は「なんか細かすぎるわね。歯にくっつくわ」と最初は微妙な反応をしています。

もちろん、英国人たちも慣れてくると、繊細な味と香ばしくて美しい日本のカステラが大好きになります。

しかし、この反応の違いはどうして起きるのでしょうか?

日本の粉がFine(細かい)であるのに対して、英国の粉はCourse(粗い)ので、焼いた後の食感が異なるということなのですね。

 

【ホットクロスバンはイースター前の金曜日に頂く聖食ざます】

スポンジケーキやパウンドケーキだけでなく、ホットクロスバンとか、イングリッシュ・マフィンとか、クランペットとか、パンケーキとか、スコーンとか…英国の粉モンはいろいろあるわけで、それらは英国内だけでなく、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの英連邦内にも普及していったわけです。

 

【出来立てのイングリッシュ・マフィンは香ばしいので、バターを付けただけで充分楽しめます】

で、本日皆さんに一番お伝えしたいことが、このウェブです。


10月25日の午前11時から、ハロウィン・オープン・ベーカリー・デイと銘打って、数々の英国の粉モンを紹介し、販売するそうです。

こちらのお店での粉の種類は判りませんが、こちらのお店で試してみることで、英国の焼き菓子やパンの魅力に興味を持って頂けると思います。

意外にバリエーションが多い英国のホームメイドベーカリーの数々。この店で知って、さらに英国に興味を持って下さると幸いです。ブリ吉にとって英国に行く楽しみはパン食のバリエーションです。

ああ、全粒粉大好き…。

ブリ吉でした。

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


英国政府観光庁とキャセイパシフィック航空は共同で、2015年1月下旬に実施する1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅と題したマンチェスターとその周辺都市、ロンドンを巡る5泊6日のツアーへのブロガー参加者を2名募集中!

ブロガー参加者の募集期間:2014年10月15日~11月11日まで

くわしい詳細、お申し込みはこちら特設ウェブサイトをご覧ください。
http://www.cathaypacific.co.jp/manchester

AD
いいね!した人

テーマ:
みなさんこんにちは、ブリ子です。

今年日本就航25周年を迎えた『世界を挑発する』エアライン、ヴァージン アトランティック。
英国へ飛ぶ際にいつも利用させていただく、ブリ子御用達エアラインです。
あ、でもブリ子は御用達といっても「エコノミー専用」ですけどね。(笑)ほほほ



成田空港第1ターミナル北ウィング F にチェックインカウンターがあります

そのブリ子が先日生まれてはじめて、ヴァージン アトランティックのアッパークラスを経験するという幸運に恵まれました!!


キャー!WOW!!


さすが日本のきめ細やかなサービス!カウンター付近では、スタッフの方が瞬時に対応してくれます

ブリ子、朝は弱いの。。。だから緊張して寝過ごすのではないかと、前夜は眠れません。空港行きのバスの中で爆睡するというパターン。この日は早く到着しすぎてカフェで珈琲なんか飲んじゃって、いつもになく余裕のよっちゃん。



みなさん、ご存知でしたか?ヴァージン アトランティック アッパークラスは、ご自宅↔成田空港間往復、それから英国内主要空港↔滞在先往復を運転付きの車での送迎がつくんですよ。ヴァージン アトランティックは、この往復運転手付き送迎サービスを提供している唯一の航空会社だそうです。すごいですね。この至れり尽くせりのサービスを利用すれば、空港までの交通も心配無用、ストレスフリーですね


チェックインを済ませて、は・じ・め・てのアッパークラス専用ラウンジ「クラブハウス」へ向かいます。ここですね。ドキドキ





ウィーンと自動ドアが開くと、スタッフの方に笑顔でお出迎えしていただきました。機内持ち込みのトランクなどは預かっていただき、身軽な体勢でラウンジで寛ぐことができます。



日本の雑誌や新聞も常備されていて、機内へ持ち込みも可能です!

ブリ子、余裕のよっちゃんと思ったらいや~みなさんさすが、お早い!やはり快適なラウンジが利用できるとなると空港に到着する時間も早くなりますよね。あぁ、そうか!このお客さまたちは、送迎サービスを利用して空港まで到着しているのかぁあああ!いいなぁああああ!!なんだか挑発されるぞぉっ!



竹林のイメージの仕切りから爽やかな自然光がふりそそぐラウンジでは、軽いお食事やドリンクを楽しめます。


おもしろいのが、ラウンジに入ると竹林に見えるパーテーションが、反対側からはアニメーションになっているんです。ブリ子は、こういうヴァージンらしさ(英国らしさ)がとっても素敵だなぁと思いました。





やはり、窓際のテーブルは一番人気。い~い眺めですよね。空港でないと見れない風景ですからね。みなさん思い思いに、離陸までの時間をこのラウンジでゆったりと寛いでいらっしゃいました。あ~優雅ですね。


ビジネスラウンジもばっちり完備。



スナック、コンチネンタル朝食のクロワッサンや生ハム、ヨーグルト、フルーツそれからソフトドリンクなど充実の品揃え。




自分の好きなものをセルフサービスでいただけます。





ワインやシャンパンもございました!朝からシャンパンいいですね♪(ブリ子はあまり飲めませ~ん)



もちろん、日本酒もキリっと冷えてます。




セルフサービスも充実していますが、メニューからのオーダーも可能です。メニューは、英国式朝食や、軽めの朝食などチョイスもいろいろ。このときは、スタッフの方がこちらのボードをおすすめということで持ってきてくださりました。クロワッサンやベーグルに、スコットランド名産のスモークサーモンが挟んでありました。オリーブも美味~。




ブリ子が気に入ったこのドリンク、席につくと同時にサーブされたのですが、すっきり爽やかな口当たりで元気がでそうなカクテル。




冷たくって、あぁ美味しい~。ゴクゴク。



エッグベネディクトは人気。オーダーされてから調理してくれるので、とってもフレッシュ。



最後はキツネうどんで〆てと。やっぱ日本人には、和食が一番体が喜ぶのう。
(いえいえ、全部ブリ子が食べたのではございません)





お腹が落ち着いたところで、珈琲でリフレッシュ。この珈琲がまた淹れたてで美味でございました。



このままゴロンっところがって、トーマスと遊んでいたいな、というところでアナウンスが入りました。



出発直前ギリギリまでラウンジで寛いでいられるのがいいですよね~。いつも時間があると免税店でなんやかんや買いこんで、さらに荷物が増えるというお決まりのコースが、今回はじぇんじぇ~ん違いました。





大好きなロンドンまで、これから約12時間の空の旅。わくわく。



いつもは、右へ進むのですが、きょうだけは左へ。うきうき、どきどき。何十回と降りるときに横目でチラ見しながら通り過ぎたヴァージン アトランティック アッパークラスにいよいよ搭乗します!さ~アッパークラスの乗り心地は?寝心地は?食事は??
この続きは次回!お楽しみに~♪

9月初旬に突然入ったニュースは、みなさんも既にご存知かと思われます。ヴァージン アトランティック航空は、2015年1月31日ロンドン発、翌2月1日の東京/成田発をもって、東京/成田~ロンドン/ヒースロー線から撤退することになりました。数々のユニークなサービスや、エンターテイメントで快適で楽しい空の旅を提供してくれるヴァージン アトランティック航空に搭乗できる機会も、残り4ヶ月弱の期限付きになってしまいました。

まだロンドン行き
ヴァージン アトランティックに乗ったことのない方、長年親しんだファンの方も、次回ロンドン行きのご予約はお早めに!

ヴァージン アトランティック航空

ブリ子

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 

いいね!した人

テーマ:


みなさんこんにちは、ブリ子です。

あっと言う間に秋も深まり、10月も終わりに近づいてきましたね。

そして、11月上旬になるとイギリスではクリスマスイルミネーションの点灯がはじまり、
ストリートは数々のイルミネーションによって光り輝き、街はクリスマスムードで大いに盛り上がります。



コベントガーデンの巨大トナカイ


クリスマスといえば、クリスマスマーケット!
ホットワインを飲みながら、イギリスならではのクリスマスグッズや、フードを楽しむのはいかがでしょう?今日は、そんなイギリスのクリスマスシーズンを楽しむおすすめツアーのご紹介です♪


トラファルガー広場のクリスマスツリーは毎年ノルウェーより贈られるものが飾られる


クリスマスシーズン限定!
 英国2大クリスマスマーケットへ 

12月4日~14日限定催行 [みゅう]

英国2大クリスマスマーケット巡り バースとウィンチェスター

イギリスのクリスマス・マーケットでも特に人気の高い、バースとウィンチェスターをマーケット開催中に訪れるクリスマス期間限定の特別ツアーです。また、ロ ンドンのツアー解散場所はハイド・パークのウィンター・ワンダーランド付近ですので、クリスマスシーズンのロンドンの夜もお楽しみいただけます。

ウィンチェスター人気上昇中のクリスマスマーケット


伝統的ドイツ風のマーケット

2006年から始まり、近年特に英国で人気が高まっているウィンチェスター・クリスマス・マーケット。



伝統的ドイツ風のクリスマスマーケットが人気を集めており、昨年は35万人もの人々が訪れ、大いに盛り上がりました。


荘厳なウィンチェスター大聖堂の前に並んだストールでは、プレゼント探しの他、モルトワイン、ミンス・パイ、ドイツ風ソーセージやシュトレーンなどの食べ歩きも楽しみ!アイスリンクでは地元の人たちの楽しそうな声も聞こえてきます。

バースイギリスを代表するクリスマスマーケット


掘り出し物が見つかるかも?

英国のクリスマスマーケットといえばやはりバースが代表的です。


バース寺院横の広場に約150以上の木組みのシャレー風ストールが並びます。英国のクラフト職人が作る工芸品の数々から是非お気に入りのものを探してみましょう。特別なクリスマス・プレゼント探しにはもってこいですね。

マーケット以外にも見どころの多いバース。フリータイムでは美しい世界遺産の街並みの散策をゆっくりとお楽しみください。


解散場所はウィンター・ワンダーランド

ハイドパークの期間限定遊園地

ロンドンのクリスマスの風物詩といえばウィンター・ワンダーランド。毎年11月後半から1月初旬までの期間限定で、ハイドパークに巨大な遊園地が出現します。




ツアーはこの遊園地付近で解散。そのままクリスマスムードいっぱいのロンドンの夜をお楽しみいただけるのも嬉しいポイントです。

ウィンターワンダーランドは、本当にロマンチック。友達、家族と特別な時間を過ごせそう。

また、ロンドンでは冬季に限り特別に自然史博物館サマセットハウスにアイススケートリンクが設置されます。こちらもとってもロマンチックムード満点!



クリスマスシーズンはイベントも毎日のように催されます。クリスマス後には、イギリス最大のセールもスタート!ショッピングも思いっきり楽しめますよ!!

ブリ子


冬も魅力たっぷりなイギリスへ☆
英国2大クリスマスマーケット巡り バースとウィンチェスター


いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。毎朝チェックして励みにしていますので、ポチっと一押しよろしくお願いします!


英国政府観光庁オンラインショップ 

英国政府観光庁ウェブサイトはこちらから 
フォローしてね!Twitter 


英国政府観光庁とキャセイパシフィック航空は共同で、2015年1月下旬に実施する1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅と題したマンチェスターとその周辺都市、ロンドンを巡る5泊6日のツアーへのブロガー参加者を2名募集中!

ブロガー参加者の募集期間:2014年10月15日~11月11日まで

くわしい詳細、お申し込みはこちら特設ウェブサイトをご覧ください。
http://www.cathaypacific.co.jp/manchester



いいね!した人

[PR]気になるキーワード