ボクシング・ジーンのブログ

ボクシング専門情報サイト『Boxing-Zine』雑記


テーマ:

DANGAN#124

日本ミニマム級タイトルマッチ

326() 後楽園ホール1800分開始

主催:reason




<第6試合 73.0kg10回戦>
○柴田明雄(ワタナベ)OPBF/日本ミドル級チャンピオン
[TKO4R2'30'' ]
●マイケル・スピード・シガーラキ(インドネシア)










<メインイベント 日本ミニマム級タイトルマッチ10回戦>
〇大平 剛(花形)日本チャンピオン IBF6
[判定3-0] 96ー94×3
岨野 豊(T&T)日本1

※大平が3度目の防衛に成功














<4試合 バンタム級8回戦>
〇船井龍一(ワタナベ)日本スーパーフライ級6
[KO3R1'39'']
●大塚隆太(18鴻巣)日本スーパーフライ級10
日本ランカー同士の好カードは、スピーディーなジャブの刺し合いでスタート。積極的に出るのは大塚ですが、巧さを誇る船井からなかなかクリーンヒットは奪えません。2回、大塚のスピーディーなジャブ、ボディストレートが徐々に先行するようになったかに見えましたが…3回、船井がプレスをかけて大塚を誘い、中盤、右ショートをジャストミート。この一撃で直下に崩れ落ちた大塚は、なんとか立ち上がろうとしたもののファイティングポーズがとれず、テンカウントが数え上げられました。











 


<3試合 フライ級8回戦>
●長嶺克則(マナベ)
[TKO7R1'40'' ]
〇拳 四朗(BMB)日本ミニマム級4
この日の目玉の一つ、拳四朗の登場です。元東洋太平洋ライトヘビー級チャンピオン寺地永さんを父に持ち、元国体王者からプロ入り後2戦で日本ランク入り。2階級上の元日本ランカー長嶺を相手に、強気のマッチメイクですが、試合でその自信のほどを披露します。拳四朗は慎重にコントロールしながら右のダブルで長嶺の顔面を叩き、続いてストレート4連射。2回も相手をよく見て長嶺の長い左フックをかわして上下へのコンビネーションをヒットするなど、体格差のある相手を深追いせずも、スピードと巧さで優位に試合を進めます。プレッシャーをかけ続けていた長嶺は4回、右から左フックをヒット。もう一度左フックをヒットします。が、拳四朗の立て直しは速く、すぐにその左に右フックをかぶせてみせました。そして5回、拳四朗がギアを上げてヒットを量産。6回には長嶺の左強振、右ボディブローを食うものの、パンチで長嶺の左まぶたを切り裂いて、長嶺の焦りを誘いました。そんな相手をほんろうし続けた末、7回、右をクリーンヒットしたところで2度目のドクターチェックが入り、続行不可能の判断が下されました。












 

<第2試合 54.5kg契約8回戦>

●戸井健太(三迫)日本スーパーバンタム級8

[TKO 4R0'24'']

○中野敬太(KG大和)日本バンタム級9
第2試合から日本ランカー対決という、今日の豪華興行。リング中央での主導権争いから、相手を崩しにかかろうという戸井に中野のパンチがタイミングよく入ります。2回には中野がピッチを上げて先攻し、戸井の出端に右を何度かクリーンヒットしました。なんとか展開を変えたい戸井ですが、中野がボディブローも加えてペースを譲りません。そして3回終了間際、中野の右カウンターで戸井が千鳥足に。戸井はなんとか立ち続けますが、レフェリーはダウンを宣告します。しかし4回開始からまもなく、中野の右が再び戸井をとらえ、こんどは尻もちをつくダウン。ここでレフェリーが試合終了を宣告しました。中野は25戦13勝4KO9敗3分。戸井は9戦4勝1KO5敗。














<1試合 ライト級4回戦>
浜野秀平(コーエイ工業小田原)●[KO1R2'23'']○名原 淳(全日本パブリック)

どちらも初白星を目指しての戦い。名原は左右フックをデンデン太鼓のように振り続け、2度のダウンを奪ってKO勝ち。2戦1勝1KO1敗です。きちんと構えてはいたものの名原の止まぬ手数に巻き込まれた浜野は、3戦3敗に。








<photo by Hiroaki Yamaguchi 山口裕朗
ボクシング専門情報サイト『BOXING-ZINE』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ザ・グレイテストボクシング

324() 後楽園ホール 1750分開始

主催:戸髙秀樹



<7試合 ヘビー級8回戦>
〇竹原虎辰()日本ヘビー級2
[TKO3R終了 ]
●オレクサンドル・ネステレンコ(ウクライナ)
長身のウクライナ人に対し、低く入って右ボディストレート、左フックで対応する竹原。腹回りがゆるく、動きが鈍いネステレンコに、機敏なコンビネーションで迫る竹原。3回には、身体を預けてくるようになったウクライナ人にアッパーを突き上げました。するとこのラウンド終了後のインターバルで、ウクライナ陣営から棄権の申し出があり、竹原のTKO勝利となりました。今年の7月で定年を迎える竹原は「これからのことは会長たちと相談して決めたいと思います」と話しました。











<6試合 スーパーライト級8回戦>
○松山和樹(山上)日本スーパーライト級6
[判定3-0] 77ー76 78ー76 78ー75
●合田剛士(草加有沢)

2013年6月以来の再戦カード。前回敗れている松山は、日本ランクを手に入れ自信を得ての雪辱戦です。長身から長いジャブを飛ばし、右につなげる松山。中へ入りたい合田を左フック、右ストレートで巧く迎え撃ちました。正面から追う合田は、時折強引に距離を詰めて右フック、左フックをヒット。よく見てはいるもののまっすぐ下がって被弾する場面もある松山。ラウンドの大半は脚を使って距離をとり、右アッパーなどで迎え撃っていますが、4回中盤、合田の左フック右フックでヒヤリ。6回には右アッパーから左ボディブロー、右ボディアッパーを効かせますが、その後も合田の強振を浴びる場面もありました。最終回も合田の前進に巻き込まれ、終盤には左フックを浴びて、押し込まれるうちにゴングを聞いています。松山は16戦11勝5KO5敗。合田は12戦7勝2KO4敗1分。













<5試合 バンタム級8回戦>
長井 一(ワタナベ)●[TKO7R2'37'’]○中川とん虎(角海老宝石)
2012年12月以来の再戦カード。前戦で勝っているのは中川です。スタートから両者体を振って慎重に探り合い、これは長い試合になりそう…と思った矢先、長いが左フックのダブルでダウンを奪います。再開後、速い刻みのパンチの交換に突入し、その中で長井がひじょうによく見て右から左フック、右アッパーと巧くヒットを挙げていきました。中川も体格の利を生かし、前に出ながら印象的な左右フックをヒット。馬力の差で印象点を稼ぎます。そして中盤には乱戦模様に。長井は左目ぶたから出血。旺盛な手数で応戦するものの力感では中川に及ばず、被弾がどんどん目立っていきました。そして7回、中川の左右がクリーンヒットしたところでレフェリーが試合終了を宣言しました。中川はこれで21戦13勝5KO6敗2分。長井は20戦11勝2KO7敗2分。









<4試合 フェザー級6回戦>
スントーンペット・コーラットスポーツスクール(タイ)●[KO2R1'21'']○藤山健二(吉祥寺鉄拳8)
ひょろりと細身のタイ人をロープ伝いに追う藤山は、初回終盤、右フックでまず最初のダウンを奪います。そして2回、右ストレートでノックダウン、さらに左フックで通算3度目のダウンを奪い、テンカウントを聞かせました。藤山はこれで11戦6勝4KO5敗です。











<3試合 フライ級6回戦>
金子達也(横浜光)△[判定1-1]△山田健太(セレス)

58ー57 55ー59 57ー57
中間距離から近い距離でのパンチの交換が続く中、山田の上下攻撃がやや上回
ります。が、どちらもスタミナ豊富、ポイントの振り分けが難しいラウンドが多く、判定はドローとなりました。










<2試合 ミドル級4回戦>
作田祐一(富士山ネクサス)○[TKO3R2'05'']●米重貴博(八王子中屋)
サウスポーの作田に、短躯の米重がクラウチングスタイルで迫ります。作田は下がりながら左ストレートで迎え撃ちます。そして2回、作田が米重の入り際を巧く叩いてノックダウン。再開後、ポイント挽回を期してアグレッシブを増した米重に対し、作田が細かなヒットを重ねました。米重の眉間からは激しい出血がみられます。3回、攻め込む米重に作田の左からのコンビネーションがヒット。最後は左を顎に決めてキャンバスに落とし、レフェリーストップを呼び込みました。作田は5戦3勝2KO2敗。米重は4戦2勝1KO2敗。














<1試合 ミドル級4回戦>
渡邊玲央(横浜光)△[判定1-1]△大間和友(八王子中屋)

39-37 38-39 38ー38

左ジャブを散らして距離をとり、上体を柔軟に使いながら右をコツコツ当てる渡邊は、巧さはあるものの、その右の握りが甘すぎて、ダメージングブローにはなりません。2戦2勝2KOの大間のパンチが当たると渡邊の動きが止まります。3回は渡邊が手数を増やし、軽いながらもヒットを量産。最終回も疲労困憊の中で懸命に手を出していきました。










<photo by Hiroaki Yamaguchi 山口裕朗
ボクシング専門情報サイト『BOXING-ZINE』























AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

3月23日(月)~3月29日(日)のテレビ放映予定です。
スケジュール、内容は変更されることがあります。


3月23日(月)
13:20~14:00  フジテレビNEXT
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#29 シーズン4 マイク・タイソンvsマイク・ジェームソン<1986年1月24日>
16:00~17:35 スターチャンネル2
映画『ストリートファイター』(1975)
18:00~18:40  フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#31 シーズン4 マイク・タイソンvsスティーブ・ゾウスキー<1986年3月10日>
21:00~23:00 WOWOWライブ
エキサイトマッチ #47  WBA世界ウェルター級タイトルマッチ キース・サーマン×ロバート・ゲレロ


3月24日(火)
21:50~23:00 フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#41 シーズン5 歴史に残る中量級の激闘 カルロス・オルチスvsイスマイル・ラグナ<1967年8月16日>
 

3月25日(水)
6:00~7:30 スターチャンネル1
映画『リベンジ・ファイト』ドミニク・パーセル主演。社会の底辺で生きる二人のボクサーが、人生を賭けた闘いに挑む…。
7:00~9:00 WOWOWライブ
エキサイトマッチ #4 WBO世界L・ヘビー級タイトルマッチ セルゲイ・コバレフ×セドリック・アグニュー、WBO世界S・ミドル級タイトルマッチ ロバート・スティーグリッツ×アルツール・アブラハム
18:00~18:50 NHKBS1
BS世界のドキュメンタリー「誰よりも強く!~インド 女性ボクサーの闘い~」
インド社会の最底辺とされる不可触民として生まれた一人の女性が、カーストと性別という二重の差別と闘いながら、ボクサーとして自分らしく強く生きようとする姿を描く。


3月26日(木)
7:00~9:00 WOWOWライブ
エキサイトマッチ #6 WBA・IBF世界L・ヘビー級王座統一戦 バーナード・ホプキンス×ベイブト・シュメノフ、IBF世界ウェルター級タイトルマッチ ショーン・ポーター×ポール・マリナッジ


3月27日(金)
7:00~9:00 WOWOWライブ
エキサイトマッチ #7 WBO世界ウェルター級挑戦者決定戦 ファン・マヌエル・マルケス×マイク・アルバラード、WBC世界S・ライト級挑戦者決定戦 ビクトール・ポストル×セルチュク・アイディン


3月28日(土)
7:00~8:55 WOWOWライブ
エキサイトマッチ #46 IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ カール・フランプトン×クリス・アバロス
7:00~9:30 フジテレビNEXT
LIVE!ダイヤモンドグローブ2015 日本S・フェザー級タイトルマッチ 内藤律樹vs伊藤雅雪<2015年2月9日>
8:15~10:30 WOWOWシネマ
映画『ロッキー』
10:00~10:40 フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#40 シーズン5 歴史に残る中量級の激闘 サンディ・サドラーvsフラッシュ・エロルデ<1956年1月18日>
12:40~14:35 スターチャンネル1
映画『リベンジ・マッチ』ロバート・デ・ニーロVSシルヴェスター・スタローン!元ボクサーでライバル同士の2人が、30年ぶりに対決する
16:10~16:50 フジテレビNEXT
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#31 シーズン4 マイク・タイソンvsスティーブ・ゾウスキー<1986年3月10日>
21:00~22:00 WOWOWプライム
[無料放送]パッキャオvsメイウェザー大解剖 エキサイトマッチ総力戦[S] 2015年5月に開催が決まった世紀の一戦、マニー・パッキャオvsフロイド・メイウェザー。2人の偉大なボクサーの歴史を貴重な過去の試合映像とともに紐解く。


3月29日(日)
12:00~12:55 フジテレビNEXT
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#39 シーズン5 歴史に残る中量級の激闘 サンディ・サドラーvsチャーレイ・ライリー<1950年11月1日>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



 ゴールデンウィーク5月6日、東京・大田区総合体育館でトリプル世界タイトルマッチ、『2015ゴールデンウィーク ボクシング・スペシャル』が開催されることが発表されました。


先ごろ“スーパー王者”に格上げされたWBA世界スーパーフェザー級チャンピオン内山高志(ワタナベ)の10度目の防衛戦をメインに、WBA世界ライトフライ級チャンピオン田口良一(ワタナベ)の初防衛戦。そしてWBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ、王者・池原シーサー久美子(フュチュール)対挑戦者・江畑佳代子(ワタナベ)、というラインナップです。


 内山の相手はタイの格闘王ジョムトーン・チューワッタナ。現東洋太平洋王者として金子大樹(横浜光)をシャットアウトしアジア最強を印象付けたばかりのタイ人について、「ものすごく強いとは思わないけれど、相手にボクシングをさせない巧さがある。金子もやられたので、気を抜かずに、とにかく自分のボクシングをして勝利につながればと思います」と内山。日本ではおなじみではあっても、「世界的には評価されていない選手」とも。勝って当たり前、それでいてやりにくい選手、というストレスを抱えての戦いではありますが、「V10を達成して、海外、という戦いに入っていければと思います」と、その先を見据えて臨む覚悟を語りました。


 同級15位の挑戦者クワンタイ・シスモーゼン(タイ)を迎える田口は、「相手はスピードはないけれどタフなタイプ。タイ人だからどう、ということはなく、いつもどおり、攻めていく姿勢をチャンピオンになっても貫いていきたいと思います」と、初防衛への決意を語りました。また、天然の受け答えが、あいかわらず報道陣に大うけで、「世界チャンピオンになって変わったことは?」という質問に対して「ほんと、変わったと思います。みんなが、持ち上げてくれます」と答えると、大爆笑が起こりました。内山先輩から贈られたというネクタイをつけ、さらに高価なクロコダイルのベルトもプレゼントされたと明かしました。なんとも愛されキャラのチャンピオンです。


 女子の世界戦。チャンピオンの池原は2月末の初防衛戦が初回負傷引き分けに終わっており、この2度目の防衛戦、「バッティングでケガをしましたが、次の戦いには問題ありません。たくさんの人に見てもらえるのが楽しみです。自分は、女子っぽくないね、と言われることが多いので、そういう迫力ある試合をみせたいです。目立ちたいです」と意気込んでいます。大ベテラン江畑に対しては「優しそうな方だな、と。アマチュアから長年やっておられるキャリアのある選手」としながら、戦術研究はこれから、とのことです。


 そして、“4度目の正直”に賭ける江畑は、「常識はずれの4度目の世界挑戦のチャンスをいただいたことに、とても感謝しています。どうしてもピンクのベルトは持ち帰りたいと思います」と話しました。2013年11月にIBF王座決定戦に敗れて以来の世界戦。その時、「9割がた、やめる方向だった」というベテランは、傷心のうちから後輩たちに請われてスパーリングの相手を務め、「チャンピオンたちとやっても、対等にやれているという実感があって、後輩たちに止められたこともあって、続けてきました」。広告代理店でキャリアウーマンとして仕事をこなしながら現役を貫いてきた39歳。悲願達成はなるのでしょうか。


2015ゴールデンウィーク ボクシング・スペシャル


WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

内山高志(ワタナベ)vsジョムトーン・チューワッタナ(タイ)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

田口良一(ワタナベ)vsクワンタイ・シスモーゼン(タイ)

WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ

池原シーサー久美子(フュチュール)vs江畑佳代子(ワタナベ)


<開催日>2015年5月6日(水・振り替え休日)

<会場> 大田区総合体育館

<主催>ワタナベボクシングジム

<協力>帝拳プロモーション

<後援>テレビ東京、報知新聞社、埼玉新聞社

<認定>WBA WBO JBC <放送>テレビ東京系列でゴールデンタイム全国中継





いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

317()  後楽園ホール 1800 開始

主催:ヨネクラ


<メインイベント スーパー.バンタム級8回戦>

●土居コロニータ伸久(ヨネクラ)日本スーパーバンタム級5位

[TKO3回1'15"]

○アリー・ラウレル(フィリピン)


<第
5試合 65.5kg8回戦>

●田中亮治(ヨネクラ)日本ウェルター級9位

[判定0-3]

○クウエ・ピーターKG大和)日本スーパーライト級8位

(78-74 77-74 76-75)


<第
4試合 スーパーフェザー級8回戦 

●サン・サックナロン(タイ)

[判定0-3]

○渡邉卓也(青木)日本フェザー級4位

(72-80×3)


<第
3試合 フェザー級8回戦 

○溜田剛士(ヨネクラ)[TKO1回2'20"]●大橋健典(角海老宝石)


<第
2試合 80.0kg8回戦>

○松本晋太郎(ヨネクラ)[判定3-0]●コムパヤック・シットアジャーンコム(タイ)

(80-73 79-72 79-74) 


<第
1試合 フェザー級6回戦
○草野慎悟(ヨネクラ)[判定2-0]●阿部麗也KG大和)日本フェザー級15位
(58-57×2 57-57)
 
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇