ボクシング・ジーンのブログ

ボクシング専門情報サイト『Boxing-Zine』雑記


テーマ:

9月22日(月)~9月28日(日)のテレビ放映予定です。
スケジュール、内容は変更されることがあります。


9月22日(月)
19:00~20:54 BS朝日1
プロボクサー村田諒太 世界へ! 完全密着500日&アスリート対談四番勝負
21:00~23:00 WOWOWライブ 
エキサイトマッチ#23 WBC世界ライト級タイトルマッチ オマール・フィゲロアvsダニエル・エストラーダ、WBC世界S・ミドル級タイトルマッチ サキオ・ビカvsアンソニー・ディレル


9月23日(火)
25:30~28:30 日テレG+
ダイナミックグローブSP スーパーフライ級10回戦 五十嵐俊幸vsレンレン・テソリオ、54.5㎏契約10回戦 岩佐亮佑vsロミー・ワッサーほか(2014年9月6日 後楽園ホール)


9月25日(木)
23:00~23:55 BSフジ
たけしの等々力ベース 第88回「ボクシング道」


9月26日(金)
16:05~16:50 フジテレビNEXT 
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#19 シーズン2 シュガー・レイ・ロビンソン特集5 vsジーン・フルマー(1987年5月1日) 


9月27日(土)
10:00~12:00 WOWOWライブ 
エキサイトマッチ#23 WBC世界ライト級タイトルマッチ オマール・フィゲロアvsダニエル・エストラーダ、WBC世界S・ミドル級タイトルマッチ サキオ・ビカvsアンソニー・ディレル
13:45~14:45 日テレG+
第7回U-15ボクシング全国大会
21:00~22:00 TBSチャンネル1
IBF・WBOミニマム級王座統一戦 高山勝成vsフランシスコ・ロドリゲス(2014年8月10日 メキシコ)


9月28日(日)
22:00~22:50 フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#12 シーズン2 マックス・シュメリング特集 vsマックス・ベア(1933年6月8日) 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
フェザー級8回戦
9月17日(水)後楽園ホール 18時00分開始
主催:川崎新田

<メインイベント フェザー級8回戦>
〇片桐秋彦(川崎新田)   日本11位
[TKO 7R 1'28" ]
   

小泉雄大(川嶋)









<第7試合 フライ級8回戦>
〇黒田雅之(川崎新田)   日本4位
[
TKO2R 1'14'']   

ポンパユ・チャイヨンジム(タイ)












<第6試合 53.3kg 契約ウェート6回戦>
●三好喜美佳(川崎新田)   OPBF東洋太平洋2位 WBA9位 WBC8位
[判定1-2] 56-58 58-56 57-58
  

○氷室笑香(レパード玉熊)




















<第5試合 スーパーライト級6回戦>
〇齋藤大樹(渋谷三迫)
[TKO 2R 2'51"]

鈴木義行(マナベ)









<第4試合 ライトフライ級4回戦>
〇柏野晃平(川崎新田)
[KO 2R 1'47"]
 

ペットサーイファー・ルークメーラムプーイジム(タイ)












<第3試合 フライ級4回戦>
〇郷司利也子(川崎新田)
[判定3-0]
   39-38 39-38 39-37

カニタ・サックナロン(タイ)












<第2試合 ミニマム級4回戦>
〇桜井昌幸(川崎新田)
[判定3-0]
   39-38 39-38  39-37

赤木直貴(横浜光)










<第1試合 ミニマム級4回戦>
●長谷部守里(三迫)
[判定3-0]
 37-40  36-40  36-40

○デシエルト長池(青木)










<photo & by  Hiroaki Yamaguchi 山口裕朗

ボクシング専門情報サイト『BOXING-ZINE』







AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
フライ級10回戦
9月16日(火)後楽園ホール 17時45分開始
主催:井岡

<メインイベント フライ級10回戦>
〇井岡一翔(井岡)WBA5位
[判定3-0]
   99―91 98―92  99―93

パブロ・カリージョ(コロンビア)WBA14位






















<第5試合 53kg契約ウェート8回戦>
マルコム・ツニャカオ(真正)○[TD 5R 1'56"]●大塚隆太(18鴻巣)














<第4試合 50kg契約ウェート8回戦>
宮崎亮(井岡)○[KO 5R 1'09"]●イカル・トビダ(インドネシア)















<第3試合 54.5kg契約ウェート8回戦>
山本隆寛(井岡)○[KO 2R 0'31"]●パンカ・ソラバン(インドネシア)











<第2試合 49.5kg契約ウェート6回戦>
上久保建塁(井岡弘樹)○[TKO 2R 1'10"]●プラーブプラーム・シットサイトーン(タイ)







<第1試合スーパーフライ級4回戦>
岡本翔馬(井岡弘樹)○[判定3-0] 39-36 40-35 40-35
ジャーカラートレック・ソーワンゲーオ(タイ)









<photo & by  Hiroaki Yamaguchi 山口裕朗

ボクシング専門情報サイト『BOXING-ZINE』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

9月15日(月)~9月21日(日)のテレビ放映予定です。
スケジュール、内容は変更されることがあります。


9月15日(月)
15:00~17:00 スカイAスポーツ+
プロボクシングBOX-1 IBF世界スーパーフライ級王座決定戦12回戦 ゾラニ・テテvs帝里木下、ほか(2014/7/18 神戸ポートピアホテル)
21:00~23:00 WOWOWプライム
エキサイトマッチ#22 WBA・WBC世界ウェルター級&WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ フロイド・メイウェザーvsマルコス・マイダナほか
25:00~25:50 WOWOWプライム
ノンフィクションW 赤井英和 母校に響く復活へのゴング


9月16日(火)
20:45~22:53 NHK BSプレミアム
プレミアムシネマ『ボックス!』
21:30~22:48 TBS1
ボクシング 井岡・宮崎 ダブル世界前哨戦 井岡一翔vsパブロ・カリージョほか


9月18日(木)
17:50~18:50 フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#15 シーズン2 シュガー・レイ・ロビンソン特集1 vsジェイク・ラモッタ(1951年2月14日) 
18:50~20:00 フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#16 シーズン2 シュガー・レイ・ロビンソン特集2 vsジョーイ・マキシム(1952年6月25日)





9月20日(土)
10:00~12:00 WOWOWライブ
エキサイトマッチ#22 WBA・WBC世界ウェルター級&WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ フロイド・メイウェザーvsマルコス・マイダナほか


9月21日(日)
14:00~14:55 フジテレビ
ザ・ノンフィクション 悪ガキ・ガチンコ物語 4年後の決心
21:00~21:50 フジテレビONE
BOXING LEGENDS~世紀の一戦~#11 シーズン2  ジャック・デンプシー特集 ▽当時の時代背景やマッチメークの経緯などを振り返りつつ、一時代を築いた名選手の名勝負の数々を放送


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

日本ヘビー級タイトルマッチ
9月10日(水)後楽園ホール 17時45分開始
主催:角海老宝石







<メインイベント 日本ヘビー級タイトルマッチ10回戦>
〇藤本京太郎(角海老宝石)チャンピオン
[TKO5R0'44'']

竹原虎辰(緑)日本1位

※藤本は2度目の防衛に成功
竹原は2度目の藤本への挑戦。そんな挑戦者のプレスを藤本は慎重に距離をとりながら見ています。しかしジャブが当たるとみたチャンピオンは初回終盤からストレートで圧し始め、2回には右ストレートをクリーンヒット。竹原を腰砕けにさせました。しかし詰めには行かず、ヒット&アウェーで手堅くラウンドを制しました。前のラウンドで両瞼から出血をみた挑戦者が3回、プレッシャーを強めましたが、ここでも踏込が中途半端で、1分過ぎに藤本の右を浴びることになります。そして残り30秒には藤本が右クリーンヒットから連打してロープダウンを奪いました。4回、右をクリーンヒットを機に藤本が猛攻。ロープに詰めます。が、攻め疲れて手を止め、逆に竹原の右を効かされ、ラウンド終盤にはコーナーに詰められる場面も。しかし竹原の傷が悪化して、5回に2度のドクターチェックが入り、続行不可能の裁定が下りました。


















<第5試合 バンタム級8回戦>
久保賢司(角海老宝石)○[判定3-0]●佐藤鋼太(協栄)

78-74 78-75 78-74
今年1月に引き分けた両者の再戦。久保が積極的に前に出て、身長で上回る佐藤が強い右アッパー、左フックで迎え撃つ展開。佐藤のその迎撃作戦は時折成功して右アッパー、左ボディブローを当てるものの、前に出てパンチを畳み掛ける久保が印象点で大きく上回ります。佐藤のヒットが目立ち出したのは5回。勢いが落ちてきた久保に佐藤が脚を止めて打ち合うところも出てきました。そんな佐藤に6回、久保の右がヒット。佐藤も応戦して試合はヒートアップしますが、ここでもダウンシーンはなし。最終回になってやっと佐藤がギアを上げましたが、時すでに遅し。倒せずも思いっきりパンチを放ち続けた久保が、明白な判定勝ちを収めています。久保はこれで8戦5勝2KO2敗1分。













<第4試合 58.0kg8回戦>
〇緒方勇希(角海老宝石)日本フェザー級8位
[判定2-1]78-74 76-77 77-76
●山田健太郎(全日本パブリック)


ともに再起戦。日本王座決定戦からのカムバックである緒方に対し、3連敗中の山田が左ジャブから仕掛け、中間距離から近い距離でのやりとりに。互いの隙をさぐってパンチを出すものの、ともに単発でクリンチで寸断される場面も多く、山場のないまま試合は進みます。3回、山田が右から左アッパーを出そうとしたところへ緒方の右ストレートでアゴが上がりまし。その後も緒方は細かなパンチとクリンチで山田の決定打をはばみ続けました。緒方は22戦20勝3KO1敗1分。










<第3試合 ウェルター級8回戦>
△坂本大輔(角海老宝石)日本ウェルター級8位
[負傷引き分け3R2'22'']

齋藤志朗(ワタナベ)














<第2試合 53.5kg8回戦>
奈須勇樹(角海老宝石)○[負傷判定3-0 7R0'30'']●ジョナサン・リガス(フィリピン)

67-66 68-65×2

1年2カ月ぶりのリングに上がった奈須は2回に左フックでダウンを奪われ、バッティングで左目に傷も負います。3回に左ボディストレートを効かせ、6回には踏み込んでの右ストレート、左フックを返してポイントを取り戻した奈須。7回に右目のカットがひどくて試合続行不可能の診断を受け、7回までの採点で辛くも負傷判定勝ちをつかんでいます。







<第1試合 ウェルター級4回戦>
澤田サウザー(角海老宝石)△[判定1-1]△垂水稔朗(協栄)

39-38 38-39 38-38












<photo & by  Hiroaki Yamaguchi 山口裕朗

ボクシング専門情報サイト『BOXING-ZINE』




いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード