1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年10月13日 23時52分39秒

インターネットの使用でおきるトラブルvol.3

テーマ:ブログ

前回からの続きです。
(今回の内容は、若干過激です。
(今回の情報を元に検索を試してみる場合は
(自己責任で。


---------------------------------------------------------------
このように、見せたくない情報のあるサイトを、「なぜ見せないのか」
という理由を親子で一緒に話し合うことなんて出来ません。
「理由を説明できた上で見せないことにする」なんて、きれい事なのかもしれません。

子どもには、見せる必要性を伝えること自体嫌な事なんです。
一度たりとも、見せたくありません・・・。
---------------------------------------------------------------


では、どうすれば良いのか。
出会い系・プロフ・アングラサイト。
実際に子どもにどのように「ネット利用」をルール化してくのか。



だからこそ、
パソコンやインターネットを使用する前の「何のために使うのか」を、親子で話し合い理解しておく必要があるんだと思います。

 ・勉強のしらべ学習のためにネットを使うのか。
 ・友だちとメールのやり取りをするのか。
 ・文書作成をするのか。
(子どもの年齢によって使用目的は違うでしょうが、何で使うのかを使用前に話し合っておいた方がいいでしょう。


ただやみくもに、ネットに触らせないという対応は、子どもの年齢が低いうちは重要なんだと思います。




「危険検索ワード」という入り口に気づいてしまえば、年齢問わず誰もがアングラサイトに行き着いてしまう。
「開かれすぎた社会」。それがインターネットの悪いところでもあります。

文明の良さを使うには、この悪さをも知った上で使う必要がありますし、この悪さに触れさせない大人の役目は必要ですよね。






最近では、携帯各社のフィルタリング対応が
進んできているんです。
(政府の規制より、民間の自主規制という形ですばやく動き始めました。)


携帯電話の場合、パソコンよりも、親の物理的な規制や監視がしにくいものです。
しかし、いまや、携帯各社のフィルタリング対応があります、


フィルタリングがかかっている携帯があたりまえ!
という中で、どのような利用ルールが作れるのか。
を、各家庭で決める必要があるでしょう。

ポイントは、フィルタリング対応済みが前提にあることですよ☆



「友だちが持ってるから」「友だちについていけなくなる」
そんな子どもの気持ちも大切です。
「そんなのいらない!」っと親が突っぱねるのが難しい世の中になりつつもあります。


  


・使用目的を制限すること。
・使用時間を制限すること。
・抜き打ちチェックをすること。

などのルールを、各家庭の状況に合わせて作っていくといいと思います。





友だちとの関係、メールで使っている分には、ほとんど心配ありません。
(依存症の心配はありますが)
でも、パソコンであれ携帯であれ、インターネットをつかって、
情報発信(プロフ、ミクシーなど)、情報収集(アングラなど)をしている
とすると、利用する上での配慮が必要です。
「正しい情報発信すること」、「ネットに匿名性はナイ」など伝えておかないと、
大変なことに巻き込まれることになるかもしれません。



怖いのは、匿名と思っていて、実は匿名なんてなかった場合です。

出会い系とか、まったく知らない人とのやりとりではなく、最近はやりのプロフやミクシーといったものは、匿名とされつつも、意外と知人や近い人が多い点で、人同士のトラブルに発展しているように感じます。



親は、このような点も知った上で、
各家庭にあったルールを作っていくと良いんだと思います。


各家庭、それぞれ違ったルールで良いんだと思います☆

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年09月29日 19時50分55秒

インターネットの使用でおきるトラブルvol.2

テーマ:ブログ

前回からの続きです。
(今回の内容は、若干過激です。
(今回の情報を元に検索を試してみる場合は
(自己責任で。


---------------------------------------------------------------
なぜ見せたくないのか、理由が説明できた上で規制しないと、
「ただ禁止されたもの」というのは、反発を生む可能性があるんです。
---------------------------------------------------------------
そう考えている人は多いはず。


では、そもそも
「見せたくないWEBサイト」とはどんなサイトなのか?
なぜ見せたくないのか!


考えたことがありますか?





「出会い系サイト!?」

そう。それもあるでしょう。
出会い系サイトにアクセスして、誘いにのってしまわないか。
  



「プロフ!?」

そう。それもあるでしょう。
何から何まで、情報を暴露して取り返しのつかないことにならないか。



まぁ、でも、これらのサイトは序の口です。
危険度は「中」位でしょう。

これらは、使用前に「なぜ見せたくないのか!」や、
危険度の「説明」などが出来ます。
(出会い系を使用されても困惑しますが・・・)






でも、
・・・その説明すらしたくないサイトがあるんです。

そのサイトとは、、、、



  「アングラ。」




アングラとは、アンダーグラウンドの略。

ネット上の、ウラ・闇の部分(っと言って良いかも)です。
アングラの説明は、Wikipediaで詳しくしてくれてありますので、
こちらをどうぞ。


アングラについて、分からない方は、必ず熟読してください。
ネットの危険性を垣間見るはずです。

  アンダーグラウンド (文化) - Wikipedia
  http://tinyurl.com/8gp28
  (↑ウィキペディアのサイトにリンクしています)



っで、何が問題か!?


今や、誰でも簡単にアングラサイトに行き着くことが出来ることです。

興味本位で
「死体」「自殺」「裸体」「もろ画像」「無修正」
(↑ためし検索は自己責任で)
こののような危険検索ワードを打って検索してみたとします。
出てきた検索結果上位10件程度、クリックしていけば、
必ず!いや、絶対!! グロテスク画像に行き当たります。




これらの画像を「なぜ見てはいけないのか」について、
あなたは子どもに説明できますか?

 
言葉で説明する!?
一度、見せて、グロテスクの危険性を学ばせる!?


無理でしょう・・・。
少なくとも、私はそんなムゴイコトできない。
見てみれば分かりますよ。



一度見てしまうと、ショックが大きすぎます。
子どもの心に残るショックは、容易に想像がつきます。

見せることで子どもの心に起こる、「精神的ショック」。
そして、説明することで子どもの心に起こる、「好奇心」。







また、先ほどの5つのワードだけでなく、子どもの興味次第では、
ドラッグ等にも行き着いてしまう恐れがあるかもしれません。


今や、TVニュースで放送していることは、
すべてネットで調べられる・はず・ですから。

「練炭」や「硫化水素」だって調べられましたし・・・。







このように、見せたくない情報のあるサイトを、「なぜ見せないのか」
という理由を親子で一緒に話し合うことなんて出来ません。
「理由を説明できた上で見せないことにする」なんて、きれい事なのかも
しれません。

子どもには、見せる必要性を伝えること自体嫌な事なんです。
一度たりとも、見せたくありません・・・。


裸体や死体の画像や文書情報など、過激なカテゴリのものは
その説明すら避けて通りたい。
話題にして好奇心をあおりたくない。



テレビで話題・問題にされている「出会い系サイトの有害性」とは、
わけが違うんです。
過激カテゴリは一度見てしまうと、
心に大きなショックが残るものばかりですから。
(死のカテゴリなんかは、いろんなものがナマにみれちゃいますから・・・)
(そう考えると、出会い系サイトの有害性なんてかわいいもんですよね)







ちょっと長文になってしまいましたので、
では、どうすれば良いのか。
出会い系・プロフ・アングラサイト。
実際に子どもに同様に「ネット利用」をルール化してくのか。
次回、お伝えします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年06月06日 23時48分23秒

インターネットの使用でおきるトラブルvol.1

テーマ:ブログ

  パソコンとインターネットが身近になり、
  子どもでさえ、簡単に使えるようになってきました。

  そんな中、問題化し始めている、「インターネットの使用でおきるトラブル」。



  このインターネットの使用に、規制をかける「フィルタリング」という言葉を、
  最近聞きませんか?

  今回は、そんな「フィルタリング」に関する話題です。






  フィルタリングとは「技術的に規制」することです。
  ですが、技術面だけでなく、根本的な「使用上の規制」が必要だと思います。


  そもそも・・・
    ☆ 何故フィルタリングをするのか!?
      →うっかり欲にかられて見てしまわないように・・・?

    ☆ 見せたくないWEBサイトとはどんなものなのか?!


  ---------------------------------------------------------------
  なぜ見せたくないのか、理由が説明できた上で規制しないと、
  「ただ禁止されたもの」というのは、反発を生む可能性があるんです。
  ---------------------------------------------------------------
  ルールは納得の上で使われていく必要があります。





  また、パソコンやインターネットを一番最初に使用する前には、
  「何のために使うのか」を親子で話し合い理解しておく必要があります。

  ・勉強のしらべ学習のためにネットを使うのか。
  ・友だちとメールのやり取りをするのか。
  ・文書作成をするのか。
  (子どもの年齢によって使用目的は違うでしょうが、
  (何で使うのかを使用前に話し合っておいた方がいいでしょう。








  っと、私は昔はそう考えていました。
  しか~~~~~~~~~~~~しっ!!
  今はちょっと違います。





  「見せたくないWEBサイト」とはどんなサイトなのか?
  なぜ見せたくないのか!

  ・・・その説明すらしたくないサイトがあるんです。



  その理由は、また次回。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年04月04日 08時05分05秒

犯罪から子どもを守る

テーマ:関連書籍


犯罪から子どもを守る50の方法



全ての防犯対策は、絶対ではないです。
過信しすぎないことが、一番の防犯対策です。

これだけしたから大丈夫 とか、
うちはだけは大丈夫 とか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月02日 20時44分02秒

防犯訓練の指導ビデオ

テーマ:ブログ

叉護杖(さごじょう)という名のさすまたを販売している「実川製作株式会社 」が、叉護杖を使った防犯訓練(警察官の指導)CDを無料で配布 しています。


→「暴漢から子供達と先生方の尊い命を守る 」で、としてネット視聴 可能です。



必見です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。