国際福祉空手道連盟 拳成館




※幼、少年部は、礼節を重んじ、いじめられない、いじめない強い心と強い身体の育成!


※女子部(主婦・OLクラス)は、美容と健康を主体に身体の中から美しく!


※一般、壮年部は、年齢体力に合わせて初心から選手まで無理なくその人に合った指導を行

ます。



            無料体験入門、常時受け付け中!!★



$大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG

     $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG
     $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG

   

      






     INTERNATIONAL WELFARE KARATE FEDERATION KENSEIKAN



 

            TELお問い合わせ 電話 046-271-0880


      心 技 体



                    KENSEIKAN 館長              BLOG


★拳成館NEW公式ホームページ!見学、入門のお問い合わせは

  こちらから下記URをクリックして下さい。


                     http://www.kenseikankarate.jp/ NEW



★拳成館、動画をまとめて見ることが出来ます。目


           http://www.youtube.com/user/bosskurosawa3851?feature=mhum



★拳成館、高座渋谷道場は2014年4月1日より大和市福田4-21-1


  に移転致します。(※詳しくは、上記公式HP参照)

   
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年10月23日(木)

Amebaブログ 『拳成館 指導員日誌』スタート!

テーマ:お知らせ
ブログ『拳成館 指導員日誌』がスタートします、茶帯準指導員達が中心になって持ち回りで、

道場での日々の出来事、後輩達へのメッセージ、稽古での葛藤・・・7年、8年と修行を積んで来た

先輩達の生の声を気軽に投稿して行くブログです!先生のブログ同様、ご愛読頂ければ幸いです。


                       http://ameblo.jp/kenseikan9696


AD
2014年10月20日(月)

10月19日(日)仁心道場 親睦合宿(高尾の森ワクワクビレッジ)

テーマ:稽古日誌
日曜日、仁心道場親睦合宿に参加させて頂きました、参加とは言っても怪我を理由にいつまでも

身体を動かさずにいると本当に動けなく成ってしまうので自身のリハビリとまた、指導者として

柚井師範のクオリティーの高い技術とぶれない指導理念を学ぶ為の参加であったが、厳しいメニューに

ほとんど付いて行くことが出来ませんでした、何かにつけて“五十歳を過ぎて・・・”と自身の

年齢を言い分けにしつつ心の何処かで“この年齢でこれだけ動ければ・・・”と慢心していた

同世代の友人は一般人も空手家も含め皆年齢を理由に逃げて行く、同窓会等で同級生に会おうものなら

腹の出たじじいばかりだ、好敵手もいなくなり己自身との戦いとは行っても、おごった心に目から鱗

柚井師範にはいい刺激を与えてもらえる、指導に関しても井の中にいるとこれでいいと過信して

しまうものだが、忘れつつあった基本に忠実な稽古、指導と何よりも己自身が稽古生の中に入り

一緒に稽古して行くことの重要性を改めて再確認した合宿でした。








































         自分に厳しく鍛え上げられた柚井師範の肉体・・・因みに柚井師範は先生と同じ歳だ





               柚井師範、仁心道場の皆さんありがとうございました、押忍!
AD
2014年10月18日(土)

10月17日(金)仁心道場出稽古

テーマ:稽古日誌
今日は、お世話になっている柚井師範の本部道場へお邪魔しました、出稽古と言うには顔が赤く成る

内容でしたが、お話があってお伺いしたが、柚井師範も先生も多忙、中々無い機会なので失礼かとは

思いましたが道着に着替え1時間半、稽古生の皆さんと一緒にご指導して頂きました・・・

9月に参戦したマス大山メモリアルカップ以降、脛骨剥離骨折と外側側副靭帯一部断裂と怪我を負い

一ヶ月、据わる歩くもままならず全く稽古も出来ずにいた、五十歳も過ぎると長年酷使して来た身体は

満身創痍、機械と同じで一度止めたらもう二度と動かない、騙し騙しでも油を注しながら動かし続け

ていれば何とか動くと言う感じか?だから若い頃の怪我とは違い大きい怪我をしてしまうと、身体も

動かせずそのまま引退してしまう選手も多いのだろうな~などと考えもよぎるものだ、今日は準備運動

から基本、移動から型とセオリーに忠実なご指導をして頂き、怪我をお気遣い頂き組手は見学させて

頂いたが・・・空手の世界にはインストラクター病と言う言葉があるが、とかく指導員だ先生だ師範だ

と祭り上げられてる内に稽古した気になり腕を組み汗を流すことを忘れ腹の出た似非空手家の事を指す

そう成ってはいけないと自分を戒めつつも、指導する側に回ると現役選手時代の様に中々自分を

追い込めないのも本音だが、正に自分自身が先頭に立ち稽古生以上に己に厳しさを課す柚井師範の

指導には頭が下がる思いでした、拳成館でも基本に忠実な指導を心がけてはいるが、やはり競技で

成績を残させる為のメニューであったり生徒を飽きさせない為のメニューであったりと妥協が有ること

も否めない、若い頃大げさな話では無く基本稽古が終わるだけで道着のふところと帯の間にチャっポンチャっポン

汗が溜まり、道場の床に汗の水溜りが出来たものだが、余計なステップだコンビネーションだと

理屈を捏ね回すより本当の意味での基本、移動をやり込んだ方がよっぽど強くなることを今日は改めて

再確認した、因みに柚井師範はあえてチアノーゼ状態を作るため稽古の間ずっと防塵マスクを付けて

稽古を行っていた、最後の補強でも誰よりも深くVシットを行っていた(*_*)

※これがどれだけストイックなことなのか?普通の人には中々ご理解頂けないと思いますが・・




AD
2014年10月13日(月)

2014年度下半期、稽古最多出席賞『高治李琉斗!』

テーマ:道場行事
先日執り行われた、2014年度後期、昇級・昇段審査会の席で今年度下半期稽古最多出席賞が

発表授与された、上半期に引き続き高治李琉斗4級(緑帯)の受賞となりました、拳成館では

昇級・昇段審査会を年2回と限定して行っているので、審査会から審査会までの間を上半期、下半期

に分け稽古最多出席賞を表彰しているが、勿論大きな大会で優勝することも偉業であり人並み外れた

努力が要求される・・・常々言う事だが空手の稽古に期限は無い!人との比較でも無い、いつまでに

何をしなくては、いけないと言うものでも無いし、どこまでやったから終わりと言うものでも無い

その意味ではそれぞれの目標を持ちそれぞれのペースで稽古を行っていけばよい、但し大会で優勝する

試合に勝つと言うのであれば、それは話は全く別だ、そんなに甘いものでは無い!最も稽古し最も

努力した者が勝つ!これは空手に限った事では無い、一番になると言う事は、その目標に臨む為に

最も多くの犠牲を払える者が一番に成れるのだと先生は思います、その意味でこの賞は最も栄誉ある

賞であると共に努力をすれば全ての稽古生に受賞のチャンスを与える賞で有る。




2014年10月12日(日)

2014年度後期、国際福祉空手道連盟拳成館 第14回昇級・昇段審査会PARTⅥ

テーマ:道場行事
                            中級・上級移動審査



























                              初級型審査




























                              中級型審査









                              上級型審査





















2014年10月11日(土)

極真会館 第9回 北海道空手道選手権大会 選抜参加選手決定!

テーマ:大会
                昨年の極真会館 第8回 北海道空手道選手権大会の模様・・・





                        杉山大晟 2級(茶帯)北海道初参戦!



      吉田侑奈 3級 (紺帯)2013年、第10回マス大山メモリアルカップ優勝、極真会館 第8回

      北海道空手道選手権大会優勝



      佐藤環 2011年、第8回極真チャレンジカップ準優勝、第1回極真型競技選手権大会優勝



      マドム ミカイラ クリスタル 2013年、第10回マス大山メモリアルカップ優勝、極真会館

      第8回北海道空手道選手権大会準優勝



         高治李琉斗 2013・2014年、第10回、11回マス大山メモリアルカップ準優勝



                        出岡志堂 6級(黄帯)北海道初参戦!



極真会館 北海道空手道選手権大会は北海道の各地区大会で優勝、準優勝他成績を残した強豪の集まる

言わばチャンピオンシップ、非常にレベルの高い大会です、今年も胸を借りるつもりで挑んで

井の中の蛙に成る事無く、この大会で勝てるか勝てないかが全国レベルに通用するか?真価の

問われる大会と言っても過言ではない、皆参戦する以上は『勝つ為』に全力で戦って下さい。

2014年10月10日(金)

2014年度後期、国際福祉空手道連盟拳成館 第14回昇級・昇段審査会PARTⅢ(上級受審連続組手

テーマ:道場行事
                   谷崎竜児、2級(茶帯)受審連続八人組手























                       村形佳郁、2級(茶帯)受審連続八人組手


























                   永村ナオミ、2級(茶帯)受審連続八人組手


















                    佐々木莉玖、2級(茶帯)受審連続八人組手







































                     梅田歳雄、2級(茶帯)受審連続8人組手






































皆よくやり通しました!苦しさ、恐怖心、痛みから逃げず一歩も下がらず立ち向かって行く気合、

自分の五体だけを頼りに目標を完遂した経験は今後の人生を生き抜いて行く上でも大きな自信と糧に

なってくれる事でしょう。


                   ※引き続きPARTⅤで公開致します。
2014年10月10日(金)

2014年度後期、国際福祉空手道連盟拳成館 第14回昇級・昇段審査会PARTⅢ(上級受審連続組手

テーマ:道場行事




                   小野寺伊織、4級(緑帯)受審連続五人組手










                     村形眞緒、4級(緑帯)受審連続五人組手











                    粟津原晟名、3級(紺帯)受審連続六人組手















                    藤本祥多、3級(紺帯)受審連続六人組手
















                     中川慶洋、3級(紺帯)受審連続六人組手




























                       ※引き続きPARTⅣで公開致します!
2014年10月07日(火)

2014年度後期、国際福祉空手道連盟拳成館 第14回昇級・昇段審査会PARTⅡ

テーマ:道場行事
                    昼食を挟んで、緊張がとかれる一時。。。































午後は上級受審者の連続組手、皆緊張の面持ちだが、こんな時、一般的には「緊張するな!」と

声を掛けるのでしょうが「緊張しろ!それも修行の内だ!」と先生から厳しい気合が掛けられる。



















                  ※引き続き審査会の模様はPARTⅢで公開致します。
2014年10月06日(月)

2014年度後期、国際福祉空手道連盟拳成館 第14回昇級・昇段審査会PARTⅠ

テーマ:道場行事
10月5日(日)2014年度後期、国際福祉空手道連盟拳成館 第14回昇級・昇段審査会を

執り行いました、台風大雨にも関わらず大勢の保護者の皆様にも応援、お手伝いにお越し頂き

長時間に渡りお疲れ様でした、また今審査会には修心会館より関谷敏宏主席師範、並木崇行先生

栗原由典先生にお越し頂き審査にお立会い頂き、関谷師範には連続組手の主審を裁いて頂き

長年修行を積んできた受審者に花を添えて頂きました、関谷師範をはじめ修心会館の皆様、遠方より

お越し頂き長時間に渡りお付き合い頂き本当に有り難うございました、この場をお借りして心より

感謝申し上げます。












                         準備体操を兼ねた柔軟度審査















                         中級・上級基本審査(手技)

























                             初級基本(手技)









空手の審査会とは空手の言わばテスト、だから答えは教えない!と日々の稽古では厳しく告げてあるが、

拳成館では審査時、初級にはワンポイントアドバイスとして解説を行う、何故なら審査であれ、大会であれ

全ては稽古、修行の一環であり、この時こそ皆の集中力が最も高まる機会だからです。

































                             上級移動(足技)








                             初級移動(足技)
























     ※型審査・組手審査の模様は引き続PARTⅡで公開致しますので、しばらくお待ち下さい。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>