国際空手道連盟極真会館主催第12回マス大山メモリアルカップ一般女子軽量級チャンピオン! 永村セリナ、決勝戦再延長中段飛び後ろ蹴り一本勝ち!動画




       国際福祉空手道連盟 拳成館




※幼、少年部は、礼節を重んじ、いじめられない、いじめない強い心と強い身体の育成!




※女子部(主婦・OLクラス)は、美容と健康を主体に身体の中から美しく!




※一般、壮年部は、年齢体力に合わせて初心から選手まで無理なくその人に合った指導を行


ます。




           無料体験入門、常時受け付け中!!★



$大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG

    $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG
    $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG $大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG

$大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG

$大和市実戦空手道場 KENSEIKAN館長BLOG


      





     INTERNATIONAL WELFARE KARATE FEDERATION KENSEIKAN






 

            TELお問い合わせ 電話 046-271-0880






      心 技 体






                    KENSEIKAN 館長              BLOG





★拳成館NEW公式ホームページ!見学、入門のお問い合わせは


  こちらから下記URをクリックして下さい。


 http://www.kenseikankarate.jp/ NEW 



★拳成館、動画をまとめて見ることが出来ます。目



               http://www.youtube.com/user/bosskurosawa3851?feature=mhum



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月28日(月)

11月12.13日第3回修心会館技術講習会・座禅会・お泊まり会

テーマ:道場行事

 

11月12・13日執り行われた第3回修心会館技術講習会・座禅会・お泊まり会

 

今回で3回目となる修心会館技術講習会、修心会館館長、関谷宏幸館長の御好意で

 

修心会館本部道場でのお泊まり会と言う形を取らせて頂き、参加者全員で自炊をして

 

カレーライスを作って皆で食べると言う貴重な経験を子供達にさせてやる事が出来ました、

 

入浴は修心会館本部道場隣に有る大円寺さんの大浴場をお借りさせて頂き、皆で寝袋で

 

寝ると言う子供達には大変楽しい一時と成りました、二日目は大円寺本堂にて本格的な

 

座禅会、厳粛な空気の中、これもまた中々機会の無い経験を子供達にさせてやることが出来

 

ました。二日目の技術講習会には今回、日本人初ムエタイ世界チャンピオン、初代全日本

 

キックボクシング全日本チャンピオンの藤原敏男会長をお招きして、元全日本キックボクシング

 

全日本チャンピオンの破天荒塾、金澤久幸師範、ドージョー・チャクリキ・ジャパン古河の

 

相澤宏使師範、各先生方が培われて来られたクオリティーの高い技術をご指導頂きました。

 

同じ志を持つ者同士、道場、流派、競技の垣根を越えて技術の交流を図る場として素晴らしい

 

企画を主催して下さいました、修心会館 関谷敏宏師範、陰で支えて下さいました奥さま、

 

遠方までお越し頂き二日間に渡りお手伝い下さいました拳成館保護者の皆様、ご賛同下さり

 

お力添え頂きました藤原会長始め諸先生方にこの場をお借りして心よりお礼申し上げたいと

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        大円寺本堂で行った座禅会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         第3回修心会館技術講習会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月15日(火)

『2016年度、国際福祉空手道連盟 拳成館、忘年会のお知らせ』 『年末年始道場行事予定・お休み』

テーマ:お知らせ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月16日(日)

拳成館女子部の『竜虎』・・セリナ先輩、遥加先輩!

テーマ:ちょっとしたお話し・・・
                    こんなに可愛いかった・・・ついこの間の様(笑)







                               高校入学時





                            1級(茶帯)取得時











                    すっかり立派に成りました!先生も歳とる訳だ。。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月08日(土)

2016年度後期、第18回昇級・昇段審査会PART1

テーマ:道場行事
10月2日(日)執り行われた、2016年度後期、第18回昇級・昇段審査会、今審査会は

天候不順により、市内の小学校のほとんどで土曜日に予定されていた運動会が日曜日に順延となり

多くの少年部が欠席と成ったが、11年の修行をへて五島寛人(初段)が二段受審、連続20人組手に

挑戦、先日執り行われた国際空手道連盟 極真会館主催、第12回マス大山メモリアルカップで見事

念願の優勝を果たし一般女子軽量級チャンピオンに輝いた永村セリナ(1級)が満を持して初段受審、

連続10人組手に挑戦、出岡志堂(3級)が2級茶帯受審、連続8人組手に挑戦、三人とも素晴らしい

内容で完遂した。

今審査会には、修心会館より関谷宏幸館長をはじめ関谷敏宏首席師範と奥様、奥田和也先生と皆さんで

お越し下さいまして、審査会及び連続組手にもお立会頂きました、お陰様で長年厳しい修行に耐えて

付いて来た愛弟子達に内容の濃い意味の有る審査を受審させてやる事が出来ました、この場をお借りして

心より感謝申し上げたいと思います。押忍。



                            準備運動(柔軟度審査)






















   
                         棒飛び(ジャンプ力・柔軟度)















                            上級(基本手技審査)



























                            上級基本(足技審査)













                           基本初級・中級(手技)















                 ※手刀内打ち、引き手の残し方、溜めの作り方の解説・・・





















               ※円形逆突きの解説(意識の転換、重心移動、掛け手の使い方)



















    上級移動審査(前屈立ち前蹴りから鶴足立ち裏拳、足刀横蹴り、引いて45度前屈立ち逆突き迄











後屈立ち前蹴り、一歩出て手刀受け引き手を取って諸手突き前の手を引き手にして前屈立ち中断逆突き

半歩踏み込んで一直線上騎馬立ち猿臂突き込み裏拳まで・・















              騎馬立ち猿臂、掛け手から裏拳、下段払い(鉄鎚)逆突きまで























                    三戦逆突き、内受け裏拳、引いて猿臂、鉄鎚まで























              五島寛人、二段受審(連続20人組手)





              永村セリナ、初段受審(連続10人組手)





              出岡志堂、2級茶帯受審(連続8人組手)





          修心会館、関谷敏宏首席師範と先生との特別演武組手!



※詳細は、館長facebookでも投稿しております、誰でも閲覧できる様、公開してありますので

ご自由にご覧下さい。

拳成館館長facebookhttps://www.facebook.com/kantarou.kurosawa?ref=tn_tnmn

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月18日(日)

国際空手道連盟 極真会館主催、第12回マス大山メモリアルカップ

テーマ:大会
9月17日(土)開催された、国際空手道連盟 極真会館主催、第12回マス大山メモリアルカップ

杉山大晟(初段)高校生男子軽量級優勝!長村セリナ(1級)一般女子軽量級優勝!

高治李琉斗(3級)小学4年生男子優勝!齋藤利桜(無級)幼年の部優勝!

4人のチャンピオンが誕生しました、素晴らしい舞台に参加出来る機会を作って下さった、国際空手道連盟

極真会館の大山喜久子代表、鈴木義和館長、冨高泰至先生他、関係者の皆様、又遠よりお越し頂き

長時間に渡り応援お手伝い下さいました修心会館、関谷敏宏師範、日頃より指導方針をご理解ご協力

頂き応援して下さいました保護者の皆様にこの場をお借りして心よりお礼申し上げたいと思います。







毎回、大会が終わった後にはっきり言う事だが、勝った者も負けた者も十把一絡げに“皆よく頑張った”

と言う様な評価は拳成館では絶対にしない!やはり負けた者より勝った者の方がより努力をした

と言う事であり、勝った者を称賛し負けた者に苦言を呈する事は、差別では無い!区別であり

これは明確に分けて評価する、試合前にも散々言って来た事だが、拳成館の空手は先生が学んだ

極真空手の時代から勝負偏重実力至上主義である、世間ではナンバーワンよりオンリーワン等と

言う言葉が持てはやされる昨今だが、否定はしないが、それは他でやれ!と明言して来た、道場は

歯を食い縛り厳しさを学ぶ場所だ、大会も出る前から勝っても負けても一生懸命頑張ればそれで良い

と言う者もいるが、戦う前から負けても良いと思うなら出るな!出る必要無し!出る以上は勝つ為に出るのだ!

と厳命している、勿論、勝負である以上勝つ者がいれば必ず負ける者もいる、勝てる時ばかりでは

無い、強くても勝てない事などいくらでも有る、強いから勝てるのでは無い、勝った者が強いのだ!と

全力で戦って負けた者を責める訳では無い先生も沢山負けて来た、戦って負けた者を敗者とは言わない

戦わずに逃げた者を敗者と言うのだ!と、今回優勝した杉山大晟、永村セリナ、高治李琉斗も当たり前に

優勝を勝ち取った訳では決して無い!負けても負けても勝てなくても勝てなくても、あきらめず、折れず

腐らず、挑戦し続けた結果、掴み取った勝利だと言う事を明言する。












永村セリナ、一般女子軽量級優勝!決勝戦再延長、中段飛び後ろ蹴り一本勝ち!動画








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月30日(火)

国際福祉空手道連盟 拳成館、公式HP大会他行事日程更新

テーマ:お知らせ
※大会他、行事日程を更新致しました、下記URをクリックして下さい。

                        http://www.kenseikankarate.jp/





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月04日(木)

野崎拓巳、黒帯再受審連続10人組手!

テーマ:ブログ開始にあたって・・・
先日、南林間道場一般部稽古の中で野崎拓巳の黒帯再受審連続10人組手を執り行いました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、野崎拓巳は十一年前、拳成館設立当初、最初に入門

して来た一期生の一人です、幼稚園を卒園し小学校に上がると同時位の入門でした、現在黒帯の

二名、五島寛人、杉山大晟、茶帯(1級)の永村セリナ、小田遥加((2級)永村ナオミらが同期ですから

皆十年、十一年修行を積んでいる事に成る、設立当初は現在ほど生徒数も多く無く又先生も十年若かった

せいもありこの一期生達は、マンツウマンで特別厳しく育てた(今が厳しく無いと言う事では無いが笑)

小学校の6年間はほとんど毎日、休むこと無く稽古を続け、身体は小さかったが、天性的な運動神経

センスを兼ね備え、稽古熱心さと重なり大会でも数多くの実績を残した、小学校卒業、中学進学を

機に6年生時には茶帯(1級)を巻かせていたので、本人のたっての希望も有り黒帯を受審させた

今回『再受審』とした経緯に付いて・・・まず帯の受審と認定については何度かこのブログにも書いて

来ているが、当然、組織でありひとつの流派を掲げている以上、国際福祉空手道連盟拳成館では、

独自の規定、基準を定めている、基本的に直接打撃制(フルコンタクト空手)のパイオニアであり、

先生自身が数十年に渡り修行を積み段位を取得した国際空手道連盟極真会館の規定、基準をベースに

しているが、半世紀以上前に制定されたものであり、昇段・昇級審査基準だけに限らず、大会の

ルールも含め、当然環境は大きく変化している、四十年以上前、先生が極真空手に入門した頃は

全くと言う事では無いが、女子や子供の稽古生はほとんどおらず、大会のルールも帯の昇段基準も

あくまで血気盛んな十代、二十代の現役バリバリの真に最強を求める若者を基準に考えられたものだと

思われる、素手素足でど突き合うのは、成人男子を前提としている、しかしこの半世紀、空手を

取り巻く環境は大きく変化をとげ、子供達の競技人口は爆発的に増加した、また女子、壮年の需要

も増え、その結果、潜在的な身体能力、体力、体格、性別に合わせカテゴリーを分け、試合時間、

ルールも改定され、直接打撃制とは言っても防具などの着用も進化を遂げて来た、帯の昇段に付いても

現在は極真会館を初め、各流派(ジュニアの黒帯)と言う制度を設けている道場が多い様だ、

子供と言えども幼児、あるいは小学校入学と同時位に入門し週5日、6日と5年6年修行を積めば

基本、移動、型、組手とかなりのレベルに達する生徒も出て来る、技術的に黒帯の審査基準を満たした者

には小学生でも黒帯を受審させ、ただし体格等を踏まえ、黒帯を取得しても(ジュニアの黒帯)と


一般(正規の黒帯)を取得したければ身体が出来上がり適正な年齢に成ってから一般の有段者を

相手に改めて連続組手を再受審完遂して允許されると言うシステムを導入している・・・

各道場、流派の方針、基準に異論を唱えるつもりは一切無い、道場経営の金銭的問題も含め、それぞれの

考え方が有って然るべきである、しかし拳成館では、黒帯は黒帯であって、黒帯にジュニアも一般も無い、

と言う考えのもと、この様な分け方は行っていないし、今後もこの考えは変わら無い!

従って黒帯の受審はかなり厳しいものになる、心、技、体共にその基準に満たされたと判断した者

にしか受審自体を許可しないし、危険も伴うので未成年者の場合、保護者の同意も必要とする、

野崎拓巳に関して言えば、稽古量、技術レベル、その他を含め中学進学時に特例で受審を許可したが

ただし、条件付き!身体の成長も含め、あくまで全てここが初め!ここから全てが初まるから、

『初段』だ、これを糧にして、今後益々精進を重ね名実ともに何処へ行っても通用する黒帯が巻ける様

更に稽古に励む覚悟が有る!と言う約束のもと黒帯受審を許可した・・しかし約束を不履行し、

黒帯を出した途端、中学進学と言う環境の変化も有っただろうが、逃げた!

道場を辞める事は一向に構わない、『去る者追わず来る者拒まず』が確固たる指導理念だ、

※この考えについても何度と無く書いて来ているが・・

しかし約束の不履行を認める事は出来ない、一度認めて出した黒帯は逃げて辞めようが他流派に

移籍しようが、黒帯は黒帯、相撲の横綱と一緒で、一度取得した黒帯に降格は無い!と言うのが

先生の考えであり、だからこそ繰り返す様だが、黒帯を允許すると言う事には厳しい判断をしなくては

成らない、(当道場の黒帯を巻くと言うことは、資格と同時に肩書きでも有り個人の名前の前に

国際福祉空手道連盟拳成館の黒帯○○○○に成るのだと言う自覚と責任の持てる者にしか帯は巻かせない!)

従って国際福祉空手道連盟拳成館では、勘違いするバカもいるので、黒帯受審時、他の帯同様

合格すれば帯は出すが、認定証は更に一年後に発行する、帯と認定証が揃い真の有段者となる・・・

この仕組みは師である、先日他界された故大山茂師範の道場に習ったことであり、先生自身もそうやって

段位を取得して来ました、大山茂総主が口癖の様に言われていた事は、『生徒に感情移入するな!生徒を信用するな!』

でした、生徒との信頼関係、心と心の繋がり・・綺麗ごとを並べる輩はいくらでもいるが、

世界数十ヵ国数千人の門弟をもち現在、各流派の長と成られているような、チャンピオン、高弟も

大勢育てられて来た名実共に世界最高峰の指導者であるからこそ詭弁を使わず伝えてくれた言葉であり

現在、小さいながらも一つの組織の長として、また指導する者として、この言葉の真意を痛切に

感じずにはいられない。

よって野崎拓巳は正式に国際福祉空手道連盟拳成館の黒帯を取得していない、これが一つの理由、

そして今年の年明け4年振りに突然、拓巳からお話しを聞いて頂きたいので、お会いして下さい!

と連絡が有った、「道場に戻りたい!」と言うのが意向であったが、勿論、来る者拒まず!で先生の

解答は「稽古する気があるならいつでも戻って来い!」だったが、いくつかの条件を付けた、

お前が逃げている間の四年間、苦しい稽古に耐え今だ茶帯を巻いて精進をしている仲間もいる、

言い訳をすれば彼ら彼女たちも皆同じ、その間、部活、受験、アルバイト、塾と厳しい環境の中

泣き言一つ言わず、立派に本分を貫きつつ空手も続けて来た、彼ら彼女達の努力に対する敬意として

のこのこ戻ってきたお前にはいそうですかと黒帯を巻かせる訳には行かない!又お前がさぼっている

間も毎日稽古して来たメンバーの中に入って黒帯巻いて立っていられる程、甘い世界では無い!

黒帯巻いたら自分の居場所が無くなるぞ!と言う配慮から本当に稽古する気があるなら白帯巻いて

戻って来い!と命じた・・・本人の話は、今年の8月にアメリカに留学する事が決まり今その為に

アルバイトもしている、一つの目標に向かい色んな問題もある、だけど全ての物事に対峙した時

自分を支えてくれるのは、小学校の6年間ではあるが、ひたすらに全力で稽古した空手であり、

その空手が自分の全ての自信や力の源に成っている!しかしその空手ですら、やり残し逃げた思いは

どうしても拭えず、どうしても渡米する前にもう一度稽古し直したい!と言って来た、

『言うは易く行うは難し』話半分にしか受け止めてはいないが、親の反対を押し切っての留学と

言うことも聞いたので、一度逃げて退会している以上、再入門となるが、月謝も含め一切お金は

要らない、先生からの留学に対する餞別だと思って貯金しろ!その変わり一度脱ぎ捨てた道着に

袖を通す以上、今度脱いだら二度と道着に袖を通す事は無い!と言う覚悟を持って稽古しろ!

言葉に嘘が無いのなら、アメリカに渡っても稽古は出来る、戻ってからも稽古は出来る、先生が

居なくても一人ででも何をどう稽古すれば良いのか?自分一人でも稽古出来る様に成った人間の事を

『黒帯』と呼ぶのだ!と告げた・・・改めて半年間の稽古を経て今回の『黒帯再受審』の経緯だ。










これは彼女達の名誉の為にも敬意を払って明言するが、決して彼女達の実力が十人組手の相手を

するのに、物足りないとか、女性蔑視と言う事では決してない、十年精進して来た彼女たちの技は

大の男でも一発でKOするだけの威力を備えている、しかし潜在的に、男性と女性では身体能力に

違いがある事も特に一般になれば事実、前記して来た経緯も含め先生の判断で今回、連続10人組手

のメンバーには入れなかったが、小田遥加は幼稚園からの盟友、永村セリナも一緒に汗を流して来た仲間だ

連続10人組手に先立ち二人も組手を行った、現実には12人組手と言う事になる。


                             小田遥加











                              永村セリナ











                    連続10人組手動画






※最後に成りますが、拳成館では、昇級・昇段審査会は前期、後期に分け年2回(半年に一回)

と定めている、これに付いても各道場、各流派それぞれの事情、お考えがあると思いますので、

他道場の方針に異論を唱えるつもりは一切有りません・・しかし生徒も増え十年もやっていると

色んな人間がいる、これもいつもお話しさせて頂く事だが、生徒、弟子と保護者は全く別であり

保護者の皆さんは、言わばお客様先生を信頼し大事なお子さんの教育の一端を委ねてくれる方々だ

空手の世界で修行を積んで来られた訳では無いが、社会人としては大先輩もおられる、敬意を持って

接するべきと言うのが先生の考えです、指導方針、指導内容を理解して頂く為にも拳成館では、

基本、見学を許可している、と言うより積極的に見学を促している、(フルコンタクトの空手道場では

見学を不可にしている道場も多い様だが)空手の世界で修行を積んで来た訳では無いのである意味

解らない事が有っても当然だ、中にはガムを噛んで道場に入って来る人、帽子をかぶったまま見学を

しようとする人、携帯で話し出す者、写真を撮りだす者・・・審査会当日は旅行に行くので、

翌週に改めて審査をしてもらえ無いか?と言って来る人と笑うかも知れないが、色んな方がいる、

しかしこの世界にいないのだから、ある意味、解らないのは仕方の無いことである、だからこそ

こうやって情報配信して行くことも重要と考えます、色々今回の10人組手にはお問合せも有りましたので、

改めて審査会は年2回のみ、今回の10人組手はあくまで一般部の稽古の中で執り行ったもの、

一般部に関しては基本、見学不可!但し全てに先生の判断が優先する。


             小学生時の野崎拓巳の型、最前列向かって右側・・・




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月26日(火)

2016年度、第11回拳成館夏季合宿in西湖

テーマ:道場行事
7月23日・24日執り行われた2016年度、第11回拳成館夏季合宿in西湖!

今年で11年目に成る拳成館の夏季合宿、ここ5年は伊豆の下田での合宿が例年恒例に成っていたが

今年は富士五湖の一つ西湖の湖畔で合宿を行いました、素晴らしい自然環境の中2日間『強化合宿』

と言う本文を貫きつつ、1年に一回の思い出作りにも成る様、参加者全員が充実した時間を過ごす事

が出来たことと思います。

突き蹴りの技術は勿論のことですが、それ以上に厳しい班体制を組み、短い時間では有りますが、

団体生活、集団行動を行う中で『権利と義務』『罪と罰』をテーマに依頼心を持たない自主性や

責任、自分だけ良ければいい!と言う様な利己主義を否定し常に人を思いやる気持ちの重要性を

ぬるま湯に浸かった環境から離れ、学ぶ事が出来たのでは無いかと思います。

ご協力頂きました保護者の皆様に於きましては2日間、本当にお疲れさまでした、この場をお借りして

心より感謝申し上げます、11年間、事故、怪我も無く今年も無事、安全な合宿を執り行うことが

出来たことは皆様方のご協力が有っての事と改めて痛感しております。

最後に成りましたが、今年で4年目、毎年お忙しいスケジュールの合間を縫って参加、ご協力

下さいました、破天荒塾代表 金澤久幸師範に拳成館一同お礼申し上げます。押忍。



初日、体育館を貸切り4時間通しで行われた合同稽古!持病の偏頭痛発症により、稽古欠席した

1名を除き参加者全員が最後まで気合の入った稽古をやり抜いた!


                            柔軟・準備体操・基本





































































































                         実戦組手技術講習、下段受け返し































実戦組手講習、中段後ろ蹴り!・・・日々の稽古でも良く話しすることだが、空手の稽古は、

書道に通ずる所が多いと思う、『楷書』は言わば基本、それに対し『草書』は実戦だ、楷書(基本)

無くして、いきなり草書が書ける訳では無い、かと言って実戦(実用)で一文字、一文字、楷書で

描いていたのでは、実用的では無い、空手で言えば、基本が有って変則、応用は良い、しかし、

基本無くして、変則だけを追いかければ行き詰まる事と成る!基本から入り基本から抜け、又基本に

戻ることが重要。

                              基本の後ろ蹴り

基本では、膝のかいこ込み、引き付けや、軸、回転を反復して学び踵で真っ直ぐ突き刺す様に蹴る!








しかしモーションの大きい技なので、鍛えている者同士では相手も稽古している、相手もやられたく無い!

中々決める事は難しい、実戦では飛んでスピンを掛ける事でスピードを上げ、ショウトレンジでフック

して蹴る中段飛び後ろ蹴りが実戦的だ、今回の合宿では改めてこれをやり込んだ!











                                 三戦



































                 ※引き続き夏季合宿の模様はPARTⅡで公開いたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月16日(土)

拳成館、設立10周年記念Tシャツ、デザイン完成!

テーマ:お知らせ
拳生館、10th Anniversaly Tシャツ、デザイン完成!

10周年記念と言う事で、今年はかなり凝ってフルカラーバージョンに致しました、例年より

少々お値段、高めに成りますが、記念の品なのでご了承下さいあせる

※プライスが決まり次第、順次販売受付致しますが、7月23日・24日に行う拳成館夏季合宿

には、納品が間に合いませんので、合わせてご了承下さい。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月15日(金)

『国際福祉空手道連盟 拳成館』社団法人化に伴う新徽章

テーマ:ちょっとしたお話し・・・
国際福祉空手道連盟 拳成館は公式な組織では無いが10年前の常設道場開設当初より、

株式会社拳成と言う法人を設立し道場経営の運営を行って参りました、昨年設立10周年を

迎え新たに幅広い活動を行って行く為に国際福祉空手道連盟 拳成館自体を社団法人として

法人化する準備を現在進めております、これに先立ち今回作成して頂いた新しい館の『徽章』です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。