ボンレスハム工場

あいだりぼん(会田莉凡)のblogです。
食べることが好き。人一倍以上、食べます。グルメではなく美味しいものが好き。でもヴァイオリンも弾きます。
サイドバーに演奏会情報を載せています♪

ハートNEWS

CDが発売になりました!

2016年5月25日にマイスターミュージックより、
ヴァイオリニストの川田知子先生とのヴァイオリン・デュオのCDが発売になりました。

「恋とはどんなものかしら」~カワダ・トモコ・デュオ~


ドキドキ関連記事→【お知らせ】初のCD発売!

ドキドキ収録曲→
01-03.ヴィオッティ:3つのヴァイオリン二重奏曲 作品29 第1番 ニ長調
Ⅰ.Allegro vivace
Ⅱ.Andante
Ⅲ.Allegro scherzando e vivo
04-06.ヴィオッティ:3つのヴァイオリン二重奏曲 作品29 第2番 イ長調
Ⅰ.Moderato assai
Ⅱ.Andante con moto
Ⅲ.Allegretto piuttosto vivo, ma grazioso
07-09.ヴィオッティ:3つのヴァイオリン二重奏曲 作品29 第3番 ハ短調
Ⅰ.Maestoso moderato e con molta espressione
Ⅱ.Adagio
Ⅲ.Allegro agitato assai
10.モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より~恋とはどんなものかしら
11.モーツァルト:歌劇「魔笛」より~私は鳥刺し
12.グルック:精霊の踊り
13.ショパン: 前奏曲 作品28-4
14.マルチェッロ:アダージョ オーボエ協奏曲より
15.J.S.バッハ:ラルゴ BWV 1056
16.ブラームス:子守歌 作品49-4
17.スーク:メロディー
18-20.シュポア:3つのヴァイオリン二重奏曲 作品67 第2番 ニ長調
Ⅰ.Allegro
Ⅱ.Larghetto
Ⅲ.Rondo, Vivace

ドキドキ試聴→HMV公式サイト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音符サイドバー左(PCのみ)にすべての演奏会情報を掲載しています!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本→ルーマニア旅行記「ルーマニアの旅・1日目~7日目♪
twittertwitter→「violibon
facebookFacebook→「Ribon Aida

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


テーマ:


先週は別々のお仕事で、群馬県と静岡県に行ってまいりましたウインク音符


群馬県は、
今年2度めの群馬交響楽団に客演コンサートマスターとして伺いましたキラキラ


今回は高校生対象の音楽鑑賞教室でしたが、
メインが、
ルンルンブラームスの交響曲第1番ハ短調
というなかなか重いプログラム!!


‥‥ちなみにこの曲の2楽章には超有名なコンサートマスターのソロがあり、
オーケストラのオーディション(コンマスの)では必ず課題になりますニヤリ

普段の定期演奏会などならまず「客演(ゲスト)」に回ってくることは無いのですが、
今回は2年前のシェエラザードにつづき、機会を頂けるとのことでしたので、
是非に!と思い勉強させていただきました。


指揮は偶然にも前回の1月につづき、大井剛史さん、
そしてこの公演の前半のヴァイオリン・ソロは
桐朋の後輩・吉田南ちゃんでしたキラキラ



前日リハーサル後の昼食おにぎ
大井さんと南ちゃんと群響の方で大変盛り上がりましたルンルン

南ちゃんはこの2日前がお誕生日で19歳になったバースデーケーキとのことで、
わたしが「やっぱり若いなあ!」というと、
大井さんが、
「僕が最初に会田さんに会った時、19歳だったよ!」
とおっしゃられ、ビックリ!!
そうでした。。
7年前の仙台国際音楽コンクールの予選、モーツァルトの協奏曲4番を大井さんに指揮して頂いたのでしたびっくり!




リハーサルはとても早く終わってしまったので、
夜は秋吉台やその他でもお世話になっている、
ヴィオラの小野美子ちゃんとご飯に‥‥ピンクハート

学年も学校も楽器も違うけれど、
楽しい話がたくさんグラサンキラキラ


群馬駅構内の釜飯「おぎのや」では釜飯定食がたべられるのですっハート
(今回知った)

{C5C512C4-083B-4CEF-85DA-8F776310D453}




そして翌日、共愛学園の礼拝堂での公演。
ゲネプロの様子キラキラ
{021FDA65-3EEC-419D-810C-F42A56FC0DE4}


南ちゃんは
ルンルンサン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ
ルンルンサラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
をソリストとしてキラキラ


国際コン入賞経験もある彼女、本番の集中力は抜群で煌びやかな音色が素晴らしかったですピンクハート

オーケストラ側としては
ロンカプもツィゴイネルワイゼンも合わせものの中でも難しめでしたが、
大井さんの明確な指揮と、群響の皆さんの柔軟な音楽でピタリと進んでいきましたラブラブ

個人的にロンカプは、
大学4年の時の桐朋祭の超絶技巧選手権でコンマスとして4人のソリストと弾いていたので、
とても懐かしかったですピンクハート




そして後半の「ブラ1」。
これもその年の桐朋祭で下野竜也さん指揮でコンマスをした思い出の一曲でしたが、
プロオーケストラでは初めて。。キラキラ


スコアを読み直し、時にはYouTubeをみたりして、
緊張感はありましたがワクワクもしながら勉強させていただいておりました!


その時にみつけたYouTubeグラサンキラキラキラキラ
1992サイトウキネン!!!
全員おわかりになりますか‥‥ハート?笑
{4DE3ED3E-6DC7-4B9B-B315-33EF1B561888}




ソロ部分に関しては、
覚悟を決めて(?)練習していましたが、
その直前の秋吉台のセミナーでの
白井圭先生のオケスタ講座ラブラブで弾かせていただき、
白井先生だけでなく、川田知子先生や須田祥子先生からも細やかなアドバイスをいただいたことで、
とても励みになり、また目標も明確になりましたえーんキラキラ


何故か自分ではなかなか実演に接することがなかったのですが、
その中でも宮崎やアルテアでの三浦先生、都響での矢部さん、新日フィルでの西江さんのソロやコンマスのお姿はとっても素晴らしく印象に残っていて、
今回もアドバイスを伺うことができ、本当に恵まれているなと思いました(>_<)キラキラ


本番もやはり緊張はしましたが、
かれこれ4年間お世話になっている群響のみなさまにあたたかく迎えていただき、
この日も気持ちよく弾かせていただきましたルンルン
シンフォニー全体も含めて、弾かせていただけたことは
本当に貴重な経験で、また一歩大きな階段を上らせてもらった気持ちです!
本当に感謝申し上げますピンクハート



帰りの群馬駅で南ちゃんとピンクハートハートかわいいラブ
{D2B98966-EE42-40A2-AA1A-51D86EA88371}







そして29日と30日は、
静岡県浜松市に学校コンサートで行ってまいりました!


こちらも秋吉台のセミナーがきっかけでご一緒することになった、
ピアノの五味田恵理子ちゃんとピンクハートハート
{F1373D49-8C0B-462D-87FD-78F1D87295AA}



カワイ音楽振興会の主催でのコンサートなので、
なんと世界に一台しかないキラキラローズウッドのシゲルカワイが!!


調律師さんもカワイからいらしたのですが、
私も今度初めて伺う、秋吉台の姉妹版・飛騨音楽セミナーにも調律師としていらっしゃり、
校長(!)の金木先生、講師の麻紀先生と慎崇先生も素晴らしい!と絶賛された方々で、
本当に完璧にサポートしていただきましたハート


恵理子ちゃん練習中!
{A6051B48-521A-4E04-BA56-6C3844C49052}



体育館で、この季節独特の湿気も多く‥‥
と思っていたのですが、
大変豊かな響きで、最近研究している楽器の鳴らし方や音の飛ばし方も試すことができました!



今回演奏したのは
ルンルンエルガー:愛の挨拶
ルンルンサラサーテ:序奏とタランテラ
ルンルンショパン:ノクターン変ホ長調
ルンルンクライスラー:愛の喜び、愛の悲しみ
ルンルンシューマン=リスト:献呈
ルンルンモンティ:チャールダーシュ
でした!


お話を挟みつつの45分間でしたが、
全校で300人余りの学生さん、とても集中して聴いてくれ、
また質問コーナーでは元気よく、
校歌もたのしく共演してくれて、
こちらがパワーをもらってしまいました!!キラキラ



そのあとは主催の小山さんが
浜松の楽器博物館へ連れて行ってくださりおねがい



{DE273541-67C3-45E0-9FD2-A5C529D9C975}

{1C8A69C0-3781-4643-9528-82F978553241}


大好きなスチールパングラサン←やりたい
{CB9EA4B4-9B04-455E-96FF-CBFF169BCC97}


二胡に挑戦!
けっこううまい←自画自賛
{C6F549E1-5825-4A8F-B31A-BEDAA053ADCB}




そのあとは恵理子ちゃんとふたりで、浜松を満喫ラブラブラブ


「まずは鰻でしょ!」
{EDB9A58F-4186-499D-9433-F4709EC34102}

有名店の八百徳。
ふっくらで超おいしくて、ペロリてへぺろピンクハート




そのあとは在来線にのって、素晴らしい温泉へピンクハート
{F8A41E5F-EBEA-412B-833E-91319CEFBBD4}

最高すぎて6時間近くいた私たちグラサンキラキラ
恵理子ちゃんとは今回初めてじっくりお話ししましたが、
お姉さんなのに可愛くて、本当に楽しかった‥‥ハート



そしてリフレッシュした翌日もコンサート!

{9FB60435-3F17-4D1B-A6EA-35B0DC56F634}素敵なプログラムを作ってくださっていましたえーんハート




この日はあいにくの雨。
湿度も凄かったですが、、、

以前、テレビでのドキュメントでヴァイオリニストの五嶋みどりさんがお寺や教会で演奏されていたときに、
大雨の中でもお客様が過ごしやすいように、
窓全開で湿気ムンムンになる中弾くことも厭わず、
素晴らしい演奏をされていたお姿を思い出し、
勇気をいただき、
一生懸命弾くことができました‥‥!キラキラ


またまたこちらでも学生さんからパワーをいただき、
チャールダーシュでは、みなさんの間に入って!!

{DF3AEB3E-C96A-40C6-8604-F8C58E1A7C95}

このみなさんのキラキラの表情!




素晴らしい経験をさせていただき、
新幹線に飛び乗る前に、

「あと15分後の新幹線に乗るんですけど‥‥」
とダメ元でお願いしてみたら、
良いですよ!と握ってくれた、浜松駅構内のお寿司屋さんラブラブ

車内で恵理子ちゃんと美味しくいただきました!!!!!
{E909D3DC-7C03-4A15-A344-0353E9F012FB}




たった二日間でも大満足の内容でした!キラキラ

お世話になった方々、そして恵理子ちゃん、
本当にありがとうございましたハートハート





今後のコンサート(7/4更新しました!!)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
演奏会情報ピンクハート7月4日更新!

お問い合わせやチケットのお求めは、
こちら→ribonaida@gmail.com


{01B069EB-EBF1-42CE-B7E7-632DC243A0B1}



7月10日(月)
第836回 定期演奏会Aシリーズ
(エキストラとして参加します)

@東京文化会館大ホール
・19:00開演
・マルク・ミンコフスキ(指揮)、東京都交響楽団
・ハイドン:交響曲第102番変ロ長調、ブルックナー:交響曲第3番ニ短調《ワーグナー》(ノヴァーク:1873年初稿版)

7月16日(日)
MMCJ2017オーケストラコンサート
@紀尾井ホール
・14:00開演
・大友 直人、マイケル・ギルバート(指揮)
・チャイコフスキー:交響曲第5番ほか

7月17日(月)
MMCJ2017オーケストラコンサート
@横浜みなとみらいホール大ホール
・19:00開演
※曲目、出演は16日に同じ

7月21〜8月1日
小澤国際室内楽アカデミー奥志賀
・7月29日:奥志賀高原・森の音楽堂
・8月1日:トッパンホール
・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲「ラズモフスキー第1番」より第1楽章、ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第13番ト長調より第2楽章ほか
(チケット公式サイトにて発売中です!)

8月5日(土)
親子でオーケストラと遊ぼう!
〜仙台フィルが白河にやってくる〜
(コンサートマスターを務めます)

@福島県・白河文化交流館コミネス
・14:45開演
・田中 祐子(指揮)、仙台フィルハーモニー管弦楽団
・グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲、ブラームス:ハンガリー舞曲第5番、ムソルグスキー:「はげ山の一夜」ほか

8月6〜9日
飛騨河合音楽セミナー
(アシスタントとして参加)


8月15日〜
セイジ・オザワ・松本フェスティバル
@キッセイ文化ホール
・8月18,20日:オーケストラコンサートA
・8月25,27日:オーケストラコンサートB
・9月2日:ふれあいコンサートIII
・9月8,10日:オーケストラコンサートC

9月17日(日)
第21回京都の秋音楽祭 開会記念コンサート
(コンサートマスターを務めます)

@京都コンサートホール
・14:00開演
・ルーカス・ゲニューシャス(ピアノ)、広上 淳一(指揮)、京都市交響楽団
・すぎやまこういち:序曲MIYAKO、ショパン:ピアノ協奏曲第2番、ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調

9月18日(月・祝)
第46回サントリー音楽賞受賞記念コンサート
「広上淳一と京都市交響楽団」
(コンサートマスターを務めます)

@サントリーホール
・18:00開演
・広上 淳一(指揮)、京都市交響楽団
・武満徹:From me floes what you call Time、ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調

9月22日(金)
紀尾井シンフォニエッタ 第108回定期演奏会
(エキストラとして参加)

@紀尾井ホール
・19:00開演
・ライナー・ホーネック(指揮、ヴァイオリン)、福士 マリ子(ファゴット)、紀尾井シンフォニエッタ
・〜オール・モーツァルト・プログラム〜ファゴット協奏曲変ロ長調、交響曲第38番「プラハ」、ディヴェルティメント第10番「第1ロドロン・ナハトムジーク」

9月23日(土)
紀尾井シンフォニエッタ 第108回定期演奏会
(エキストラとして参加)

@紀尾井ホール
・14:00開演
・(22日と同じ)

9月28日(木)
クァルテット奥志賀 リサイタル
@名古屋HITOMIホール
・クァルテット奥志賀(会田 莉凡、小川 響子、七澤 達哉、黒川 実咲)
・ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」、ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第2番「ないしょの手紙」、ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」
(チケット承ります!)

9月30日(土)
音楽を愉しむ会
〜会田莉凡ミニリサイタル〜

@神楽坂カフェ香音里
・17:00開演
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、吉兼 加奈子(ピアノ)
・クライスラー:愛の喜び、愛の悲しみ、美しきロスマリン、フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタほか
(チケット承ります!)

10月2日(月)
日本橋アトリウムコンサート
@日本橋三井タワー1Fアトリウム
・18:30開演
・弦楽合奏(コンサートマスター:近藤 薫)
(入場無料です)

10月7日(土)
室内楽
@雑司が谷音楽堂
・15:00開演
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、金木 博幸(チェロ)、五味田 恵理子、正住 真智子(ピアノ)
・ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲「大公」、ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番ロ長調ほか
(チケットのお求めはメールにてお願い致します)

10月15日(日)
第13回身体にいい音楽会
@横浜市栄区民文化センターリリス
・14:00開演
・小林 美樹、会田 莉凡(ヴァイオリン)、須田 祥子(ヴィオラ)、小川 和久(チェロ)、小林 有沙(ピアノ)
・シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」、ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番イ長調
(チケット承ります!)

10月17~19日【非公開】
群馬交響楽団 高校音楽鑑賞教室
(コンサートマスターを務めます)

@群馬県

10月21日(土)
ECO ON!!江古田音楽祭
@武蔵野音楽大学ベートーヴェンホール
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、平野 桂子(指揮)、フェスティバルオーケストラ
・サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン、マスネ:タイスの瞑想曲、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲より第1楽章ほか

11月11日(土)
トリトン晴れた海のオーケストラ
第3回演奏会

@第一生命ホール
・14:00開演
・広田 智之(オーボエ)、トリトン晴れた海のオーケストラ(コンサートマスター:矢部達哉)
・モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」序曲、「セレナーデ・ノットゥルナ」、オーボエ協奏曲、交響曲第39番変ホ長調

11月13日(月)
日本橋アトリウムコンサート
@日本橋三井タワー1Fアトリウム
・18:30開演
・漆原 啓子、会田 莉凡(ヴァイオリン)、大島 亮(ヴィオラ)、金木 博幸(チェロ)、鈴木 慎崇(ピアノ)
・シューマン:ピアノ五重奏曲より第1楽章、ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番より第1楽章、ブラームス:ピアノ五重奏曲より第1,4楽章
(入場無料です)

11月19日(日)
会田莉凡ヴァイオリンリサイタル
@島村楽器 秋葉原店
・15:00開演
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、久保山 菜摘(ピアノ)
・ラヴェル:ヴァイオリンとピアノのためのソナタト長調ほか
(35名様限定/チケット3,500円。お求めはメールにてお願い致します)

11月24日(金)
青根の響きコンサート
@相模原市立青根中学校
・金木 博幸(チェロ)、会田 莉凡(ヴァイオリン)、西尾 真実(ピアノ)
・メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番第1楽章、チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲、ワルツ・スケルツォ、クライスラー:中国の太鼓、モンティ:チャールダッシュほか

11月26日(日)
デュオリサイタル
@名古屋・スタジオハル
・15:00開演
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、務川 慧悟(ピアノ)
・モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタK304、ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番、グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番

12月7日(木)
東京藝術大学大学院 修士リサイタル
@東京藝術大学 第6ホール
・19:00開演
・佐藤 萌(クラリネット)、会田 莉凡(ヴァイオリン)ほか
・ストラヴィンスキー:兵士の物語(トリオ版)

12月11日(月)
日本橋アトリウムコンサート
@日本橋三井タワー1Fアトリウム
・18:30開演
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、金木 博幸(チェロ)、特別編成オーケストラ
・モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調、ハイドン:チェロ協奏曲第2番ニ長調ほか

12月24日(日)
第11回名曲・午後のオーケストラ
(コンマスサイドで出演します)

@アクロス福岡
・14:00開演
・小泉 和裕(指揮)、九州交響楽団
・ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

12月25日(月)
北九州・第九の夕べ
(コンマスサイドで出演します)

@北九州ソレイユホール
・19:00開演
・24日に同じ

===============
2018年
===============

2月24,25日
室内楽
@岐阜県関市
・藤江 扶紀、会田 莉凡(ヴァイオリン)、金木 博幸(チェロ)、黒木 岩寿(コントラバス)、鈴木 慎崇(ピアノ)ほか
・チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲、弦楽四重奏曲第1番より第2楽章、第2番より第3楽章、ボッテシーニ:コントラバス協奏曲第1番ほか

3月4日
オーケストラ

4月14日
協奏曲
・会田 莉凡(ヴァイオリン)、松岡 究(指揮)、成城管弦楽団
・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調

いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)

テーマ:


14日に頂いたお差し入れのお菓子を満喫し、
毎日大好きな紅茶を飲みまくる‥‥幸せな日々を過ごしておりますグラサンキラキラキラキラ




この約一ヶ月ほど。
忙しい時はとても追われていたけれど、
オフもちょこっとあったり、用事がひとつしかない日があったり。


リラックスタイムコーヒーマカロンに当てるも良しグッだけれど、
そんなことしては勿体無い!くらい素晴らしい演奏会が多くて(まあ東京ではいつものことではありますが‥‥)



ここ最近行った演奏会をまとめてみたいと、
いま思いましたおねがい!!唐突!!




まずは宮崎国際音楽祭で、
弾くも聴くもコンサートづくしラブラブだった日々から帰ってきてすぐの、


5月30日


{4451B39A-51AD-4931-85F2-B581BB82FCE7}


自他共に通称「巨匠トリオ」照れキラキラキラキラキラキラ


御年齢順に、
チェロ堤剛先生、ヴァイオリン徳永二男先生、ピアノ練木繁夫先生。
みなさん4歳ずつ違いなのだとか星


おととし?に結成されて、
ヤマハホールでのシリーズは毎回、即完売。
(今年1月の公演では、間際に行きたい!と騒いだ会田氏のために師匠が探し回ってくださり、奇跡的に前日に一枚見つかるという‥‥)


この日は、
ベートーヴェンのピアノトリオ「大公」と
チャイコフスキーのピアノトリオ「偉大なる芸術家の思い出」
‥‥とりあえず体力必須筋肉アップなプログラムですよね。。
平均年齢70歳。


聴き終わって一番におもったのは、
「このトリオ、若いびっくり!!

見た目も街頭調査したら誰も70歳なんて答えないだろうしギター
音は若々しくてハリがあって、
何より音楽の流れがアグレッシブ!!キラキラ

場所が桐朋学園大のある調布ということもあり、
客席にはそれぞれの門下生もたくさんいましたが、みんなパワーを頂いて帰りましたグー
(しかも終演後あまり疲れていらっしゃらないアセアセアセアセ


余談ですが、この日のプログラム、
大公は10月7日に金木博幸先生と正住真智子さんと@雑司ヶ谷音楽堂、
チャイコフスキーは7月2日に須関裕子さんと上村文乃さんと@駒込ソフィアザール、
にて弾かせていただくので、貴重なお勉強おねがいピンクハート






そして6月になってカエルすぐの4日は、
同じ徳永門下の谷村香衣ちゃんのリサイタルへキラキラ

{8ACCB4EC-5C19-4AE7-85B6-4585EEF58E6F}


東京での初リサイタルなのに、
プロコフィエフのソナタ2番に、ツィガーヌやらワックスマンびっくりキラキラ

まだ大学1年生ですが、
ジュニア国際コン出場経験もあって、場慣れも十分グー
安定感もあって、本当に素晴らしいリサイタルでしたハートルンルン

高校2年のときから知っているけど、
身長と共にグングン成長していて、
チーン「果たして私は大学1年のとき何をしていたんだろうか‥‥」
と思わず回想してしまったタラーガーン


共演の三浦舞夏ちゃんもサポート力抜群!
彼女も小学生から知っているので、
なんだかもはや親の気分でしたがえーんキラキラ
でも内容は、私も頑張ろう!と背中を押してもらった気分ラブ
香衣ちゃんおめでとうハートピンクハート




そして9日はまたまたピアノトリオキラキラキラキラ

{F026B342-4A57-41C9-9EAD-2C69062FDA91}


尊敬する御三方、
ピアノ諸田由里子さん、ヴァイオリン矢部達哉さん、チェロ山本裕康さんルンルンキラキラ



この日のプログラムは、
メインのチャイコフスキーは巨匠トリオと同じで、
前プロは、
ショスタコーヴィッチのピアノトリオ2番。


ショスタコは初めて実演に接しましたが、
演奏前の(!)諸田先生のお話の中で、

「ショスタコーヴィッチが音楽院で練習している生徒を捕まえて、フラジオレットの難しさについて聞いたらいとも簡単にやってみせたので、書きたいように楽譜に遺したが、その生徒はロストロポーヴィチだったので、やたら難しい冒頭が出来上がってしまった」

との説明があり、それを演奏前に言うのかチーンアセアセとプレイヤーならではのヒヤヒヤ感が伝わってきましたが、

超どソロの裕康さんの冒頭は、完璧キラキラどころか、ショスタコーヴィッチ独特の音楽、
抑圧された世界観やら緊迫した音色までも再現、
すべてのお客様を引き込んでしまい、本当にこの人スゴイ‥‥と思いました。。ああボキャ貧。。


そしてチャイコフスキー。
普段からとても仲が良くていらっしゃる三人なので、細かいところまで方向性が合致していて気持ちいいのはもちろん、
本当に短いモティーフやパッセージにまでアイディアが散りばめられていて、練られていて、
宝箱を開けていく面白さが、聴き手にはありましたおねがいキラキラ

諸田先生は素晴らしいアンサンブルピアニストなので音が異様に多いこの曲でも、重厚さはあっても汚くなることは決してなく、
矢部さんは同じ楽器かよぉぉ違うだろぉぉ‥‥と思いたくなるような美音‥‥そして理知的な切り口はやはりコンサートマスターの視野の広さを感じ、
裕康さんの静かに熱い音色や音楽は聴衆の心にグングン訴えかけてきましたえーん


しかし巨匠トリオも諸田先生トリオも全く違う演奏ながら、
ラストはお客様と一体となって、消えゆくというか死にゆくというか‥‥
「引き込まれる、魅せられる」という次元ではないのですね。。。
7月2日の若者トリオ(仮名)はどこまで踏み込めるかしら。。ニヤリ





そしてその翌日はコチラ!

{CE66416F-36AD-4A7D-A48B-4F1350DCA62D}



今月師匠は本当に忙しくて、17日には鶴見でリサイタル、24日にも立川でコンサート(共演はなんと池松さん‥‥!ききたすぎて死にそう)となさっているのに。。

なのに。。。

この日のプログラムは。。。

バッハのシャコンヌ始まり、
サン=サーンスの序奏とロンドカプリチオーソ、
ベートーヴェンのピアノトリオop1-1、
やっと休憩、
ブラームスのピアノクァルテット1番


もうここまでくると理解が‥‥チーンもやもや
(さらに今月レッスンもして頂いた人)



この重厚な4曲を弾き続けって‥‥
先日のはまオケで「疲れたわぁ〜」と言ってた自分が情けなくなります!!


シャコンヌは私が一番大好きな、
齋藤秀雄先生×サイトウキネン×管弦楽版シャコンヌラブラブ
を彷彿とさせるような壮大なスケール。
ロンカプは坂野伊都子さんが登場して、いつもに増しての安定感と多彩さでお客様も大喜び拍手拍手
ベートーヴェンでは毛利伯郎先生が加わり、三者それぞれの歌い回しは絶品。
そしてラストの鈴木康浩さんが加わってのブラームスは本当に圧巻の一言!!
弦の三人は日本を代表するコンマス、首席奏者なので、どこをとってもオーケストラの音がするし、それに負けない坂野さんの存在感キラキラ

このブラームス、
盛り上がる4楽章ではなく、3楽章が一番好きなのですが、
やっと、やっとキラキラ
心から素晴らしいと思える演奏に出会えて、幸せでしたえーんラブラブ


ロビーに出ていらした師匠と写真を撮っていただいたチーンチョキ

(というのも宮崎で撮り忘れたチーンチョキ
{86A42B5D-9A92-40C8-A2F4-686942F2DCCA}


すごい!やっぱり疲れてない‥‥!
超人伝説。

10月の10年リサイタル最終回が今から楽しみ‥‥キラキラ



そしてそして。
ラストは。


ルンルンロータスカルテット
ベートーヴェン弦楽四重奏全曲演奏会ルンルン


12日の「ラズモフスキー祭り」を聴きに行ってまいりました。



‥‥ええ、ええ、もう本当に感動です。。



ロータスQの実演に接するのは、今回が初めて。
約3年待ちました‥‥


2014年にNHKのクラシック倶楽部で、
大阪でのブラームス全曲演奏会が放映され、
観て、聴いて、

大ショックを受けました‥‥アセアセ


緻密なアンサンブルだけど、
音楽の流れは壮大で、
これぞブラームスという重厚な造りだけど、
重たすぎたり、こねくりまわしたりしない。


そんな音楽を、弦楽四重奏を、


日本人が弾いているなんてガーンガーンガーンガーンガーン
(正しくは4分の3、ですね。ノインドルフさんゴメンなさいアセアセ



それから何回か来日されていたものの予定が合わず、
今回も全て聴きたいところでしたが、やはりそれは叶わず。

でも今年の奥志賀で勉強する、
ラズモフスキー1番が弾かれる日に行けた幸運!!キラキラ



サルビアホールは100席の小さなホールですが、
音響はとてもクリアーで、弦楽四重奏向き。
素晴らしいクァルテットがたくさん来ます。



ロータスの方が舞台に来られただけで、
立ち上がって拍手したかったくらい、興奮しました拍手炎


そして一音目から圧巻の「クァルテットサウンド」。

いつも「バランス」という言葉がついて回るのですが、
もう長年積み重ねて来たロータスの音は、溶け合っていて、誰が強かったり弱かったりすることもなく、でも混ざりすぎることはなく個々もあって。

ラズモフスキー1番から3番、あっという間でした。

地味になりすぎることはなく、聴衆の心に「染み渡る」演奏。
でもそこに近さを感じるのも、日本人だからかな。
ロータスを聴いていると、日本人であることに誇りを持ちますグー炎


徳永先生がよくおっしゃる、
「意味のない音がひとつもないように」
というのが、四人全員完璧にできている‥‥と世界の凄さを目の当たりにしました。




終演後はなんと!サイン会があって(知らなかった)、
売られているCD全部欲しかったけどえーん
ラズモフスキー全集にして、

サインを‥‥!していただきました‥‥!


というか!
お話しさせていただきました‥‥チーンキラキラキラキラほぉぉぉ




最初にファーストの小林幸子さんがいらして、

「テレビでのブラームス全曲を聴いてからファンで‥‥!初めて聴けて‥‥!」
上矢印あまりに遠い存在だったので、しどろもどろになっていたらチーンアセアセ

とても喜んでくださって、隣のノインドルフさんにも伝えてくださり@ドイツ語、

やはりあたたかい人たちなのだと‥‥照れキラキラキラキラキラキラ



そしてヴィオラの山碕智子さん、チェロの斎藤千尋さんにもそのことをお伝えして、
また、奥志賀アカデミーでラズモフスキーを勉強することをお伝えしたり、
ロータスの本拠地シュトゥットガルト繋がりで、共通の知り合いの話で盛り上がったり‥‥!キラキラ



{4A5FDCBD-A97D-40F5-9749-73B5FB0998BF}



小林さんとノインドルフさんは絶賛サイン中でしたので、低音のお二人とキラキラ
{40677758-FE5B-444C-A3E8-5E9F03D876E9}




‥‥ああ、返す返す本当に幸せな時間でした。




まだまだ行きたかった演奏会はたくさんありましたし、これからもたくさんあります。。。

だからこそ、行けた演奏会で得られた、
個人練習では絶対に培えない素晴らしい時間キラキラ
を自分の力にできるよう、また頑張っていきたいと思いますグー炎炎




ちなみに若者トリオ、残席わずかだそうです!
(昨日だけで急に15枚も購入いただいて‥‥チーンラブラブ


お求めの方はお早めに、
ribonaida@gmail.comまでお願いいたしますウインクキラキラ


{5895F3F8-AC0B-4087-8014-F88CC6C1C450}



今後のコンサート


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。