障害者団体向け郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、大阪地検は10日、「凜(りん)の会」(解散)代表、倉沢邦夫被告(74)について、虚偽有印公文書作成・同行使罪を無罪とした大阪地裁判決(先月27日)を不服として、大阪高裁に控訴した。

【関連ニュース】
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正裁判:団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑
郵便不正公判:大阪地検が窮地 供述内容覆り(1/4ページ)
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める

谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
将棋 3度目の横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
AD