べんべん広場  ~京都・枚方 津軽三味線演奏日誌~

京都の津軽三味線弾き はたこうじ の(非)日常


テーマ:

今月は二つの”民族音楽”イベントに参加させていただきました。

 

三条木屋町モダンタイムスさんではアイリッシュ、中国音楽、タンザニア音楽を。

梅小路公園ワールドミュージックフェスではモンゴル オルティンドーと雅楽の笙のコラボなど、いろいろな国の民族音楽を楽しめました。

 

いずれの会場でも「津軽三味線を初めて生で聴いた。」という方がたくさんいらっしゃり、日本人にとっても津軽三味線は他の珍しい楽器と同様にエキゾチックな存在なのかもしれないと感じた次第です。

 

梅小路公園では知人の民族楽器奏者が、自身が演奏する国の楽器、雑貨などを販売していたり、演奏以外の活動を見れたのが面白かったですね。

 

民族音楽イベントに参加するのが大好きなのですが、理由は普段の生活では聴く事ができないような楽器、ジャンルの音を聴けるからです。

 

個人的にはモダンタイムスで聴いた中国の金属製の”笙”が衝撃的でした。
日本の笙が幻想的な音なのに対して中国モダン笙はパイプオルガンのようなゴージャスなサウンド。

しかも音程がよく、二胡、中国笛との綺麗なハーモニーが印象的でした。

 

雅楽の笙も元々、中国から渡ってきたものですが、中国では独自の改良がされていったそうで、雅楽で聴けるものと比べ、雑味が少なくアンサンブルに強いという印象。

 

一週間後に梅小路公園でモンゴル オルティンドーと雅楽の笙のコラボを聴いたのですが、非常に相性がよいと感じました。

 

以前、即興よされ節に合わせてオルティンドーを唄っていただいた事があったのですが、まるで青森の伝統曲のようにも感じてしまうほどマッチした事を思い出しました。

 

反対に音が綺麗すぎる中国のモダン笙との組合せでは違和感があったかもしれません。

 

元が同じ楽器でも、渡った先の土地や風土によって変化していくのだと

再認識できました。

 

中国の三弦が日本に渡った後に、様々な三味線や三線などに姿を変えていったのと同じ事なのでしょう。


無理やり一言でまとめると、「みんな違ってみんないい」って事ですが、まだまだ知らない楽器、ジャンルが山ほどあるんでしょうね~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私、「blues、irish音楽をこよなく愛する津軽三味線奏者」というキャッチフレーズで演奏活動を行っておりますが、なんと海外のアイリッシュ音楽の掲示板で、私どもの演奏を話題にしてくださいました!

 

下記リンクより

↓ ↓ ↓

https://thesession.org/discussions/40049

 

「日本のアイリッシュ音楽」という表題で、一番最初に話題に上がるのは嬉しいやら恥ずかしいやら・・・

 

アイルランドは一番、三味線を持って遊びに行きたい国なので、実現したら現地のミュージシャンともギネスを飲みながらセッションしてみたいものです♪

 

 

津軽三味線 はたこうじ でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かなり久々の更新になってしまいました・・・
 
が、演奏活動を休んでいた訳ではございません。
ぼちぼち、やっております♪
 
てな事で、年末年始の活動の一部をレポートしてみます。
 
まずは年末、大阪中崎町 ホルモン焼うどんテン さんにて、ほぼ一年ぶりに演奏させていただきました!
なんと音楽仲間も駆け付けてくれました!感謝!!
 
そして翌日は亀岡 ききょうの里 夢ナリエ イベントにて。
 
亀岡は青春時代を過ごした思い出の地。
そんなところに演奏で戻ってこれるとは感無量です。
 
2ステージの演奏でしたが、野外の寒い中、両ステージ共、聴いてくださった方もたくさんいらっしゃり、嬉しい限りです。
 
 
年始は浄慶寺さんにて、お寺で音楽を楽しんでいただく、というコンセプトの“テラの音”イベント。
 
 
この日は、itaru氏とのデュオ演奏。
お寺の檀家さんや、京都新聞のイベント告知をご覧になった方など、たくさんの方に聴いていただけました♪
 
2ステージの間にあった住職の説法も深~いお話。
流石はお寺ライブといった感じでした。
 
てな事で、2017年もぼちぼち頑張ってまいります!
 
 
津軽三味線 はたこうじ でした!!
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月もいろいろ参加させていただいております。

まずは京都市国際交流会館 kokoka OPEN DAY 2016にて。

三年ぶり、二度目の出演になります。

世界各国の料理、飲み物が盛り沢山!
ご来場の皆さんも様々な国籍の方々で流石は国際交流会館といった感じでした。

私も普段、飲む機会のないスペインビールを飲んでみました♪

パフォーマンスもインド音楽やロシア舞踊など、世界の音楽が盛り沢山!

普段は意識する事は無いのですが、三味線につき、日本代表の気分です。

そして演奏時には以前、某パブでご一緒させていただいたプロカメラマンの方が偶然いらっしゃり、なんと撮影してくださいました!


流石はプロの仕事です。

また参加させていただきたいものです。


そして今月はゲスト参加でいろいろお邪魔させていただきました。

国内のみならず海外でも活躍中のシャミセニスト寂空氏、和太鼓シンゴ氏のライブ。

会場は民族楽器コイズミさん。

津軽じょんから節~六段合奏。アイリッシュポルカでご一緒させていただきました♪

ゲスト出演につき、出番は少しでしたが、オーディエンスとしてもパフォーマンスなどの勉強になる超濃密な一時間でした!

国際交流会館でフライヤーを受け取ってもらった方がいらっしゃったのも嬉しかったですね。


そしてもう一本のゲスト参加は兵庫県芦屋市 Akubi さんで開催されたアクビアンナイト。

ブラジルボーカル、ギター、インドのタブラという異色のセッションイベントです。
初顔合わせだったのですが数曲、ご一緒させていただきました。

北海道民謡 ソーラン節の伴奏もさせていただいたのですが、お客様が合いの手の「ハイハイ!」、「ドッコイショ!」をご唱和下さり、大変盛上りました!
お客様参加型の楽曲は一体感を味わえますね。レパートリーを増やしたいと思いました。


てな事で、ゲストとしてお声掛けいただけるのは嬉しいものですね。


津軽三味線 はたこうじ でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アイリッシュバンドAonとのツーマン企画で岡山ツアーに行ってまいりました!

ツアーと言ってもライブ二本。しかも倉敷美観地区内で完結です。

 

岡山名物(?)みそかつ を食べて美観地区へ。

 

昼の部kobacoffeeさんは雰囲気のよい珈琲専門店。

 

豆の種類の他、淹れ方もサイフォン、ドリップ、フレンチプレスから選べるこだわりのお店。
コーヒー好きの方にはぜひ行ってもらいたいお店ですね。

ライブ開始時はお客様もまばらでしたが、演奏が始まると音に寄せられてか、たくさんの方にご来場いただけました♪


軒先に張っていたフライヤーを見て「聴いてみたい」と思ってくださった方もいらっしゃったようです。

なんと、関西から駆け付けてくれた方が2組いらっしゃったのが嬉しかったですね。


そして夜の美観地区を経てCuore倉敷さんへ。

 

こちらもオシャレな雰囲気のBar。

 

音響の良い会場で、気持ちよく演奏させていただきました。

大学軽音楽部時代の仲間(岡山在住)が駆けつけてくれたのも嬉しかったです。

 

在学中は、津軽三味線を弾く事になるとは想像もしていなかったので、当時の仲間と自分の津軽三味線ライブで再会するのは不思議な気分でした。


 

ラストはお馴染みのアイリッシュセッションで〆。

 

てな事で、始めての岡山遠征。ライブ開始までは集客が心配でしたが、無事終了しました。
またチャレンジしてみたいと思います。

Kobacoffeeさん、Cuore倉敷さん、Aonの皆さん、そしてご来場いただいたお客様、ありがとうございました!


津軽三味線 はたこうじ でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。