にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  



関東・中部・東北近郊の道の駅・無料/有料駐車場


24時間利用可能なトイレかコンビニが近くにある場所


↑がセットになった場所から徒歩圏で行ける、うまい酒とつまみが食べられる居酒屋・食事処教えてください。




★おすすめ


◇塩原グリーンビレッジ RVパーク(栃木県) [レビュー]


風呂★★★ 安眠★★★★★ 酒肴★★★★


料金に風呂込み、敷地内門限あり、レストランあり。

◇道の駅 よしおか(群馬県) [レビュー]


風呂★★★★ 安眠★★★★ 酒肴★★★★


風呂安い。物産館にてBBQセット生鮮ツマミも販売。


当ブログの記事で紹介してるPキャンポイントについて


利用の可否についてはご自分で確認して、自己責任でマナーを守ってご利用ください。



コピペのようなコメント・ビジネス系や他ジャンルの宣伝目的と
判断した書き込みは反映させませんのでご了承ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 20:23:19

残念なお知らせが連発です。

テーマ:ハイエース200系

一年で仕事が一番忙しい9月・・・

 

通常業務とは別に・・・大きなイベントがあり

それの準備やら当日の運営やらで毎年激務です。

 

年々、年を重ねるにつれて、体力的にもきつくなりますね(^^ゞ

半年前から、色々な段取りや仕入れなど始めて

1ヶ月前から一気にギアが上がり、1週間前はスケジュールがパンパンに・・・

そして、当日を瀕死になって乗り切ります((+_+))

 

職場でいつも停めている駐車場は荷物置き場になるので、

いつもとは違う所この時期は駐車します。

そんな日の帰り・・・

 

ふと、運転席のタイヤをみるとなんだか・・・空気が甘い。

えーパンク?若干傾斜してるから?

 

帰宅時にセルフのガススタにて空気圧を規定値に・・・

次の日、問題なさそう。でもその次の日は同じように空気が甘くなってきます。

取りあえず、メンテナンスに行っている時間がないので空気を入れてごまかします。

 

激務のイベントが終わり、最初の休日開店と同時に地元のスーパーオートバックスへ!!

頼む!横じゃありませんように!!

(ご存じない方もいる方と思いますが、タイヤの横に物が刺さってパンクした場合は修理は出来ずタイヤ交換のみ=大出費)

 

ピットクルーから呼び出され・・・車に行ってすぐ質問!

「パンクの場所、横じゃなかったですか?」

「横からではなかったんですが・・・」

異物が大きすぎで、修理不能・・・ち~ん

どこで、どのように刺さったのか8mmほどの鉄板が刺さっていました。

全部込みで約19000円の出費です。

 

更に・・・

2ヶ月前ほどから、運転席側のドアミラーが電動で格納しなくなってしまいました。

初期症状は、たまに開閉しないって感じだったんですが・・・

完全に沈黙しました(>_<)

 

分解してみましたが、ミラーの角度調整は生きてるけど

開閉のモーターが死んでるようです。

 

運転席側なんで、手が届くので手動でやれば開閉は問題ありません。

なんなら、いちいち格納しなくてもいいじゃん!と思い。

出しっぱなしでしばらく過ごしてましたが、ワイドで更にあのデカいミラー

スーパーやモールなどでは、やはり格納しないと引っかけられます。

それに、駐車位置や車種によってはドアの開閉時にミラー同士がごっつんこします。

 

しょうがない、これを機に右左折の安全性も高めてウインカー付きの

サイドミラーに変更しよう!と決めました。

 

アルミ、エアロ、テールランプなどのおしゃれ系にはあまり興味がなく

(ってか、投資する予算がないだけなんだけどね・・・)

これ系の知識が全くないので・・・一から市場調査!

 

モーターが死んでるので、モーターがついててそっくり交換できるものが良い!

早速、ネットで色々検索かけるとすぐにHITします。

★純正のミラーのカバーを交換するタイプ

★モーター内蔵でそっくりそのまま交換するタイプ

 

もちろん自分の場合は後者です。

その中でも、そこそこかっこいい物を発見。

LEDウインカー

ウェルカムライト

ミラーに矢印も表示される

と高機能で更に1万~2万程度で売っていてリーズナブルである。

しかし、どこの販売店もすべて同じ海外メーカーの物のようだ。

 

自分に取っては十分な内容。

でも重大な問題があった。

ミラーに矢印が表示されるのは車検で通らない可能性があるという書き込み。

更に調べていくと、ディーラー標準装備の車種も増えてきて

年々緩くなってきたが色は橙以外はNGという点。

 

モーター付きで売っているもの大半。いや全部?の矢印が赤色点滅と書いてある。

そして、販売ページのどこにも車検対応と書いていない。

ここまでだったら、ミラーに移る矢印点灯の線を抜くとか

ブルーレンズに張り替えるで対応しようとも思いました。

 

しかし、取り付け強度に問題があるコメントが非常に多い。

強い風で倒れる。高速道路でガタガタ揺れる。

何年も前の販売初期の年代だけのコメントなら、

これだけの悪評を対策・改善してるであろうという期待もあったんですが

直近でも数多くの同じようなコメントがありました。

 

名前の知れたメーカーの物は、すべて純正ミラーへの移設での取り付けとなってます。

これが、強度に対する答えなんだと確信しました。

 

となると・・・どちらにしても純正品で修理しないとダメだ。

右側の電動格納ミラーだけで新品だと27000円らしい。

ヤフオク中古で10000円~20000円

 

修理及び安全性向上という名目で

滅多に使わない、おしゃれ装備への投資に夢を膨らませ

3万位の予算で左右LEDウインカーへ交換という野望は暗礁に乗り上げました。

 

その他にも、色々と燻ってます。

 

ずっと待っていたVICS-WIDE付きのポータブルナビ出たけど(ゴリラ)、

触ってみたが10年前の今使っているHDDナビよりルート検索が遅い気がして決断できず。

更に2DINで欲しいメーカーがVICS-WIDE付きを出してない。

待てずにスマートループ内蔵VICS対応を買ったら、すぐにスマートループでVICS-WIDE対応が出たらショックと待ち続けて1年以上・・・

 

ハイエース購入当初、知り合いから安く譲って貰ったHID。

55Wで、言われていた通りヘッドライトが焼けて来た。

経年劣化で大雨の日に水が入り、少し水滴で曇ったりもしたので交換を検討中。

その際、また焼けが発生するの嫌なのでLEDヘッドライトに同時交換

しかし、ヘッドライトカバー1型・2型対応の物が減って来てて選択肢が少ない。

やっと気に入ったものを見つけたが在庫切れ。

 

どうしたもんじゃろの~

重ねて、来週からとと姉ちゃんロスになりそうです。

 

(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 ↑ランキングサイトに登録してます。

よかったらイイネ兼ねてポチっとお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-30 19:27:27

【伊豆】シーカヤックツアー&プライベートビーチ【シュノーケリング】

テーマ:2016夏 伊豆シーカヤックツアー
夏の海キャンプ

2日目はシーカヤックツアーに行きます。
以前、本屋で立ち読みした雑誌に陸路じゃアクセスできない
プライベートビーチで大人のキャンプ!
みたいな記事を見てとても興味が湧いてしまったシーカヤックを
是非、体験したいと思い立ったのが理由です。

春に、はちさんとたけたけさんにお花見カヤックのお誘い頂いたのですが、
仕事の都合がつかず体験できずにいました。

今後、子供が親離れ・親も子離れして行った先の大人の遊びとして
活用出来たらいいなと・・・夢が膨らんでいます。

決して安い買い物ではないので、実際に購入するとなると家族の同意や
本当に元を取る位使うのか?ってのもあるし
まずは体験です。
(^^♪



ワンダフルワールドという南伊豆にあるSHOPが行っている「シーカヤック初心者 1Day洞窟探検ツアー」を6月上旬に申し込みました。

雲見オートキャンプ場からは、約1時間の道のりです。

地図を見て貰えばわかりますが、去年行った妻良漁港の海上アスレチックや谷川浜への渡し船を利用する際には、食材調達する場合1時間走って30分戻るような感じになるので事前の用意をおすすめします。

今回は、多々戸浜・入田浜・吉佐美大浜近くまで向かいます。



コンビニで軽食と飲み物を購入して現地着



南国リゾート感にあふれています。



併設されているキャンプ場。
ここに宿泊して、キャンプとツアーを楽しむ方もいるようです。

電源付じゃないのと、このワイルド規格では楽しむ前にレディース達からクレームが入ってしまうので我が家には無理かな・・・(>_<)



受付終了後、参加者全員への説明を聞いてると・・・なんと・・・

ここから妻良漁港のお隣「子浦磯」まで戻り、そこからエントリーするそうです。
途中、コンビニも10分位立ち寄るって説明がありました。

西伊豆から来る方だったら、現地集合でも良かったとの事・・・

まぁ、現地集合だとどちらにしても食材をゲットできなかったので致し方ありません。
ちなみに、お昼のお弁当はツアー代金に入っています。
それ以外のおやつの話です。

同じようなプランを考えている方で、食材を既に持っている方は現地集合をおすすめします。

30分の道のり、各自自分の車で移動するので再度現地で点呼と説明を受けます。


【4人乗り】

今回は5組の参加で、ガイドが3人。
小さい子がいる3組(5・6艇)にガイドが2人。
我が家と経験者のご夫婦で参加されている方のチーム(4艇)に1名のガイドという
振り分けがされました。

人数のわりに、カヤックの数が少ないんじゃない?って思ったら
大人2名+子供1名 更に一番体格が小さいお子さんを舟艇の先っぽに足をブラブラさせて座らせるか先頭の大人の股の間に座らせて、4名で乗れるというカヤックが用意されていました。

もちろん、船の先端の子はオールで漕ぐことはできませんが・・・



その中に、ちょっと形の違うカヤックが1艇。

安定度は高いが、パワーが居るとの事で・・・
そのカヤックが自分と次女のペアに渡されました。
シットインカヤックってやつになるのでしょうか?

欲しいと思っているニモ2+1はシットオンカヤックってやつなので
違うタイプを体験する事になったのは、ちょっと残念・・・

ネットで色々調べて、最初に買うカヤックはニモ2+1が良さそうだな!って思った後に、
そう言えば、たけたけさんの持っているやつは?なんだっけとブログ記事を読み返してみたら
同じやつでした!

ますます、間違いない!って思いがプラスされました。
(キャンカーブロ友の皆様の目利きは、いつも参考になるので♪)




各チームに分かれて、海辺でオールの持ち方・漕ぎ方などのレクチャーを10分位受けて
すぐに海に入ります。

数100m位実際に漕いだ波のない所で、船の回転の仕方・ブレーキのかけ方・バックの仕方など
前に進む以外の小技を教わります。

海の上での注意点を最終確認して出発です。



初体験の我が家ですが、中学生以上の家族と経験者とのチームです。
容赦なく進みます。
(*´з`)

嫁と長女のペアが少し遅れつつもがんばって漕いでます。
自分の船は、次女がオールを入れるとセンスが悪く推進力がマイナスに作用するので、
あんまり漕ぐな!とダメ出ししてほぼ1人で漕いでます。
(-_-)
左右に分かれて次女は前に漕ぐ、自分は後ろの漕ぐという小回り回転の技を使う時以外は
ほぼ出番なし(笑)



妻良港の防波堤より外に出ました。
遅れを取ってた長女チームもどうにか到着。



不思議な模様の地層の説明を聞いたりしながら、ツアーは進みます。



待っていました!!海の洞窟!

ドキドキしますね~(*^^*)



通り抜けていくのかと思いきや、そうではありませんでした。
みんなで、入ってぐるっと回って出てきました。

水が綺麗です。



防波堤の中に戻ってきました。
やはり、外海はうねりがあるので少し怖いです。
子供達は酔う酔うって「ぶーぶー」言っていました。

自分的はガイドさんがついてるツアーなので、もっとアグレッシブに攻めたかったんですけどね。

ドリンクホルダーが付いていたので、ノンアルビールを飲みながら
気持ちよく漕いでいましたが、オールを伝わって垂れてくる海水が結構入って
最終的に塩ビールになってました。

ペットボトルの飲み物をおすすめします((+_+))

スマホもジップロック系入れておかないと海水がかかって壊れそうです。



次の目的地に行く途中、第二の洞窟へ行きました。

ここはすごく狭いのですが通り抜けられる洞窟だったので、ガイドさんの指示に従い順番に通過!

洞窟の中で切り返してターンしないと進めない難所です。
カヤックの仮免許試験でもしているかの様でした。
(*^-^*)



プライベートビーチで昼食。
1時間位のフリータイムです。

ツアー参加者の年齢などで、行くビーチが変わるようです。

なんか見た事あるなーって思ったら、
去年乗った渡し船から「おー!プライベートビーチだ!カヤック合ったら行ってみたいな!」って思った場所でした。

シュノーケリングでもいいし!
カヤックの上級技などを教わるでも良いそうです。



我が家はシュノーケリング。

男の子は、ここから飛び込んで度胸試しをしたりするそうですが・・・

コンタクトレンズの自分はパスです。
こういうマリンレジャーなどを本気で楽しむならレーシックが良いのかな?

どっちにしても、高所恐怖症だし(>_<)無理かも・・・

この時にシットオンカヤックを少し乗って見れば良かったなと
ブログを書いてて思いました(T_T)



ガイドさんが例年ならもっと魚がいるのに、今年はハズレ年って言ってました。

残念です。

ますます、ヒリゾ浜がどれだけすごいのか気になります。

13:40分 海から上がって集合場所へ戻りながら帰りのカヤックツアーへ



最後は、家族の記念写真を海上で撮ってくれます。

ツアー写真としてホームページから無料でダウンロードするか、
解像度が高いものを欲しい人は500円DVDに焼いてくれます。

ツアー終了後は、パパさん達はカヤックの陸揚げをお手伝い。
その間に、子供達は着替えをします。

希望者は、ここから20分ほど戻った下賀茂温泉にある「石廊館」のお風呂にてさっぱりして帰れますが、そこまでは一旦車に乗らねばなりません。

足を洗う水道はありますが、シャワーはありません。
ポリタンシャワーを持っていくか、水着のまま車に乗るのがベストです。

陸に上がってからは15分~20分位しか待ってくれません。

入浴の利用料はツアー代金に含まれています。

※数家族が一気に利用するので、洗い場が混みます。
待合室の利用も許されているので、時差入浴をおすすめします。



16時位に家族全員入浴を済ませて
さてどうするか?

この日の夜は、南伊豆の海鮮系のお店で晩御飯のつもりでしたが・・・
時間も早くやってません。

次女以外、全員良い感じに疲れているので・・・
さっさと、キャンプ場に戻りダラダラしたいという事になり
マックスバリュー下賀茂店で買い出しをしてキャンプ場に戻りました。

この辺に、スーパーがないのか?
時間帯とシーズン的なものなのか?
スーパーに入る駐車場渋滞が発生してました。

姉妹は濡れたタオルと水着・ラッシュガード類を洗濯を担当。
タイマーの終わる時間に合わせて、取りに行ってくれました。

この業務は、結構重要です。
3台ある洗濯機トップシーズンの夕方は争奪戦です。
今年は、2日とも待たずに使えたのでラッキーです。
(^_-)-☆



嫁さんは、軽めの夕食の準備。
自分は、シュノーケリングの道具を洗って干します。

晩酌をして、プライベートレグザのSDカードに入れて来たバラエティー番組を家族で見ながら
各々、携帯いじったりして眠くなった人から寝ます。

レディース達が歯磨き行ってる隙にベッドマットに横になったら即寝落ちして、
我が家の夜の風物詩「歯を磨いてから、布団に入って寝ろ!」という
嫁奉行と次女からのうるさい攻撃を受けて、意識を強引に戻されて
不機嫌になって歯磨きして寝ました。

毎回言うけど!ほっといてよ!!
(-""-)



翌日は、朝9時台にキャンプ場を離れ帰路へ

夕方に地元に到着すれば良いというプランだったので
今後の為に、噂の道の駅「くるら戸田」に立ち寄りました。



中1になります。恥ずかしさとかないのか?と思います。
次女のこのノリは大好きです。
(^^♪



食堂は、軽食って感じですね。
併設の風呂は、21時最終受付21時半退場です。
戸田港まで、約1km

歩くorタクシー(あるのか?)で高足ガニ車中泊ツアーの拠点になりうるのか?
お食事処が夜までやってない所が多いので、遅めの贅沢ランチ。
道の駅に帰って来て風呂。車内で2次会か?と勝手にイメプラしてました。



写真に写っているメイン駐車場しかないので、混雑しそうですね。

職場などへのお土産を購入して、くるら戸田を後にします。

この先の山道では、小回りの利かない観光バスが居たので
混んではいませんでしたが、ノロノロでした。

伊豆縦貫道までお付き合いしちゃいましたよ(=_=)OMG



山の日の後、お盆の週末前の金曜でしたが、伊豆縦貫道の下りはかなり渋滞してましたね。

旅行の〆はいつものパターン。

地元の名店で夕飯を済ませて帰宅。



運が良い事に、びやびやカツオが入荷してました。

地元の名店の素材を上回る新鮮な刺身を旅行先で食べたいといつもアンテナ張ってるけど

なかなか出会えません。

そんなこんなで長女受験の年、今年は1回限りの夏休み旅行終了です。

(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

↑ランキングサイトに登録してます。よかったらイイネ兼ねてポチっとお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2016-08-23 20:07:09

【夏休み】西伊豆 岩地海水浴場

テーマ:2016夏 西伊豆岩地海水浴場
今年の夏は、長女の塾の夏季講習の合間に家族旅行してきました。

山の日なんて祝日が増えたので、お盆に輪をかけて混雑が増す?イメージを持っていました。



なので、恒例の前ノリ

当初は、加山雄三ミュージアムの駐車場か
そこのセブンイレブンの山側の端っこで仮眠を取り

出発前に朝ごはんを買って現地に入ろうと思っていましたが
同じように仮眠を取っている、若者が飲み過ぎたのか

駐車場の脇で吐いてたり、挙句の果てにはその連れ達がスケボーやったり始めたので
速攻移動・・・

第二候補にしてた、大浜運動場・大浜海水浴場の駐車場へ・・・



朝の様子

トイレに近い所には、同じようにP泊してる車がありましたが
キャンプ場のような安心感はないのでフルクローズ。
大型トラックと同じ休憩方法を取りたかったので離れた所に停めました。
(^^ゞ

西伊豆町から先
当分、コンビニはないのでこれ以上先に行くと食料不足に陥ります。

西伊豆から南進する食料調達限界地点です。
(南伊豆まで、約1時間コンビニはありません。)



ガニガ浦(蟹ヶ浦)駐車場 8/10 05:50

ネットで調べた、シーズン中のみ有料駐車場となる場所です。
普段は、船着き場で一般車は入れないとの事。

防波堤での釣り人は、地元の人か民宿に泊まってる人の様でした。



駐車場の奥の左側は、洞窟になっていて
防波堤の奥の外海に繋がっています。

水が冷たいのと、潮の流れが早いので怖くて
ちょっとだけ入って止めました。

次女は行こうって言ってたけど・・・
一番泳げないのに怖いもの知らずで困ります。
(=_=)



防波堤の先です。
左側が洞窟出た先になります。



料金を回収してるお兄さんが、自分が停めた場所はお昼くらいまで日陰で涼しいと教えてくれたので停めました。



この駐車場のメリットはドア to 海なんだけど・・・
岩地海岸でのシュノーケリングポイントからは真逆なんで
400m位歩きます。

写真で言うと右から左へ・・・

国道沿いにある、町営駐車場よりはドアto海の方が良くてここにしました。



国道から海岸に降りてきて、右側に曲がったすぐの所に一番海岸に近いであろう駐車場。
海水浴なら、ここが一等地なのではないでしょうか?
(キャパシティは不明です。パッと見10台位?)

まだ、係りの人が居なかったので事前に調べておいたガニガ浦に停めました。

ここから先には、シーズン駐車場は見当たりませんでした。
停められそうな場所はすべて民宿の名前が書いてあるか、駐車禁止と書かれていました。



空いているうちに、家族でシュノーケリングしました。
今年から、嫁さんもデビューして家族4人で楽しみました。



山の日の前日の平日8時だったから
海水浴客もまばらです。

海の家は2軒ほどありましたが、食事とパラソルレンタル程度のお店です。



岩地海岸の有名なスポット無料温泉です。
砂を落として、冷えた体を温められます。
(^^♪

でも、一度入ると次に海に入るのが寒くなるという負の連鎖にも(笑)



海岸にある食堂のメニューと相場



水着のまま・濡れたままでも、入れるお店が数軒あります。



ガニガ浦の防波堤の様子。
真鯛・アオリイカなどを狙ってるらしいです。

写真中央のテトラポット群がシュノーケリングポイント



防波堤から駐車場を取った写真

8:45の様子。
連休前で、空いてたのかも知れませんね。


海も綺麗でしょ!!
(^_-)-☆



潮が満ちてくると、洞窟の横に潮たまりが出来ます。
水深がすねから膝くらいまで、ヤドカリや小さな魚が入ってきます。

小さいお子さんでも安心して、水遊びが出来るのポイントです。
(この記事の4枚目の写真に波で海水が貯まった状態です。)



駐車場代は1500円ですが、シャワーも利用可能です。
水だと思ってたら、温水でした。
簡易トイレも2つあります。
使っていないので綺麗かはわかりません。

海水浴場の中央部分、無料温泉の所にもトイレはあります。



朝ごはんは、コンビニで調達しましたがお昼ご飯は
海の家か、海水浴場でと思っていましたが
ネットの口コミを期待してたシュノーケリングポイントには、
時間を忘れるほどの魚は居なくて、お昼前にはみんなもう満足となったので
初日の海レジャー撤収です。

【シュノーケリングの感想】
2016夏は、青い小魚もいるけど魚肉ソーセージに群がってわーわーって感じでもなく。
そこそこ、まぁまぁいるかな?って感じでした。

今まで、行ったところと違って唯一感動したのは大きな魚は決まってボラだったのですが・・・
40cm~50cm位黒い魚 イサキ???の4・5匹の群れがすごく近くに寄って来た事かな。

岩地海岸を離れて、ガソリン給油・昼食・夜の食材確保へ西伊豆町へ戻ります。



ガススタの店員さんのおすすめ
「井むら」へ
うどん系の麺もうまいが、海鮮系もあるので幅広いって口コミを頂き・・・

そこそこ、賑わていました。
夏休みで手伝っていた、家の手伝いって感じの高校生位のお兄さんがガチガチで接客センス0の様子に笑かせてもらいました。

味は?
海鮮系は普通。ダッシュ島で「うまい!」って絶賛されていた亀の手が小鉢でついてきて
期待して食べたら・・・残念な味でした。やはり生息地とシーズンがあるのでしょうね?

嫁さんの頼んだ「しおかつおうどん」は旨かったです。

(≧◇≦)



午前中日陰だったので、頑張ってます!14.0A

ブロ友さん達が付けてるソーラーコントロラーで日別・月間のトータル見れるようにしたい。



買い物などを終わらせて、キャンプ場へ向かう途中で撮った岩地海岸の全体写真。
14:30位。
右奥のガニガ浦は、そこそこ埋まっていますが
海水浴場は空いてますね。




今年も、去年と同様。雲見オートキャンプ場さんへお世話になります。
クーラーのあるキャビン泊。

明日も使う濡れ物などを洗濯して、干して我慢してたアルコールを少し入れて
寝不足と海水浴で疲れた体を夕方まで昼寝して回復。



去年の経験があるので、洗濯物を干す準備はバッチリ!

今回は、BBQはなしで車に常備してるカセットコンロ1つと最低限調理器具で来ました。

ここは、キャビンのテラスに6人程度が腰かけられるテーブルがあるので
そこがキッチン替わりです。



次の日は、シーカヤックツアーです。

続く・・・

(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

↑ランキングサイトに登録してます。よかったらイイネ兼ねてポチっとお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

[PR]ブログカウンター

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。