あざみ野・江田 もりたピアノ教室~幼児から大人まで~

田園都市沿線でピアノ教室を
開講しています。



テーマ:
今日はフィリアホールでフレッシュ横浜音楽コンクールの本選日でした。

私の教室からも生徒さんが出場しました。


一ヶ月前の予選から同じ曲ともう一曲課題曲をプラスして頑張ってこられました。

練習では何回やっても速さが安定しなかったのですが、本番では私の注意したところは全て完璧に弾き速さも今まででベストでした!
今まででベストが本番で出せるって、相当な運と努力が必要だと思います。
私としては完璧に弾いてもらえて、思い残すところはなかったのですが、他の生徒さんも皆さんレベルがとても高く、1音たりともミスったなぁと思う音がありませんでした。

でも、見事入賞されました‼︎
 夏休み半分返上で頑張ったかいがありましたね!

私も心から嬉しく思います。

入賞者は12月に行われる、「入賞者コンサート」で演奏することができます。
11月に発表会もあるので、ご家庭でよーく相談されて出場するか決めて下さいね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1年以上前に教室の壁に作曲家の似顔絵付き年表を貼っていました。
自分の弾いている曲を、こんな曲知らなーいって言っていても、「この曲作った人の名前はここに書いてあるよ。」 「この人はこんなお顔なんだね〜」などと言うと曲にも興味を持ってくれたものですが、その年表を見ながら話しが止まらなく=ピアノが中断する、ことが多くなって片付けてしまいました。

発表会が近づいて来たので、自分の弾く曲に興味を持ってもらいたくて、また貼ってみました。

案の定、また食いついて来てくれました。
低学年でも必ず知っているのはベートーベンです。
意外とショパンやモーツァルトやバッハは聞いたこともない、そうです。

でも脱線も多いです。
弾いている途中に突然その壁のところへダッシュで行き、◯◯どこかな〜?って探し始めたり。

いかに興味を持ってもらうか、模索中です。

{49A536B9-F041-47FE-AA0E-DA7D650B627B}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バロック期や古典期の曲集をやっていると、生徒さんは「メヌエットがこんなにたくさんある」って必ず言います。
子供たちはメヌエットやブレやジグは曲名だと思っているようですが、曲種なんですよ。
メヌエットはフランス発祥の優雅な3拍子の
舞曲です。
2小節が1つのフレーズとして構成されています。
ブレは2拍子の速いテンポの舞曲、など。
ヒップホップとかバレエみたいに
ダンスの種類なんだよー、って説明すると
わかってもらえます。
↑厳密には少しくくりが違いますが^_^;



ピアノを習い始めると最初に教本に
出てくるのはワルツです。

ワルツは3拍子でダンスの曲だから
優雅におどっているように弾いてねーって
いつも口癖のように言っているので
生徒さんたちもそれは覚えてくれて
いるようですが、レベルもあがり
バロック時代の曲をやり始めメヌエットが
でてくると、
「3拍子でダンスの曲なのに
どうしてワルツじゃないの?」と、
低学年でも高度な質問が飛び出すわけです。


ワルツはドイツ/オーストリア発祥で
19世紀半ばに流行したといわれています。
メヌエットよりももっと軽快で速い
テンポのダンスです。

発祥地や流行った年代が違うから
名前も違うんですね。
音楽の歴史も奥が深く面白いです。
私は子供の頃はどうしてこんなこと覚えなくちゃいけないの⁉︎って思っていましたが、やっぱり知ってた方が弾くことにもプラスになります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。