夢はなくとも 希望はなくとも 

バカバカしくて
どうでもよくて
笑えるかもしれないけど
全く役に立たない意識低い系ブログです(←コラー)


テーマ:

「日本の人口減少を食い止めるには?」



先日

出生率が微増したという

厚生労働省の人口動態統計が発表されましたが

それでも依然として低い水準であることには変わりがないようで

日本の人口減少にも歯止めがかかっていない状況にあるらしいです



この手のニュースを聞く度に

出生率が低いとか

日本の人口が減少しているとか

まことしやかに当然のことのように喧伝されていますが



そして

そういったニュースを聞いた僕たちも何の疑いもなく

鵜呑みにしてしまっていますが

最近本当に思うのですが

「それ、ほんと?」って

まず、自分の頭で考えてみるようにしています



ウエダミツトシです

こんにちは





いや

なんでそんなこと思うかっていったら

まずね

僕んとこ、子ども3人いるんですけど



僕の友達んとこも

一人っ子ってほとんどいなくて

最低2人はいますわ

んで

僕んとこと同じように大体3人が普通ですね



奥さんの友達んとこも

大体3人いて

っていうか、3人以上いてて

幼稚園とかいったら

「子ども5人います」なんていうところもざらですからね

いやまあ

そういう状況で生活してますんで





どこが少子化?





って思うんですよね

じゃあ

僕らより上の世代って

どんだけ産んでたんだ?っつー話しで

平均5人くらい育ててたのか?

って思うんですよ



たしかに

戦後はすごく子どもが多かったって聞きますし

僕の両親だって8人兄弟だったし

(もっと多い家庭も少なくなかったでしょう)

それに比べればね

そりゃあ今のこの時代は少子化になるでしょうよ



でももう2016年ですし

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」シリーズの

パート2の舞台は2015年で

もう過ぎちゃってますし

当時は遠い遠い未来の話しで

空飛ぶ車やスケートボード(ホバーボートっつーの?)

が当たり前になってるだろうと決して疑わなかった

あの2015年がもう過ぎちゃってますし

僕、いまだにチャリ通ですし

しかもママチャリね

空飛ぶどころか

地に足着いちゃってますし



もうね

完全に時代が違い過ぎてるわけですよ

何を基準としての少子化だ?っていうね

しかも

それを聞かされたまま鵜呑みにしちゃってるこの状況ね

本当はただのビタミン剤なのに

「これは風邪薬です」

と手渡されて

用法・用量を守って服用したら

風邪が本当に治っちゃったっていうくらいに信用しちゃってる

「これって所謂少子化のプラシーボ効果になってんじゃね?」

っていう感じになってると思うんですよ



だから

基本的に

この手のニュースは疑ってかからないまでも

鵜呑みにはしないことにしてるんですよね



たしかに

僕の周辺にはいないだけで

一人っ子のご家庭もあることでしょうし

未婚の方や

子どもがいないというご家庭もあるんでしょう



ただ

僕に

その実感がないっていうだけの話しではあるんですけど



それでね

冒頭から出生率とか

人口減少の話しをしましたけれども

先日

友達とそれそれは熱い議論を交わしたことがありまして

先日といっても2ヶ月くらい前なんですけど

けっこう前なんですけど

朝まで生テレビん時の田原総一郎か?っていうくらい白熱しまして

まあ

僕らのは「生」は「生」でもビールの方なんですけど

こっちの方がよっぽど得意分野なんですけど

つまりはただ飲んでただけなんですけど



その時の議題は何かといえば

「日本の人口減少問題を手っ取り早く解決する方法は?」

みたいなことでして

色んな意見を出して

議論を重ねたんですけども

最も白熱したのがこれだったんですよ





多夫多妻制にする





今の日本は皆さんご存知の通り

「一夫一婦制」ですよね

世界には

「一夫多妻制」が存在することは知っていても

あまりに遠い世界のことのようで

実感としてはほぼないに等しい感覚だと思うんですけども



僕は友達と議論を重ねるうちに

人口減少の根本的な原因の1つに

この「一夫一婦制」にあるんじゃないか?と思ったんですよ



もちろん僕もそうだったんですけど

僕らはこの「一夫一婦制」が当たり前過ぎて

しかもそれが法律にもあるもんだから

何の疑いもなく

あたかもそれが正義かのように思い込んでしまっていますが

果たして本当にそうなんでしょうか?

「一夫一婦制」が家族としてのあるべき姿なんでしょうか?



僕は「一夫一婦制」に問題があると言っているのではなく

「一夫一婦制」のみが正しくて

「一夫多妻制」や

「多夫多妻制」はあり得ないと

何の疑いもなく思い込んでしまっていることに関して

果たして本当にそうなんだろうか?

と言ってみたいんですよ



「一夫一婦制」のみが○

「一夫多妻制」は×

「多夫多妻制」なんてもっと×

ではなくて



「一夫一婦制」も

「一夫多妻制」も

「多夫多妻制」も

全部○



1つの社会でこうなったらいいんじゃないか?と

もしそうなったとしたら

あえて言ってしまいますが

あのバカバカしい不倫騒動問題で(そもそも問題か?)

誰かがあんなに世間から叩かれることはないと思うんですよね

まさに鬼の首でも取ったかのようなバッシングはなくなるんじゃないか?と

自分達が正義で悪い事をした奴らは叩きのめす

みたいな今の風潮はほんとどうかと思うんですよ

不倫とか浮気とか

そういうことをしてしまった本人も

罪悪感で苦しむことも少なくなる気がするんですよね



じゃあ

不倫とか浮気をされた方の気持ちはどうなるの?

っていう意見もあるかと思うんですけど

これもあえて言ってしまいますけど

「不倫や浮気がやってはいけないことだ」

という思い込みから生じる感情であり

その思い込み自体が

そう思っているアナタ自身を苦しめているんですよ

という事に早く気付いた方がいいと思うんですよね



たしかに

された方は苦しいと思います

でも

それを責めている以上はその苦しみはなくなりません

それを許さない限りその苦しみから逃れることはできないんです

どんなに相手が謝っても

どんなに慰謝料を払われても

どんなに相手を苦しめたとしても

それを許さない限り

アナタ自身のその苦しみはなくならないんです



だからといって

不倫や浮気を認めているわけじゃないですよ

今現在の日本は「一夫一婦制」であり

その制度から出るという行為はそれ相応のリスクが伴いますし

傷つく人もいることは事実です



でも

だからこそ

僕はこの「一夫一婦制」のみを正しいとする

常識や思い込みはもう要らないんじゃね?

と思いますし

「多夫多妻制」があってもいいんじゃね?

とも思うわけなんですよ



だって

考えてもみて下さいよ

これだけ「一夫一婦制」が正しいとされている社会ですら

一人の相手だけではなく

複数の人と付き合っている人が現実にいるわけです

それも決してマイノリティーではありません

そして

それは誰にも止められません

本人ですら止められないと思います



じゃあ

もうそれ認めちゃってもいいんじゃね?

と思うんですよね

「ダメだ!ダメだ!」

って言えば言うほど

言ってる方だけが疲れますし

まあ

もちろん本人たちの合意の上でのことですが・・・



そうなった場合ですよ

例えば経済的に余裕のある男性が

複数の人と結婚をしたとして

子どもができた場合

その子どもたちを十分に養っていくことができますよね

今現在の日本で

経済的な理由で子どもを作らないという人たちがたくさんいることを考えると

これもアリかな?って思うんですよ

男女の逆もしかりです



んで

そうなったとしたら

もしかしたら

人口増加とまではいかないまでも

減少傾向に歯止めがかけられるんじゃね?と思ったんですよね



今はもう2016年ですし

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」シリーズの

パート2の舞台になった2015年をもう過ぎちゃってますし

色んなライフスタイルがあっていいんじゃないか?と

「多夫多妻制」が認められた社会で

あえて「一夫一婦制」っていうのもアリですし



少なくとも僕はそういう社会になったとしても

1人の人と一生添い遂げるっていう生き方がとても素敵だと思うし

間違いなくそうするでしょう



もうすでに

「ポリアモリー」という考え方が存在してますし

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

↓  ↓  ↓

ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書)/平凡社
¥864
Amazon.co.jp


堀江さん

こんなブログをシリーズで書いてますし

↓  ↓  ↓


「人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。 その1


「人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。その2


「人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。 その3


「人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。 その4


「人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。 その5




(まだつづいてます)



子宮委員長はるちゃん も書いてますし

↓  ↓  ↓


を愛することをもう一度夢みた私。


僕は

ゲス夜会後のBeトレで

ぢんさんからはるちゃんの「不倫話し」を聞いた時に

衝撃を受けましたから

(その後にこの騒動のブログ読みました)





「こ、この人は何年先か、もしかしたら何十年経っても受け入れられないかもしれないことを、今もうすでにやってもうてるっ!!」




常識の範疇超えちゃってましたから

ほんとに衝撃でしたね



僕は

この世界に

色んな生き方・ライフスタイルがあって

それのどれが正しいとかじゃなくて

どれを選んでもよくて

それをお互いが

認め合える世の中になったらいいなと思っています



何か1つを「正しい事」にしてしまったら

その他は全て「間違い」になってしまって

「正しい」と思っている人たちが

自分達以外の人たちを「間違い」だと見なして

攻撃するという世の中は面倒くせぇから

もうそろそろ辞めていいんじゃね?と

似たようなライフスタイルを持っている人たちが集まって

生きていけばそれでよくね?と



ということで

日本の人口減少問題の対応策として

僕は「多夫多妻制」の導入を提案してみたいと思います

(多夫多妻制であっても一夫一婦制を希望するのは全然アリ)

あまりに現実離れしているからといって

排除してしまうのではなく

一度考えてみる価値はあると思います



まあ

たしかにそんな簡単に受け入れられる話しではないとは思いますけども

(簡単には受け入れられない、というのも僕の思い込みの1つかもしれません)



こんな話しを友達と

朝まで生ビールで議論してたわけなんですが

なんでこんな話しになってしまったのか

自分でもよくわからないんですよね

だってこの友達と飲んでる時は・・・
















大抵ガンダムの話ししかしてませんでしたから(しかもZガンダムオンリーでね)

















ペタしてね   読者登録してね



FUCK IT 「思い込み」をぶっこわせ!: 人生が劇的に軽くなるひと言 (単行本)/三笠書房
¥1,404
Amazon.co.jp


その名は、バシャール/ヴォイス
¥1,728
Amazon.co.jp


神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~/文響社
¥1,490
Amazon.co.jp


電波妻/ヒカルランド
¥1,800
Amazon.co.jp


幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII/ダイヤモンド社
¥1,620
Amazon.co.jp


怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる/大和書房
¥1,512
Amazon.co.jp


血流がすべて解決する/サンマーク出版
¥1,404
Amazon.co.jp


願いはすべて、子宮が叶える ~引き寄せ体質をつくる子宮メソッド~/河出書房新社
¥1,404
Amazon.co.jp



生きるのが楽になる 「覚り」の道の歩き方 「一元」に触れる京都大原三千院の読経CD付/KADOKAWA/角川学芸出版
¥1,728
Amazon.co.jp


職業としての小説家 (Switch library)/スイッチパブリッシング
¥1,944
Amazon.co.jp


心屋仁之助 公式ブログ

http://ameblo.jp/kokoro-ya/


心屋塾オープンカウンセリング

http://www.kokoro-ya.jp/article/13647869.html


心屋塾定期勉強会Beトレ

http://www.kokoro-ya.jp/article/13990098.html


心屋仁之助 講演会情報

http://www.kokoro-ya.jp/article/14857003.html


心屋の書籍一覧

http://www.kokoro-ya.jp/article/14041573.html

AD
いいね!(209)  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。