鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog

福祉と公共交通の視点から、鉄道のあり方を熱く語る?
blackcat こと加藤好啓です。
現在の公共交通の問題点などを過去の歴史などと比較しながら提言していこうと思います。

随時更新予定です。


テーマ:

大いなる妄想として、今回は書かせていただこうと思います。

勝手に、JR西が新たなコンセプトの車両を開発する列車は、東洋経済オンラインの記事から引用させていただくと、

「新たに開発する長距離列車はこの辺を十分に意識し、「瑞風よりも気軽にご利用いただける列車にしたい」と来島社長は言う。「ようやく検討をスタートさせた」という段階であり、いつ頃運行開始するか、どのルートを走るかといった概要はまだ決まっていない。 」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161129-00147323-toyo-bus_all

ということで、寝台列車かもわからないしそうでないかもしれない、まして従前のトワイライトを想定してということになれば、自ずと寝台車の復活かと言う向きもあるのですが、どの辺の利用者層を想定しているのかで変わってくると思います。

高級レストランなのか、デパートの大食堂なのか、はたまた、地元ショッピングモールのーフードコートなのか。

少なくとも、高級と呼ばれるところでは利益率も高いためより高級なサービスを提供することは容易になり、その逆に庶民性をアピールすると今度は薄利多売にならざるを得ず、鉄道会社がどちらを選択するのか興味が別れるところです。

最近の傾向を考えれば、長距離旅行と言えどもバックパッカー的な人を相手にするための新たな車両を新規で開発すると言ったことはせず、長距離旅行を鉄道で楽しめる中高年齢層を中心にした開発になっていくのではないかと予測されます。

 

実は、昨年の5月に、自身のブログで、「クルージングトレインの廉価版が西日本辺りから出てくるのではないかと思っています。」と書いたのですが、まさにその考え方が間違っていなかったのかな・・・、なんて思っています。(いささか手前味噌ですが・・・)

http://ameblo.jp/blackcat-kat/entry-12159924824.html

 

そして、今回瑞風の利用料金が最低27万円~120万円と聞くに及び、次に開発、検討される車両は、ロイヤルを中心に、した準クルージングトレインと言う位置づけになるのではないかと勝手に予測しています。

例えば、JR西日本で運行されている、「花嫁のれんの」の長距離列車版としてスイートを中心とした寝台車並びに場合によっては一部座席車の車両を連結した、そんな車両が誕生するのではないでしょうか。

画像 Wikipedia 花嫁のれん

運賃は、最高が20万程度の車両を開発するのではないでしょうか。

最低でもトワイライトのスイートのように5万円前後で、一部の人が期待する庶民派B寝台車の復活は無いと私は考えています。

画像 wikipedia

 

その理由は、

  • 新車を開発する以上比較的早い時期で製作費用を回収したい
  • 薄利多売の観光列車は安かろう、悪かろうで飽きられてしまう。
    それよりも速度では飛行機に勝てないのであるから、むしろ飛行機やバスと異なり、自由に移動できるメリットを十分に生かすべきだと考えます。
  • バックパッカー等向けの観光列車は、座席主体の減価償却を終えた電車などを改造すれば比較的早い時期に制作費用を回収できると考えます。

バックパッカー向けには減価償却が終わった座席車両による車両を改造して転用する。画像 wikipedia

 

以上のような理由から、次期に登場するのは、富裕層向けではなく一般向けとはいえ若い層ではなく比較的お金を持っている中高年層の利用者を想定した車両を開発してくるのではないでしょうか。(あくまでも、大いなる妄想であることを最初にお断りしておきます。)

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

 

この記事が気に入りましたらぜひ、クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すみません、年明け直ぐに書こうと思って見解を書くことが出来ませんでした。

三江線に関しては、一部マニアックな人が残すべきだという感情論的な議論がツイッターなどで高まっています。
しかし、そうした人が三江線を残せというのはどのような理由からなのでしょうか。
ひなびた風景の中を走るローカル線は風情がある・・・。

こうした理由からでしょうか?

結果的に、地元の人の願いとかけ離れたところで話が盛り上がっているように思えてなりません。


ひなびた風景の中を走る鉄道は色々な意味で非常に絵になります。

三江線も例外ではありません。

 

ただ、そうした撮り鉄派の人に敢えて聞きたいのですが。

撮影するための交通手段は何ですか?


私も、有田鉄道・野上鉄道を何度か撮影に行きましたが、申し訳ないですけどバイクとか車を使って撮影していました。

それは何故か・・・答えは簡単。
鉄道だと効率よく撮影できないからです。

実際に三江線で画像検索すると素晴らしい写真が多くあります。
凄いなぁ・・・と思う写真も多々あります。

しかしこうした写真を見るとき、この撮影者は三江線で移動したの?と問いたくなるんです。
だって、一日5本ほどしか走っていなくて、その時間に合わせて現場に行こうとすれば・・・。

だから、撮り鉄派の人が、撮影の被写体が無くなるから残せというのならば全く本末転倒です。

当日発表した資料の解説を加えようかと思ったのですが、私の三江線に関する見解という形に方向転換させていただきます。
なお、当日私がお話した内容は、後程PDFにしてアップさせていただきますので、ご覧いただき批評いただければ幸いです。

三江線に対する私の思い

三江線に関して3度ほど直接江津市入りして感じたことは、一番軸になって欲しかった江津市の三江線に対する温度が低いということです。

川本町などでは、実際に駅前で特産品の販売などを通じて三江線をメモリアルとしても残してもらおうと言う運動をされていますし、観光協会OBの有田さんを中心に駅前マップを配布されるなど頑張っておられます。

こうした人がおられる中で、もしかしたら町全体がその気になれば全体は無理でも一部区間だけでも鉄道は残せる可能性があるのではないかと思ったのです。

単純に、川本町だけで鉄道を維持していくことが出来ないのは目に見えていますし、まして主要な幹線と繋がっていない鉄道が存続することは至難の業であることは過去の鉄道の歴史が示しています。

瀬戸大橋を観光の目玉にしようとした下津井電鉄の場合、新たに出来た瀬戸大橋線の児島駅からも700m離れており、仮にJR児島駅付近に駅があったならば観光鉄道として残せたかもしれませんが結局3年ほどで廃止に追いやられたという事実があります。

実際に川本町の「まちづくり推進課長」にお話を聞いたときも心情的には残して行きたい。
しかし、現実を考えると残せない。

画像 wikipedia

まちの余力がないのだろうと思わせる雰囲気が伝わってきます。
庁舎は古い庁舎から100m程東に移設した新築で一部2階建ての平屋で、旧庁舎が4階建てのかなり大きな庁舎であることを比べると非常にコンパクトになっており、隣には合同庁舎が建っています。

町全体の話として、やはり関心ごとは地元での雇用創出が一番の関心ごとで企業誘致などは行っていると言っておられました。
さらに、人口減をいかに食い止めるかと言う重要課題があり「鉄道の存続は最後の方」と言わざるを得ないとのこと。
実際、三江線の場合、対岸の集落よりも圧倒的に人が少ない場所を走っていることもあり、地元としては、バス化して対岸の集落を走って欲しいと願っているという意見が多数だと聞かされました。

それではと思い、その足で江津市役所に直接訪問したわけです。
江津市は、総務課あてに何度もメールを送らせていただきましたが、ことごとく無視されており、全く情報が入ってきませんでした。
もちろん、いたずらメールとして勝手に担当者が処分していたのでしょうが、こうした姿勢から正直あまり期待していませんでした。

担当部署が判り、直接担当者とも話をすることが出来ましたが、JR西日本が残してくれない限り無理ですね・・・ということで、江津市として何とかしよという考え方は無いわけです。全てが受け身の仕事をしていると感じてしまいます。

 

こう考えると、三江線は、地元に愛されていないと言わざるを得ないんです。

それが冒頭に申し上げた、「江津市の三江線に対する温度が低い」ということに繋がるのです。

しかし、そんな中でも街を活性化したい、鉄道を活かした街づくりをしたいという声も当然あるわけです。

そうした少数意見を反映するための理想系と言う形で発表させていただいたのが当日の発表に繋がるわけです。

全文はこちらに掲載しました。

https://www.dropbox.com/s/e9cmbuxgnlgroj0/%E4%B8%89%E6%B1%9F%E7%B7%9A%E3%82%92%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%9F%E8%A1%97%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E6%94%B9%E5%AE%9A%E7%89%88.pdf?dl=0

最後に、私は鉄道存続を希望するものですが、それ以上に地域の方の最大限の幸せを実現するのが行政庁(ここでは町長・市長と言う意味)の役割であり、地元の人にとって使いづらい鉄道よりも使いやすいバスが生まれるのであればそれはそれでよいと思っています。

それは、地域に愛されない公共交通機関は結局誰も幸せにしないからです。

 

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

 

この記事が気に入りましたらぜひ、クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はじめに
三江線は沿線利用者から見放されているのか?
三江線の駅とその周辺人口を比較して、鉄道利用可能者の数を集計してみますと、現状では非常にお寒い状況と言うことを言わざるを得ません。
また、地元でも、積極的に存続していこうという雰囲気が見えません、どうせ反対しても何も始まらないと思っているからではないでしょうか。
何もしないでそのまま廃線を待つのではなく、あらゆる可能性について皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
また、そのためのヒントになればという思いから、少しだけお話をしたいと思います。

考えられる多くの選択肢

皆さんには、バス化しか残されていないわけではありません。
ただ、バス化しても地域に愛されない、利用しづらいバスであれば、利用されず、結果的に町は更に廃れてしまうで、逆に、鉄道を残すという選択肢をしても、地域の人にとって値打ちのあるものでなくては鉄道として存続させていくことは困難です。

 

三江線を観光鉄道として再生させる方策を考える。

さて、今回は、三江線を観光鉄道として再生させる方策等を、目標の到達点の視点から考えてみたいと思います。
最初に考えていただきたいのは、どの時点から発想するのかということではないでしょうか。
廃止ありきからの話ではなく、本当にそうした理想系が実現したら良いよねという視点からのお話ですもちろん、理想論だと一笑に付されてしまうかもしれません。
しかし、最初から無理と決めつけるのではなく、可能性という視点から考えていただきたいと思います。

理想のトライアングル。

 

すみません、体調不良で見解については改めて書かせていただきます。

 

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

 

この記事が気に入りましたらぜひ、クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様おはようございます、12月23日に江津市で開催された、集会に参加させていただきました。

 

そこで、私は全線の存続は不可能であり、一部区間でも残せないかという可能性についてお話しましたが、具体的な資金計画なども無いということでご指摘を受けました。

そこで、少しだけ補足というか説明を加えさせていただこうと思います。

 

その前に、先ず三江線の現状について簡単に報告させていただきますと、青春18きっぷの時期になったこともあり、「名残り乗車組」による乗車が増えており、三次駅 9:57発の石見川本行きは私が乗車した12月23日も約60名が乗車、地元の人は殆どおらず、途中駅での乗降もほとんど認められませんでした。

今回もJRの社員が乗車しており、停車駅ごとにホームに降りていましたが、社員以外は殆ど動きが無いという状況で、現状の乗車はその殆どがそうした廃止特需による観光輸送?とは言えませんがそうした名残り乗車組で示されています。

車内では、時刻表を見るもの、スマホを見ているものも多く、車窓を楽しむとかではなく、取りあえず乗ったよという実績だけを残したい人が多数派なのだろうなぁと思わせるだけであり。

間違いなく、存続運動的なことには興味を示してくれることは無いだろうなぁと思ってみておりました。

 

ただ、不覚にも夜行バス、それ以前の夜勤と重なっていた睡眠不足で、寝てしまいまして。

宇都井駅の様子などをレポートできなくなりました。

 

さて、ひとまずの列車の終点である石見川本駅ですが。

今回駅前で、魅力プロジェクトの皆さんでしょうか。

「えごま油」と呼ばれるこの地域の特産品を加工した油などを駅前で販売しておられました。

私も1本だけですが、購入させていただきました。

購入してみた、「塩エゴマダレ」

 

塩以外にもいくつかありました、580円というお値段、高いか安いか…その人の価値観だと思いますし、多少なりとも地元を知ってもらう努力をされている皆様に敬意を表したいと思い購入させていただきました。

 

さて、当日の石見川本駅の様子なのですが、石見川本に臨時列車が走っていたようで、12:09分に石見川本駅に到着した列車の反対側には「かぐら」ラッピングの車両が石見川本駅に停車しておりました。

行き先表示を見よく見ると、「臨時」となっており、ぶらり三江線の予定を見ると山陰本線運用もしくは検査となっていたのですが、団体臨時列車の扱いでもあったのでしょうか。
事前情報が無かっただけに、ご存じの方がおられましたらご教示いただけると幸いです。

 

さて、石見川本駅では、広島からの高速バス並びに、太田市からの路線がバスが相次いで到着するダイヤとなっており、12:09に石見川本駅に到着する列車を受ける形となっているわけですが。残念ながら乗降客は無し。

これが現実なんだろうなあと改めて醒めた目でみてしまいます。

 

さて、川本町の名物おじさん?(失礼)谷本さんが、本日も駅前でマップを配布しており頭が下がります。

しかし、ちらっと聞こえる本音は、「三江線の廃止を受入れざるを得ない」という現実を受け入れておられるようです。

 

勿論直接聞いたわけではありませんが、観光者に向けて話す言葉の端々にそうした雰囲気が感じられたからです。

 

次回は江津市で開催した、フォーラムについて私の発表内容について自分なりの見解などを順次綴らせていただこうと思います。

 

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

 

この記事が気に入りましたらぜひ、クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の申し上げる発想は理想論だと笑われるかもしれません。

しかし、一番良いのは定住者を増やすための方策ですが、それと並行して、地域の売りとでもいうのでしょうか、マーケティングでよく言われるUSPUnique Selling Proposition)を考えるべきではないでしょうか。

 

明日以降と言いながら10日以上開けてしまいました。

何もしていなかったという訳ではなく、23日に向けての原稿などをしたためていました。

また、総論としては別途、過疎化と鉄道と 2回目(鉄道を残せる町と残せない町)

http://blackcat-kat.muragon.com/entry/44.htmlで書かせていただいたのですが、最終的には町が鉄道の存続を望む声が大きいことが大事になってきます。

少数意見を大事にしろという意見もありますが、少数意見を大事にして結果的にもっと大切なことを失うとなってはいけません。

実は、この失敗をする人が多くて全体を見ているつもりで実はということは多々あります。

 

私自身は、三江線を全線残すのは難しいと考えています。

簡単に観光と言いますが、まずそこに来たいと思わせるための魅力あるコンテンツをどこまで開拓できるのでしょうか。

箱モノを作ったから誰かが来てくれるとはならないでしょう。

仮に箱モノが出来たからそれで集客でいるというのであればそれはあまりにも意識が低いと言わざるを得ない。

さらに、三江線沿線を観光開発と言いながら、観光というのを宇都井駅の駅下をライティングして・・・申し訳ないですが。

駅舎全体が天空の駅として写真撮影の格好の被写体になるでしょうが、それを鉄道利用とどこまで繋げられますか?
駅の上から見てもそれほど、美しい景色に見えるとは思えないし、むしろ車で来て撮影するのには丁度よいですが、鉄道で来てそれを観光するといった性格のものではないですよね。

 

そうしたことを考えた時、広島県と島根県にわたって存在し、安芸高田市や邑南町では鉄道自体が市の外れを走っている鉄道に対して負担金を出すとは考えにくいのです。

安芸高田市の場合芸備線は市域の真ん中を通過しているが三江線は殆ど市域の外側をかすめるように通過しています。

同じく、邑南町も同様の理由で、町全体としては鉄道を残す意味が限りなく低いといえます。

 

むしろ、その区間の旅客流動はどれほどあるのか・・・、むしろ流動が無いのであれば、鉄道廃止に際して、より実態に合った流動に合わせたバス路線等を検討することが大事ではないでしょうか。

 

そう考えたときに、私の考え方としては、川本町・江津市の区間だけを何とかして残せないかということでした。

これは、島根中央高校が川本町にあり、川本町も「音楽の町」を宣言しているのであれば、それを活かして、

「アニメーションとのコラボレーション」等が出来ないかと提案してみたのです。

http://blackcat-kat.muragon.com/entry/44.html「アニメーションなどとのコラボレーションを考える。」で掲載した内容です。

単純に鉄道だけ残しても意味がないのであって、そこで鉄道に乗る理由が欲しいのです。

漫画の主人公が三江線に乗って学校に通う・・・、相違した追体験を全国してもらう。(もちろん、アニメ制作や漫画でたちまちヒットするとは限りません、しかし、何もしないよりもこうした突飛な発想も時には大事なのではないでしょうか?


これは、、もしかしたら鉄道が無くても可能かもしれませんが、鉄道があればその風景を絡めることで、さらに全国にアピールしやすくなるのではないでしょうか。

あくまでも鉄道で残す場合の可能性としてのお話であり、実際に鉄道を残すとなると、保守要員を含めてどうするのかという問題がありますので、次回はその辺を書かせていただこうと思います。

 

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

 

この記事が気に入りましたらぜひ、クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。