右下の「記事一覧を見る」というところをクリックすると、順番に記事が並ぶので見やすいかも。
http://ameblo.jp/bkyu/entrylist.html
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-23 08:35:02

(11)ほ:香港でし

テーマ:旅行2017

 

お話はこの冬のBきゅう旅行社香港ツアーでございました。

 

 

そう、香港着後は、Bきゅう旅行社の旗を取り出して、ばーばらを誘導。

 

ちなみに、このツアーでは、

ばーば1号=ハハ
ばーば2号=オバ

となっておりますう。

世の流れとして、その配偶者はすでに他界(涙)。

 


香港に入国の後、

 

入国の列はありましたが、スムーズに動いていて、機内での状況を事情聴取しているうち、入国。

 

あまり待ち時間はなかったですう。

(↑でも夜便で到着した時よりは混雑していたかも)

 

 


その後、カートを探し出して、荷物ピックアップはBきゅうの役割。

 

 

Bきゅう、「ねえねえ、カート、どうやって使うのかな。」。。。というソブリも見せず、前の人を見習って、カートを操作。難しい。

 


タクシー乗り場を探すのもBきゅうの役割。

 

カメラのシャッターを押すのもBきゅうの役目。

 

 


こうした3泊4日の旅の場合、

 

香港市内の交通には、トラベラー用の短期オクトパスといふのがございまして、

 

それが便利そうなのでしたが、、、、

 

(↑三日くらい使えるやつで、空港電車が1回または2回付き。帰るときに、カード代も払い戻せる。)

 

 


ばーば2号が腰を悪くした後なので、

 

 

たくちゃんで、しゅるしゅると市内へ移動。

 

 

 

(たくちゃん=タクシー)

 

(↑ハイヤーは、荷物のサイズがわからなかったのと、空港着後に両替したいと言われていたので、どのくらい時間がかかるかわからないので、やめたの。)

 

 

 

 

乗って思ったのですが、空港からは、地下鉄より、タクシーのほうが景色が見えるので、ばーばらには、よかったですう。

 

 

タクシー内から、島をつなぐ橋を見たり、九龍の交通渋滞を見たりしておりましたあ。

 

 


 

 

 

 


ばーばら言、「30年前とは変わった」そーです。

 

 

 

 

 

そりは変わっただろうに。

 

(↑空港からして、30年前とは違うのでしたあ)

 

 

 


ほどよく疲れた午後4時ちかく、Sトン着。


チャックインタイムにもなっており、無事チェックインいたしました。

 

 

 


無事到着で、

 

(記事が、短くてごめんちょ)

 


合掌

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-18 22:20:06

(10)ほ:ANAさんでし

テーマ:旅行2017


今回は、米国ー日本ー香港ー日本ー米国とあるので、最初の一区間を除いて、Bきゅう、お仕事モードには入れないこと必須。

特に羽田ー香港間は、エコさんなので、お仕事グッズを機内で、小間物屋のように並べることもできないのですう。



ですから、半分カラのキャリーオンに、パソを押し込んでしまいました。

(↑パソをお仕事カバンに入れておかないのは、天袋で、むぎゅーっと押しつぶされたら困るので)

(↑某国人とか、天袋は無限に広がると考えているようで、無理やりむぎゅーっと、荷物詰めることがあると思う)




機内に入ったところで、エコ担当のFA殿に、ばーばらの席を言うて、一応、何かあったら、Bきゅうに連絡するようにお願いしておきました。

時間も短いので、BきゅうがCクラスに様子を見に行くことはありませんでしたけど、

(↑到着前には、ばーば1号が、入国書類を持って、Bきゅうのところまで来られましたな。)







さて、非常口席に座ったBきゅう。

窓から外も見えにくいので、そのままボケーっとしているうち、

(↑非常口席は非常口ドアがあるため、通常の位置に窓はないのですう)


おするすると離陸の後は、






Bきゅうの座席の隣席(それは3列並びの中央にあたる)には、

大柄な日本ビジマンが座っておりまして、

そう、おするすると離陸の後、ベルト着用のサインが消えまして、




そのビジマンは、天袋からカバンを出して、パソを広げ、





パソを広げて、、、



14、15インチのパソをぱっくり広げて、




無理




絶対無理の四文字熟語。



(↑席にパソ置いて、パチパチしようとしたら、腕がはみ出るだろうが。)








と思ったら、本人も気づいたようで、

すぐに、パソを止めて、書類に何か書き込む作業に切りかえたようでした。









でも、座っているだけで、はみ出してくる方なので、



やっぱり無理


絶対無理の四文字熟語








わからないのかなー。





さて、そうこうするうちに、御食事前のお飲物のサービスがございました。




書類にごにょごにょ電卓で計算した値を入れていたビジマン。

(↑こんな大きな電卓、久しぶりに見たぞ)

(↑それを持ってくるって不思議)





Bきゅうは、そのビジマンのお飲物を置くところがないので、

『ここに置いていいよー』

って、Bきゅうのテーブルを指していうたのですが、「いいです」って、コップ抱えて仕事していた。






なんか、優先順位を間違えている気がする。。。

仕事しなくちゃいけないなら、状況を最大限に利用して済ませればいいのに。






それとも、おばんのお世話にはなりたくないのかー?

BQCのマリーアントワネットであるBきゅうが、おばんに見えたのかー。



ふーんだ。








で、

その若いビジマンは、

ご飯が来たら、書類を閉まって、ご飯していた。



その程度なら、家を10分早く出て、空港でできるぢゃろーが。

その方が間違えなく計算できそーだぞ。

本当はパソの書類に直接入れたかったんぢゃないのかなー。

なら、「備えて」おけよ。





Bきゅう、コップ抱えて、はみ出してくる、若いビジマンを暖かく見守ることにいたしましたあ。


がんばれー。






と、

隣のことは放っておいて、

Bきゅう、御食事は、映画を見ながら、今となっては味は思い出せないけど、海鮮ちらし寿司を堪能。
 


(↑何の映画を見たかも思い出せない)

(↑出発前には、映画三昧〜って思っていたのに)






Bきゅうは、その後、3名分の入国書類を書いて、後は映画を見ていたのですう。

エコで仕事は無理だもん。








無事, HKG空港へ到着で、




合掌



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-02-14 21:30:30

(9)ほ:羽田でし

テーマ:旅行2017


さて、ここまで来て、やーーっと、本編、ばーばず香港ツアーとなるのでございましたあ。



ばーば1号は家から一緒、

ばーば2号とは、早朝、7時くらいに羽田国際空港のカウンター前で待ち合わせでございましたあ。

飛行機は、朝9時前、羽田発でございましたあ。

(↑午後便にすると、香港で寝るだけに、一泊の宿泊費を出すことになるから、それがイヤだったという説もある)








ひこーきは、ばーば1号と2号はCクラス、Bきゅうは、非常口席を賜ることができたのでエコノミーで香港行きと相成るわけでございまして、

朝の羽田の国際空港は、7時すぎると、ずんずんと出国の列が長くなるようでしたが、

幸い、Bきゅうツアーは、列が長くなりはじめたくらいに出国したので、そんなに待ちませんでした。


(↑羽田はCでもファーストトラックは使えないのですね。ぢつは直前になって気づきましたあ。Bきゅう+1だけ、ファーストトラックを使えても使えても困るので、普通レーンで、そそくさと出国)





で、、、、



全く予定にはなかったのですが、、、、







出国のちは、ばーばらは、免税品でお買い物

こういう人々のココロを知っているのか、羽田は出国すると、すぐにばーんと、免税品店が並んでいますなあ。

もう、免税パラダイス〜と、出国するとあるのですよお。


(↑Bきゅうにとっては、免税店って、本当に安いか疑問)

(↑どこの化粧品でも同じぢゃんという意見は却下)

(↑出国で購入して、外国へ行って戻ってくるまで持っているって、エコでない気もするのですが)

(↑ばーばらは楽しいみたいなのでよいですう)




そして、免税店でお買い物の後、






ラウンジに入って、Bきゅう共々、脱皮

(↑南に向かうので、ここで脱皮することは大事)





この脱皮のため、

ANAラウンジ内の御トイレで、チェンジルームを探して、

「あらまあ、ないやんけ」と思い、個室のドアを開けて納得。

個室内に着替えるための台が出せるようになっているのね。






個室も、和的な雰囲気。





でも、デザインがスタイリッシュすぎて、何があるのかわかりにくい御トイレでした。

(↑ちょっとイケ過ぎ)





手洗いで、歯を磨くも、備え付けの紙コップを使用後に捨てるところがわからず、

たまたま近くにいた、クリーニングの方に、ゴミ捨てのところを教えてもらいました。

(↑洗面台の下に、ちょこっとある銀色のところを押してゴミを入れるのね。)

(↑後から考えると、ばーば二号はそのゴミ箱の位置がわからないので、紙コップを持って、御トイレから出て来た。たしかにわからないのよ。)






ばーばずの旅となりますと、両者の健康状態を心配しましたが、


両者とも、無事、香港行きに搭乗で






合掌


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。