診察を受けて状況がわかりひとまず安心~~

 

 

 

急遽、休みを取った今日の水曜日。

 

二週間程前からずっと母が頭痛が続くと言う事で気になっていた私。なかなか私自身が平日の休暇を取る事が出来なかった事から、やっとの事でした。

 

朝起きて外を見たら「雨」。車椅子での移動なので、ちょっとダメ-ジ。

 

予報通りの天気です。まあそれでも朝はまだまだ降り方も穏やかだったのでまだましでしたが、車での移動も雨の中は意外と大変。

 

傘を差しても濡れない様に母だけ(車椅子だけ)に掛ける。私は合羽。

 

病院に出入りする時は屋根があるので良いのですが、それ以外の場所は屋根が無いと、自家用車への乗り降りは大変。

 

おりしも病院の診察が終わって帰る時、しっかり降っている雨。強さが増している。

 

病院内が暑いだろうと薄着をしていた私、帰宅してから鼻がグツグツ。この時期に風邪を引くと具合悪い~~。これからは薄着しそうな時季ですからねぇ~~。

 

 

さてその母の診察結果ですが、何より今日の最もホッとした嬉しい事でした。それは・・・・。

 

最も心配していた「脳梗塞」や「脳内出血」、その他の明らかな異常は認められなかったのです。まあしかし年相応の多少の萎縮はあったのですが、医師曰く、頭痛を生じさせる様な脳内病変は考えられないとの事でした。

 

結論、肩こりや一時的な神経的な物でしょうと言う事でした。仕方なしに、この二週間飲んでいた痛み止めの薬を、痛くなった時に頓服的飲む事しか無い・・・・と言う結果でした。

 

異常が無かった事は何よりでしたが、痛みが続くのは可愛そうなのですが、どうしてやりようもありません。様子見るしか無いです・・・・。

 

本人はと言えば、先生からの異常なしの結果を聞いて、ご満悦。

 

 

少し買い物に付き合いして帰宅してから私は、今度は休日にしか出来ない用件を片付ける為、雨の中また出発。

 

朝昼と食事をしていない事から、銀行など回った後、いつものお店で軽く食事。

 

帰宅したらもう夕方。疲れてしまい、ちょっと横になって布団も着ずにそのままうっかり居眠り~~。

 

夕食の時、鼻水が・・・・・、どうやら風邪を引きそう~~。今宵は早く寝ましょう。

 

 

結局一日の休暇も、精神的にはそれなりに落ち着きましたが、身体はまあ楽だった訳では無いので、やや疲労感がありますが、衣類の模様替えは出来ませんでした。

 

まあ雨も降っていたし、窓を開けての片付けは次回の天気の良い休日にしましょう!!。

 

 

急な休日の一日が終わります~~。

 

 

 

 

 

リンゴりんごいちごいちご

 

.

AD

 

江戸時代の開府に掘削~伊勢湾~名古屋城へ

 

 

 

名古屋市内と言うと庄内川の流域に出来た平野に栄えた街です。

 

しかし実際にはその庄内川の本流だけで無く、その途中より「中川運河」であったり、今日の写真の様に、「堀川」、「新堀川」などが分岐して市内中心部を流れています。

 

こう言う形態は濃尾平野に限らず、大阪中心部でもそうですし、和歌山市内など、いわゆる主たる川が河口部附近で造った平野の都市では、よくよく考えると皆概ねそんな感じがあります。

 

歴史的には古い河川であり、紐解こうとするとあらゆる文献が沢山出てきます。

 

 

いつも良く通る広小路通りを柳橋から久屋大通に向かって歩いて行く・・・・その途中に大好きな風景があります。

 

柳橋交差点から東に200m程歩いた所で、この「堀川」を渡ります。その橋が「納屋橋」。この橋の欄干もレトロな雰囲気で好きなのですが、何よりこの橋の上から見る北側(名古屋城側)が好きなのです。

 

 

この橋から見る風景も北側(上二枚写真)の方が好きなのです。しかも真夏の風景と真冬の風景が異なる。今の時期はそう変化は無いのですが、太陽の高さによって水面の反射度合いが異なるのです。

 

この日は小さな船が往来していました。何の船なのでしょう?。観光的な物では無かった様に思うのですが・・・・。商業船でしょうか、真っ赤な船でした。

 

 

夕暮れになると雰囲気はもっと良くなる~~。イイですね~~堀川~~。

 

 

 

 

 

リンゴりんごいちごいちご

 

.

AD

 

花は沢山付くんだけどねぇ~「グミ(茱萸)」

 

 

 

 

今年も沢山の花が咲きました。

 

昆虫や蟻たちにせっせと受粉を依頼し、楽しみに見ているこの時期~~。

 

でもこれだけ沢山花が咲いても、そのうちの全てが結実する訳で無く、まあ概ね毎年半分以下になる事は事実です。

 

自然の摂理でしょうか?。

 

 

これは「グミ」の花。「茱萸」と漢字で書きますが、まあ読めないですねぇ~。

 

これから花が終わった後に、6月頃に赤くて綺麗なサクランボの様な実が成ります。

 

少々苦みがある為、鳥類にはあまり食べられません。しかし蟻や蛾などの幼虫が入っていたりする事がよくあります。

 

 

意外と私は食べないのですが、私の親ぐらいの世代には、おやつ代わりに、もぎ取って良く食べたと言います。

 

しかしこの実には個体差はありますが、タンニン酸を含んでいたりするので、渋苦みが強い物もあります。それは食べられません。因みに我が家の物はそれ程苦みは感じません。

 

その実が成った状態は下写真です(数年前の6月中旬撮影)。

 

 

意外と着実数は少ないでしょう?。花に比べると実に少ない。毎年こんな感じです。

 

少し肥料でも蒔きましょうか。

 

あと少しの期間、実が大きくなるまでの2ヶ月~~、楽しみです~~。

 

 

 

 

 

リンゴりんごいちごいちご

 

.

AD