読者登録いつでもどうぞ相互登録依頼もご遠慮なく!

関西ビジネスサテライト代表日記



よかったらクリックしてね


Twitterボタン


Twitterボタン

にほんブログ村 経営ブログ 異業種交流会へ


にほんブログ村




異業種交流会情報

関西のセミナー・スクール・交流会のトータル情報サイト!!パートナーシップNEXT パートナーシップPlus交流会 関西ビジネスサテライト代表の日記

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-18 12:29:08

本当に必要な人

テーマ:ブログ

こんな素晴らしい人と人間関係を築いていきたい。

友人関係やビジネスパートナーとして関係構築したい。

もしくは

あまり付き合いたくない。

とか

いい噂聞かないから気にはなるけど距離を置いている。

 

そう思える人を選ぶ基準ってなんですか?

 

フェイスブックに代表されるSNSを見て選んでますか?

人から聞いた話で判断しますか?

 

 

基本フェイスブックなんて表面上のことしか書いてないことがほとんどですし

人が話す噂話も結局表面上のことしかわかっていないことがほとんどです。

 

 

僕は

自分のことを中心で考えるときも自分

人のことを全力で考えて行動するときも自分

まじめに取り組むときも自分

アホしているときも自分

保身に回るときも自分

自分より人を守るときも自分

全部ひっくるめて自分自身。

時には人に冷たいし

おせっかいなくらい暖かい時もある

 

 

だから誤解も感銘も受けやすい。

 

でもそれが自分自身だから仕方ない。

 

自分をごまかしすぎて

片意地張ってたり

素の自分を出せない人って世の中沢山いてる。

 

 

人と付き合う基準って

表面上がきっかけであったとしても

素のその人をひっくるめて

自分自身の目で判断してつきあうことが大事。

 

 

 

結局は人から聞くことではなく

人がする判断ではなく

 

自分の目と耳と心で感じて判断する。

 

交流会などを中心に人に集まってもらって

共に成長

共に支援

というつもりでやってきたが

結局は合う合わないって人間だからでてくる。

 

人は空気感が合うところにひとが集まる。

同じ感覚の人やそれに近い人が集まる。

 

そこからいろんな出会いや仕事が集まる。

 

本当に必要な人はそんなとこに存在していたり

そこから新しく現れるものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-16 12:26:06

ガンになった方が納得できる治療を受けれるための情報ポータルサイトを作りたい。

テーマ:ブログ

2017年2月16日 残り6日

心に少しでも留まれば

ご協力や拡散をお願いします。

 

 

僕が膀胱ガンのステージⅢと告知されたのが

2016年8月

その前の7月に血尿が出ておかしいと思い街の病院へ行きました。

前立腺炎と言われ薬を処方してもらい治るのを待っていましたが

一向に収まらず血尿がひどくなり

違う病院へ行ってわかったのが

「膀胱に腫瘍」があるということ

 

膀胱のガンは治りやすいと焦りはしましたがまだ余裕でいてました。

その後

内視鏡手術を受け腫瘍を切除し

安心していたら

腫瘍の検査結果が

膀胱がんでも0.3%しかならない

「肉腫様ガン」ですと告知され

そのステージがⅣに限りなく近い

ステージⅢということがわかりました。

 

正直頭が真っ白になりなにも考えられなくなりました。

とにかく

「何か手を打たないと行動しないと死ぬ」

そのことだけが理解できました。

 

即、膀胱・尿道・前立腺をとらないとダメですと言われました。

頭が空白の中で何も考えれない状態の中で

手術の仮予約のサインをして帰りました。

 

帰っていろいろ考える中で

40代でストーマーと言われる人口膀胱を体の外に装着して

人間の生理現象である「おしっこをしたい」というものが無くなる

というのは嫌だと感じました。

しかも

膀胱全切除したとしても

5年生存率は50%だということもわかりました。

 

このままでいいのか?

そう考えて調べ始めました。

そうしてセカンドオピニオンを受け

 

今治療に取り組んでいる

膀胱温存療法という治療を行う病院を見つけました。

 

そこにたどり着くまでにセカンドオピニオンを受けた数は20近くになります。

しかしそのセカンドオピニオンに関して

病院でポスター貼ってたり

新聞やテレビなどでやっていて

良い制度という認識がありますが

現実

かかりつけの病院が

他の病院をセカンドオピニオンで積極的に紹介してくれるということは

皆無に近いという事がわかりました。

 

それと意外と知られていないですが

セカンドオピニオンは実費がかかるということ。

それも各医院により異なりますが

2万~5万くらい1病院あたりかかるのです。

過去の検査データーを持ち込んで

30分くらいのカウンセリングと相談。

 

いろいろと驚くくらいお金がかかるのです

もちろん治療費には莫大なお金がかかります。

 

たどり着いたのは悲しいかな

ガンの治療に必要なのは

 

「お金と情報」

 

これが重くのしかかってきます。

 

僕はまだ治療の過程です。

 

でも告知されて今に至るまで困ったことが沢山ありました。

 

 

ガンと告知され

生きるために情報を探し

そこでネットを調べると

どんどん出てくる

ネガティブな情報

 

「癌で亡くなった」

とか

芸能人がガンでなくなったとか

生存率がどうだとか・・・

 

気持ちを削ぐような情報が氾濫しています。

 

そうでなく

 

生きるための情報が必要なのです。

 

 

ガンと告知されたあとに

 

自分のガンに関して

必要な情報を集めることができるサイトを作りたいのです。

 

人によっては

病院で抗がん剤とか受けてでも治したい

抗がん剤や放射線を受けずに治したい

病院には行かず自己免疫力で治したい

高度医療でもなんでも受けて治したい

民間の治療で治したい

サプリやアロマなど自分に負担のない形で治したい

神頼みで治したい

食事で治していきたい

 

いろんな方法が沢山あります。

 

まだまだ知られていないとか知らない情報が世の中にはたくさんあって

それを作ろうとしているポータルサイトで情報を取得して

自分が納得する形で治療を受けれるようにしたいと思っています。

 

情報を知り

相談に行き納得できる治療を見つけ

残りの人生を楽しく生きていけるように手助けできるサイトを作りたいと思っています。

 

もし心に少しでも

共感できるという部分がありましたら

ぜひサイトをクラウドファンディングのページをご一読頂き

シェアやご協力をお願いしたいと思います。

 

 

 

ガンと告知をされた方が納得できる治療を受けれるサイト作りたい

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

https://camp-fire.jp/projects/view/11506

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-08 13:37:54

続けることの精神力

テーマ:ブログ

今日は

「続けることの精神力」というお題です。

 

突然ですが

僕はアメリカ「Las Vegas」に来ていて

7日目の夕方になります。

 

今回の滞在でラスベガスに20回目くらいでしょうか?

ここで僕は金持ちトークするのではなく(笑

ほとんどタダで来ているのです。

 

マイレージで来ているのです。

タダでエンターテイメントの町に来続けている理由は

またここでお話をすることとして

 

今回は

「続ける事の精神力」

 

僕がラスベガスに来るたびにいろんな現地で活躍される方を

紹介されお会いしています。

そのたびに輪ができて良い経験良い情報が

沢山入ってきます。

 

その中で今回はある二人の方の紹介を通して

お話をしたいと思います。

 

現地で活躍しているうちの二人

ARISA TAKAMI

MASASHI KITAMURA

 

この二人に共通しているのが

「シルクドゥソレイユ」

 

そう

世界最高峰のパフォーマンスを見せる

エンターテイメント集団。

 

日本にも定期的に講演に来て

世界中の観衆を魅了しています。

 

シルクドゥソレイユはいつも最高のパフォーマンスを

見せ続ける為に世界中から身体能力の秀でた人材を

探しオーディションを行い良い人材を集めています。

 

先般名前を出した

ARISAさんとMASASHI君は

そのオーディションを経て舞台に立つ日本人です。

 

ARISAさんは全米最大の巨大ホテルMGMグランドで

行われている長く人気を得続けている

「KA」カー

 

MASASHI君はマンダレイベイでここ数年の間に

開設されたマイケルジャクソンの世界観を魅せる「ONE」ワン

 

いずれも大人気のショーだ

 

常設のショーなので

1日2公演で週5回開演

計算上年間400回以上の公演をして舞台に立っている。

 

「1日2公演400回」ですよ!!

これを毎日続けているのです。

シルクドゥソレイユのショーなので

飛んだり跳ねたり

空中で吊り下げられたりして

常に一歩間違えたら事故や大怪我を伴う公演を年間400回以上ですよ。

 

すごくないですか?

 

しかもほぼ同じ演技いやそれ以上の演技を求められるのです。

 

僕は彼らに聞きました。

「時にはやめたいとか思ったことないですか?飽きてくるとか面白くなくなるとか・・」

 

「もちろんありますよ(笑)」普通に笑顔で答えておられました。

 

「でもやりたかったことですし何よりもお客さんが来てくれて拍手をしてくれたり

スタンディングオベーションしてくれたりとか・・・。

とにかく喜んでくれたことが分かった時続けていてよかったなと思います」

 

そうなんです。

 

彼らの中には自分のやりたかったという達成の気持ち以外に

やりがいというのをちゃんと見つけているのです。

もちろん何にも得難い見に来てくれる「お客さん」に喜んでもらうために

続けているのです。

人からの感謝や感動が原動力になっているのです。

 

同じことを続ける精神力というのは

「人の為に何ができるのか?

人に喜んでもらうために何をすべきなのか」

彼らはその役割をショーの中のパフォーマンスを発揮することで

伝えているのです。

 

ダラダラ面白くなくやってると

人には伝わります。

 

しかし彼らはそこの行動を体にしみこませているのです。

精神力とは

自分の普段出していない限界の力を精神と言う「心」の力で

突き動かせているのです。

 

彼らの一人新体操を依然していた

シルクドゥソレイユのMASASHI君は僕に言いました

「僕よりもすごい新体操の選手なんて沢山いてます。」と謙遜されます。

 

しかし僕が思うに

実力はもちろんの事

火に普段から感謝されるような行動をしてきたからこそ

実力以外の

選ばれたという「運」

オーディションを知るという「縁」

シルクの常設の演技の枠が空いたという「タイミング」

が飛び込んできているのだろう。

 

観衆を魅了し続ける彼らのショーをぜひ

Las Vegasに足を運んだ際は

目的の一つに組み入れて欲しい。

 

今回も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-18 13:36:53

3年は生きろ

テーマ:ブログ
医療関係に勤めるとある先輩に言われた言葉

余命告げられたんやったら

3年は生きろ
その努力しろ

何故なら
医療は日進月歩
数年前に研究や治験されてたことが
実現可能になってくる

三年周期でだいたい
ガンの治療は進化している。


新たな治療が必ず出てくる
3年は生きる努力しろ
そしたらまた
3年
そしてさらにまた3年だ!




そう

医学は日進月歩
3年
また次
3年

そのように生きていく。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-15 18:24:34

付き合うべき人脈は自分で決めろ

テーマ:人脈作りのコツ
お前見たんか?
お前ほんまの事を知ってるんか?
 
ってこと世の中に多い。
 
全て本質を見て
自分の目で
見て
触れて
感じて
モノゴトを判断すべし。
 
自分の直感そのものが本質そのもの。
 
自分で調べず
惑わされて動いているようでは
本音で付き合える人ではない。
 
周りにも
あんたええ顔してるけど本質腐ってるで
という人と
ああ見えて付き合って見れば裏表なくもの凄い人格者
なんてこと多々あります。
 
自分自身で行動し
本質を見抜く力を
人に迷わされず
見つめることこそ重要です。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
簡単便利で無料のアメブロ用プラグイン