ヒョンビンssi、私達はあなたを心から応援しています$ヒョンビンに魅せられて


いかなる環境変化にも、怪我や病気に罹ることなく、あなたの努力や情熱が報われ、思いが全うできますように。


$ヒョンビンに魅せられて


最近ヒョンビンファンになった方にとって、このブログが、過去のヒョンビンを探すために少しでもお役に立てれば幸いです。


コメントできなくすると、過去のコメントもご覧いただけないので開けておきますが、基本的にコメ返しはしておりません。

悪しからずご了承ください。









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-07 17:07:36

ヒョンビン、除隊後初のドラマ復帰作が決定…「ハイド・ジキル、私」出演へ

テーマ:ヒョンビン


Kstyle 2014年10月07日13時40分

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2005215



俳優ヒョンビンが除隊後の初のドラマ復帰作としてSBSドラマ「ハイド・ジキル、私」(演出:チョ・ヨングァン、脚本:キム・ジウン)を選択した。

ドラマ制作会社は7日、ヒョンビンが次回作として「ハイド・ジキル、私」に出演することを確定したと明らかにした。

ヒョンビンはドラマ「私の名前はキム・サムスン」「彼らが生きる世界」「シークレット・ガーデン」など様々な作品で人気を集めたトップ俳優だ。除隊後に映画「王の涙-イ・サンの決断-」で新しい正祖王のイメージを作り上げたヒョンビンであるだけに、次の選択に関心が集中していた。

ヒョンビンが次回作として選んだドラマ「ハイド・ジキル、私」は「ジキル博士はハイド氏」(作家:イ・チュンホ)を原作とする全20話のドラマで、一人の男性の全く異なる2つの人格と恋に落ちた女性の三角関係を描いたラブコメディだ。

ヒョンビンはこのドラマで冷たく刺々しいジキルと甘い純情男ハイドの両方を演じる予定で、期待を集めている。

ドラマ「ハイド・ジキル、私」の原作ウェブ漫画「ジキル博士はハイド氏」は、小説「ジキル博士とハイド氏」のラブコメディ版で、2011年2月からポータルサイトDaumで連載を始めて人気を得た作品だ。

「ハイド・ジキル、私」は「私の期限は49日」「野王」「大切に育てた一人の娘」などを演出したチョ・ヨングァンプロデューサーがメガホンを取り、「清潭洞アリス」のキム・ジウン脚本家が台本を書いた。また「善徳女王」「根の深い木」を執筆したキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン脚本家がクリエーターを務める。来年1月から韓国のSBSで放送される予定だ。

記者 : チェ・ナヨン

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>