刀の歴史

テーマ:
平安時代前期以降、大和(奈良)、山城(京都)、備前(岡山)、相州(神奈川)美濃(滋賀)の五か国には多くの名エが現れ、流派が繁栄した。
これらの作風を五箇伝と称し、その鍜法は日本刀の基とされる。

次回は大和伝の作風について。

 
       岡林です
AD