上の画像は、インド北部ジャンム・カシミール州レー(Leh)にあるチベット仏教の僧院・ティクセ・ゴンパ。ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈の谷間にあるレーは海抜3500mの高地。高山病に苦しみながらの撮影であった。







$画像ブログ『駐在員のインド漫録』-地図
ブログ記事関連インド地図





$「駐在員のインド漫録」-本カバー3

文芸社2010年9月刊行 (増刷分完売)

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


↑ランキングに参加しておりますので、クリックをお願いします。



インドの魅力を絵画で描く秋山一夫画伯のブログ・リンク

http://blog.livedoor.jp/pitibo2000/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月29日

第2319篇:インドから一時帰国休暇中の旅・「ウィーン」(97)

テーマ:ブログ

「ウィーン・コンチェルト・ハウス」内モーツアルトホールでのバロック音楽コンサートの演目は、フランソワ・クープラン作曲「王宮のコンセール」でした。


フランソワ・クープラン(1668年生‐1733年没)は多くの音楽家を輩出した家系で、彼は特に有名な作曲家で、「大クープラン」と呼ばれます。


フランスのヴェルサイユ宮殿付設礼拝堂オルガニストとなり、太陽王と呼ばれたルイ14世に仕えて、宮殿内コンサート用音楽を作曲し演奏しました。この組曲「王宮のコンセール」もヴェルサイユ宮殿で演奏されたものです。(続)











Wien258
ウィーンにあるコンサートホール「ムジークフェライン(楽友協会)ホール」。
















Wien261
このホールは1870年に完成。









ペタしてね


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

クリック宜しくお願いします。

AD
いいね!(47)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月28日

第2318篇:インドから一時帰国休暇中の旅・「ウィーン」(96)

テーマ:ブログ

2015123日午後730分より「ウィーン・コンチェルト・ハウス」内モーツアルトホールにて開催される古楽器によるバロック音楽のコンサート。演奏楽器は、ヴァイオリン、フラウト・トラヴェルソ、バロック・オーボエ、バロック・ファゴット、チェンバロ、テオルボ。これらの楽器はバロック時代の17世紀‐18世紀に製作されたオリジナル楽器かレプリカ(オリジナルの複製)による楽器です。(続)










Wien259
ウィーンにあるコンサートホール「ムジークフェライン(楽友協会)ホール」。








Wien260
2002年1月1日、ウィーン・フィルによるニューイヤーコンサートが、小澤征爾指揮により開催された。









ペタしてね


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

クリック宜しくお願いします。



AD
いいね!(54)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月27日

第2317篇:インドから一時帰国休暇中の旅・「ウィーン」(95)

テーマ:ブログ

ウィーンのコンサートホール「コンチェルト・ハウス」には1865人収容の大ホールの他、704人収容のモーツアルトホールと366人収容のシューベルトホールがあります。古楽器によるバロック音楽の演奏会は、2015123日午後730分よりモーツアルトホールにて開催。演奏はアンサンブル・ストラヴァガンザ、演奏曲はフランソワ・クープラン作曲「王宮のコンセール」です。(続)










Wien253

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の拠点ホール「ムジーク・フェライン(楽友協会)」ホール。










Wien257
ウィーン・フィルによるニューイヤーコンサートの演奏会場。







ペタしてね


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

クリック宜しくお願いします。




AD
いいね!(59)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。