ヘアサロン開業アカデミー・bhオフィシャルブログ

美容室開業プロデュース会社bhにおける独立開業プロデュース中の情報、bhの開業サポートで開業後の過去オーナーさんとの交流、ヘアサロン開業のノウハウ発信、各種セミナー受講後の声などご紹介してます。

NEW !
テーマ:

店舗デザイナー出身のヘアサロン開業プロデューサー・飯島由敬です。

dummyTitle
 

「店舗デザイン」 と 「店舗設計」

さて、これってどう違うのでしょう?


ヘアサロン開業の際には、必ず店舗デザイン?店舗設計?

この段階を踏むことになるはずです。

 

 

実はこの2つの意味合いの違いは、

 

美容師さんや理容師さんなら至って想像しやすいはずです。


例えば、あなたのところにお客様が来て、こんな注文をしてきたと考えて下さい。


「洗練された感じにしてほしいな。キリッとデキる女に見えるようにしてほしいな。」

 

長年に渡り経験積んできたあなたは、その要望をしっかりキャッチし、

果たしてどのような施術をすべきかを把握しており、

 

希望を実現するため、培ってきたノウハウから具体的な施術プロセスを組み立てて手を下してくことでしょう。


そしてスタッフ達には、非常に具体的で的確な指示を出すはずです。

 


まず最初にシャンプーをして・・・(客の要望によっては異なることもあるかも?)

 

第1段階として3センチのみカットする・・・とか?

 

次に薬液Aを使う・・・とか?

 

そして再び、また異なる方法のカットを施すように指示する・・・とかね。
Etc…

 

 

このように別人(スタッフ)への指示はかなり登頂的であり、非常に細かい指示となるはずですね。


前述の例で話したように、

最初に依頼された「デキる女」というのが

まさに「デザイン」の世界です。

 

そして、スタッフに指示した

具体的な実現法が

「設計」の世界です。

 

 

さてさて、店舗デザイン設計の方に題材を戻してみましょう。


前述の例えと同じく

「北欧地方の街で古い佇まいを感じさせる雰囲気のカフェ風のお店いしたい」

これが「デザイン」・・・抽象的で曖昧なものなのです。

 

 

そしてその北欧の古い街を表現する具体的方法として
古いレンガ風のタイル、石畳風の床材、アンティークの古い木材のフローリング、ビンテージ仕様の革張りソファ Etc…

 

これが「設計」・・・とにかく具体的で数値化しやすい要素、すなわち積算できる状態への橋渡し作業なのです。


さて、デザインと設計の違いをさらに詳しくまとめてみましょう。

□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□

 

【記事全文を読む】






■bhホームページ

■美容室開業、理容室開業、店舗のデザイン設計、融資他、どんなことでも無料相談可能

■フェイスブックページ「ヘアサロン開業アカデミー」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。