三井住友銀行の融資をめぐり、決算書を偽造して計5億5千万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた不動産会社「コシ・トラスト」(東京都渋谷区)社長、中林明久被告(41)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は中林被告に懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。

 また共犯とされた元社員、斎藤貴嗣被告(46)は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)とした。

 朝山裁判長は中林被告について「詐取金のうち4億円以上を取得している」と指摘。「犯行の中心的役割を果たし刑事責任は重い」と断じた。一方、斎藤被告は「従属的だった」として執行猶予とした。

 また詐取金4億5千万円については同行の元行員、堀真文被告(44)=同罪などで起訴=との共謀を認定した。

【関連記事】
レタスカード元社長ら起訴 架空債権譲渡で36億円詐欺 京都地検
フィッシング対策協議会、詐欺サイトURLを見抜く学習ゲーム
「過去に自分も被害…」プレステ3の代金詐取男を逮捕
架空名義で1億4千万円の融資引き出し 琉球銀行員
偶然デジカメ届く? 振り込め詐欺で130万円被害
20年後、日本はありますか?

甲子園8回の野球部監督逮捕=傷害容疑で-広島県警(時事通信)
<特定看護師>広範囲の医療行為可能に 厚労省検討会が提言(毎日新聞)
<普天間移設>鳩山首相「難しいけれど頑張っている」(毎日新聞)
<原口総務相>遅刻で謝罪 参院総務委が中止(毎日新聞)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車-ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)
AD