FOREVER NO.10

Caminho com SHONAN BELLMARE.
Caminho com Daisuke Kikuchi
que joga para SHONAN BELLMARE.

NEW !
テーマ:

3月25日(土) 第5節  VS  ジェフユナイテッド千葉  湘南ベルマーレ公式サイト

 

DINEI連発!湘南連勝!

 

今季初の上位同士の対戦で昇格争いの相手にもなるであろう千葉を相手に2-0と完勝。

シーズン序盤は、それほど順位は重要じゃないと言ってる自分だけど、やはり意識しないわけがない。

そんな試合でしっかりと結果を残せたことは大きい。あえて厳しく言えば、あと3点取れたけどね。

千葉が驚くくらいのハイプレスを採用していることもあって、今までの4試合よりも湘南スタイルを

より強く出せる試合となったし、千葉もサイドチェンジのパスがサイドラインを割るということもなく、

お互いのミスの応酬といった試合ではなかったので、試合全体の内容としてもよかったとも思う。

後半になって千葉が試合を支配して押し込まれていた時間帯があった。しかしその時間帯も

しっかりと耐えて守り抜くことができたし、その時間帯を除けば、そこまで危険なシーンはなかったかな。

これだけしっかりと守り抜けるのはANDRE BAHIAと秋元陽太の存在がとても大きいはもちろんだけど、

菊地俊介といい髙山薫といい下田北斗といい武田英二郎といい、中盤もとてもがんばっていた。

いろいろと課題もあるだろうけど、この試合では全体的によかったと思う。あとは終盤の時間帯、

もっと追加点が取れていれば、本当に何も言うことのない試合になったんだけどね。リードしていたから

大事にならなかったけど、あれだけチャンスがあったならもっと決めないといけない。

得失点差で泣くこともあるし、J1で戦うことになれば、少ないチャンスで決めなきゃ勝てない。

1つ1つのプレーはJ1を意識してやってもらいたいと思う。J2で勝つことが簡単ではないからこそ、

J1基準でプレーしてもらいたい。そうした意識でプレーしないと、J1昇格、J2制覇が見えてこないからね。

 

右からのクロスをダイレクトで流し込む。愛媛戦と同じような形でDINEIが決めて先制。

前線でのキープといい、決定力といい、本当に大きな存在感を出してくれている。WELLINGTONのような

パワーは感じないけど、巧さはWELLINGTON以上に感じる。鹿島が獲得したのも理解できる。

これからはもっと厳しい、場合によっては汚いとも言えるくらいのマークが来ることだろう。

元々、負傷がちな選手なので、とにかく1試合でも多く出場できることを願うばかり。そして、その裏では

「DINEIにだって負けねぇぞ」と闘志をメラメラ燃やして虎視眈々と狙っている藤田祥史…がいてほしい。

 

齊藤未月に取らせたい。愛媛戦、千葉戦と連続でスタメンを勝ち取っているけど、よく走っているから

納得なところ。曺貴裁監督のコメントにもある通り、巧いかどうかは別としてね…。「湘南乃星」という

フレーズは神谷優太に引き継がれたが、魂などは齊藤未月にこそ継いでもらいたいと思う。

あ、シュートの精度は引き継がなくていいからね。今のところは一番引き継いでしまっているけど…あせる

まだ若いから…とは思うが、湘南のエンブレムを胸にピッチに立っている以上、年齢は関係ない。

練習でのプレーが認められているからこそ、ピッチに立っているのだがら、この2試合同様、

自信を持って積極的に前向きに一生懸命プレーしてほしいと思う。そして、それを続けていって、

ゴールという結果にもつなげてもらいたい。試合での経験を通じて、どんどん成長していってもらいたい。

湘南の未来…だけでなく日本代表の未来まで託せる人材になってほしいね。

 

2月の1試合も含めて、3月を無敗で乗り切ることができた。この流れをまだまだ止めていけない。

行けるとこまで突っ走らないとね。3月の勝ち点3も10月11月の勝ち点3も同じ勝ち点3。

J1昇格のためにもJ2制覇のためにも、勝ち点も得失点差も稼げるときに稼いでおかないとね。

4月はAWAY2連戦の次にHOME2連戦。AWAY2連戦とは言え、1試合は首都圏開催。3試合は多くの湘南サポーターで後押ししてあげることができる。ゴール裏で腕組んで黙っている場合じゃない。

1人でも多くの湘南サポーターが気持ちを前に出し、湘南への愛情を声に替え、選手を後押ししよう。

湘南の選手が少しでもプレーしやすい、より頑張れる環境、空気を作り出そう。最後に笑うために。

IMG_20170326_102201491.jpg

 

最後に踊るため おれたちは歌うのさ 勝利を掴み取れ ともに戦おう

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3月19日(日) 第4節  VS  愛媛FC 湘南ベルマーレ公式サイト

 

鬼門愛媛で勝利のダンス!

 

IMG_20170320_213008716.jpg

「難しい試合で勝点3を取って帰るというのはもちろんハッピーではありますが、心か幸せかと

聞かれれば全然そんな気持ちではなくて、まだまだこのチームが伸びる、という過程の中で勝点3を

もらえているということを良しとしては行けないなと。」と曺貴裁監督のコメント。

もちろんその通りなんだけど、勝ち点を積み重ねることができずJ1に上がれないという結果が

主力選手の流出などが直結してしまう可能性が増えてしまうなどのことを考えると、内容が悪いながらも

勝ち点を稼げていることって、それはそれで意味があると思うし、決して悪いことではない。

この勝利で「おれたち強いじゃん」なんて勘違いされると困るけど、曺貴裁監督がこう考えて

コメントしている以上は心配いらないと思うし、試合後の挨拶に来る選手たちの表情を見ていると、

そんな勘違いをしている選手はいないと思うので、まぁ大丈夫だろう。内容が悪くても試合に

勝利することで自信につながることもあるし、成功体験がさらなる成功体験を呼び込むこともある。

内容的に満足できないシーンも多いけど、それに対して否定的、批判的になるのではなく、

一緒に前進していくという空気を作ってあげたいね。

 

DINEIが開幕戦での負傷から復帰、そして今季初ゴール。いろんな意味で、とにかくよかった。

ポストプレーの収まり具合は本当に安心して見ていられる。前半のシュートチャンスは決めてほしかった

けど、それでも安東輝からのクロスをしっかりと流し込むあたりはさすが。

DINEIについては、とにかく負傷が心配。負傷欠場に十分気を付けてもらって、たくさん試合に出場して、

湘南のためにもJ2得点王となってもらいたいね。

 

山田直輝の調子が上がってこない。ずべての試合で途中交代している。それもまぁまぁ早い時間での

交代が見受けられる。昨年終盤のキレキレの山田直輝に、はまだほど遠い感じ。ゴールを奪えば

少しは気が楽になって変わるかな…という期待も含め、早くゴールを決めさせてあげたい。

キレキレの山田直輝がすっげぇことは昨年の終盤で証明されている。DINEI同様、負傷がちで

1年間働くことが難しい選手ではあるが、1分でも多く湘南のためにピッチに立っていてほしい選手。

コンディションが上がってきて、天下無双となる山田直輝を待ち焦がれるばかりである。

 

愛媛戦が終わって、首位を守っている。確かに言葉の響きは悪くない。いや、むしろいい。

しかし、何度も言っているけど、この時期の順位はそれほど重要ではない。順位を守るよりも

しっかりと相手から勝ち点を奪い取れるか、相手に勝ち点を取らせないか、得失点差を稼げるか、

これらのほうがとっても重要なこと。この4節までの対戦相手は、昇格、優勝という結果を得るためには

このくらいの成績を残して然るべき順位に、現在はいるチーム。しかし次節は昇格争い、優勝争いの

直接の相手となるであろう千葉が相手。序盤戦、一番の山場となるであろう試合。圧倒的なHOMEの

雰囲気、前向きな雰囲気を作り出して、湘南の勇者たちに戦いやすい空気を作ってあげたい。

いや、作ってあげなきゃいけない。遠方AWAYが2試合続いたため、湘南不足な湘南サポーターも

たくさんいるだろうから、湘南への愛情を前面に出して、選手の一生懸命なプレーに応えないとね。

まだまだ止まらない、止めさせない。こうしている間に、内容もついてくることを信じて…ね。

 

最後に踊るため おれたちは歌うのさ 勝利を掴み取れ ともに戦おう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月12日(日) 第3節  VS  ツエーゲン金沢 湘南ベルマーレ公式サイト

 

J2に染まることなく…

 

IMG_20170315_205948725.jpg

昨年とメンバーが違うのは間違いない。出場しているメンバーにはJ1経験がない選手もいる。

それを差し引ても、この試合でJ1基準を感じることは残念ながらできなかった。

新しいチームとなってゼロからのスタートであることは確かだが、2016年に悔しい思いをした選手が

残って出場していることも確かである。2014年のように独走できるとは思っていない。そんなに甘くない。

しかし2014年同様、今のプレーはJ1では通用したのだろうか…という視点は持っていてほしいと思う。

ボールを奪われても、何度か守備しているうちに相手のミスによってマイボールになって危機を脱する。

確かに守備がいいから相手がミスをするという部分もあるが、「今のはJ1だったらやられている…」と

思うシーンが多々ある。目の前の試合に勝利することだけを考えれば、それでもいいのかもしれない。

しかし今の選手たちはそんなことを望んでいないだろう。J1で戦うことの厳しさ、楽しさを経験したのは、

サポーターだけではない。当然ながら選手の方がより経験しているわけで、その舞台で戦いたいと

いう希望は大きいだろう。2018年以降、J1の舞台で戦い続けるために、もう一度J1基準を

思い出してプレーしてもらいたいと思う。

それが湘南のためであり、実際にプレーしている選手自身のためにもなるのだからね。

 

順位的なこと、過去2試合のことを考えると勝ち点3を奪っておかなければいけない試合だった。

しかし、それは選手も痛感しているだろうし、それを必要以上にネガティブに捉える必要はない。

曺貴裁監督も言っている通り、金沢戦の勝ち点1から多くのことを学ぶことができれば、この勝ち点1は

有意義なものにすることができる。今後の試合につなげ、この勝ち点1を有意義な勝ち点1にしないとね。

次節は、とっても苦手な愛媛での試合。ある意味では、金沢戦を受けての愛媛戦ということで、

これを乗り越えることができたら、このチームはとても大きく成長できる気がする。

こういう大事な試合、乗り越えなければいけない試合、選手たちと一緒に乗り越えたいね。

苦手を克服して再度勢いを取り戻して、好調千葉を迎撃という流れを作りたい。

愛媛に参戦できるサポーターは選手と共に苦難を乗り越えよう。

愛媛に参戦できないサポーターは、その分のエネルギーをHOME千葉戦で爆発させてほしい。

みんなの気持ちで、湘南のリスタートを熱く後押ししよう。

 

最後に踊るため おれたちは歌うのさ 勝利を掴み取れ ともに戦おう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月4日(土) 第2節  VS  ザスパクサツ群馬 湘南ベルマーレ公式サイト

 

リーグ唯一の連勝!


と言っても、そんなに喜べるわけではないけどね…。

先週の水戸戦もそうだったが、This is J2という内容で、相手のミスでマイボールになっているから

やられていないだけで、これがJ1だったら…と思うと、ゾッとするシーンは数知れず。

実際、2017年で戦うステージはJ2だし、J1から降格してきたからって簡単に勝てるとは思っていない。

しかし2014年同様、J1基準で戦っていかないと、2018年以降にJ1で戦い続けることはできない。

新戦力との融合など、考慮しなければいけないこともあるけど、かなり心配でもあるのも事実。

勝利そのものに満足することなく、これからはもっと意識を高く持って戦い続けないといけない。

とは言え、こうした満足できない内容の中でも勝ち点3を確実に積み上げることがとても重要なので、

結果をしっかりと出せていることについては、とても嬉しいことだし評価できることだと思う。

 

杉岡大暉が初ゴール。シュートも決して簡単な場所からではなく、素晴らしいゴールだった。

入団が内定したときから期待はしていたけど、ここまでやってくれると本当に嬉しい。

J1、J2の差があるから単純に比較はできないけど、鹿島に移籍した三竿雄斗の穴はしっかりと

埋まっている感じ。今後、試合を重ねていけば、ミスをすることもあれば不調に苦しむこともあるだろう。

それでも、いろいろ経験して大きく成長していってほしい。将来の湘南と日本を背負って戦うべき人材に

なってもらわなきゃいけないからね。日本を背負う時には、ぜひ湘南から…でお願いしますw

 

髙山薫が2得点。3点目となった自身2点目は、かなり長い距離を走って流し込んだゴール。

This is 湘南スタイルと言ったゴールで、それを主将である髙山薫が決めてくれたことはよかったと思う。

PKで2点目を取ってからそのゴールが決まるまで、ずっと群馬の流れで嫌な時間が続いていたから、

あの一撃は本当に大きかった。状況が悪い中でも追加点を奪える、しっかりとゴールを決められることは

リーグ戦を勝つチームの条件だと思うから、こういうゴールは嬉しいね。もちろん一番いいのは、

内容も圧倒してゴールをたくさん奪って勝つことなんだけどね。

 

第2節にして連勝したのは湘南だけ。つまりは単独首位。言葉の響きはいいし、嫌な気はしない。

でもこの時期の順位はそれほど気にするものではない。しっかりと勝ち点3を奪うことが何よりも重要。

3月の勝ち点3もリーグ戦終盤の勝ち点3も同じ勝ち点3。取れるときに勝ち点は取っておかないとね。

と同時になるべく得失点差も稼ぐこと。湘南は終了間際に時間稼ぎをするチームではないけれど、

時と場合によってはそういうことも必要になってくる。時間稼ぎをしなくてもいいように、試合終盤までに

複数得点差をつけておけるような試合運びをしなくてはいけない。目指すは昇格ではなく優勝。

J1で通用するチームに成長して、J2を制覇して昇格する。これこそが目標。決して簡単じゃないけど。

そうなるためにも、もっと後押しも必要。HOMEはもっと絶対的なHOMEの雰囲気を作らないといけない。

選手はピッチ上ですごくがんばっている。スタンドも一緒にがんばらないとね。もっともっとできるはず。

自分たちが愛するチーム、選手たちにために、もっとがんばろう。そして一緒に歓喜の瞬間を迎えよう!

 

最後に踊るため おれたちは歌うのさ 勝利を掴み取れ ともに戦おう

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月26日(日) 第1節  VS  水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ公式サイト

 

2017湘南 勝利で発進!

開幕戦を勝利で飾った。内容的には満足できない部分もあるし、決して手放しで喜べるわけじゃない

けど、それでもしっかりと勝ち点3を奪ってきたことに大きな意味がある。

あれだけ独走して優勝した2014年も開幕戦は山形相手に1-0の辛勝だった。5月に行われた

AWAY水戸戦は、苦しみ抜いた上79分に決まった武富孝介のゴールで、やはり0-1だった。

水戸もそうだが、湘南だってコンビネーションなどはまだまだ成熟していない開幕戦。

勝って当然なんて状況ではなかったが、こうした状況でも勝ち点3を獲っていけることこそが

J1昇格、J2制覇にはとても重要である。そういう意味からも、とにかく開幕戦で勝利できたことは、

とてもよかったと思う。新戦力にとっても、自信につながるだろうし。

 

山根視来が3バックの右。攻撃力を期待しての起用だったと思うが、その反面おっかない部分も…。

杉岡大暉も含めて、2014年のイケイケ3バックが復活した…と喜んでいいのかどうか微妙だけど、

大きな可能性も秘めているし、成功も失敗もあわせて多くの経験を積んで成長していくものだから、

ANDRE BAHIAや坪井慶介といったいいお手本からもたくさん吸収して、大きく成長してもらいたいね。

 

DINEIが負傷退場した途端にボールキープができなくなり、水戸に主導権を握られてしまった。

確かにDINEIの存在は大きい。足元も巧いし決定力もある。期待に応えてくれるFWだと思う。

でも、藤田祥史にはDINEIに負けてもらいたくない。きっとDINEIは1年通じて活躍するのは厳しいだろう。

そういう意味では藤田祥史がやってくれないと、2017湘南の躍進はとても難しいものになると思う。

やれるだけの実力がある選手。DINEIはもちろん藤田祥史の活躍にも期待したい。

 

次節は群馬を迎えてのHOME開幕戦。勝たなければいけない戦いだけど、簡単ではない。

圧倒的なHOMEの雰囲気を作り出して、2017湘南を熱く後押ししたい。ピッチとスタンドが1つになって、

群馬に立ち向かえば、絶対に勝利できるはず。前向きな雰囲気を作り出して、みんなで勝利しよう。

 

最後に踊るため おれたちは歌うのさ 勝利を掴み取れ ともに戦おう

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。