瀬戸市で開講中の、

ソーシャルプランナー®育成支援講座 10期 。

 

4回目のご感想を 原 敦子 さんがFacebook FB にアップして下さったので、

一部ご紹介しますね heart

 

 

線 線 線 線 線 線 線 線

 

 

 

先日のかわの ゆみこ先生の
ソーシャルプランナー育成講座。

 

①発達障がいの基礎知識とワーキングメモリ
②応用行動分析の視点を持つ

詰め込み過ぎて頭混乱  消化しきれない

 

行動分析学を専門とする奥田健次先生のことを
知ったのは一年前。
刺激的な講演会でした。
何冊か本も読みました
私が求めていた明確な対処法だったのかもしれない。
的確な導き方。

 

子育てにおいて、今までたくさんの関わり方を試してきたつもりでいる母としての自分…
この、つもりが、できてなかったのかなぁ。
愛情だけは精一杯伝えてきている…
伝わっているはず

だいぶだいーぶ落ち込んでる

一度全部リセット。

 

☆『知識を持って、気楽に子育て』

☆『症状』と『行動』は異なる。

 

心の問題にすると美しく聞こえるだけなのよ〜

一番記憶に残ったこの日のかわのさんの言葉。

まだほんの冒頭部分の学びでしかないのだろうけど、
頷きオンパレードでした
もっともっと知りたい、学びたい。

 

 

 

線 線 線 線 線 線 線 線

 

 

ご感想、ありがとうございました お礼

 

 

小学校のPTA家庭教育セミナーの依頼で、

ほめ方叱り方のテーマでお話をしてきました。

 

 

 

当日は、30名を超える方がいて、

こんなに集まるのは、珍しいということでした。

 

 

ほめ方叱り方は、いつも人気です。

 

 

お子さんが、小学生になってくると

やっぱり親としてもまた違う悩みが

できてきますよね。

 

さらに、小学校1年生と6年生のお子さん

では、また悩みも違うので、

小学校の家庭教育セミナーでは、

その辺りも考えつつ、お話ししています。

 

 

 

いろいろお話ししますが・・・

 

 

やっぱり行動分析の話をしています。

 

 

そして、当日の感想を教頭先生が

送ってくださったのですが・・・・

ほんとはねぇ、私感想嫌いなんですよ〜

苦手です・・・

チキンなので、見たくないんですが・・・・

 

 

 

これが、まぁありがたいことに

めちゃくちゃ好評で、

 

 

ハート 親として○○していこうと思った

ハート 自分の△△に気づいてよかった

ハート 今後は、こうしていこうと思う

 

などなど、

かなり皆さんの行動の変化を起こせるような

内容で、

 

 

ほ〜〜〜〜っとしたわ〜〜〜〜

 

 

{238A083A-F818-48D4-AC68-DC80147557D4}

 

そして、感想のほとんどが

 

行動分析勉強したいです

 

でした。

 

さっそく本を買いに行くという方も

いらっしゃいました。

 

 

 

そう、

行動分析いいですよ。

 

 

 

やっぱり、行動分析使いのニーズは

大きいですね〜

 

今後、いろいろ考えております!

乞うご期待

 

小牧市の小牧駅前にある、
お茶処吉乃庵さんという和カフェで
練り切り和菓子体験に行ってきました!
 
和菓子作るなんて、初体験ですよ〜ハート
 
大阪府堺市の和菓子店から先生がこられて
実演と説明をしていただき、
それぞれ好きなものを作るんです。
 
 
練り切りの白とピンクを伸ばして、
餡を包んで・・・
 
この包むのが難しいガーン
 
模様をつけると、こんなんになりましたハート
 
{CBDE35AD-3654-4606-ADD8-6459EBD320E5}
 
線の入れぐらいがバラバラなのと、
真ん中の黄色が多すぎてはみ出ているのは、ご愛嬌キョロキョロ
 
 
 
{E7C6FD4E-236E-4848-81D2-C23DB8693A66}
 
 
次にチャレンジしたのは、
薔薇ハート
 
やり方と、ポイントを教えていただき、いざ!!
 
 
白と、エメラルドグリーンにしてみました。
なかなか、涼しげでしょう〜ハート
 
上の黄色も、最初のところでの学習を生かし、
小さめで!!
 
 
{BEA22490-E207-4FE3-A5BB-F244668C5DC1}
 
三角のヘラで色々模様をつけたりします。
 
先生の教え方が上手だし、
 
 
失敗なんてないですからね。
 
なんかちゃうなと思ったら、パクッと食べてしまえば終わりです。
 
 
な〜〜んて、素敵なことを言ってくださるので、
ワーワーキャーキャー言いつつ、
楽しめました
 
 
 
{C57B0673-814E-421F-A628-C9D68A03E126}
 
黒猫のジジっぽくしようと思ったら、
あらら〜〜〜ガーン
なんか、怪しいネコっぽいものにガーン
 
先生の言葉に励まされ、これでいいのだ!!
 
 
で、一緒に行った方のお子さん(4歳)女子に
 
「これ何に見える?」
 
と聞いたら、速攻で・・・
 
 
くまモン
 
 
と言われた〜(笑)
 
あはは〜〜、色使いは似てるかもね・・・・
 
アメトークの絵心ない芸人以上の絵心のなさやね(笑)
 
 
 
{37C14F80-529C-4CB0-875D-570B4B25E078}
 
こんな色合いのバラも作りました〜
 
 
{DDC8F5E7-2464-4C2B-93F7-FF694DF2133E}
 
 
このイベントを教えてくれて、
一緒に楽しんだ、
あいちかすがいっこ代表の、松元エミちゃんと桜子ちゃん!
 
楽しかったね〜。
教えてくれてありがとうハートハート
 
{37862E3A-FE5F-4CF4-A562-3AD30F971894}
 
先生の実演の様子・・・
 
{79760183-1783-47C8-912F-77BFFF7292F9}
 
こうやって、丁寧に教えてくださいましたよ〜
 
私、必死てへぺろ
 
{4A0ADD38-4ACD-4B35-A197-85D88978C6EB}
 
練り練り楽しいハート
 
{9662D2EB-C964-4EF3-8A41-9F44D4CEA9B7}
 
 
こちらの、和カフェは、
煎茶含め、モーニングもあり、
ランチもあり、
かき氷もめちゃ美味しそうでしたハート
 
今度、ここで、お茶会とかしたいなぁと思いましたよ。
かき氷を食べる会でもいいかもハート
 
行きたい人いるかな?

ソーシャルプランナー育成支援講座は、

講座が終わってからが本番で、

学びをどう生活に活かすのか?

学びをどう活動に活かすのか?

 

が問われると思っていて、

振り返りや検証を兼ねて、

なるべく会って話せる時間を取っています

 

 

この講座って、ほんとに感想がバラバラだし、

意味が分かんないしね(笑)

 

受講しようか迷う人は多いと思ってます。想定内ですが・・・。

 

 

学んだ人のほとんどは、

講座の後に、こういうことだったのか!という

感想をたくさん持ってくださっているので、

ホントにじわじわ来るのと、

応用範囲が大きいというのも特徴だなと思っています。

 

 

なぜ?なのか・・・。

 

それは、

 

大きな枠組みで物事を

捉えられるようになるからだと思っています。

 

 

 

image

 

 

 

わたしは、資格を付与する講座にはしたくないと思っていますし、

このソーシャルプランナーというもの自体で

仕事になることはないと思います。

 

 

ただ、

仕事をする

生活をする

子育てをする

何かを始めようとする

誰かと何かを一緒にやろうとする

 

そして、それらを実行する時に

この講座で伝えていることが

いかに使える知識なのか?ということを

痛感することになっています。

 

 

思わぬところで、

あ、これソーシャルで聞いたことだ!

 

 

という経験を持つ人は多いのです。

 

 

なので、単なる起業講座でもないし

活動支援の講座だけでもない・・・

 

 

専業主婦でも

何かを始めたい人も

すでにやっている人にも

あてはまる、応用率の高い講座で

その内容が、大きな枠組みで物事を

捉えることができるようになるから・・・

 

なんです。

 

 

とはいえ、

自分勝手な判断の人だったり

素直に話を聞けない人だったり

自分の都合だけで物事を捉えたりする人は

元の木阿弥ではないかと感じています。

 

 

 

即効性のある講座ではないです。

自分の興味だけで受ける内容ではないものも

カリキュラムに入っています。

 

 

でもそれは、わたしが目指すところの人物像に

繋がるためのカリキュラムになっています。

 

 

毎回進化していますが、

正直いつまで続けるかはわかりません・・・

 

タイミングが合えば、

ぜひ、受講して下さいね!

 

受講も、縁だなと思います。

 

 

 

花びらハート 9月から始まる12期春日井会場の詳細はこちら

 

 

親が子どもの進路・・・というより、行き先を選ぶことができるのは、

 

幼稚園

 

ぐらいですね。

 

保育園もそうですが、

保育園よりも、幼稚園の方がその特色や教育理念などなど

いろんな選択肢を考えて、より、子どものために・・・という

選択肢の色合いが強いような気がします。

 

 

その昔は、

幼稚園は、家の近くで選ぶということがより一般的で

多かったように思います。

 

 

一部、いわゆる教育熱心なご家庭では、選ぶということを随分昔から

していたように思いますけどね・・・

 

 

ごく一般的な家庭では、そうでもなかったのではないかな?

 

 

私は保育園に1年ほど通っただけですが、

幼稚園組の近所の友達は、ほぼみんな同じところに通っていて、

制服と斜めがけのカバンが羨ましかったのを覚えています。

 

 

我が家の子どもたちは、私が働いていなかったこともあり、

3人とも幼稚園でした。

しかも、3人とも年中からの入園にしました。

これは、お金の節約のためと、下の2人は3月生まれだったので

年中からでもいいかな・・・という判断でした。

今は、年少入園が当たり前過ぎるのと、

育休の方も増えているので、年中入園というのは

現実的ではないですけどね・・・。

 

 

{74718402-B2BC-4F46-A6B7-C8357FA8A125}

 

 

 

 

 

 

話が逸れた・・・・

 

 

少子化や車でのお迎えやバス通園が主流になっている今、

幼稚園って、選べる時代になりました。

 

私も、自分の経験をもとに、

幼稚園マップというのを自分の足で歩いて情報を集めて、

冊子にしたり、紙媒体の情報紙を作ってきて、

選びやすい環境づくりを作ってきました・・・

 

 

ま、それが良かったのかどうかというのは、

悩むところではありますが・・・

 

 

私としては、

知らないことがあって、選択肢が減ることに対しての

もったいなさを感じたこともあり、作ったんです。

 

 

その後、急速に情報過多の時代になり、

溢れかえる情報に振り回される状況になろうなんて

みじんも感じなかったんですけどね。

 

 

■■■■

 

 

幼稚園選び一つとっても、

望ましい子育て

より良い子育て

とか、いろんな情報を親が取り込んでアプトプットして

子どもにあてがうわけです。

 

 

親が望んでいるものが、子どもにあってるなんて

正直全然わかりません。

あってないかもしれません。

ありがた迷惑かもしれません。

 

 

その後、すくすく育ったのだとしたら、

親がその幼稚園を選んだからなのか、

子どもにそもそも生きる力があったのか、

適応性があったのか、

いい意味でも悪い意味でも学びが多かったのかもしれないし、

両方の混ざり合いなのかなんていうのも

勝手な親の判断でしかないことが多いです。

 

 

 

子どもの発達にとっても大切なことはどんなことなんだろう?

 

 

 

ソーシャルプランナー育成支援講座は、

上記のことも含め、

親として、一人の私としての考え方や

幼稚園・保育園・学校のあり方なども考えながら

自分軸を作っていく講座だなと思います。

 

いろんな見方ができ、考えることが億劫ではなくなりますよ・・・

講座の募集記事はこちら