愛知県瀬戸市で開講中の

ソーシャルプランナー®育成支援講座10期。

 

9回目のご感想を 原 敦子 さんがFacebook FB にアップして下さっています。

ご紹介しますね ハート

 

 

オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色

 

 

 

 

 

先日はかわの ゆみこ先生による
ソーシャルプランナー育成講座第9回目。
『役割分担とポジショニング』
『相談の基本、コミュニケーション技術』

 

今まで学ばせていただいてきた
すべてが繋がっていく……
そんな気はするのだけど、頭の回転が悪い私は
生活と結びつけることがなかなか難しい

色んな思考回路が出来てきた感覚はあります


一番、考え方や取りくみ方が変化したのは
地域との関わり方やPTAなどへの考え方です。

 

わたしの心に残った今日のかわの先生の言葉。

☆思考のクセをなくすこと
ちがうことをやってみると脳が活性化され、
ワーキングメモリが広がる‼︎

思考のクセ…コレが自分ではよく分からず
もっと自分を見つめ直さねば‼︎

 

かわの先生は本当にたくさんの本を熟読して
いらっしゃり、たくさんの本をご紹介してくださいます♡


その中の今日の一冊
『脳の強化書』加藤俊徳著

とっても興味深い本‼︎


①日常の習慣を見直す
②脳のクセを知る
③させられたい思考→したい思考へ発想する

 

それにしても…
このかわの先生の写真好きだなぁ♡
梶 景子ちゃん撮影のもの
かわの先生のお人柄がよく伝わってくる

 

あと少ししかないこの学びの時間を
大切に考えながら過ごします!

 

 

 

オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色 オレンジ色

 

 

ご感想、ありがとうございました ありがとう

 

 

 

ソーシャルプランナー育成支援講座、

来年度は、新栄か名古屋駅かどちらかで検討しています。

月曜日開催で、5月の連休明けからスタートの予定です。

年明けから募集開始予定にしていますにくきう

 

asterisk_02asterisk_02asterisk_02asterisk_02asterisk_02

 

ソーシャルプランナー育成支援講座は約1年近くかけての講座で

いろんなことを学べるようにしています。

基本的には、いろんなものの見方ができるようになったり、

俯瞰できるってことですね・・・なので、

冷静に、客観的に自分や周りを捉えることができるようになるかなと思います。

 

 

ただ・・・

講座で聞いたことを実際にやることになると

やっぱりハードルがいくつもあります。

 

 

「わかる」と「できる」は違うわけで・・・

 

 

こういうことか・・・とか、

そういうことか・・・とか、

いろんな葛藤が実際に講座を受けて知ることが増えると、出てきます。

 

 

そんな時には、できる限り修了後も相談にのるようにしています。

なので、修了生の人たちは「講座料安すぎです」と言ってくれます。

値上げしたい(笑)

 

 

 

さまざまな相談が、日々舞い込んできます。

いまのところ、お金はもらってません。

たまに、学習会とか振り返り会の時には、

実費程度いただくぐらいかな・・・・

 

 

image

 

 

それもこれも、

みなさんが、地域で適切に活動できるようになって欲しいからなんです。

 

 

出世払いは、期待してますよん(笑)

 

 

適切に活動するって、なかなか大変です。

なので、わたしはアシスト役・・・

 

 

ただ、実際にわたしが活動したり運営したり、マネジメントすることはできないので、

実際に活動主体としてやっている人たちが、頑張るしかないんです。

 

 

わたしには、見えることが多々あるし、

未来も見えるし、

心模様も、いろんなことが見えます・・・

そう、占い師みたいにね。

 

 

でも、私が見えることは、わたしは全部は言わないようにして、

アシスト役として、ヒントをお渡ししているぐらいです。

 

 

 

わたしは、何もできないんです・・・

 

 

 

なので、みんなが少しでも前進してできるように、背中を押し続けようと思います。

時には、後退が必要な場合もあるけど、そんな時は、それを提示しますよん。

 

 

たまに、強く・・・かなり強く押すこともありますが、

蹴っ飛ばしたり突き落したりはしません・・・・けど・・・・そんなふうに感じる人もいるやろなぁ・・・感覚の問題なんで・・・(笑)

 

今までのブログの続きです・・・

 

 

結局、どうしたらいいかわからない・・・って言う人の多くは、

あれこれ、いろいろと試行錯誤して次の行動に移せていないなと思っています。

 

 

自分が経験したことのないことは、手を出さない・・・

手が出せるのに、チャレンジして自分で考えて行動しない。

 

 

そして、もっと良いやり方があるんじゃないか?と思って探し続けている放浪生活から抜け出せない・・・

 

 

 

ここから抜け出すためには、知り得た知識や持っている経験を最大限に使って、自分で生み出していきつつ、検証していく以外にないんです。

 

 

asterisk_02asterisk_02asterisk_02asterisk_02asterisk_02

 

 

今年度、わたしは今まで自分がやったことのない講座をいくつか頼まれました。

 

 

やれるかなぁ?とシミュレーションをざざっとして・・・

うん、たぶん大丈夫かなぁ?というところで、自分が持ち得ている知識がどれぐらい使えるのか?を検証します。

そして、依頼された講座内容の目的を確認して、受講した方の効果やメリットを想定して、組み立てていきます。

 

 

 

そして、ゴーするのみです。

 

 

そこに必要なのは、最大限の想像力です。

 

 

最大にできることから、最悪になることまでをシミュレーションするんです。

 

 

その想像力とシミュレーションが甘いなと思う人が多すぎるなと思います。

 

 

結局、想像力を働かせようと思っても、知識がないとだめなんです。

想像力に限界があるのでね・・。

 

 

すると、結局想定外とかっていうのが出てきます。

想定外だったって、ホントは恥ずかしいことで、

え?想像できないぐらい知識なかったんですか?なんですよ。

 

 

そうは言っても、知識に限界はありますから、

失敗から学ぶっていう言い方はできると思います(笑)救済ね(笑)

 

 

 

image

 

 

 

 

行動分析学では、

適切な行動が継続的にできるようになるためにどうするのか?

本人の精神力や生活ややる気とかは関係ないって言われています。

 

 

確かに、そうなんです。

 

 

でも、結局まずは行動し続ける事が必要になりますし、

どう、行動をし続けるようにするか・・・が、課題です。

 

 

脳科学と、行動分析学と。

いろいろと使いながら、「できる」を増やしていきたいなと思います。

 

 

でも、ここで気を付けないといけないのは、

「できる」が全部いいと言うわけではないということ。

「できない」も必要です。

「できる」と「できない」を認識することって大事だと思っています。

 

 

このあたりの絡みをどう捉えて考えるかが、難しいみたいで、

ソーシャルプランナーでの伝えているのですが、

しっかりと体と思考になじむまでには、時間がかかるみたいですね・・・

 

 

 

 

 

 

ソーシャルプランナー®育成支援講座 10期は、愛知県瀬戸市で開講中です。

 

前回の講座を振り返ってのご感想を

尾崎 純子 さんがブログにアップして下さったのでご紹介しますね ハート

 

 

おりがみ おりがみ おりがみ おりがみ おりがみ

 

 


 

 

おりがみ おりがみ おりがみ おりがみ おりがみ

 

 

 

ブログ全文はこちら

ソーシャルプランナー®育成支援講座、受けてます⑤~どう使う?マネジメント論~

 

 

ご感想、ありがとうございました ありがとう

 

 

この記事で、改めて書きたいなと思ったこと、書いてみますね。

働けるワタシになること・・・

エイやっ!って飛び込めるワタシになることかなって、

思っています・・・ってこと。

 

 

asterisk_02asterisk_02asterisk_02asterisk_02asterisk_02

 

 

自分で稼いでいくことって大変です

そして、誰かと一緒に事業をしていくって大変です

あんまり、大変大変て言っちゃうのもなんですが(苦笑)大変っていう言葉の取り方も人それぞれなんでね。

 

 

事業をやり、人を雇い、マネジメントして、事業を創り、継続していく・・・

 

 

そんな営みの中で、気づいたことがわんさかあって、

次世代に伝えていくこと、

次世代の人材育成に関わっています。

ここがほんとに、重要だと

 

 

わたし、ホントはこんなことする予定全くなかったし、

予想もしていなかったしね・・・。

ホントに、微塵も考えてませんでした。

ミクロも考えてなかったよ・・・。シツコイ(笑)

 

 

そして、やってみてわかったのは、やればできると言ってしまえばそれで終了になっちゃうけど(笑)

こんなふうになりたいかな・・・という未来への希求と、

目の前にあることを、未来への希求のためにどれぐらい丁寧にやれるかどうか。

 

 

だと思います。

これに尽きます。

これが、自然にやれる人はいいんですが・・・

自然にやれない人は、行動分析学やらいろいろな、いわゆる原理や理論を知って行動できる自分にしていく。

ことになるんじゃないかな?

 

 

自然にできた人が、頑張ればできるよ!はちょっと乱暴かなと思っています。

 

なので、わたしはアシストする人になっております。

背中を押す役ですね。

だから、踏み台にしていいよ、とか、使えるなら使えばいいよと言ってるわけです・・・が、みなさん遠慮がちですね・・・かといって、あんまりガツガツ来られても体が持ちまへんので、バランス良く関わるつもりです。

 

 

image

 

 

単発講座や連続講座、いろんな研修などにもたくさん関わらせていただいて感じるのは、

なかなか人は変わらないということ。

さっきも書きましたが、

行動を変えていく・・・そのための原理や理論を自然に使えている人っています。

 

原理や理論を知らなくても、できている人は、すでにできているんです。

 

こういうのをセンスって言うんだろうなと思います。

 

 

センスに頼らない・・・そのために講座や研修などなどあると思うのですが、

現実にはなかなか人は変わらない・・・。

 

 

image

 

こういう本にも書かれています。なぜ変わらないのか・・・

 

 

asterisk_03asterisk_03asterisk_03asterisk_03asterisk_03

 

 

結局、どうしたらいいかわからない・・・って言う人の多くは、

あれこれ、いろいろと試行錯誤し過ぎて、考えすぎて次の行動に移せていないなと思っています。

 

長くなったので、また改めますね。