さいたま市大宮 いわい薬局の体と心を整える漢方ブログ

体と心を元気に!ハッピーに!
健康相談、お薬の相談ができる薬局です


テーマ:
何を食べても美味しく感じない!味覚障害の著効例

大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です

当店のお客様の症例です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
70代男性 

半年ほど前から何を食べても味がずれて感じてしまい美味しくない。シンプルな味のものは食べることが出来るが、調理された複雑な味ほど苦手となってしまいました。

きっかけは不明ですが、同じ時期に前立腺癌の発症が確認され因果関係を確認中とのこと。(当時はまだ治療はしておらず、薬などの副作用ではないようです。)耳鼻科などにも通院するも、改善がみられず当店へご来局くださました。

会社の社長さんをされており、日頃から疲労やストレスは感じやすい生活。食欲も落ち気味なので、漢方薬での改善をご希望でした。

舌:淡紅・黄苔・潤
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




体質や症状からはハッキリとした原因は分からなかったものの、問診から数種類のお薬を選び出し、医療気功の「糸練功」にてツボを確認することで二種類のお薬をご提案させていただきました。

その約10日後にお電話があり、とても調子が良いとのこと!

更に10日分のお薬をご注文くださいました。

本来は再発の予防と体質改善へ向け、もう少し時間をかけてお薬を飲んでいただきたい思いもありましたが、ご本人の希望により休薬。ただし、その後もご連絡がないので恐らく再発はしていないと思われます。

今回は比較的早く良い結果につなげることができました。

病院では原因が分からなかった分、ご本人様にもお喜び頂けて嬉しいですね!

(お薬代:1日780円)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大切なお子様を辛い症状から守る為に…

大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です

今日は夏場に流行する「手足口病」の特徴と予防策についてご紹介します。

手足口病とは、一般的に5歳以下の幼児に多いウイルス性疾患です。


≪主な特徴は以下の通り≫

・最初に出る症状は口の中の痛みや白いポツポツ

・普通の口内炎とは異なり、手のひらや手の甲、足の裏、さらに手足の指の間にも白い水疱が生じ、最終的には2~3mm程度の水疱性発疹となることが多い

・口内の発疹には痛みやかゆみが出やすい反面、手足の発疹は痛みやかゆみを伴わない場合が多い

・熱が出るケースは個人差があり、3人に一人程度

・潜伏期間はウイルス感染から3~5日程度

・主な感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染

・多くは自然に治癒するが、まれに髄膜炎、脳炎などの中枢神経系合併症を起こすこともあるため、初期症状を見逃さないことが大切


何よりも、主な患者は保育園、幼稚園などの幼児であるため、”咳エチケットや充分な手洗いを徹底させるのも困難であること”も感染拡大の一因と言えるでしょう。

一般的には予防薬やワクチンはないとされていますが、実は漢方薬にはウイルスの蔓延を予防できる可能性のある「板藍根」という生薬があります。東洋医学では様々なウイルスに対応できる生薬として古来より活用されてきました。

特に中国では、数年前に同じくウイルス性疾患として騒がれたSARSが流行した際にも、板藍根の煎じ液を予防のお茶として飲んだ住民が多かったと聞いています。

日本では手軽に飲める粉末タイプやのど飴タイプがあり、冬場はインフルエンザの予防にご活用いただいています。

IMG_20161105_125227656.jpg

もちろん板藍根を使っても100%安心!とは言えませんが、安全性が高い上にお子様でも飲みやすい!という点は手足口病の予防薬としても大きなメリットなのではないでしょうか?

うちの息子(6歳と4歳)はすすんで飲んでくれます。


そして何より、予防としてはお子様の免疫が下がらぬよう日頃の養生を守ることも大切!

特に「睡眠」は大事なので、夏休みが近づきテンションの上がったお子様も夜更かしをしないよう(笑)親がコントロールしてあげましょうね!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「蕎麦」はヘルシーな上にビタミンB群も豊富で”夏バテ対策”にオススメ!

大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です

私も蕎麦が大好きです(^^♪体に良いなら尚更たくさん食べたくなりますね!

特に豊富に含まれるポリフェノールの一種である「ルチン」血管を守る働きや抗酸化力も高く、紫外線でダメージを受けた体を修復してくれます。

ちなみにルチンは水に溶けやすいので、ゆで汁も捨てずに活用すると良いですね!蕎麦湯を飲むのは消化を促すだけえなく、ルチンを余すことなく取り入れる知恵なのでしょう。




ただし、お蕎麦を食べる際に気をつけてもらいたいことが二点あります。

①栄養バランスの偏りに注意!

夏場はツルツルとした喉越しが美味しいお蕎麦ですが、毎日”蕎麦だけ”のメニューにならない様にしましょう。野菜、お肉、海藻など、付け合わせやオカズも忘れずに!バランスの良い食事を心掛けましょうね!

②蕎麦風冷や麦に注意

最近市販されている多くの蕎麦は蕎麦粉よりも”小麦粉”が原料のメインとなります。(原材料名は先頭に書いてあるほど割合が多く記載されます)健康の為に”蕎麦”を食べているつもりだとしたら注意が必要ですね!お買い物をするときは商品の裏をチェックする習慣を!




ちなみに現在の日本の表示法では、生麺ならそば粉30%以上で蕎麦と表示できます。乾麺はそば粉30%以下ならこの商品のように含有量を表示、30%以上なら特に配合量は記載せずとも蕎麦と名乗ることができます。

十割蕎麦・二八蕎麦など、パッケージでそば粉含有量の高さを明記していない蕎麦は小麦粉メインの『蕎麦風のひやむぎ』だと思いましょう。


その他もちろん蕎麦アレルギーにも注意。また、冷たい麺類でお腹を冷やし過ぎないことも大事ですね!

毎日のように酷暑が続きますが、夏バテ・熱中症に注意し、サマーライフを満喫しましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。