KISHO director's blog

人生のほとんどを広告マンとしての「食」に特化して考えてきた。愛食家として、これからは新しい観点で日本の「食」を考えていきたい。
もう一つ、人生とクラブライフ「ゴルフ」だ、太平洋クラブと富士カントリークラブの日常、箱根御殿場ライフを綴る。




aa

NEW !
テーマ:

 

田町駅で5時4分に乗り東京駅へ、太平洋クラブ「社長杯」に向けてGO!です・・・(株)太平洋クラブと一般社団太平洋クラブの友誼の会合です。新生太平洋クラブになって3回目、益々上質になってのクラブライフに皆ご満悦で参集。

絶好の好天はまさに秋の紅葉日和、ほとんど各所にある池に惑わされながらの一日です。

和洋折衷の朝ごはん、オムレツは国際ホテル並みにシェフが目の前で作ってくれます・・・禁断の食べ過ぎ朝ごはんとなりました。

四ヵ所からのセミショットガンスタートでの参加者は総勢134人、成田コース内は和やかな雰囲気が満載、スコアーよりも会話と友誼が優先なのです。

プレー後は成田コースのギー・ショク総料理長のフレンチディナーです・・・メニューを眺めながらのゴルフ場グルメ、美味しく楽しい時間です。

最後の料理「牛頬肉の煮込み」赤ワインは捗ること無限です・・・ホロホロで柔らかく、いくらでも行けそうです。

マイクラブエチケット・・・旧来はUSAのベブルビーチのカリフォルニアものでしたが、今ではボルドーシリーズが新しく加わり、マイワインの取りそろえも新しい次元に。

抹茶クリームをつけていただくチョコレートケーキ風の成田コースセレクト、あと二つくらいはイケそうですが本日は品よく我慢です。

太平洋クラブ「社長杯」の目玉の一つは功労者表彰、2001年JGAグランドシニア日本チャンピョンで太平洋クラブ御殿場コースの競技委員長勝俣幸雄さん(右)・・・永年の功労にクラブから感謝の意を伝えられました。

 

「社長杯」もすっかりと成田コースで恒例化、成田コースに出向くのは年末の第一土曜日と予定していて楽しみでもある・・・毎度、ほとんど毎ホールにありそうな池に虐められて帰るのだが、いまだに新ぺリを味方にできていない、大叩きを頑張って16位に入り込んだが飛び賞にも入らなかった。

 

今回の同伴は益子コースと美野里コース、御殿場ウェストコースの各競技委員と一緒だったが、どの方もお若く元気&飛ばす・・・新しい次元に太平洋クラブが入ってきたということを実感しながら、成田コースを後にした。

 

85歳勝俣幸雄さん・・・お疲れさま。

御殿場コースの影の大功労者です。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

最近は佐伯泰英と山本一力の交互読書、今週は一力の時代小説で「ジョン・マン」いよいよと日本近海を離れてハワイ経由でアメリカに乗り継ぐ・・・日本人の壮大な活躍の始まりです。

幕末日本を救う中浜万次郎こそジョン・マン、まだ何者でもないひとりの貧しい少年が、大海へ漕ぎ出す!

 

鎖国日本から漂流し、初めてアメリカで生活を送り、初めて地球を一周し、自力で帰国した誇るべき日本人の物語!黒船襲来の十二年前。土佐の漁師の息子・万次郎、十四歳。

 

初めて乗った船で嵐に巻き込まれ、仲間とともに身ひとつで遭難。無人島に流され、五ヵ月後、米捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助された。まだ何者でもない少年は、初めて世界を知る。

 

捕鯨の考えが日米真っ向逆の意味。

解決の一助になるのかも。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日の土曜日は太平洋クラブの「社長杯」です・・・太平洋クラブ成田コースで第3回となり、目下第一回から全出場で奮闘しています。

田町から電車でGO!は5時5分、東京駅で乗り換えてJR成田まで、到着すれば朝早くからクラブバスがお迎えです・・・太平洋クラブの2016年忘年会のような本日、皆でグラスを掲げるには安心安全な電車が最もふさわしいのです。

 

この日まで体調を整えてお酒は控えめに、さらには過去二回とも参加することのみに主眼を置いていましたが、今年はスコアでやってやろうかという気持ちが少しだけ沸々と・・・されど結果は楽しく仲良くの新ぺリ、さらには黒ティーからという難関なのです。

 

今年は新生太平洋クラブが太平洋マスターズの三社会に復帰、トーナメントでも少しずつ太平洋クラブカラーを出せていけそうです・・・今年のカルベネソーヴィニオンは格別美味しくなること請け合い。

 

プレイもパーティも、ワインも楽しみ。

太平洋クラブ「社長杯」行ってきます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

港区には東京タワー眺望権のようなものがある。港区内の公共施設や道路からの東京タワーを見ることを阻害してはイケナイ的なことで、景観を損ねる建築物などはこの条件に当てはまる。

その疎外条件には全く触れないような絶景ポイント、芝ゴルフ場跡地からの東京タワー・・・アングルといい、空の色とマッチして最高のビューイング。

我が家から芝公園経由でうなぎを食べに出かけます・・・慈恵医大の裾野にうなぎ問屋の直営店があるんです。「本丸 ての字」。

一階は産地別に仕分けられているうなぎの出荷場、興味のある方には従業員が丁寧に扱っているうなぎの説明をしてくれます。

二階に上がってレストランです・・・ビールにはサービスの肝の佃煮がお供、昼から極上のランチです。

美味しさの量の取り過ぎが一番の危険、私は蒲焼で相方が特上うな重、一人前を食べられない残りを私がおすそ分けで頂きます・・・お江戸のうなぎはかなりの男前です。

 

この店の一階の出荷場はうなぎ好きには退屈しません、各産地の川別にうなぎは仕分けられてあり、清水でうなぎの鮮度を維持し管理されている光景は見ごたえ十分・・・従業員の懇切丁寧な説明にうなぎ学を習得できた気持ちにさせてくれます。

 

栄養補給後はさらに歩いて銀座までお買い物、ブランド品に興味のない私はせいぜいユニクロかコアビル、終局は有楽町のビックカメラのゴルフ品売り場で冷やかすのです・・・さすがに帰りは有楽町から山手線に乗って田町です。

 

うなぎに対する愛情が見える店。

東京タワーにうなぎ・・・港区名物です。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

火曜日は多方面で大忙し、御殿場での車でゴルフ後にすっ飛んでいったのは国会隣の衆議院憲政会館、興味のある映画を観るためだ。

「太陽の蓋」映画業界関係者は、いつの間にこれだけの規模の、原発タブーに触れた映画を完成させていたのか、と、2011年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原発で深刻なメルトダウン事故を取り扱った傑作だ。

 

2011年5月20日、安倍晋三は自らメルマガに「4月13日の菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題して、「やっと始まった海水注入を止めたのは、なんと菅総理その人だったのです」と記しました。22日には更に「海水注入を1時間近く止めてしまった責任は誰にあるのか?菅総理あなた以外にいないじゃありませんか。真実は明らかです」と再び攻撃。安倍晋三特有の、根拠を欠く断言がここにも示されています。

 

安倍晋三と読売新聞、さらには産経新聞が同じ内容で一面で取り上げて、真実は全くのデマが正論の如くに世に流れていったものです。この映画を観なくても現実は菅総理の正義感が日本を救ったともいえる東日本大震災、菅総理の評価は色々とあるが勇断が日本を救ったことは確かだ。

 

罪は安倍晋三と読売・産経と東電だ。

東日本大震災の隠れた真実。

 

 

*これから独立系映画館で全国を回るそうです、必見ですね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨日の火曜日は御殿場は晴天との天気予報、今週土曜日成田コースで行われる「社長杯」のためクラブを取りにお出かけ・・・当然とプレーも楽しんできました。

コース管理の朝の風景、18番ホールを丁寧にマシーンが右へ行ったり左に戻ったり・・・富士山は朝のうちは望めません。

インからのスタートは晴れ間こそ出ないものの、穏やかな曇天、数日前に降った雪は欠片も見当たりません・・・17番ホールの名物池、いつまで「三井住友VISA」のスポンサー冠をつけるのでしょうかね。

同じ御殿場の富士カンと違い、ここ最近の幸せなゴルフ場での昼、迷いに迷ってピッザマルゲリータ・・・しかもナポリ風窯焼きを出すというのですからびっくり&嬉しいですね。

「モッツアレラチーズ多め・・」の要望をシッカリと受けてくれて登場、美味しさは町のピッザ屋よりも極上です。

さらにうれしくなるのは美味しく食べるだろう用意と準備・・・チョッと笑えますが、ペペロンオイルにタバスコ、&粉チーズまでやってきました。

午後の6番ホールで振り返ってやっと富士山のお姿を仰ぐ・・・まだ完璧な状態ではありませんが、五合目まで下りた雪の文様が威厳のある富士山を象徴しています。

 

御殿場コースのピッザが始まったのは、丁度太平洋クラブが新生された初年度だったと思う、まだまだだと思っていた美味しさが今では本場顔負けのお味に・・・そもそも窯焼きピッザを出すということ自体がキッチンとしては至難の業、それをやり遂げたのだからただただお見事と拍手です。

 

何処のゴルフ場でも出す料理の半分は業務用冷凍品、プレーフィーで稼げない分、食堂での利益追求は欠かせない役割を担ってきている・・・少しお高くはあるが個性ある食堂の在り方には賛成で感謝だ。

 

クラブライフの楽しさこそ食にあり。

期待しています…クワトロフロマージュ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

我が家としては変わったものがやってきた・・・頂き物であればいざ知らず、これは相方が箱根湖尻のオーミラードに食事に行った帰りのお土産。

「福壽堂秀信」・・・東京人から見たら関西の「とらや」と思えばわかりやすいのだろうか…。

それにしても豪華な箱を開いたら缶が出てきて、かりん糖と書かれている・・・いかにも関西的なところは「ミックス」とタイトルがついているところ。

ほぼたっぷりと数種類は詰め合わさっているかりん糖、関東でみるかりん糖とは全くの別物・・・賑やかで目には楽しいが、東男にはどうも馴染めない雰囲気ですね。

 

どうひっくり返しても関東風のかりん糖は出てきません・・・へーっという前に日本は広いと感じ、ここ最近のかりん糖事情になるほどと感じ入る和菓子世界の変わりようです。されど関西風の名菓子舗であり美味しさは間違いなし・・・関西関東と、どっちが発祥なんでしょうかね。かりん糖。

 

銀座でも麻布十番でもかりん糖や煎餅の店が、その地を名前に冠して店舗出店が盛んです・・・聞いたこともない屋号が銀座何代目と突然の出店。麻布十番でも元祖麻布十番のかりん糖と銘打って最近開店している・・・ブランド地名を冠しないと売れないんでしょうが、宣伝文句より土地千両の地名が強いんですね。

 

関西風のかりん糖関東物より上品。

私は泥臭いお江戸風が好きだけど。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

日曜の太平洋御殿場Cの予定は雪で流れて一日暇に、逆の麻布山善福寺の予定を繰り上げてお出かけです・・・とはいっても家からお寺までは歩いてちょうど一キロ、昼の軽いジョギング気分。

年末の四十九日法要を前に色々とやることがいっぱい、母を旅立たせるにも大変ですね・・・お疲れの昼は境内の中華屋のような「大連餃子基地」。

サントリーのモルツはどうも好きななれないお味なんですが、このプレミアムは少しイケて納得できますね。

なんとも個性豊かなクモの巣に引っかかったような餃子、これが食べたくて通っている、昼は三個くらいがちょうどいいのです。

メイン注文の五目焼きそばは熱々の鉄鍋に載って登場、トロッとかかっているあんかけは絶妙の按配で口中を火傷しながら頂かせていただきました。

 

この店すっかり麻布十番の名店となり評判良く成長、お値段お味といい申し分なし・・・ぜひこの店の中華料理ではなく中国料理を楽しんでみたいが、その日が来ることを期待して楽しみにしたい。

 

今週の週末土曜日は太平洋C成田コースで「社長杯」、御殿場コースにクラブを置きっぱなしでバックをどうしようかと思案中、出かけてプレーして宅急便で送りたいが予定はいっぱいとくる・・・雪のない成田でアイアンが切れることを楽しみにしながら天気予報とになめっこ、ところでバックはどうしよう…。

 

餃子も焼きそば・・・どっちもGOOD

麻布十番で絶対一番の中華屋。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

11月の第二週に行われた太平洋クラブ御殿場コースでの「太平洋マスターズ」の18番ホールグリーン風景です・・・秋真っただ中での最高のコンディション、改めてトーナメントの喧騒が聞こえてくるようです。

シルクのベルベットの如くのグリーン、マスコミではその芝の性質や特性よりも早さの出来栄えで名グリーンと評しています・・・ところがグリーン君はもっと違うところを知ってほしいと言っている感じもします。

トーナメント後の御殿場コースの朝、練習グリーンの横でカッターが一休み、ソーッと覗いてみてみました・・・一番興味深かったのはカッターよりも目に飛び込んできたのは箒にニッパー状のペンチ、そしてハサミです。

 

グリーン造りの三種の神器なんでしょうか、気にかかるのです・・・ニッパー状はマシーン用とも考えられますが、はさみと箒はどう考えてもグリーンでの仕上げ道具、グリーン上の微妙な部分を床屋並みにカットするのでしょう、かね・・・。

 

ゴルファーはゴルフのスキルをアップさせることに努力を払いますが、ゴルフ場の芝の管理やメンテナンスを知ることも上達のもう一つの方法とみたり。この日はパット上手になるためにも、気持ちは沸々と興味心が目を覚ましました・・・まずは、いい刺激に感謝してグリーン芝学をも齧ってやろうと、御殿場通いに芝インテリジェンスを追加した次第です。

 

プロを超越した職人技のよう。

名グリーンに隠れた情報テンコ盛り。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

雪の翌日が好天とは嬉しいのだが空を見て悔やむ、週末のゴルフはお預け状態・・・早速東京予定を構築して麻布十番に・・・。

先月開店したばかりの立ち飲み・天ぷら「喜久や」に足を運びました。なんでも立ち飲みのご時世、天婦羅はお初です。

インテリアや店の造作はまるで立ち飲みという雰囲気はなし、チョッと今時のワインスタンド風・・・アンテナショップばかりの麻布十番の今が目玉ですね。

機関銃のように馴染みのレシピを注文、ごくごく珍しいのは一番手前の丸いもの…明石焼きの天婦羅です。

店の雰囲気に落ち着くと色々とメニューを眺めて珍しいものに・・・海苔で巻いた明太子の天婦羅、アルザスの白ワインで頂いております。

安納芋などの今時のブーム物を天婦羅で、一番手前の串に刺さった天婦羅は・・・モツアレラとトマトでカプレーゼです。

最後は何とも美味しすぎの天婦羅・・・「大根」です。四つに縦にカットされてとろろ昆布をのせています・・・この大根が関東風お出汁を目いっぱい沁みさせて天婦羅です。

 

ヌーベルな天婦羅と言っていいのでしょうか、あるいはコンテンポラリーかもしれない・・・ちょっと首を傾げる点もあるが、チャレンジする意欲とアイディアには脱帽ですね、立っているのは辛いもののこの手の店はありですね。

 

この麻布十番には座って軽いコースだけで一人1万円以上の店がある・・・例えば「よこ田」に「畑中」、どちらも名店と言われているが、値段とお味で見るとよこ田より一枚下で畑中よりは上かもしれない。何はともあれ、麻布十番に天婦羅神風が吹いたことは確か、暫くは新食文化を楽しんでみる。

 

天婦羅にアルザスの白ワイン、納得。

これが立ち飲み・・・だから美味しい。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。