KISHO director's blog

人生のほとんどを広告マンとしての「食」に特化して考えてきた。愛食家として、これからは新しい観点で日本の「食」を考えていきたい。
もう一つ、人生とクラブライフ「ゴルフ」だ、太平洋クラブと富士カントリークラブの日常、箱根御殿場ライフを綴る。




aa

NEW !
テーマ:

 

たまには運転をして御殿場へ、どうも一人で運転するとスピードの出し過ぎに困るが、ここ最近は安全もいいところ・・・車検以後、タイアの擦り減りが気になってきている。

曇天の平日、太平洋クラブ御殿場コースのお隣の「御殿場ウェスト」・・・シニア&レディース杯に参加してきた。

インの9ホールをイベントホールを作らずに無事帰着・・・昼は大好物の「カツ煮」、これで生ビールがあれば最高なのではあるが、昼のゴルフ中は御法度です。

かつ煮の美味しさは見た目ではわからない・・・このウェストのキッチンはどっちかというとイタリアンがお得意、オーダーは心配しながら。

無事東京に着いたものの、東名工事で二時間を超えてしまった・・・よくも眠気を我慢して運転できたと思う、これでまた運転嫌い病が再発しそうです。

 

イメージでは危険信号を発していた「カツ煮」失敗でした・・・太平洋クラブ系で怒ることはまずないが、この一品だけは少し気分を害した。味付けの濃い薄いは勘弁範囲ではあるが、ロース肉の下仕事をしていないのは論外・・・筋が強すぎて各片ごとに口中から取り出すのはとても品のある食卓とは言えない。

 

ここ最近はスイング改造がなってボールも飛び出した・・・そして、大事件は後半の三ホール、鬱蒼とした8番では、解放されたのかの如くのグリーン奥が開いたと同時に林入りだ。楽しい一日ではあったスコアが凸凹・・・飛び出したアイアンの距離の調整という課題が残った。ゴルフは悪くても良くても楽しい。

 

アイアンが一番手伸びたのは感動。

アウトは「かつ煮」の筋でパターが入らず。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

世はまさに冷凍品が全盛期、手作り志向の方には納得のいかない世の中でしょうね・・・とはいえ、考え方を変えれば、これほど便利なものもないという致し返しでもある。

相方が宇都宮の帰りに母親から持たされた私へのお土産、「香蘭」の冷凍餃子・・・お初にお目にかかり早速に頂いてみた。

丁度二口で口中に納まる宇都宮餃子共通の大きさ、冷凍状態もよく皮の欠片もほとんどない綺麗なお姿。

餃子を焼くにはちょっと少なめなのだが、試食ということで焼いてみた・・・焼き斑がグラデーションの如くではあるが薄い小さなパンなので致し方なし、問題はお味だ。

 

ハッキリ言って「美味しい!」今までは宇都宮の駒生の「正嗣」が最も美味しいと思っていたが、どうやらその上を行く・・・「正嗣」から「香蘭」へ、気持ちの中ではすでに乗り換えだ。

 

双方とも皮の感じはほぼ似たり、されど包まれるアンの差がはっきりと違う・・・「正嗣」は若干野菜臭さを感じるが、「香蘭」はそれがないし、肉が少ないのに肉汁を感じる。本日は少量で焼いたが、たっぷりと大きなパンでしっかりと焼きあげれば、さらに美味しさも増す感じ。

 

「正嗣」から「香蘭」に贔屓替えです。

宇都宮餃子と馬鹿にできなくなってきた。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

東京駅大丸前の地下街の混雑はまさに名物の如く、地方の観光者に加えることインバウンドが拍車をかけている・・・当然と昼でも大行列は呆れかえるばかり。

八重洲の町まで歩く気もせず駅下の新設グランルーフに、この地がまるで別天地の如くに人はまばら・・・ほとんど同一の地であって、どうして差が出るのかが興味を沸かしてくれた。

眉に唾する店もあるが名店も並んではいる、味の「浜藤」にご入店、チョッとお高いが酒の肴も兼ねての当日の贅沢膳。

この西京焼きと刺身が膳の華だが1980円はチョッと乱暴な気がする、もっとも浜藤というブランドがレストラン、という興味で入ってしまう人ばかりではあろう。

 

浜藤の経営者としては販売店だけでなくレストランは欲しいところ、その気持ちは分るのだが、どうもこの考えが現場に浸透していない・・・得意な魚部門での一風ではあるがセットとなると考えもんだ、少なくとも私は少し遠のいてしまう。

 

東京駅と連なる地下街、色々と趣を変えて幾筋を作っているが、人気の筋は駅真下と大丸界隈に限っている、どいうわけか明快に区分けされたような現象が出ている・・・気持ちは高速道の渋滞のようにも見えてくる、朝一に人が流れている波に次々と乗っていく現象だ。

 

東京駅下のショッピングモールの不思議。

美味しさ無縁で高速道渋滞と似ている。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

試験が終わって3週間が過ぎた、現実回帰の佐伯物で2週を読み過ごしたが・・・更に少しだけ、気持ちも移動させようと高杉良のビジネス物で目を覚まさせようと自分に画策。

経済学の教科書では絶対に学習することのできない企業や産業内の「事実」、企業を帳簿以外の人間関係で見たら、まったく別の答えが飛び出てくる・・・日本の企業のあるべき「人間論」に真っ向う提言しているような一冊だった。

 

一流商社・光陵商事の新井治夫は、ロンドン駐在から帰国まもなく、退社を決意して社内を驚かせる。出世コースを歩んではいたが、その心中には商社に巣くう理不尽な組織体質への鬱憤が積もっていた。

 

転職先は、急成長中の電子部品メーカー・サンライト。新天地で新井は再び頭角を現すが、この会社でも組織は腐臭を放つ。それは、人事までも壟断する「女帝」=社長夫人から漂っていた。

 

現体たらく都庁の企業版かな。

企業は数字で物を図れないから面白い。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

朝起きたら嬉しいニュースがFBを通して入ってきた・・・富士山が初冠雪、昨日の冷え込みと雨が夜中に雪となり、太平洋クラブ御殿場コースからの景色も一風情緒を増してきた。

早朝の冠雪と雲のかかり方がなんともサンバイーザーの如くで素晴らしい・・・ゴルフ心をかき立てられますね。

富士山からの自然のお土産に感謝しながら、もう一つ嬉しいお土産・・・先日頂いた「THE NATIONAL」の倶楽部グッズ。

太平洋クラブのレシプロコースの一つだ、現在世界のゴルフ場と相互プレー利用契約を推し進めている・・・目下世界に7コースあるがまだまだ増えるのが楽しみでもある。

 

ザ・ナショナル・ゴルフ・クラブ(The National Golf Club)はオーストラリア国内最高峰のゴルフクラブと評され、メルボルンから車で60分ほど、ビクトリア州は壮観な景色を誇るモーニントン半島、ケープ・シャンクに位置している。海岸線を望む景観や、自然の地形と調和した険しいバンカー群、土地本来の姿を活かしたホール等、個性にあふれた美しいコース。

 

本日の富士山は世界のゴルフ友達に見せたい絶景、外国のゴルファーが最も待ち望んでいる眺望でもあるはずだ・・・今日は東京でのんびりと思っていたが、もっかうずうずして御殿場に出かけたくなる気持ちを抑えるのが精いっぱい。

 

富士山の初冠雪はお見事です。

夢見は・・・The National Golf Clubなり。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

雨に降られて気持ちはゲッソリ、早めのバスを乗り逃がしての4時40分の熊谷行きに乗車、コースを後にしたのだがなんとなく後ろ髪ひかれる思いだ。

後悔は色々と課題として残るが、70歳を直前にして、どうゴルフ体を作っていくかだ・・・それにはまっ平なゴルフ場は打って付けではあるのだ。

バックを久々に富士カンには送らず自宅へ、熊谷のメインサイドをしばらく歩いてみた・・・面白いのは裏通り、色々な地元の店が集まって少しだけ飲み助の心を刺激します。

イタリアンだかスパニッシュだかどちらとも捉えられる「マチルダ」へ・・・お勧めのイタリアンビールがあったが、愛する国産物に。

入るきっかけとなった窯焼きピザ、もちろんオーダーはクワトロフロマージュ・・・されど味覚の方はどう感じても1~2種類。

殻付き牡蠣のグリル、地元のアイディアなのか牡蠣の下部に空心菜を敷いている・・・最も殻付きもどういうわけか殻載せの焼き牡蠣だ。

仕上げは「秋さんまのポワレ」たっぷりのニンニク添え、どいうわけかサンマが猫背になっている・・・新鮮な産地直送のさんまとはとても思えないが、この店のいいところは何でもかんでも安いこと。

 

されど物の質は言いこなしで、頑張ってキッチンしている女性の愛嬌で持っている感じ・・・どの一品も6~700円前後といたって安心、されど二度目はもうないのかもしれませんね。

 

初めて降りた熊谷のクラブバス到着の逆サイド、新興の駅サイドと違って地元の趣感はタップリ・・・一杯飲んで電車で上野まで直通だから乗り越すこともなく安心、少しだけ気軽に飲めたゴルフ帰りに、気持ちはまた「江南コースに来るか」だ。

 

なんちゃってですが、頑張っている店。

窯焼きでないクワトロフロマージュ。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

家を出るときは土砂降りで雨の中を森林公園まで、途中電車に乗りながら何度「引き返そう・・」と思ったことか、それでも久しぶりの江南コース足が向いてしまいました。

太平洋クラブ江南コース、よーく考えてみると昨年の日本プロの観戦以来・・・しっとりと落ち着いた林間コースは絶賛なれど、引っ切り無しに降る雨には閉口です。

朝のハーフはゆうに3時間越え、プレーも辛いが、大粒の雨の中、フェアーウェイで待つ身の辛さを心底味わった・・・お昼の一品はホットドック。

アメリカンなスタイルは1600円と少しお高いけれど、トマト一個の一見ファルシーものに興味がいった・・・たっぷりとドレッシングをかけてサッパリと美味しくいただいた。

9番ホールと18番ホールを相互に眺めながらのプレー後の放心の一時・・・ラウンドがほぼ6時間近くとは理事長杯と言えどもいささか参った。

この日、気持ちに決めたことは18ホ-ル雨でも歩くだ、雨着を着ての18ホールは足にも重いし忍耐を必要とする・・・平らなコースと言えども足が上がらなくなる、まるでトレーニングだ。

 

だとしても上がって風呂でひと汗流せば気持ちはスッキリ、レストランから両ホールを眺めながらの一杯は言葉では言い尽くせない美味しさ。

 

この日の後悔はインのショート12番、ピン手前8ヤードにつけたもののカップ周りは全面水浸し普段の8ヤードパットから12ヤードにして打ったもののボールは半分も転がらない、さらに4ヤードくらいを15ヤードくらいでパット、やっと30センチカップ上についてのボギーだ・・・グリーンは外しても、水のないところに逃げるべきだったのでしょうかね。

 

歩いてのラウンド歩数は20000歩弱。

家着の総歩数は23000歩なり。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

太平洋クラブ軽井沢の二階レストランサイドのテラス、一度ここでシャンパーニューを楽しみたいと思っていたが、今年もその気になった時には雨、いまだに未体験ゾーン。

このまんま秋の紅葉期に入ってしまいそうな軽井沢、残念かな2017年の課題になりそう。

開場記念杯のプレー後のパーティー料理、いつものウェルカム銘々皿の料理・・・バーカウンターではお酒というアルコールは何でもありです。

最初のアサヒの生で乾杯してからはワインに変節、程よい飲み頃が飲み放題とは軽井沢まで来たかいがあったということ。

昨年にシェフが変わったせいか幾分料理の質が変わってきた・・・その中でも秀でてユニークなのが、このアップルパイ。

パーティー後は顔見知りが揃ってF氏宅を訪問、総勢10人で再度のパーティーの始まり・・・9時過ぎの新幹線まで勢いよく飲んでしまった。

 

入会2年から45年までの経歴の幅広い懇親会、夫々がコンペで頂いた賞品を持ち寄りだ、魚の干物あり、松茸ありの超和風・・・クラブから始まって延々と5時間の飲み会、なんとスタミナも重要な軽井沢となった。

 

太平洋クラブが新生なって未だ3年目ではあるが、あまりの順調さに自分自身が現実を疑ってしまう・・・このままハッピーなゴルフライフを続けていきたいが、明日は誰にも分らない。安心と油断をせずに、自分の役目を果たしながら少しだけクラブの役に立つように頑張ろうと思う。

 

2017年に向けてクラブの課題色々。

クラブライフも色々あってもいいのかも。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

軽井沢の一泊二日、交通手段が片道一時間とあっては疲れはないものの、欲張りジジイとしては何かないかなと目先はキョロキョロで結構疲れた。

朝はパターの感じも見ないままに雨の中を出撃、開場記念杯の意義は参加することに切り替えた。

七時半到着後に即着替えてレストランへ、大人の朝ごはんは「お粥」です・・・私の朝のもっとも安心できる一品があるのがなんとも嬉しい限りです。

その逆にお昼はシッカリがもっとう、カニコロッケ&オムライス・・・まずはミネステローネで冷えた体を暖めて。

迫力満点でメニューの写真通り、カニコロッケが大きいのはサービス心か、デミグラスソースがまろやかにお口に運んでくれるので、お米一粒も残さないで完食は納得の昼でした。

 

カニクリームコロッケで思い出すのは御殿場、ゴルフ後の駅近くの「さかなや」居酒屋だが何処のレストランに味も値段も負けていない・・・チョッと軽井沢とは比べるすべがないが、「オムライスにカニコロ」今年もう一度軽井沢にこれたらまたこの一品にする。

 

雨では致し方ないが、秋晴れの空を見上げながらテラスでお食事がテーマだった今回の軽井沢・・・今年最後になるかもしれない軽井沢、少しだけ後ろ髪ひかれる気持ちで未練が残る。

 

ゴルフ場のオムライス・・・安心で美味しい。

カニコロ・・・御殿場VS軽井沢だ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

台風16号から逃げるように軽井沢へ避難、それでも雨からは逃げきれずに小雨模様は変わらず・・・太平洋クラブ軽井沢の前日にF氏の別荘に相方とお世話になってきた。

合宿ができるような別荘のサイズは羨ましいを通り越し、軽井沢ライフはこうあらねばという見本を見せてもらった・・・今年初の暖炉の火入れ、私の大好きな情景です。

翌日は太平洋クラブ軽井沢で開場記念杯、小雨が降りしきる中スタートはしたものの止む気配は全くなし、幾つかのホールでは雨は大粒となってくれた。

午前中はとてもゴルフ日和どころではないが、午後からは霧雨に転変、幾分ゴルフらしい格好にはなってきたもののコース内の写真を撮るのも忘れて気が付いた時には18ホール終了時。

 

午後からは雨着も脱ぎ捨てて服装は軽快、やっと体が回りだしたという感じ、18番ホールは何とかパーオンしてバーディーは逃したもののパーで上がれた・・・クラブハウスを見上げてのやっとスマホを構える物忘れ症に気が付いた。

 

今年初めての暖炉、炎の燃えさかる情景は言葉では言い尽くせない魅力がある・・・薪の爆ぜる音に女真族のルーツを感じるしだいだ・・・。

 

軽井沢は秋が始まりました。

コース内の紅葉もすっかり撮り忘れ。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。