KISHO director's blog

人生のほとんどを広告マンとしての「食」に特化して考えてきた。愛食家として、これからは新しい観点で日本の「食」を考えていきたい。
もう一つ、人生とクラブライフ「ゴルフ」だ、太平洋クラブと富士カントリークラブの日常、箱根御殿場ライフを綴る。




aa


テーマ:
 
一年中イルミネーションの御殿場駅前、メインは正面真ん中の富士山、天辺に雲がかかっているのが売りだそうです・・・夜が長い今だからこそ駅前の本領発揮です。
2018年の初御殿場はやっぱり「はや川」で寿司でしょ・・・新しい焼酎を入れて運転は相方にお任せ、いつも大感謝ですね。

この店の寿司の拵えの風景、これが好きなんです・・・本物の葉蘭が何よりも目に嬉しいのです。
これは見た目では絶対に分からない一品、「冬柿の平目」軽く生姜醤油で頂く・・・絶妙の相性ですね。
子持ち昆布、鰹節がパラっとかかって歯応えが飛んできそうです。
雲丹こそ色とプリッと感でしょう・・・と言わせる、海苔にのっけていただきます。
この店に来たらこれを食べなくてはいけない・・・ホロホロとシットリ身こぼれする穴子寿司。
仕上げは相方の雲丹の手巻き、私は控えて干瓢の手巻きです・・・この日は酒の肴系ばかりを頂いてしまった。
寿司の楽しみ色々とあれど、予想だにしないつまみ系にこそその店の腕が見える・・・この日は本物の寿司を頂くということですっかりと写真の撮り忘れ、マグロの三種も名物の玉子焼きもすべて忘れて食べることに夢中になってしまった。
 
東京都心のバカ高い寿司屋に行くという考えは既に捨て去り、綺麗な仕事風景の見える寿司屋が最近の好み、居酒屋と化した寿司屋は別の楽しみにしている・・・葉蘭にのって絵になる寿司、これこそ寿司の真骨頂なりでしょうか。
 
この店のもう一つの名物はなんと言っても親父さんの恵比須顔、まさにお目出度さを感じる素晴らしい顔相である・・・絵に描かれた恵比寿様の再来ともいえる見事さ、黙って座れば「大吉」と思うのは私だけではなさそう。
 
生きた恵比寿様こそ名物かも。
正月気分で半分撮り忘れ。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
我が家のボルボ君は今年でちょうど10年目となる、故障一つ起こさないで頑張って走ってくれている・・・走行距離も10万キロに間もなく、6月の車検までにはお祝いでもしたくなる距離数である。
このガソリン車のボルボ、メーカとしては2020年以降はガソリン車を製造しないと公言している・・・目下、買い替えるかどうするか思案にくれている、ガソリン車を買うには先が見えないし、電気系を買うにはまだまだ信頼に欠ける。
 
私には車などはなくても何の事情も変化もきたさないが、相方の宇都宮帰りとゴルフ行きだけのために用意しているようなものかもしれない・・・車のない生活も考えているのだが、これから6月の車検まで真剣に再検討である。
 
それにしてもよく走ってくれています我が家のボルボ君、パッと見ても車内もいまだに何の不便も不都合もなし、たまにナビが案内する道路が海だったり山の中だったり空を飛んでいるときはあるが・・・燃費も12,4キロとは優秀であるはず、高速道路走行が95%となれば当たり前かもしれない。
 
箱根で未練がましくボルボとフレンドリー。
10万キロ突破は3月中かな。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
朝の御殿場行の時は東名高速で一本だが、前日に箱根入りするときは厚木から小田厚に入って箱根口となる・・・ここ最近この前日入りで寄っていくのが「太閤」だ。

街道沿いの店で取り立ててビックリするほど美味しいというわけではないが、なんとなく箱根行では寄ってしまう。
私のドライビングの任務はここまで、ここからの一号線山登りは相方の役目・・・私はこの一杯に疲れをいやすのです。
この日は蕎麦や天丼とは無縁の「サバ味噌」・・・たまにはこの手が無性に頂きたくなるのです。
でも一杯だけ、次なるは地元の酒の熱燗です・・・この段階で気分は温泉に浸かっています。
相方の天婦羅定食の野菜タネだけをチョッと頂いて・・・私の好みは天汁よりも天丼のタレが好み、よってチョッと煮詰めたたれをかけていただくのです。
ダイエットと少食で今年は過ごすようにしているが、ご飯の代わりの鳥唐、これがカリッと揚がって久々に納得です・・・揚げ物ばかりに見えますが、ご飯粒を夜頂かないというのはかなり効果的ですね。
 
6時頃に東京を出てのんびりと走って箱根口、丁度夕食の時間は7時過ぎとなる・・・ここ数年医者から言われているもう一つ、寝る2時間前には食べ物を口に入れない、私の場合は胃の入り口が広がっているらしい、それを戻すためにも食べてゴロッや遅い時間の食事はご法度なのだ。
 
あと2キロを落とす、これができそうで今一つ二の足を踏んでいる、朝は胃がビックリしないように少なめの食、昼だけはシッカリと頂いて運動も欠かさない・・・今年は1~3月はコンペ以外のお楽しみゴルフは我慢している、テラスで素振りで体造り、ダイエットに活かせると最高なのだが。
 
箱根山登りの前の茶店の如く。
サバ味噌が熱燗を呼んでしまった。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
何年かぶりに六本木の「トニーローマ」に行ってきました。鳥居坂の裏から入って裏から帰る、六本木という町にふれなくて済むのがなんとも滑稽でもある・・・東洋英和の横から、これこそ六本木の歩く裏技。

この寒いのにビールと思われてしまうが、寒くても最初の一杯はこれに限るのです。
そして名物の「スペアーリブ」・・・この一品と出会ったのは番町の本店、そろそろと45年くらいにもなる。
相方は珍しくハンバーガー、誰でもたまには食べたくなるジャンクフード、言い方を変えればB級グルメとなる・・・手に取って食べるのはなんとも豪快でたまにはいいもんですね。
 
これがビールでなくワインとなると、なんとなくナイフとフォークとなり絵にもなる・・・それでも二杯目の生を我慢してワインにもいかない、ダイエットの最強敵ですから。
 
私のもっとも頂きたかったのはスペアーリブよりもポテトフライ、このカリッと揚がったものをデルモンテのケッチャップにたっぷりとタバスコをかけていただく・・・むしろタバスコにケチャップを入れるという風にも見えるかも、口の中がヒーハーしながら頂くと体の中の不良虫が退散する感じになるのだ。
 
ケチャップ&タバスコ。
ポテトフライはこれが一番。
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
昨年からの食の趣味としてチョコレートは冷蔵庫に欠かしていない、目下我が家には常時2~3種類が用意されている・・・これにアイスクリームもあるわけだから、家にいても間食には事欠かない、そんなチョコレートのある日の一つ。

「ゴールドアイコンコレクション」では、ゴディバのシンボルマークの由来であるレディ・ゴディバをかたどった最も象徴的な「レディ」と、ベルギーの国章に使われているライオンをかたどった「エキュソン」が、アーティスティックな色合いと、グルメトレンドを取り入れたチョコレート。
ジンジャーをほのかに感じるメキシコ産カカオマスを使⽤したダークチョコレートガナッシュをミルクチョコレートで包み、ジンジャー香料、製品中メキシコ産カカオマス5.2%使用。

ワインは適切な量を飲む場合には、適量は1日グラス1杯で、どのワインでも良いわけではなく、赤ワインでなければなりません。いつでも良いわけではなく、夕食時または昼食時に飲むと効果的。研究結果では、1日グラス1杯の赤ワインは、男性でも女性でも心血管疾患の多くを予防するために役立つと結論付けている。糖尿病、認知症、骨粗しょう症などの病気や障害に対処するためにも用いることができる。

 
さらにチョコレートでは血圧低下、HDL(善玉)コレステロール値上昇などの効果に加え、BDNF(脳由来神経栄養因子)の上昇や、炎症指標と酸化ストレス指標の低下を新たに確認できました。--------ゴディバの説明と少しだけのワインの話。
 
ここ最近の晩酌は家でも外でもビールは一杯だけ、その後はホットの焼酎からワインへ移っていく、夜は殆ど炭水化物は取らないで、酒量も抑え気味・・・めきめきと血圧が下がってきた、これで体重を75キロ以下にできれば十分に無駄に長生きできそうだ。
 
美味しく健康・ダイエットが最高。
朝チョコレートは脳と呆けに効果絶大。
 
 
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
今まで読ませてもらった宮本輝とはストーリーの構成が変わっている、まだ上巻で見えてこない部分があるが徒然と書かれている。

50歳を越えて見つかる、新たな人生の道しるべ
「石に一滴一滴と喰い込む水の、遅い静かな力を持たねばなりません」──偶然の出会いを契機に、50歳の主婦・志乃子は、思いがけずドラマティックに人生を再発見する。

 

東京の下町で暮らす平凡な主婦、能勢志乃子。50歳の誕生日に、近所の古い喫茶店で、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は骨董の世界に足を踏み入れていく。予期せぬ出会いと友情が引き寄せる、新たな人生の喜び―生の希望に満ちた上巻。

 

今話題の門前仲町の街の徒然なる話、富岡八幡も出てきて普段の生活をエンドレスに活写していく、東京の古い街にはどこでもありそうな情景が「水のかたち」の如くにストーリーで構成されていく・・・水に色でもついてくれれば分かりやすいのだが、水は無色透明だ、小説の終わりも全く分からないし想像もつかない。

 

面白そうで手にとってはみたが、

目下、読むのが辛くもある。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
昨晩から一気に冷えてきましたね、一昨日のゴルフ後に右股関節が少しだけ重くなってきました・・・出歩くのを抑えての田町近辺での気軽な夜です。

寿司居酒屋の「日本海」嫌がる相方と同伴です・・・周りは殆どが近隣のシニアとサラリーマン、元気なのはおばさん族ですね。
意味不明な本マグロでないマグロ三種、ビンチョウにキハダにメバチ・・・それでも大トロにとろに赤身なんです。
白魚、大胆不敵な軍艦ですが、これは少しだけ行けます・・・回ってくるのはデザートと巻物と玉子ばかり、ネタものは殆ど目の前で握ってくれます。
大好きなゲソのツメなんですが、イカの大腿部ですね、ゲソよりもストッキングの届かないところでしょうか。
築地の玉子屋から直送された感じの玉子焼き、ご飯なしだと4切れの大サービス。
火炎放射器で炙られたアナゴ、お味は中国産の田うなぎの感じ・・・柔らかくなればツメで味は同じとくる。
牛肉の柳川鍋、ここに来ようと思ったのは冬の風物に何となくひかれたのです・・・こんな鍋類が5~600円台で気軽に頂ける、新しい食のジャンルの登場ですね、寿司屋の前に居酒屋と入るのがジジババのハートを射抜いたんでしょうね。
 
寿司屋と云うと怒ってしまうけど、自ら居酒屋と大書きしていればそれなりに納得してしまう・・・この田町の芝三田界隈も地元の懐かしい寿司屋というものがめっきりと減った、チェーン店の4店が進出して街の風景まで変わってしまった。
 
日本の食は文化そのものが大変革、そして家庭の食習慣までがすっかりと変わっていく、そのうち政府が正しい日本の食とはと現状を推奨することになる・・・化学調味料に保存剤、世界基準を大きく下回る素材で作られた商品が店頭の棚に堂々と並ぶ時代はもう来ている。
 
美味しいの一言が危険なのだ、
回る寿司、納得安全の範疇だ。
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
2018年の成人の日は神宮のサークルのゴルフ会で初打ち、行先は茨城のセントラルゴルフ倶楽部、数々のトーナメントが行われた名コースだ・・・少しだけ雨に心配はあるものの、楽しくいってきました。

私には未体験の初コース、色々な噂を耳にしての実体験となる・・・その一つは「アコーディア化」が見えるクラブだ。
少し冷え込んでいる天候、左股関節を気にしながら、なるべくカート乗車でプレーです。
午前のインは一発OBがあるものの・・・美味しく生を頂けた。
予報とは全く変わって窓から陽が射す場面も、この時ばかりは予報が裏切ってくれているのかと嬉しさが募る。
そして1時40分の午後のラウンドはアウト、3ホールは持ったもののパラッとやってきました小雨です。
「セントラルゴルフクラブ」オーソドックスな丘陵のゴルフコース、広々として東コースを楽しく仲間と回れました・・・されど随所にコース整備されていない無残な光景が見て取れる。ビックリしたのはレストランから眺められるテラスの情景、まるで地震でも来たかのごとくに床材のような物が浮き上がって凸凹、これをほおっておく精神にはいささかも経営者側の不実を感じる。
 
グリーンは高速をうたっているものの、ボールが転がり中ジョリっと音が入り突然よからぬ予想と反しての転がりを・・・グリーン周りのアプローチショットも芝が圧されて難しくしている、これはフェアーウェイやコース全体に言える悪コンディション。
 
従業員のサービスやクラブハウス内も同じことが言える、数ある掲示板などは昔名前を飾っていたものだろうが殆どコース利用の詳細説明や表示はなし、倶楽部ライフなどまったくないということを表している・・・「アコーディア化」全盛期には一億円したと言われる名クラブ、今の無残な姿は原因が分かるだけに辛いですね。
 
来場者の全てがビジターでしょ?
壊れていく名コースをはっきり見た。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ゴルフ界も色々なニュースが登場してくれますね、昨日のJGTOの会見報道にはチョッとビックリと、本心「へーーー」という情けない間抜けた吐息が漏れてしまった・・・石川遼が選手会長に最も若い会長ということで沸いているようだ。
記者会見での宮里の落胆ぽい情景は何なんでしょうね、26歳と110日で着任。

ゴルフサークル神宮のメールが回ってきて8日のゴルフは挙行とのこと、茨城のセントラルゴルフが初打ちとなりました・・・よってなまった体を奮い起こすために麻布のゴルフスタジオに、その前の腹ごしらえです。
前日の芝「大連」に続く中華ですが、こちらは麻布十番の「大連餃子基地」・・・両方とも売りは餃子ですが、こちらが勝利でしょう。
お供は餃子ですが、メインは「ワンタン麺」・・・所望はワンタンで麺は二の次という感じです。
約一時間プロの指導を受けずにひたすらショートアイアンからドライバーまでのショット、今年の初クラブ握りでもある。
右股関節痛も少しだけ和らぎ痛みは微か、なれど心配は尽きず安心はできないのである。小雨と言えどもジジイには冷たい槍の如くに感じるかもしれない・・・防寒を完璧にして2018年最初のゴルフにチャレンジですね。
 
さて肝心の問題、2018年の男子プロの将来が石川遼の双肩にかかってくるとは、JGTOのジイサン連が潔くホッぽりだしたものだと感心はする。自信に満ちた遼君の顔からは何かを感じるが・・・どっかの政府のようにJGTOは余計な口出しをしない方がいいのかもしれない、決まったからには期待したいものだ。
 
GDOの記事から・・・会長は選手たちからの互選で決まった。昨年までの2年間、同職を務めた宮里優作からバトンを受け取った石川は、「前会長の優作さんからお話もいただいて、ほかの理事の方からも推薦をいただいた。自分自身もゴルフ界のためならと思っていたので、その場で決断させていただいた。ゴルフ界発展のために全力を尽くしたいと思います」と決意を示した。
 
遼君の真摯な態度は買える。
JGTOのジジイ連は黙ってろ、です。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

成人式の8日は2018年の初ゴルフになる予定ではあるが天気予報が最悪のようだ、この三連休の予定は全くの大混乱・・・東京で一人土曜日を過ごすしかなく、昼も寂しく地元の大連です。

相方も昼前から「お茶大の同期と茗荷谷ランチ」と言われてしまい、一人予定もなくランチでビールです。
だとしても、何も予定を持たないということは素晴らしい、酢豚に餃子が三個、これで780円ですから。
IMG_20180106_120602910.jpg
ご飯は流石に小ですが、全てを頂いた後にスープをのんびりとレンゲで頂くのです・・・開店と同時ということは作り置きがなく、一番鍋で料理人も気合が入るというもの、餃子も酢豚も値段を超越した美味しさです。
 
明日の初ゴルフは茨城麻生のセントラルゴルフで神宮のサークルで集合、目下幹事がお天気図を眺めながら開催か否かを検討中・・・判断は午後とのことではあるが、明日は15時頃から小雨が始まりそうで気持ちは早いスタートに変えて挙行ではないでしょうか。
 
とはいうものの、ゴルフ場はアコーディア系とあって大予約が入っているはず、スタート時間の変更は簡単ではない・・・開催ということになれば、昼過ぎに麻布十番のゴルフスタジオに一時間ばかりクラブを振りに行こうと思っている。
 
年の初めの3連休・・・予定が滅茶苦茶。
これからTXで・・・「ゴルフ侍」ですから。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。