弁理士木戸 の 「ざっくりブログ」

マイナー&ニッチな講師”木戸利也”が、
弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。

マイナー&ニッチな弁理士の木戸です。

弁理士試験の本試問題の解説や、

弁理士の仕事やその周辺で起こった出来事等を

さっくりと綴ります。

解説は、不定期にアップします。



テーマ:
 特許異議の申立てに関し、次のうち、正しいものは、どれか。
 1特許法第120条の5第1項の規定による通知(いわゆる取消理由通知)があった後は、特許権についての権利を有する者その他特許権に関し利害関係を有する者が、特許権者を補助するため、その審理に参加することができる場合はない。
 2特許異議申立人が申し立てない理由について審理した場合において、審判長は、取消決定をしようとするときは、特許異議申立人に対し、特許法第120条の5第1項の規定による通知(いわゆる取消理由通知)をしなければならない。
 3審判長は、特許異議申立書の副本を特許権者に送達しなければならない。
 4特許異議の申立てについて特許を維持すべき旨の決定がなされたときは、特許異議申立人は、利害関係人であっても、当該特許に対し、特許異議の申立ての理由と同一の理由に基づいて特許無効審判を請求することができない。
 5取消決定が確定したときは、取消しの理由のいかんにかかわらず、その特許権は、初めから存在しなかったものとみなされる。
 *解説
 これも鉄板でしょう。
権利者サイドにとって取消理由が通知されてからが本番。そこで参加できなくてどーする?決定までは補助参加可能ですP119
取消理由通知は、権利者サイドが必要であり、申立人には基本要らないもの。審判長にこのような義務はありません。ただし、訂正の請求があった場合は少し話がややこしくなりますが・・・
「送達」と「送付」の違いをきっちり理解し、異議申立書と無効審判請求書との違いをしっかりと理解する必要があります。P115*3
異議と無効は併存関係で上下関係ではないので、一事不再理効はありません。もし一事不再理なら、訴えを提起できないため、三審制が保てなくなります。憲法違反。
取り消し理由に後発的はありません。後発的は無効で争うべきものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 特許出願の審査及び出願公開に関し、次の(イ)~(ホ)の設問のうち、正しいものの組合せは、どれか。ただし、特に文中に記載した場合を除いて、特許出願は、外国語書面出願、国際特許出願、特許出願の分割に係る新たな特許出願、出願の変更に係る特許出願又は実用新案登録に基づく特許出願ではないものとする。また、以下において、「最後の拒絶理由通知」は特許法第17条の2第1項第3号に規定する「最後に受けた」拒絶理由通知をいうものとする。
 (イ)特許出願人が、当該特許出願に係る発明を業として実施している第三者に対して、出願公開後に当該特許出願に係る発明の内容を記載した書面を提示して警告をした。その後、特許請求の範囲を減縮する補正がされた場合、その第三者の実施している製品が補正の前後を通じて当該発明の技術的範囲に属するときは、再度の警告がされていないことを理由として、当該特許権の設定の登録後に補償金請求権(特許法第65条第1項の規定による補償金の支払請求権をいう。以下、本問において同じ。)を行使することが妨げられることはない。ただし、特許請求の範囲に記載された請求項の数は、当該補正の前後を通じて1つであるものとする。
 (ロ)特許料の納付が猶予され、納付の猶予後の期間内に特許料を納付せず、その期間が経過した後の特許料を追納することができる期間内に、納付が猶予された特許料及び割増特許料を納付しなかったことにより特許権が初めから存在しなかったものとみなされた後は、それ以前に補償金請求権が生じていたとしても、当該補償金請求権を行使することができる場合はない。
 (ハ)最後の拒絶理由通知に対してした特許請求の範囲についての補正が、当該補正後における特許請求の範囲に記載されている事項により特定される発明が特許出願の際独立して特許を受けることができるものでなければならないとの要件にのみ違反するとき、審査官は、そのことを理由として、その補正後の特許出願について拒絶をすべき旨の査定をしなければならない。
 (ニ)最後の拒絶理由通知に対してした特許請求の範囲についての補正であって、明りょうでない記載の釈明のみを目的とし、当該最後の拒絶理由通知に係る拒絶の理由に示す事項についてするものである場合、補正後の請求項に記載した発明が特許法第29条第2項の規定(いわゆる進歩性)により特許を受けることができないときは、そのことを理由として、当該補正は却下される。
 (ホ)出願公開後における拒絶査定不服審判の請求と同時にした願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面の補正が、誤訳訂正書の提出によるものでない場合には、当該補正は特許公報に掲載されない。
 *解説
 かなり重箱の隅といえますが、これを勝負問題と言えないご時世です。鉄板としてください。
最初の警告で特許請求の範囲を示しています。その後の補正は減縮なので、最初の警告で侵害相当者が認識しうる範囲です。つまり、2度目の警告がなくても悪意は確実なので補償金請求OKです。
登録料の既定3月P108、猶予期間3年P109*1、不責追納6月P108*4だけでなく、請求による30日延長P108*3、遠隔地延長P4などがございますがこれらは不責追納期間が経過しているため関係なし。しかし、正当追納P112-2*1があります。そしてこれは登録料ではなく、年金な訳で・・・・
少なくとも独立特許要件を理由に出願が拒絶されることは一切ありません。この場合は却下になります。P53*1
補正後の発明に進歩性があるか否かを判断することこそが独立特許要件を判断すること。で、不明瞭な記載の釈明には独立特許要件は係っていません。P17-2*6
公開後の自発補正は掲載されますが、拒絶理由通知後の手続補正書による補正は掲載されません。しかし誤訳訂正書による補正は掲載されます。新規事項の基準が変わるからです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログでも6月23日に均等論について言及しています。

このブログで、もう一度均等論を見直した方、ラッキーでしたねぇ

もし、そのような方があれば、「いいね」でも「コメント」でも「メール」

でもよいので、リアクションを下さい。

 

均等論は、明細書(請求の範囲含む)を記載する上で重要なんです。

均等論をただの5要件として合格した弁理士と、

均等論を反面教師として理解した弁理士とでは、

かなりの相違があると思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、手応えは如何だったでしょうか?

これから、9月末までのモチベーション管理が大変でしょうけど

取りあえず、口述試験に向けてモチベーションを高めてください。

 

まだ、特許1問目をざーっと見た所ですが、

昨年、パリ優先、今年、PCTの流れは、十分予想可能であり、

かなり準備していたのではないでしょうか?

逆に、PCTの制度趣旨を書けなかった人は、かなりヤバイと思います。

おそらく、パリ条約の不備(優先権など)を前提とし、PCTによる改善点、その効果

これをきっちり論述できないとしんどいでしょう。きっと。

 

あとは、甲乙丙丁戊まで登場させて問題を作成していますが、

ムリクリ1問にするのではなく、はじめっから小問に分けた方がよかった気がします。

最近は、問題文の作り手も○○になってきているような気がします。

 

で、こんな問題を本試で出すと、短答レベルの論文答案が量産されることになる。

まあ例年、1問はこんな感じ、もう一問は深く内角をえぐるような球を投げてくるのですが・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 特許無効審判又は延長登録無効審判に関し、以下の(イ)~(ニ)のうち、正しいものは、いくつあるか。
 (イ)特許無効審判の請求人は、特許を無効にすべき旨の審決に対する訴えを提起することができる期間内であっても、特許権者が東京高等裁判所に当該審決に対する訴えを提起した場合でなければ、当該審判の請求を取り下げることができない。
 (ロ)延長登録無効審判の請求人は、請求書の補正において、新たな延長登録の無効理由を追加することができる。
 (ハ)特許無効審判において、請求人が請求の理由の要旨を変更する補正を行った場合、審判官の合議体は、当該補正が審理を不当に遅延させるおそれがないことが明らかであると認めるときは、当該補正を許可することがある。
 (ニ)特許無効審判は、審決、審判請求の取下げ、又は請求の放棄のいずれの事由によっても終了する。
  
 *解説
 ニが難しいのではないでしょうか?ですので勝負問題で。
審決確定まではいつでも取り下げ可能P155だから、出訴されたか否かは関係ない。おそらく審取は判決によらず終了。まあ、権利者にとっては結果オーライでしょう。
無効審判以外の請求の趣旨と理由は、どんな補正でもOK。
審判長のみの判断と、合議体の判断。重みが全然違います。中間の手続などはほぼ審判長のみの単独判断P131-2
「出願の放棄」の時にも「放棄」の言葉は使いますが、放棄とは権利がいらないと宣言するようなときに使うのです。つまり、出願の放棄とは特許を受ける権利の放棄と観念されます。審判請求に放棄は使いません
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前々から告知させていただきましたが、

 

幸い?なことに、何ら反論、ご指摘がなかったので

今までご登録いただいていたアメンバーを解除させていただきます。

 

いままで、ありがとう御座いました。

 

これからは、知財を本来の財とすべく、消尽して参りますので

今後ともご贔屓の程、よろしくお願い申し上げます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あかん、全然アカン

昼食を食べながらちゃちゃっと解説していたら、

ミスばっかりです。

 

お恥ずかしい限りです。

 

第4問も訂正致しました。

 

無料というのは真剣みが不足するのでしょうか?

むむむぅ~~

 

それよりも幾つあるか問題って、けっこうしんどい

回答なしが存在していた頃よりも難しいのでは?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最初の拒絶理由、最後の拒絶理由

これって一体・・・・?と思っている人だけ読んで下さい。

 

最初、とか、最後は、

拒絶理由が下記のように順番に通知された場合、

 

拒    拒       拒     拒           拒

↑これが最初                     ↑これが最後

 

と、言うわけでは決してありません。

(一般的な語感からはこう思ってしまいますが・・・・)

 

最初の拒絶理由とは、出願に係る発明に最初から含まれている拒絶理由

と、考えればよいでしょう。

つまり

出願Aに拒絶理由イ、ロ、ハのみが最初から含まれている場合、

イ、ロ、ハをどのタイミングでどの順番で通知しても最初の拒絶理由になります。

 

一方、最後の拒絶理由は、定義がしっかりとあり

最初の拒絶理由通知に対する補正によって通知することが必要になった拒絶理由のみを通知するものをいう。

らしいです。

 

ここら辺の定義は無謬性を纏った公務員様の完璧に裏打ちされたものなので、間違いだらけの薄汚れた私めには理解しがたい定義になっておりまするwww

 

まあ、貴方も一度無謬性の衣を纏って、最後の拒絶理由とはなんたるかを考えてみてください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月もあと一週間となりました。

今年も半分です。

 

以前から告知しておりますが、

6月末日を目処に

アメンバーを(一方的に)解除させていただきます。

 

そして、7月からはアメンバー限定で

がっぷり四つになって弁理士試験と向き合う内容を

お届けしようと、考えております。

 

参加資格は、前回からちょっと変更し、現在模索中です。

 

突然の告知で申し訳ありませんが、

ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

 

 木戸

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだまだある。

最高裁で判示された「発明の本質」

これと、「発明の要旨」は同じなの違うの?

 

発明の本質があるなら意匠の本質はあるの?

 

では、発明特定事項を異なるものに置き換えることで、

特許発明の目的を達することができなくなり、

同一の作用効果を奏することができない

このような発明特定事項が発明の本質なの?

 

今まで言及を避けてきたけど、商標の要旨は?商標の本質は?

 

で、結局何が言いたいかというと、言葉というものは曖昧模糊としており、

使用するフィールドによって意味が変化するものだと思うんです。

 

ですから、いきなり「発明の本質」って言われても、使用するフィールドを明示し

共通の認識を醸成した後でないと、意味不明になるんです。

 

因みに、均等論における置換可能性は、非本質の具体的例示でしかなく、

非本質と置換可能性を並列に独立して語るのは違うと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。