東西線南砂町「足裏のタコ魚の目ケアサロン」フットボーテ

外反母趾やウオノメ、タコでお悩みの方に足裏の角質ケア、インソール(靴の中敷き)作成などをしている美と健康のための足の美容サロン フットボーテです。

美と健康のための足の悩み専門サロン
フットボーテ

最寄駅:東京メトロ東西線 南砂町
東京都江東区東砂

営業時間 月~金 10:30~16:30

でんわ 050-3790-6880

サロンメニューは⇒こちら

ご予約は⇒こちら


女優の田中美奈子さんがサロンの取材に来て下さいました。
$外反母趾、角質(ウオノメ・タコ)、巻き爪など足のトラブルに江東区南砂町のフットケアサロン フットボーテ
取材記事はこちら


ママの自分磨きイベント サンドイッチママン
毎月開催中

詳しくは⇒ こちら

NEW !
テーマ:

こんにちは。

足裏のタコ・ウオノメをケアするフスフレーガー藤井朋代です。


フスフレーガーって何?と言う方はこちら をご覧くださいね。



昨日は鎌倉まで(しかも江ノ電に乗って江ノ電)広嶋伸子さんの「ママの足育」を受講してきました。




「えっ、足のプロが講座の講師じゃなくて受講生?」


と思われるかもしれませんが、学べば学ぶほど奥の深さを実感するのが足なのです。


講師である広嶋さん自身も、今なおいろいろな足の講座や靴屋さんやフットケアサロンで学び続けていらっしゃいます。

そしてその学びを惜しげもなくシェアしてくださっています。


日本は長く草履の文化だったので、靴に対する意識が低いです。

だから足のことは考えず、デザインと安さで勝負の靴がどんどん作られました。

選ぶ方も基準はなく、ただデザインと安さで買っていると思います。


靴文化の進んでいるドイツでは、靴の履き方や選び方は家庭で親から学びます。

靴屋では、先に足を見てサイズを測り、その足に合う靴を靴屋さんがいくつか出してくれ、その中から選びます。


日本ではどうでしょう?


教えようにも、親自身が靴の選び方を知らず、足に合う靴探しのジプシーになっている方が多いですよね。

正しい靴の履き方を知っている人はどの程度いらっしゃるでしょうか?


「靴に正しい履き方があるのか?」

と思われる方もいらっしゃると思います。


これでは子供に教えられるわけがないですよね。


靴に足先をいれてつま先トントンなんて絶対やっちゃだめですよ!!



私自身、足について学んできましたが、それでもなお靴選びは難しいです。


うちにも小学生の子どもが二人います。

彼らのために履きやすくて、心地よい靴、なおかつ足のアーチをはぐくんでくれる靴を選んでやりたいと思いますが、日本の靴メーカーのものには限界を感じています。


日本人の意識が変わり、よりよい靴が作られ、多少値段が高くても足のためを考えた靴を買う、そんな日が来ることを願ってます。





日本中のすべての人が、足で悩むことなく健康で美しい足になりますように!




【募集中のイベント】

● お子さんと一緒に来ていただける【フットケアタイム】(保育料無料)

● 毎月好評!ママの自分磨き【サンドイッチママン】 【満員御礼】7/11(月)



【お知らせ】

【病院では教えてくれない外反母趾・魚の目・タコの秘密】メールマガジンの購読申し込みはこちら

【ママの美・癒し・学びイベント情報】メールマガジンの購読申し込みはこちら


●ファッションサイトにてコラム掲載中 
 ⇒ 
外反母趾の原因に!?「開張足」を防ぐ靴の選び方
 ⇒ 爪の切り方間違っているかも!?“巻き爪を防ぐ”正しい足の爪の切り方
 ⇒ サイズぴったり、靴選びのポイント!「足長」と「足囲」のはかり方
 ⇒ 老廃物を流す歩き方を伝授!美肌を作るダイエットウォーキングのコツ




 足裏のタコ・魚の目ケアサロン
 フットボーテ

右 施術メニュー
右 ご予約はこちら
右 お客様の声
右 ビフォー&アフター(写真)
右 サロンの場所
右 facebookページ (「いいね」 して頂けると嬉しいです)
   ⇒ http://www.facebook.com/footbeaute

右 お子様連れのお客様はこちらをご一読ください。



東京都江東区南砂町、東砂、新砂、北砂だけでなく、東陽町、木場、門前仲町、西葛西、葛西、西船橋、千葉県八千代市、習志野市、さらに名古屋市などから、特に販売職、営業職、講師業など立ち仕事のお客様にお越しいただいています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

友達に教えてもらった村瀬幸治先生の講座があると聞き

雨の中池袋まで行ってきました。


いやー、そーだったのか!!と目から鱗の話あり

これは男子たちに効かせるべき、と思う内容あり

充実した2時間でした。


この話を知ってたら、イジメ、自殺、虐待、暴行、性犯罪が

少し減るんじゃないかと思いました。





・・・とFacebookに書き込んだら

予想以上にコメントをもらいました。


みなさん、知りたいですよね!


私自身も、そして周りの人にも

そしてこれから思春期を迎える子供たちにも

知ってほしい内容だと思いました。



村瀬幸治先生は本も出されてますので

こういった本も参考になると思います。



男の子のからだとこころ [ 村瀬幸浩 ]

マンガでわかるオトコの子の「性」 [ 染矢明日香 ]


性のこと、わが子と話せますか? [ 村瀬幸浩 ]

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

足裏のタコ・ウオノメをケアするフスフレーガー藤井朋代です。


フスフレーガーって何?と言う方はこちら をご覧くださいね。



先日サロンに来てくれたお友達が

さらにお友達を紹介してくれました。


ありがとうラブラブ


今日はその方の魚の目ケアです。


足裏に魚の目があって痛い場合は

まずその魚の目を削って痛みを取り除くことが

とっても大切なんですよ。


魚の目が出来る原因はいくつかあるのですが

歩き方の癖や靴が足に合っていないことなどのよる

足の変形から起こることがほとんどです。

なので

長い目で見ると

魚の目を削るだけでなく

足の変形を正しい形に

戻していくことがとても重要です。


つまり、

足裏に3つのアーチを

取り戻すことが重要なのです。


そのためには

足に合った靴をはき

正しい歩き方で

たくさん歩く必要があります。


さらに

インソール(靴の中敷き)を入れたり

テーピングをしたりすることで

足裏の3つのアーチ形成を

助けることができます。




でも、

たとえインソールを入れても

テーピングをしても、

魚の目があったら

痛くて長くは歩けないですよね。

魚の目があったら

魚の目をかばって歩くので

足のあちこちに変な負荷がかかってしまいますよね。

だから、

最初に魚の目をケアしておくことが大事なんです。



でー、

昨日も友達から相談されて

「そんな時はどこに行ったらいいの?病院?」

と聞かれたのだけど・・・


病院でこれらのケア(インソール作成やテーピングや足に合った靴の選び方)を教えてくれるところは

あんまりないんです。


逆に

病院からサロンに行くようにすすめられることも

あるんですよ。

病院ではケアできないから、と。



まずはその魚の目、

サロンでケアしに来てくださいね。


右 ご予約はこちら




日本中のすべての人が、足で悩むことなく健康で美しい足になりますように!




【募集中のイベント】

● お子さんと一緒に来ていただける【フットケアタイム】(保育料無料)

● 毎月好評!ママの自分磨き【サンドイッチママン】 【満員御礼】7/11(月)



【お知らせ】

【病院では教えてくれない外反母趾・魚の目・タコの秘密】メールマガジンの購読申し込みはこちら

【ママの美・癒し・学びイベント情報】メールマガジンの購読申し込みはこちら


●ファッションサイトにてコラム掲載中 
 ⇒ 
外反母趾の原因に!?「開張足」を防ぐ靴の選び方
 ⇒ 爪の切り方間違っているかも!?“巻き爪を防ぐ”正しい足の爪の切り方
 ⇒ サイズぴったり、靴選びのポイント!「足長」と「足囲」のはかり方
 ⇒ 老廃物を流す歩き方を伝授!美肌を作るダイエットウォーキングのコツ




 足裏のタコ・魚の目ケアサロン
 フットボーテ

右 施術メニュー
右 ご予約はこちら
右 お客様の声
右 ビフォー&アフター(写真)
右 サロンの場所
右 facebookページ (「いいね」 して頂けると嬉しいです)
   ⇒ http://www.facebook.com/footbeaute

右 お子様連れのお客様はこちらをご一読ください。



東京都江東区南砂町、東砂、新砂、北砂だけでなく、東陽町、木場、門前仲町、西葛西、葛西、西船橋、千葉県八千代市、習志野市、さらに名古屋市などから、特に販売職、営業職、講師業など立ち仕事のお客様にお越しいただいています。


いいね!した人  |  リブログ(0)