★NPO法人ハロードリーム実行委員会において、実行委員会広報担当、For Smileプロジェクトを担当しています。

発達に心配のあるお子さんを授かったことのある女性、DV経験をお持ちの女性対象の、For Smile コラージュ講座を2ヶ月に1度、大崎にて開催中。
詳細はこちらから → http://hello-dream.com/schedule/

★メールはこちらまでお願いします。(☆を@マークに変えて入力してください)
sama.sama2012.2☆gmail.com
  • 06 May
    • ああ、やっちまった・・・

      サワディーカー! GWいかがお過ごしですか? こちら、タイも飛び石連休。今日はその谷間。 タイの政府からは「そこも休んじゃいましょう!!」とお達しがあったようですが、娘の学校と旦那の会社は通常通り。 息子の日本人学校は休み・・・ これがどういうことかというと、つまり 私はいつもより忙しいやんけ!!ということです。 はい、がんばります・・・ こちら、大型連休を前に3月末完成した、期間限定イベント「Dinosaur Planet」 恐竜より恐いのは、写真の観覧車が先日、火事になったこと・・・。 それでも、お構いなし絶賛開園中 失敗にめげない、ってか、おおらか さすがタイ!!   と、前置き長くなりましたが、今日のテーマは「失敗した話」 「成功した話なんて、聞き飽きた!もううんざりなんだよ!」by 思春期息子 これを聞いて、ああそうだよねぇと、深く共感したのでした・・・。 で、この記事を書いているところを覗いた息子がまたも名言を。 なんで、成功した人の話を聞きたくないかっていうとさ、そういう人の話は大抵、昔は努力したって話。おまけに、7割方(その状態が)終わってる人なんだよ ううう、息子よ、素晴らしい(この7割方、って数字は適当だと思いますが・・・) そして、最近”も”やっちまった、私に刺さる そうなんです。 実は私もよくやっちまうんです。 私がよくやっちまうのは、「小さいお子さん(特に染色体異常のある)のお母さん」を前にした時。 求められてもないのに、アドバイスをしちゃう(笑) 親の会でもよく見かける風景です。 これが嫌で入会しない人も実はいらっしゃるのではないかしら。。。 これ、コーチングのセッションの時にはやりません。 ちゃんとお断りしてから必要ならば伝えます。 (24時間コーチをするのは、無理なんですねぇ。いやでも、もう少し活かさねば・・・) でも、見えちゃうのでついつい、言いたくなっちゃう。 (とりあえず、自分で気づいてはいる・・・) だから、最近はあまり他のブログにもコメントつけないようにしてみたり。 しかし、最近また、ついついやっちまい凹み・・・。 その反面、やっぱり伝えておいた方がいいこと、どうしたらいいのか、何をやるべきなのか、知っておいたら絶対いい話、っていうのがあるのも事実。 ということは、求めてくださる人にちゃんと届くようにしないと、ダメなんだなぁと思いました。 日本に帰ったら、いや、ここにいる間に1つ講座つくろう・・・と密かに宣言してみたりして。 今度は失敗しないようにしよう!! 失敗にもめげない、そんな「タイ風」な私で頑張ります・・・。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村  

      55
      10
      テーマ:
  • 03 May
    • きょうだい児から見た、「オカン達」の印象は?!

      サワディーカー! 体感温度が40度超えの日が続いていましたが、ついに雨季に突入しました! これでちょっと涼しくなるかな?! 日本の思い出を少しづつ綴っていきたいと思います。 今回の旅の2大イベント。 そのうちの一つは、息子と大阪USJ二人旅でした。 昨年は娘もUSJに行ったのですが、息子とは見たいものが全然違う・・・ 娘にとっては、ディズニーランドのほうが楽しいようで、おばあちゃんの家で留守番して、カラオケと温泉のほうがいい!!と・・・。 1日目は6時台の新幹線に乗り、大金を投入して(笑)あまり並ばずに入りたいアトラクションに行けるようにし、息子の好きなものを、心行くまで堪能するのに付き合いました 息子が保育園の時から、時々「きょうだいのための時間」を取るようにしてきましたが、さすがに大きくなってくると、土日も子供の用事で忙しく、平日は学校をさぼるわけにもいかずだったので、久々の「息子ゴールデンタイム」 いつまで母親と一緒にUSJにいってくれるかわからないので、ありがたく楽しませていただきました。 どれもこれも、グロくて母はつらかったけれども おかげさまで、とっても満足いただけたようで、タイに帰ってきてからも、「楽しかったなぁ!」と言ってました。(笑) 思春期だけど、まだまだかわいいですね。 そして、2日目は、ネットでつながった大阪のダウン症のお子さんをお持ちのママと、そのお友達とランチ 日ごろはバンコクの関西のオカンにお世話になってるんですが、本場大阪のオカンたちもやっぱり元気で楽しい! 食べて、しゃべって、食べて(笑) 楽しい時間を過ごさせていただきました♪ きょうたろうTODAYのmiki-mikiさん しょうまんまのshomanmaさん Yさん ありがとうございました♪ そして、こちらは、帰る日に空港まで来てくれた、Mikiちゃん。朝から弾丸トーク楽しかった♡ 朝からありがとね!!  こんな元気なお母ちゃんたちと、べらべらしゃべる母に、黙々とゲームをしながら付き合っていた息子ですが、関西オカンたちには、「きょうだいの障害をどう知ったか?」なんていう質問にも答えてみたり、MCであるmikiちゃんとも、ダウン症の人たちの特徴??について話してみたりと、ちょいちょい絡んできていました。 そして、先日タイへ帰ってきてから、息子がふとこんなことを言いました。 「ママの友達(ダウン症を子どもに持った母)ってさぁ、みんなポジティブだよねぇ!!!」私はこのつぶやき、とっても嬉しかったです。 きょうだいが生まれたら、きっといろんなことを心配すると思います。 ダウン症の子のことも、きょうだいのことも、いろいろ気になると思います。 でも、ママがとにかく元気にしてたら、大丈夫なんだって、改めて思えました。 息子と一緒に会ってくれたママさんたち、あらためてありがとう!! ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村  

      47
      4
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 頑張っても最後は「養護学校」って、ガッカリですか?

      サワディーカー。 毎日40度近くまで気温が上がって、あっついバンコクです。  ↑ただ今満開!タイの国花 先月の一時帰国では、ダウンつながりのママ友にもたくさん会いました。   書きたいことたくさんあるんですが、ちょっとづつ(笑) ****** 小学校低学年のダウン症のお子さんをお持ちのママに、5年振りくらいで会いました。 お互いの近況や、うちの娘のこれからの進路なんかを話しました。 ある話から、そのママがこんなことを言いました。 「うちの親の会で”優秀な”●●君も、××養護学校なんですよ。あんなに優秀でも××なんだねぇと、(年の近い子のママ友と)話してるんですよ」と。 あああああわかるなぁと思いました。 私も実はずっとそう思っていたのです。 療育を頑張れば、高等支援学校へ入れるかな そうしたら、一般就労できるかな そんな風に思って育ててきたのに、大きくなるにつれて見えてくる現実 「なんだ、あんなに頑張ってきたのにやっぱり最後は養護学校になるのかな。なんだかガッカリ。」と思っていました。 あーごめんなさい。 そして、中学生になると「よりいい養護学校へ行くための準備期間」 高校では「よりいい就職をするための準備期間」 というニオイがぷんぷんとする感じに正直ゲンナリ気味 だから、タイに行く話が出たときは、「いちぬけたっ!!」というような、なんだかスッキリした気持ちで駐在することを決めました。 しかし、タイではまさかの日本人学校入学拒否(注:海外の私立なので違法ではありません。小学部には立派な支援級があります。) そして、インターナショナルスクールの”養護学校”入学。 予定より早く”養護学校”に入ることになりました。 でも 入ってみたら、全然嫌じゃなかったんです。”養護学校” いや、むしろ”すごくいい” なにが違うんだろうねぇと、一緒に通っているHちゃんとも話すのですが、まずオシャレ(昭和の田舎もんは、洋物に弱いんですけどね・・・) そして、”学ぶことをあきらめない姿勢” ”選択肢を学校から突きつけられない(決めつけられない)” この辺りがやっぱり違うのかなぁと話しています。 さて、そんなに素晴らしい学校と巡り会えたのですが、親の気持ちと子どものニーズは違います。ここ大事 娘にとってこれからの高校生時代を過ごしたいのは ”共感できる友達のいる場所” すると、英語でのコミュニケーションがメインの学校では、なかなか難しいのです。 通常の学校生活ならば、娘の英語力でもやっていけますが、お友達と言葉を通じて心を通わせたいタイプの娘にとっては、母国語が日本語なのはやはりハンディです。 そもそも日本語だって完璧ではないのだから、英語ならばなおさらのこと。 日本に帰りたいと思う娘の気持ちはよくわかります。 そして、それはきっと、”日本の普通の高校でもない”とも思われます。 するとやっぱり”養護学校”になるのだと思います。 そんな視点で、もう一度日本の養護学校を見学してみると、ちょっと見方も変わりました。 日本の養護学校の先生方の対応はやはり素晴らしく、娘のいいところをまた伸ばしてもらえそうだなぁという気もしました。 日本語の通じそうなお友達もいました。 タイの養護学校、日本の通信制高校(前回の記事参照)、養護学校。 結局、この3つから選ぶとなると、「今の娘にはやっぱり”養護学校”だろう。」という結論になりました。 ちなみに、娘は通信制高校と養護学校ですごく迷っていました。 通信制高校はパソコンで勉強できるところが気に入って、養護学校は部活があるところが気に入ったそうです。 通信制高校は、養護学校卒業後でも入学できることが分かったので、ひとまず養護学校にいこう!ということで娘も納得しました。 こうして、ここまでの過程を振り返ってみると、なんとなくスッキリしている自分がいることに気づきます。 それは、なんでなのかなぁと考えてみると、”選択肢があることがわかったから”なのだと感じています。 ここしか行くところがない。 これしか選択肢がない。 そういう時に、私はすごくガッカリするのだなぁと。 「養護学校へ行く」という事実には変わりませんが、「しかたなく」ではないというのは気持ち的に大きいなぁと感じています。 この先の就労や日常生活も「仕方なく」ではなく「選択肢を持てる」ように、いろいろ模索してみたいと思っています。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村 

      51
      4
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 「みんなの学校」見てきました。”共に学ぶ”ために必要なことは?

      サワディーカー! 日本への一時帰国中にアクセプションズさん主催の「みんなの学校」の上映会にいってきました。 「みんなの学校」公式サイト  木村元校長先生の講演会もあったのですが、1時間だったのであっという間に終了・・・。 もっといろいろお聞きしたかったなぁ。 是非一度ご覧いただくのがいいと思うのですが、私が持った印象は以下のこと。 ●とにかく、校長先生である木村先生の言葉がけが絶妙。(生徒に対しても、先生に対しても) ●”公立の学校”であることを最大限に利用している。●「みんなの学校」が成立するためには、いくつかの要素が必要。ただただ、障がいのある子とない子を一緒にしても、「みんなの学校」にはならない。 そして、 それぞれの地域や子どもにあった「みんなの学校」ができるはず。だと思いました。 しかし、なにをどこからどうやって?? ということを明らかにしていくためには、もう少し詳しく先生のお話を聴いてみないとわからないなぁとも思いました。 いつか「みんなの学校」研究会みたいな場を木村先生も交えて、映画を見た人達、みんなの学校を地域に作りたい人達でやれたらいいなぁ!と妄想してみたりして。 「障がいのある子を地域で育てるってどういうこと??」 「障がいのある子とない子が一緒に育った時、大人になると地域はどう変わるの??」 こんなことをみんなで調べたり、話し合ったりしてみたいです。 娘はもう高校生。 小学校時代は終わってしまったけれど、今度は一地域住民として地域の学校とどう関わっていくか何が出来るか。 日本に帰国したらそんなことも仲間と考えて行きたいと思います。  ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      21
      2
      テーマ:
  • 18 Apr
    • サバーイになって、熊本を応援しませんか?

      サワディーカー。 まだまだ肌寒い春の日本から、一年中で一番暑い季節のタイ・バンコクへ帰ってきました。 日本滞在中に起こった「熊本地震」 こちらでも、毎日日本のニュースを見ています。 被害に遭われた方へのお見舞いと、犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。 一日も早く、安心して生活できる日常を取り戻せますように・・・。 日本の地震の様子は、タイでも報道されていて、昨日乗った乗り合いのタクシーの運転手さんは、「日本は地震で大丈夫?」と心配してくれていました。 ・・・というか、私はタイ語さっぱりなので、ジェスチャーとフォースから伝わってくることを分析すると、多分そう言ってたと思います。 遠い国に住む私に出来ることは、募金。 ということで、早速募金しました。 支援方法を知りたい方、以下のリンクをご覧ください。 熊本支援、私たちにできることは そして、昨年6月から行なってきた「サバーイプロジェクト」 6月の終了までは、ペイフォワード先を「熊本地震支援」にさせていただき、より参加していただきやすくなるようにやっていきたいと思います。 おかげさまで、参加いただいた方からは 「元気が出た」 「新しい気づきがあった」 「楽しかった」 など、声をいただいております。 私の「声」は人に元気を与えることが出来る「ビタミンボイス」だと、ボイスとレーニングの師匠からもお墨付きをいただいております。 また、Facebookやラインのチャットでも、同じような感想をいただいております♪ 募金はしたいと思っているけれども、なんとなくきっかけを逸してらっしゃる方、是非ご参加ください! 「サバーイプロジェクト」とは? 私が持っているもの(時間・経験・知識)を提供して、もしも「サバーイ」(気持ちよく)なっていただいたら、その気持ちをお金や行動に変換して「ペイフォワード」してもらうと何が起きるか?という実験です。 はじめたときの気持ちを綴ったブログ記事はこちら ★私の提供できるもの。 ・時間 ・コーチング(CTI応用コース終了・NLPプラクティショナー) ・話を聴くこと(産業カウンセラー) ・障害のあるお子さんの育て方についての経験談・アドバイス(ポーテージ中級指導員) ・地域コミュニティの立ち上げ方の経験談 ・福祉界に20数年いた経験談 ・海外赴任帯同経験談 ・バンコク生活経験談 ★提供方法 ・Skype ・LINE(チャット) ・メール(Email,Facebookメッセンジャー) ・バンコク在住の方であれば、対面も可能です! ★ペイフォワードの方法 「熊本地震支援に関する」 ・クラウドファンディング ・募金 ※金額、支援先については、それぞれで決定していただいて結構です。 ・クリック募金 ・シェア 実験の結果を記録したいので、どのようにペイフォワードしたかを後日お知らせください。 ★申し込み方法 希望日・時間・提供方法を記入の上、こちらまでメールをお願いします。(☆を@マークに変えて入力してください) sama.sama2012.2☆gmail.com お申し込み受付後、お返事のメールをいたします。 ★提供可能日・時間(全て日本時間です) ※お申し込みは前日までにお願いします。 4月27日(水) 10:00- 12:00- 15:00- 4月29日(金) 10:00- 12:00- 15:00- 5月3日(火) 15:00- 5月4日(水) 10:00- 12:00- 15:00- これ以降は随時更新いたします。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      11
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 通信制高校「明蓬館高等学校 SNEC」の見学に行きました

      日本からサワディーカー。タイへ帰るまであと3日。今週は日本への帰国準備の1週間となってます。 昨日は、通信制高校 明蓬館高等学校SNEC横浜関内校を見学に行きました。 理事長であり、校長先生と、センター長の先生がお時間を作ってくださいました。 明峰館高等学校は通信制ですが、このSNECは支援が必要な子どものためのコースです。 20分程度の映像授業を見て、課題をする科目と、自分の興味関心をレポートや作品にする科目があるそうです。通学コースもあり、それぞれのお子さんの特性やニーズに適した学習方法やペースを臨床心理士さんや担当の先生と個別支援計画を立てて学習していくそうです。 こちらの学校について、いくつか疑問がありましたので伺ってみました。 ◎養護学校からの転入はできるますか?→可能。なんと、養護学校卒業後に入学することもできるそうです! ◎何年通えますか?→単位制で履修し、3年から最大7年間で高校卒業資格の取得を目指すそうです。 ◎ダウン症の生徒さんはいますか?→今は在籍していないそうですが、過去に数名卒業生がいるそうです。 関内校は今年4月開校。今まさにお教室が出来上がりつつあるところでした。お子さんたちも壁塗りなど、教室作りを手伝ったそうです。また、横浜市の起業家が集まるシェアオフィスのと同じビルに教室があり、今後は学校内にとどまらず、いろんな職業の方や団体とのコラボもしていくそうです。 その可能性に、娘より私がワクワクしました(笑) 新しい教室は、木のいい匂いのする、ホッとする空間でした。  今、通信制高校は全国にたくさん増え、支援の必要な子も受け入れていると謳っている学校もたくさんあります。 しかし、ちょっと前にそのずさんな運営が問題になったケースもあったように、玉石混交なのが今の現状。だから、中学の進路相談でも紹介されなかったり、やめたほうがいいと言われることもあるかもしれません。 しかし、今回見学してみて、これだけしっかりと考えてくださる方がトップにいらっしゃるところなら安心と思えたし、なにより、養護学校卒業後の進路の一つの候補にもなり得るという情報を得られたのは大きな収穫でした!

      37
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 「会いたくなる人」になることを、自分に許可する。

      日本からサワディーカー! 昨日から、大阪に来ています!ユニバーサルスタジオ! そして、毎日美味しいものばかり食べて、1週間でジーンズがきつくなったような… 昨日の夜の、道頓堀「今井」の鴨鍋うどん 旅のお供は定番シュウマイ弁当 先日、千葉で食べた漬け丼。最高!でした。 毎回一時帰国の時は、事前にスケジュールを立てて、いろんな方とお会いするんですが、今回は夏の本帰国に向けた準備もあるので、学校見学や病院などの予定以外はほとんど入れずに来日。 タイミングよく連絡が取れた方とお会いしてます タイミングよくといえば、こちら。 桜。今年はあちこちで、会えてます。 こちらは、狙ってバッチリ撮れた!シャチ、かわいい。 そして、そこにいつもある富士山。やはり、会えると嬉しい。 美味しいものたちも、桜やシャチや富士山も、どれも「会いたい」もの。 しかし、モーレツアピールはなく、むしろひっそり、それぞれがそれぞれの精一杯だからこそ、会いたくなる。 私もそんな「会いたくなる人」になることを自分に許可しよう。そんなことを、この新月に思いました。 これまでは何か、「目立っちゃいけない」と思う反面「アピールしなきゃダメか?」と思ったり、「偉そうに見えたらやだな」とか、「声かけにくそうかな?」とか、自分の見え方にすごく自信がないというか、恐れていたところがあるように思います。 でも、なんか、そういうのももういいやと、思っちゃいました(笑) 自分が自分らしくいることで、誰かが会いたいと思ってくださるなら、ありがたく受け取ろう。 私は、自分の好奇心の赴くままに、私の人生を楽しもう! 桜が桜であるようにシャチがシャチであるように富士山が富士山であるように ということで、大阪二日目、楽しんできます!

      39
      4
      テーマ:
  • 31 Mar
    • 4月2日東京で開催の「みんなの学校」見にいきます!

      サワディーカー! 明日から日本に一時帰国します。 4月2日(土)はアクセプションズとNPO法人女子カラダ元気塾のコラボ企画 【映画「みんなの学校」上映会&講演会「インクルーシブ教育って何だろう?」】 14:00~の会に参加します! 映画もとてもいいらしいのですが、木村元校長先生の講演会がとてもいいらしい。 すごく楽しみです。 会場でもし見かけたら声かけてください♪ ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      17
      2
      テーマ:
  • 27 Mar
    • 私の転機は「ダウン症の娘を産んだ事」でした。

      サワディーカー! 先日コーチ仲間の「りょうちゃん」こと本間玲子さんの「私の転機」というインタビューを受けました。 りょうちゃんはプロコーチなのですが、いろんな人の「人生の転機」についての話を聴くことにとても感心があり、「転機インタビュー」を行なっています。 私はりょうちゃんとは一度も会った事がないのですが、「誰でも英語サロン」という彼女が運営している英語で話すサロンに参加した事があり、それからのご縁で今回の企画を知りました。 今年は、また私にとっては転機になりそうな年。 次にくる転機の前に、ここまでを振り返りたい、という気持ちで受けました。 自分の転機について、たっぷりと語る。 そして、自分の話をこんな風にまとめてもらえる。 私にとっては、すごく素晴らしい経験になりました。 もしよかったら、読んでみてください。 #私の転機10 他の方の転機も、どれも本当にしみじみ、じーんとくるお話です。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      25
      テーマ:
  • 24 Mar
    • 私のスキル・経験を循環させる!「サバーイプロジェクト報告2016/2/8-2016/3/8」

      「サバーイプロジェクト」(私の持っているものを提供して、もしも「サバーイ」(気持ちよく)なってくださったら、それを寄付・労働等に変えてペイフォワードしてもらうと、何が起こるか?!という実験)のご報告です。 ※サバーイプロジェクトとは?→こちら ※サバーイプロジェクト参加方法→こちら お申し込み:0人(開始からの累計16名) 提供方法: 提供内容: 結果: 【スタート時(6月16日)からの累計】 ・寄付金総額33000円(3月8日現在) ・対話の場(「笑顔のおおすそわけ」1件 ・フードバンクへの継続的な食品提供への橋渡し ・掃除 ・月々3000円の継続支援 ・病児保育園へのホビーカー寄付資金の一部として http://ameblo.jp/holzliebe/entry-12... 現在検討中:5件 《今月の気づき》 サバーイプロジェクトを始めて以来、初めての参加者0。 しかし、実はこの期間、私自身が体調を壊しマイサバーイ(元気じゃない)でした。 全く動けない期間が2週間くらい、本調子に戻るまでにさらに2週間くらいかかりました。 「豊かさを循環させるためには、まずは自分が元気で余裕がないと回せない」 当たり前といえば、当たり前ですが、自分を整えて自分を満たす事が大事だなと痛感しました。 しかし、この絶不調も無駄だった訳ではありませんでした。 ちょうどこの期間に「私はなにものか」「どうありたいのか」という問いに向き合いました。 昨年の6月の新月から行なってきているサバーイプロジェクト。 今年の6月5日の新月の前日、6月4日までで一旦おしまいにしたいと思います。 4月は日本に一時帰国したりしますが、「必要な時は絶妙なタイミングで実施できる」ので、ピンと来た方は是非ご連絡ください。 samasama2012.2@gmail.comにメールください! ご参加お待ちしております! こちらは、デトックスの最中にセッションしてもらって出て来た、私のこれからのイメージ。 高級なモノが揃っている百貨店ではなく、タイにある市場(タラート)のように、安くて手にとりやすいものをたくさんいろいろと取り揃えている私でありたい。 もしももっと高級なものが欲しいお客様がいたら、それを売っているところをご紹介すればいい。 掘り出し物に出会うようなワクワクを提供して、出会った人を笑顔に出来るような私でいたいです。 イムワンとは「甘い笑顔」という意味。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      10
      テーマ:
    • ダウン症のある娘がいることを「ウリ」にするのではなく、「きっかけ」に。

      サワディーカー! 今日は満月。 しかも、今回は月食と重なり、とてもパワフルな満月なのだそう。。。 さて、今年はまた夏以降に大きな環境の変化がありそうな私。 これからのことを色々考えたり、改めて自分が何をしたいのか、どう生きていきたいのか、考えています。 その中で、やはり大きな感心事は「地域コミュニティ」と「働くこと」 つまり 障がいのあるなしに関わらず、地域の中でその人らしくいきいきと、地域住民としてなんらかの役割を果たし、支えあいながら生活していくこと。 ここにすごく響きを感じる自分がいることを再確認しています。 具体的に今すぐ何かをはじめる・・・ということではないけれども、 「循環」「ギフト経済」「xChange」「タンブン」「タイ式」「コミュニティ」 このあたりがきっと日本での活動でもキーワードになるのだろうなぁと感じています。 それは「ダウン症を持つ娘のため」ではなく、あくまで私のため。 そして、「ダウン症のある娘を産んだこと」は「ウリ」ではなく、あくまでも「きっかけ」にすぎない。 先日の「世界ダウン症の日」はそんなことを思った一日でした。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      31
      2
      テーマ:
  • 20 Mar
    • バンコクで初開催します!!オシャレな物々交換イベント 「xChanege」

      サワディーカー!! 私が住んでいる地域は、日本人がたくさん住んでいるので、本帰国や一時帰国でだんだんと人が減って寂しい感じが漂って参りました(笑) これからタイのお正月休み「ソンクラン(4月12日から15日)」が終わる頃までは、きっとこんな感じですね・・・。 さて、そのソンクランがあけて学校が始まった頃、バンコク初開催のイベントやります!!! その名も xChagnge 日本の公式サイトはこちら プレゼントを贈りあうように、思いを添えて行なう「物々交換イベント」です。 今回の対象商品は 「子供服」と「絵本」 是非、「まだキレイだけど、サイズが合わなくなってしまったもの」「とってもいいお話なんだけど、もう子どもが読まなくなってしまった絵本」等お持ちの上、ご参加ください! ****** xChange Bangkok vol.01 【日時】2016年4月28日(木)9:30~12:30 【場所】パーソネルコンサルタント 展示場 【お持ち頂けるもの】1人5点以内 絵本、児童書(0歳~10歳向け / 写真ではなく絵で構成されている本)もしくは 子供服(0歳~10歳) 詳細はこちらから xChange Bangkok Facebook ページ そして、バンコクで活動しているボランティア団体の展示会「ex-loop」も同時開催します! こちらの詳細はまた!!!

      23
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 息子13歳。思春期いろいろ考えてるで症

      サワディーカー! 今日(もう日にちまたいじゃったか・・・)は息子の誕生日でした。 13歳になりました。 朝早く起きたと思ったら、ソファで爆睡。おっさんかいっ! ダウン症の娘の2歳半下に生まれた息子。 生まれる前は、この子は元気に生まれてくるだろうか。 生まれてしばらくは、この子はあとからわかる障害を持っていないだろうか。 小学校に上がる頃には、これから娘の事が原因で何か嫌な思いをするんじゃないか。 中学に上がってからは、あら?何かこの子この先大丈夫か?! ・・・・とですね、いろいろ心配したのですが・・・なんか 大丈夫みたい!!! デス。(笑) 今朝は、とある面白いやりとりがあって、 ふむふむ。息子なりにいろいろ考えてるんだなぁと。 4月の頃は、いやー、中学生大変だ。思春期キツいわー。と思っていたのですが、 年末の頃には随分と落ち着いて、最近はまた言う事というか、 考えてる事に変化があるような感じがして、つきあっていてとても楽しいです。 「きょうだい児」 ある意味、一種の障害かもしれません。 兄弟に気がかりな子がいるというのが、成長する上で全く影響がないわけがないと思います。 でも、 子どもって案外強いというか、足りない分は、後からでも取り返しにくるんだなぁというのが、 13年の中で実感していることです。 障がいのある子が落ち着いて、ほっと一息ついた頃 なぬ?!今度はお前かっ!!!というタイミングで勃発する色々な事(笑) でも、そんなことも、1つ1つ対応したら、落ち着いていくんだなぁと。 ・・・終わりはないんですが(笑) こちらに受け止める余裕は必要なので、あともう少し「来いやー!!!」の構えで乗り切らないと。 そうはいいつつ、気がつけば、子育てのゴールもチラ見えするお年頃になりました。 この子に会えてよかった。 今日はそんなことをしみじみ感じる一日でした。 来週はまた、「まったくもーーーーー!!!!」って、怒っこってるかもしれないけどね。(笑) 沢山笑い、沢山語る一年にしよう。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      45
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 大事な事を確認する日。

      サワディーカー。 東日本大震災から5年。 震災と震災が原因でなくなった方々のご冥福をお祈りいたします。 そして今なお避難生活を余儀なくされている皆さんが、一日も早く安定した生活を取り戻せますように。 さて、あの日。 皆さんは何をしていましたか? 私は職場で働いていました。 揺れの大きさは、今まで経験した事のない大きさ。 一瞬「ああああ!!ついに関東大震災がきた!私死んじゃうかもしれない!もう子ども達に会えないかもしれない!」と思いました。 障がいのある方達の施設で働いていたので、避難をお手伝いしたり、ご家庭に連絡したり。 対応しながらも気になるのは子供達の事。 停電で電話も通じなかったり、回線がパンク状態でつながらなかったり。 ずっとドキドキしていました。 夫は早い段階で、向こうから電話がかかってきて、あ、しまった旦那の事あんまり心配してなかったと反省しました(汗) 仕事はパートだったので、早い時間に帰宅させていただけました。 お子さん達心配でしょ?と。 正社員の方はその日は夜中まで施設に残って安否確認だったそうです・・・。 電車も止まっていたので、1時間ちょっとかけて歩いて学童まで迎えにいきました。 車の大渋滞を横目に、ずっと早歩き・・・。 やっとあえた時の安堵感といったら・・・。 本当にホッとしました。 こういう緊急事態があると、普段あまり意識しなかったり、自信がなかったりするんだけど 「私は子ども達を愛している」 という気持ちを確認できて安心する自分がいます。 (旦那さんは?!というツッコミは置いといて・・・笑) でも、朝見送ったまま、そのまま会えなかった方が、沢山いる。 生きている事は当たり前じゃない。 奇跡なのだと感謝して また1年を過ごしたいと思います。 下記のサイトで「最後だとわかっていたなら」より詩の部分を特別に公開しています。 ノーマ コーネット マレック(作)/佐川睦(訳) 最後だとわかっていたなら 公式ページ もしよかったら、読んでみてください。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      25
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 日食@バンコク

      サワディーカー! 今日は日食。 そして新月。 息子の部屋から4年前の日食の時の「観察眼鏡」を探し出し、撮影!! 久しぶりの日食にテンション上がりました。 そして、下の写真は、今から4年前の写真。 二人とも小さかったなぁ。 バンコクに来て2年もあっという間だったけど 4年っていう月日もあっという間でした。 今はいろいろ大変な思いをしているママさん達・・・ きっとあちこちで 「今が一番いい時よ!」 なんて言われて、 「そんなことないわいっ!!」 早く大きくなれー!! って思っている事でしょう。 でも 過ぎ去ってみれば、本当にあっという間だったー(泣) どうぞ、可愛い時を楽しんでください♪ ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      21
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 「サバーイプロジェクト報告2015/1/10-2016/2/7」

      サワディーカー! 「サバーイプロジェクト」(私の持っているものを提供して、もしも「サバーイ」(気持ちよく)なってくださったら、それを寄付・労働等に変えてペイフォワードしてもらうと、何が起こるか?!という実験)のご報告です。 ※サバーイプロジェクトとは?→こちら ※サバーイプロジェクト参加方法→こちら お申し込み:1人(開始からの累計16名) 提供方法:Skype 提供内容:情報提供 結果:検討中 【スタート時(6月16日)からの累計】 ・33000円(2月7日現在) ・対話の場(「笑顔のおおすそわけ」1件 ・フードバンクへの継続的な食品提供への橋渡し ・掃除 ・月々3000円の継続支援 ・病児保育園へのホビーカー寄付資金の一部として http://ameblo.jp/holzliebe/entry-12... 現在検討中:5件 《今月の気づき》 今月の参加者の方は、お友達を介して知り合った方で、Facebookを見て申込してくださいました。 私にとっては「日常」であっても、違うところから見たらそれは「非日常」で、その「差異を埋める」ことに「価値」があるのだなぁと改めて気づかせていただきました。 とはいえ、私たちは日常大小様々「支えあって」生きている訳で、そこにいちいち「料金」や「感謝を形にする事」を「無理矢理発生させる」のも、なんだか不自然だよなぁと感じました。 「気持ちだけで十分」 「今度は誰かに渡してあげてください」 少なくとも、私は「なにかちょっとでもお役に立った実感」それを感じるだけで「豊か」だなぁ。と、新手目て思ったのでした。 このプロジェクトを始めてから、そんなことに毎月気づかせてもらっています。 先月の「クロントーイ幼稚園」への寄付の様子がFacebookページにアップされていました。 画像はお借りしました。 ******** 「サバーイプロジェクト」は、今も募集中です! メール出すのが面倒!という方は、コメント欄でもメッセージでもいいのですが、アメブロのメッセージがメールアドレス等の交換ができないので、最終的にはメールかFacebookなどでつながっていただいて詳細やりとりさせてください。 ※4月前半は日本に一時帰国するためお休みになります。 お気軽にご連絡ください♪ ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      20
      テーマ:
  • 03 Mar
    • ダウン症の猫ちゃん。モンティー。

      サワディーカー! 一昨日、Facebookのタイムラインで見かけた猫ちゃんの記事。 なんと、モンティーはダウン症の猫なんだそうです。 記事はこちら→この2人はただ、かわいい猫を引き取ったと思っていた。それが間違えだということに気付いていなかった。 ※写真はインスタグラムから拝借→モンティーのFacebookページ どなたでもご覧になれます。 見れば見るほど、親近感が湧きます。 しかし、まさか猫にもダウン症があるとは思ってもいませんでした。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      26
      2
      テーマ:
  • 29 Feb
    • 悲しい気持ち。寂しい気持ち。いろんな気持ち、あっていい♪

      サワディーカー。 こちら今朝朝7時過ぎの太陽。 毎日ちょっとづつ、日の昇る場所が変わっていきます。 日頃は感じないけど、 地球は動いてるんだなぁ、とか 季節の移り変わり、とか 1日として同じ日はないなぁ、とか思ったりします。 母親としての気持ちも 日々いろいろと動いています。 今日は、神奈川県の合格発表があったようで サクラサク のニュースがちらほら。 うちのダウン症の娘も、中学校3年生。 日本にいたら、高校進学。 もし受けていたとしても、 特別支援学校の受験の予定だったので ほとんど落ちる事のない、 「現状の確認」という意味合いでの受験だったと思います。 下の息子はまだ中学1年ですが、 日本人学校という場所柄、もう「受験」の話は出てきます。 そんな話を聞いて娘は「私は受験ないんだね」と。 娘の進路に、健常のお子さんと同じ選択肢がない、 ということには別段怒りや憤りはないのだけれども、 「ああ、うちの娘は経験できない体験なのだなぁ」と、 思うとなんとなく寂しい気持ちになる親心。 今朝、「サクラサク」のニュースを読んで、 おめでとうをいいながら、なんだかちょっとちくりとしたのは こんな気持ちからだったんですねぇ。 そう、 子どもがいくつになっても、 そういう気持ちというのはやってくるもんです。 それを、ただ、 「ああ、やっぱりいつまでたっても、こういう気持ちってなくならないよね」 ・・・と、受け止められるようにはなってくる(笑) だから、 なくならなくてもいいんだよ。 なくさなくてもいいんだよ。 感じちゃっても、それは普通だよー。 と、つぶやいてみたくなりました。 ・・・今日から、ハーフタームブレイクというお休みの娘に、 洗濯物を干すお手伝いを頼みました。 今「おわったよー!!!」と戻ってきました。 うん。 何も変わらない、 でも、何かちょっとづつ変わっていく。 そんな一日が、今日も始まります。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      42
      テーマ:
  • 27 Feb
    • 話すことの効果。

      サワディーカー! 先日、コーチ仲間のりょうちゃんこと本間玲子さんの「転機インタビュー」をSkypeで受けました。 私の転機はやっぱり「ダウン症の娘を産んだこと」 ダラダラと長ーく喋ったインタビューをただいまりょうちゃんがまとめてくださっています。 転機のちょっと前から自分のこれまでを語る。 そして聴いてもらう。 これが本当に心地よい時間でした。 りょうちゃんのHPに掲載されたらまたご報告します。 りょうちゃん、ありがとうございました。よろしくお願いします♪ ***** 私たちのようにハンディのある子どもを持つと、子どもの事を相談する場所は沢山あります。 でも、案外自分の気持ちについて、ゆっくり話したり聴いてもらった事ってない気がしませんか?? 親の会でだって、なかなか自分ばっかりは話せないし、ホントのホントを安心しては話せないこともある。 私は、自分がコーチングに出会って、「安心安全な場所で話をすることの心地良さ」を痛感しました。 そんなわけで、私もコーチングやカウンセリングを学びました。 (心が疲れている方にはコーチングはやや辛いので、カウンセリングも必要だなぁと思い・・・) でも、案外コーチングもカウンセリングもなかなか敷居が高いですよね。 なんか困っている事や悩んでいる事がないといけないような気もするし、他人に話すほどではなく、自分で考えればいいような気もするし。 でも これがね、全然違うのです。 人に話て聴いてもらうって、すごくパワフル。 話しているだけなのに、モヤモヤしていたものが晴れて行くから不思議。 悩み事についてうまく説明できなくても大丈夫。 悩み事がなくたって大丈夫。 秘密も守りますので、誰にも言えないようなことも話せます。 ハンディのあるお子さんのママに気軽に話をしてもらえるようにと、コーチになったのだけど、今はお仕事ができないので、ある実験をしています。 「サバーイプロジェクト」 私の提供できるものを受け取っていただいて、もしも気持ちよくなったらペイフォワード(恩送り)していただいています。 ★私の提供できるもの。 ・時間 ・コーチング(CTI応用コース終了・NLPプラクティショナー) ・話を聴くこと(産業カウンセラー) ・障害のあるお子さんの育て方についての経験談 ・地域コミュニティの立ち上げ方の経験談 ・福祉界に20数年いた経験談 ・海外赴任帯同経験談 ・バンコク生活経験談 ★提供方法 ・Skype ・LINE(チャット) ・メール(Email,Facebookメッセンジャー) ★ペイフォワードの方法 ・クラウドファンディング ・募金 ・クリック募金 ・シェア 提供可能な時間については、メールにて相談させていただいています。 コーチングでもただのおしゃべりでも、先輩ママの話を聞きたい、タイの話を聞きたい! そんなのでも大丈夫です。 お子さんがいてもいなくても、ハンディがあってもなくても、つまりどなたでも大丈夫! お気軽にご参加ください! ご連絡は、メールでこちらまでお願いします。(☆を@マークに変えて入力してください) sama.sama2012.2☆gmail.com ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      20
      テーマ:
  • 24 Feb
    • その「インクルーシブ」は「我が子だけインクルーシブ」になっていないか?

      サワディーカー 最近、足つぼマッサージにハマっております 施術後は足の色が違う!わかりますか??(きちゃない足ですいません・・・) 一人で過ごすリラックスタイム。 育児中には必要だよね・・・ ******* さて、きっとこのブログを読んでくださっている方は、ダウン症のお子さんの親御さんが多いと思うのです。 ダウン症ってすぐにわかるし、仲間もたくさんいるし、合併症の事を乗り越えたら、あとは案外思ったよりも育てやすい。(もちろん、その中でも大変なのは重々承知ですよ!!) 社会にも思ったよりも受け入れてもらえやすいし、わかりやすいから協力も得やすい。(これはある程度大きくなると実感できると思います) いろいろ大変だけど、つながる時間も、活動する時間も、遊ぶ時間も、仕事する時間も全くない訳じゃない。 つまり、親も子も結構充実した自分の人生を生きられると思うのです。 ******* 今日は1つ、ご紹介したいブログがあります。「鈴とEveryday☆」 よかったら、この記事からお時間のある時にさかのぼって読んでみてください。 「鈴とEveryday☆」次々に与えられる試練 鈴ちゃんは、重症心身障害のある小学生の女の子。 特別支援学校に在籍しています。 なのに・・・ お母さんが付き添わないと、学校へ行かれない・・・ 普通級へ入れてくれとか、地域の支援級に入れてくれ、とかじゃないんですよ。 支援学校なのに、です。 お母さんは、自分の時間なんてない。 夜中も体位交換があるのでゆっくり寝ることもできない・・・。 私は福祉業界に20年近くいましたが、関わったのは知的障害の方達ばかりで、重心の方達との接点なくここまできました。 でも、タイで初めて、同じ学校に重心の日本人のお友達ができて、遅ればせながら「もっといろいろ知りたい」と思うようになりました。 同じ「障がい」というカテゴリーの中の仲間なのに、その生活の中でのご苦労を知らなかった私。 今まで自分が思ってきた「インクルーシブ」ってなんて偏ったインクルーシブだったんだろう、ってタイに来てから思います。 障がいだけじゃない。貧困だったり、虐待だったり。 生きづらさを感じているのは、私たちだけじゃないんだよね。 私たちの子どもだけ、社会に混ぜてもらって「これでよし!」って思ってちゃ、それは全然インクルーシブじゃないなと。 そんな中で、以前たしかかんちゃんのブログでブックマークしておいたこのブログ。 久しぶりに読んで衝撃でした。 「まずは知って欲しい。」 私たちがよく言うセリフ。 だから私たちも「まずは知ろう」 そして、今まで出会わなかっただけで、こんな大変な思いをしているお友達が自分の近所にもいるかもしれないと、ちょっと視野を広げてみよう。 そして、私たちにできる事は何か? 問いを立ててみよう。 脳みそは必ず答えを探しに行ってくれるから。 ランキングに参加しています♪ぽちりよろしくお願いします!。 ↓ にほんブログ村

      31
      4
      テーマ:

プロフィール

Masami

自己紹介:
はじめまして! タイ・バンコク在住Masamiです。 ともに生きるを日々探求しています。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
138661 位
総合月間
51491 位
家族
582 位
学び・教育
1897 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。