1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-21 13:01:57

MEN’S EX 連載 11月号

テーマ:連載

”MEN’S EX 11月号” が発売されました。

 

今回の表紙は東山紀之さん。
ネイビー系でまとめた、
まさに今シーズンらしいジャケットコーディネートですね。

 


私の連載 ”中村達也の今、買いのアイテム”

 

  

今回のテーマは ”パターンドパンツ” です。



パターンドパンツと聞いてピンとこない方もいると思いますが、
簡単に言えば柄モノのパンツのことです。

昨年はタータン系のチェックパンツが多く見られました。
今シーズンもタータン系のパンツは継続されていますが、
ウインドウペンやストライプ、ジャガードや小紋プリントなど、
更にバリエーションんが広がっています。

PITTI UOMOやミラノのショールームでも
パターンドパンツが積極的に打ち出されていました。









 

 

  

  

  

   

こんな感じで、まさにパターンドパンツのオンパレード。

どのパンツブランドのコレクションを見ても
今シーズンはパターンドパンツがトレンドであることがわかります。




パターンドパンツの中でも今シーズン特に注目の柄が
ジャガードや小紋柄のプリント。

  

  

  

  
 
  

ウールのジャガードやコーデュロイにプリントを施したものなど、
こんな感じの柄のパンツを無地のジャケットだけでなく、
チェックのジャケットやニットと合わせても
今シーズンらしいコーディネートになると思います。

落ち着いたカラーの小柄のパンツは、
柄モノのパンツに抵抗感のある方でも
取り入れやすいと思います。



それでもパターンドパンツに抵抗のある方は、
こんなパンツから取り入れることをお勧めします。

 

 

  
 
コットンのジャガード織の生地に後染め加工したパンツ。
近くで見ると柄が見えますが、
遠目で見ると無地に見えます。

ジャガード織なので生地に表情がありながら、
無地のパンツと同じ感覚でコーディネートできるので、
今シーズン無地のパンツを購入しようと考えている方にもお勧めです。

このジャガード織の後染めパンツ、
来年の春夏もパンツのトレンドとして継続されているので、
今シーズン是非トライしていただきたいパンツです。




そして、私も今シーズンはパターンドパンツを穿こうと思っています。
今のところ候補は2本。

 
 
PT01のコットンジャガードのネイビー。




 

GTAのフランネルのウインドウペン。



どちらも在庫が少なくなってきていますが、
懐具合と相談しなければならないので・・・

買い物の悩みは私も皆さんと一緒です。

週末までに決断しようと思います。










追加分が入荷してきて、やっと購入できました。

 



 C+のデニムパンツ。

待つこと2か月・・・
マイサイズ予約16番目でした。

かなり使えるパンツなので、
もう一本買おうか悩んでいます。


 








 
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-10-08 14:33:13

アメカジ?

テーマ:買い物

カジュアルな服も衣替えのシーズンですが、


最近なんとなく代わり映えがしないので、


先日今すぐに着られるシャツを購入しました。



休日に着用率の高いウエスタンシャツ。

久しぶりにチェックの色柄が刺さるものがあり、

先週 BEAMS PLUS で、このシャツを購入しました。





”Wrangler” に別注した BEAMS PLUS のウエスタンシャツ。






チェックをアップするとこんな感じの色柄です。



ネイビー×レッドのタータン風のチェック。

2色とも柔らかいトーンなので、

土臭いアメリカ感が無く、

自分のテイストにピッタリ。



サイズもSサイズでジャスト。

値段も¥11,880-なので、


イタリアブランドのシャツに比べると


懐に優しいのもいいですね。(笑)






そして、もう一枚。

予約を入れていたシャツがやっと入荷して、


早速購入しました。







”GIANNETTO PORTOFINO” のブロックチェック。

インディゴ風のブロックチェックは、


まさに今シーズンのトレンドを象徴したチェックです。



オーダーした時から購入しようと決めていましたが、


まさかの一番遅い入荷・・・

首を長くして待っていました。(笑)



モデルは先日ご紹介したダブルポケットのワークシャツ風。


デニムやシャンブレーのシャツがが好きな方には


かなり刺さるチェックシャツだと思います。



どちらもローゲージやミドルゲージのニットと合わせて着ようと思っています。


ブロックチェックはジャケットと合わせてもいいですし、


ニットジャケットやショールカラーと合わせて、


ネイビーのニットタイでタイドアップしてもいいと思います。

カジュアルタイドアップも今シーズンの気分ですね。



最近はドレススタイルもカジュアルスタイルも

英国やアメリカのテイストをコーディネートに


取り入れる傾向が強くなっています。


全身 ”濃いイタリアン” みたいなスタイルは


現地でも少し古臭い感じになってきているのが事実です。



そう言った意味では、ウエスタンシャツやワークシャツ風のシャツを


手持ちのアイテムと合わせてコーディネートに取り入れるのは、

オトナのカジュアルスタイルとしては正しいスタイルだと思います。



このブログをご覧になっている方の多くは、


アメカジやシブカジ世代の方も多いと思います。

若い頃にアメカジに慣れ浸しんだ方も、


その当時と同じスタイルをしようと思う方は少ないと思います。

それは、色柄やシルエットやアイテム、


そしてコーディネートがその当時とは違っているからで、

アメリカのテイストもアップデートされているからだと思います。



この話はもっと深いものがあり・・・


全て書くと相当長くなるので、


またの機会に少しずつ書きたいと思います。


という事で、この2枚のシャツ、


私のお勧めのカジュアルシャツです。


ご興味のある方は是非店頭でご試着してみてください。











今シーズンのスーツスタイルのVゾーン。


やはり英国的なテイストを取り入れるのがトレンド。






詳しくは、MEN’S EX 11月号 151ページをご覧ください。





























AD
2014-10-04 14:40:27

HMAEN

テーマ:ブログ

今シーズンから新たに展開する日本のバッグブランドがあります。





ブランド名は ”HMAEN(アエナ)”

ある人気バッグブランドの元デザイナーの方が立ち上げた、


今シーズンがファーストコレクションのバッグブランドです.。


本生産前のプロトタイプサンプルをモニターで使っていたのですが、


コレがなかなか良くできていて、かなり気に入ってしまい、


ここ数か月ヘビーローテーションで使っていました。






内部の仕切りは3つに分かれていて、


モノを分別して入れるのに大変便利です。



真ん中にはジップが付いていて、

ブリーフケースのようにトップが閉められるので、


貴重品などを入れるのに安心です。


簡単に取り出したいものは外側に入れれば取り出しやすく、


使い勝手を良く考えた作りです。






更に内側には小さなポケットが4つ。





使用頻度の多い携帯や定期、鍵や小物など、


すぐに取り出したいモノを入れるのに便利です。

ここにもジップ付のポケットが付いています。


バッグの中が乱雑にならないので助かります。






このブランドのアイコンでもある、


随所に施されたハンドステッチ。






職人が一針一針丁寧に縫い上げたハンドステッチが


デザインの特徴になっていると共に


このブランドの丁寧なモノづくりを物語っています。




レザーは最高ランクのステアハイドを使っています。

表皮をの繊維質を高密度にする鞣し加工を施しているので、

表面が非常になめらかでありながらハリもあります。



型崩れもなく、キズも付きにくく、


皺の入り方も安っぽくならないので、


経年変化が楽しめるバッグだと思います。


そして、何よりも軽いことが、

荷物の多い私にとっては助かります。





トートバッグは見た目や機能だけでなく、


実際に持ったり肩にかけたときの感覚が重要です。


縦型のトートは、下げた時の床からの距離が重要。

長すぎると階段や段差で底を擦ってしまいます。



肩に掛けた時、ハンドルや底に手を添えやすく、

バッグとボディーが一体になるような感じがします。






サイズ、ハンドルの長さ、レザーの素材感、


全て計算されて作られているからだと思われます。


この肩にかけたときの ”おさまりの良さ” は、


今まで経験したことのない感覚です。





メンズのバッグはデザインと機能の融合が重要なポイントだと考えます。


デザインが良くても使いにくかったり、


機能面が充実していてもデザインが悪かったりと、


そのようなバッグが結構あります。


数か月使ってみて、このアエナは、


正にデザインと機能が融合したバッグだと感じました。



このアエナ、小さな工房で工程の多くを手作業で作っているので、


今シーズンはBEAMSと他のショップの数店舗でしか展開されません。

ご興味のある方は是非店舗でご覧になってみてください。



HMHEN

http://hmaen.com/



BEAMS Online Shop

http://shop.beams.co.jp/shop/brilla/goods.html?did=14159443












先日ある賞をいただきました。




MEN’S CLUB 60周年


SELECT SHOP AWARD 2014のスーツ部門で、


BEAMS Fのスーツが大賞をいただきました。





最近はジャケットが人気で、


以前に比べるとスーツに対する注目度は高くはないですが、


今でも常に完成度の高さを求めて、

毎シーズン修正を重ね、

日本のトップクラスの工場で妥協しないモノづくりを行っています。



BEAMSのオリジナルスーツは、


まさにBEAMSの魂と言えるモノだと考えています。


他社の受賞アイテムが全てインポートブランドであった中、


オリジナルのスーツが選ばれたことは大変うれしいことです。


投票してくださった皆様、本当にありがとうございました。
















AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>