1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-30 16:03:42

PITTI UOMO 続報

テーマ:PITTI UOMO


先週の金曜日に帰国しました。

今年のイタリアは例年になく涼しかったので、
体力的にも楽だったように感じます。

夕食も10泊で和食は1度だけ、
それでも胃の調子が良いのには理由があり、
イタリア人との夕食会は店をこちらからリクエストして
我々の口に合う店で食事ができたことがその理由。


意外に思う方も多いと思いますが、
イタリア人が美味しいと感じる店は、
結構塩分が強く、濃くてオイリーな傾向があり、
日本人にとっては大味に感じることが多いです。

それだけ日本人の作るイタリアンが繊細だと言うこと、
私自身、20数年イタリアに行ってますが、

いまだに日本で食べるイタリアンの方が美味しいと思っています。(笑)

今回はイタリア出張時にアップできなかった

PITTI UOMO の続報です。




ここ数年新しい提案が無く、精彩を欠いていた

”VALSTAR”

今回はブースの場所も変わり、

コレクションの内容も一新されていましtた。







ご覧のとおり、トレンドのブルーやブラウンやベージュのチェックを乗せた

スプリングコートのコレクションが良かったです。

チェックのバルカラーコートは個人的にも好きなのですが、

正直過去に展開した時はあまり売れませんでした・・・。(笑)

来年の春夏は、多くのサプライヤーがスプリングコートに力を入れていたので、

こんな感じのチェックのバルカラーコートには注目しています。





”ERICCO FORMICOLA” のブースは、

ブルーとブラウンのバリエーションを打ち出していました。







スーツ、ジャケット、ネクタイもブラウンとブルー押し。

プリントのネクタイのバリエーションが多いのもナポリっぽい感じです。

ファッション全体に90年代のリバイバルという流れが強くなっていますが、

90年代のイタリアン クラシック全盛時の雰囲気を

アップデートさせた印象のコレクションです。



カジュアルシャツもブラウンのシャツを打ち出していました。




他のブランドも含め、派手な色柄のチェックシャツの提案が少ない中、

こんな感じのブラウン×ボルドーのチェックシャツが好印象でした。

前立て付のモデルも出してきたので、

今の流れをしっかり捉えています。

全てのアイテムにおいて、

ここ数年で一番良いコレクションだと思います。






PITTIのメイン会場の最上階に、

ひと際大きなブースを構える

”VELBEST”








白に近いベージュのバリエーション、

ブルー×ホワイトのチェック、

落ち着いたトーンのグリーン、

ジャージのストライプ ジャケット、

ベージュのスーツのバリエーションと、

いつもと変わらない ”ベルベスト らしい”

クリーンな印象を感じさせるコレクションでした。




ここ数年、定番となっているデザイン画によるトレンド提案










次シーズンの提案が分かりやすく、

毎シーズンとても参考になります。

ベルベストは、モード的トレンドも取り入れた
新しいモデルも積極的に展開しているのですが、

もう少しクラシックに寄った新しい提案が

あればいいなと思います。


北イタリアを代表するブランドなので、

新しい提案を期待したいところです。




イタリア出張から帰ってくると服が欲しくなります。

来年の春夏のトレンドが見えてくるということもありますが、

今年の春夏展開したモノが実際に現地でどのように着られているか

という部分の検証もできた後なので、

今頃になって、”やっぱりコレは押さえておこう” と思うものがあり、

慌てて在庫を調べる始末。(笑)

ということで、もうすぐセールですが、
欲しいものがたくさんあって困っています。


今年の秋冬もセールになってから

DEPETRILLOのチェックジャケットを購入しました。

今年の秋冬のトレンドど真ん中の色柄だったので

購入して正解。

やっぱり欲しいと思ったものは押さえておくべきかと思っています。








毎月15日発売の ”PRESIDENT NEXT”


私の連載 ”スーツの哲人”


今回のテーマは、スーツのフィッティングに関してです。

街中や電車の中でビジネスマンが着ているスーツを見ると

フィッティングを間違っているケースが多いです。

今回は正しいフィッティングについて、

スーツ初心者やファッションに詳しくない方にも

分かりやすく解説しています。

是非ご覧ください。









AD
2015-06-24 02:22:31

ミラノのショールーム 2

テーマ:ブログ

ミラノのショールームまわり2日目。
今日は9時半スタートで終わったのは
夜の8時。

そのままLARDINIのスタッフとの会食に
直行して、ホテルに戻ったのは11時半過ぎ。

出張中はいつもこんな状況なので、
風呂に入って歯を磨いて、
いつでも寝られる体制でブログを書いています。(笑)



今日のオーダーのメインはスティレラティーノのオーダー。

{2D6953F7-CF3D-4D35-895B-43F3DA4C2FAD:01}

{663E3A66-85DE-4B7D-A1CE-860AA4278FF8:01}

{6AC666D1-756B-4FA8-B5E4-2161E268153E:01}

{9989D23E-3D98-4542-BAE4-E1829ADD8E86:01}

{DA89FC7F-1230-4350-9D27-60CB001ACA19:01}

他のブランド同様にホワイトに近いベージュ、ブラウン、
そしてブルーのバリエーションを打ち出していました。



今回のトピックスはデニムのコレクション。

{EA792A56-61A1-44A5-AAE8-CD2A47F91DCE:01}

{7B441D78-96F0-41DC-836C-7D11B40FECCA:01}

旧い織機で織られたビンテージ調のデニムの生地を使った
コレクションを打ち出していましたが、
ウェイトが重く日本の春夏にはかなり厳しいのと、
色落ちの問題、そして値段がジャケットやスーツのコレクションの中で
最も高かった事もあり、企画は良かったのですが、
今回は見送りました。



個人的に刺さったのはこの生地。

{8ABDD78D-3046-4CAE-952F-EA68E08ABCBB:01}

画像ではわかりにくいですが、
ブルーにライラックを混ぜたような
絶妙なカラーのサマーツイード。

色々なブランドのコレクションを
見ましたが、こんな色はどこにも
見られませんでした。

そして、ベージュやブラウンやブルーの
チェックもスティレラティーノらしい
生地バリエーションで、
いつもながら素晴らしいコレクションでした。



ピックアップした生地の一部を
チラッとお見せします。(笑)

{4D9B6E6C-A6B6-4856-9998-16DA2F8C4677:01}

個人的に最も刺さったブラウン系の
チェックがあるのですが、
生地が小さくてお見せできないのが
残念です。

とにかく今回も期待を裏切らない
コレクションでした。

スティレラティーノ ファンの皆さん。
楽しみにしていてください。



明日も今日と同じく夜までアポイントが入っています。

出張も終盤。

あとひと頑張りです。








AD
2015-06-23 02:32:00

ミラノショール

テーマ:ブログ

週末滞在したマルケ州のサン ベネデットから
電車で4時間半かけて日曜日にミラノに入りました。

終着駅はミラノの中央駅。
実はここからタクシーに乗るまでが難関。

いまミラノはミラノ万博が開催されているので、
いつにも増してスリが多い。

同業者も何人も被害にあっているので、
タクシーに乗るまで気が抜けません。

実際私たちも明らかにスリとわかる黒人につけられて、
避難してからタクシーに乗る始末。

近々ミラノに行かれる方は充分に注意してください。

という事で、無事にミラノに到着して今日からショールーム回り。


スタートはPT01のショールームから。

{55BCC180-1F99-4ED2-BE0A-48E25FD2209E:01}

来春夏のテーマはアフリカ。



{DDCD845B-7013-4CC1-874C-C18BF73E9A19:01}

{9D7B1956-C6FD-487A-91DF-BA9CCC60BAFF:01}

{3F923B79-E32A-4F0D-91E3-019C474F4D9F:01}

{4EF4B266-729C-46FB-924C-9CAAF9F210ED:01}

こんな感じのアフリカンテイストのパンツが提案されていましたが、
難易度が高いモノが多く、コンセプト提案的な意味合いが強いような印象です。
もちろん、普通に履けるようなパンツでPT01らしい気の利いた生地はたくさんありました。



次はLARDINIのショールームへ。

{2C8FFEA7-DE73-4A5F-9377-BC8685A908F5:01}

ラルディーニもアフリカンテイストを打ち出していて、
このジャケットがそれを最も象徴する柄。
この辺は賛否が分かれるところでしょう。


個人的に刺さったのがこのストライプとチェック。

{2223A85E-7920-4568-8C32-A6361B467895:01}

{B234C188-7A73-486F-9EE4-5E797675DA59:01}

ストライプはいかにもラルディーニという感じの配色。
2色とも欲しいです。(笑)
そして、ベージュとブラウンの大柄のハウンドトゥース。
よく見ると少し変形のハウンドトゥースで存在感のある柄です。
これも欲しいです。(笑)

どちらもエクスクルーシブの生地でしょう。
毎シーズン期待を裏切らないコレクションは、
さすがラルディーニです。



次はTHE GIGIのショールームへ。

{8A35EE0D-2F86-4D75-979D-867FF9BB74F1:01}

{F81116EE-51EB-4C2D-934F-367CFFFDD325:01}

ジジもアフリカンテイストを打ち出していました。
今回は本当にアフリカンテイストを打ち出しているブランドが多いです。


個人的に刺さったのはこのジャケット。

{347C85DE-3E03-4787-AFF0-CF99DA8F874E:01}

PITTIで見た時から気になっていたのですが、
改めて見てもかなりいいです。
しかし、実物は相当派手でインパクトのある柄なので、
オーダーするかは悩むところです。
でもやっぱり欲しいかな・・・


その後2ブランドのショールームへ行って、
そこでも刺さるモノがあったのですが、
今日は時間切れです。


現在夜中の2時半。
もう限界です。

明日はスティレラティーノのオーダーがあります。

またご報告します。









AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇