1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-28 21:09:20

2017春夏 プレス内覧会

テーマ:ブログ

 

前回アップしたラインナップ説明会が終わり、先週は2017年春夏のラインナップをメディア関係の方々にお見せするプレス内覧会でした。

いつものコレもギリギリに完成。
 

 

ラインナップ説明会で解説した2017春夏のトレンドをプレス内覧会用にアップデートするのですが、私が色々こだわるのでプレススタッフや制作部のデザイナーは大変です。

画像の差し替えや文章の変更、デザインのダメ出しなどなど・・・

私のわがままに応えてくれる彼らにはいつも頭が下がります。

 

 

安武くん、人生最大のイベントがあって忙しかったのにありがとう。

 

今回も満足いくものが完成しました。

 

いつもみんなに感謝しています。




 

 

 

 

今回も二日間喋りまくりでした。

 

 


ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

 

お会いできなかった皆様、申し訳ございませんでした。

2017春夏もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も内覧会の様子を少しお見せします。

 

 

エントランスのメインディスプレーはスーツが3体です。

 

 

 

 

 

 

 

オリーブグリーンのダブルブレストのコットンスーツはSTILE LATINO

 

 

VゾーンはオックスフォードのBDにクラブタイ

久しぶりにクラシックなレジメンタルタイが新鮮です。

 

 

 

 

 


 

 

ブラウンの3ピーススーツはBRILLLAのオリジナル。

 

 

襟付きのダブルブレストのジレにベルトレスの2プリーツパンツ

オリジナルのスーツの中では最も凝ったディティールのスーツです。

 

ブラウンのトーンが絶妙なスーツです。

 

 

 

 

 

 

 

ソラーロのスーツはSTILE LATINO

 


 

イタリアの夏の定番ソラーロのスーツが久しぶりに新鮮です。

 

タイドアップせずに敢えてレトロポロを合わせました。

パンツはスティレラティーノで今回から初めて展開するワンプリーツのサイドアジャスター

来春夏は生地によってベルトレスのパンツが付きます。



 



 

 

ハンギングのディスプレイもコットンスーツ。

 

 

来春夏は少し濃いめのベージュが気分です。

 

ブラウンのミニギンガムのタブカラ―にクラブタイ。

20数年前に私がBEAMS Fのショップマネージャーだった頃のコーディネートみたいです。

懐かしい・・・

ちょっとフレンチな感じのコーディネートです。





 

 

 

 

スーツは秋冬に続きチェックやウィンドウペンのスーツが傾向です。

 

 

グレー系を中心にブラウンやブルー系の柄も多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今シーズンのトレンドカラーでもあるテラコッタのストライプジャケット。

 


 

ネイビーのレトロポロバンダナ柄のネッカチーフを巻きました。

昨年はジャケットにTシャツというコーディネートも巷では多く見られましたが、来春夏は上品なレトロポロが気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンギングのディスプレイはSTILE LATINOテラコッタにグリーンのチェック。

 



今シーズンPITTIでも多く見られた ”AQUA VERDE”(アクアベルデ=ブルーっぽいグリーン)のレトロポロを合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

来春夏はストライプのジャケットが復活しています。

 



色々なパターンのストライプジャケットを展開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

シアサッカーが素材のトレンドであることは間違いないので、色々なアイテムでシアサッカーを使ったモノを展開します。

 

 

ストライプやチェック等柄のバリエーションも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトや生成りベースのチェックも多いです。

 

 

 

こんな感じの”エクリュ”と言われるカラ―がトレンドなので、ホワイトや生成りベースのチェックが増えるのも必然的な流れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーラードジャケットだけでなく、こんな感じのリラックス感のあるニットジャケットやジャージ ジャケットも気分です。

 

 

プリーツ入ったドローコード入りのストライプパンツを合わせたディスプレイ。

 

こんな感じのレトロなリゾートスタイルも来春夏の傾向です。

 

 

 

 

 

 

 

カジュアルジャケットにはレトロポロだけでなく、こんな感じのハイゲージのクルーネックのニットを合わせるのも気分です。

 

 

高級なTシャツを合わせるイメージですね。

 

リラックス感のあるカジュアルジャケットもカジュアル過ぎないコーディネートがポイントです。

 

私はこのコーディネートにベルトレスのプリーツパンツを合わせます

 



 

 

 

 

 

リネンのサファリジャケットもタイドアップすると雰囲気が変わります。

 

 

アウターをジャケット代わりに着るような、こんなタイドアップ スタイルもいいですね。

これもパンツは2インプリーツのベルトレスです。

 

 

 

 

 

 

 

ベルテッドのコートの流れが来ているので、トレンチコートは外せません。

 

 

こんな感じでフロントボタンを留めないでベルトを巻くこなしはPITTIでも多く見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コートはプリントの柄物が多いのも来春夏の傾向です。

 



こんなチェックのコートは個人的にも着たい気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋冬同様カラフルなカラ―は少ないですが、シャツに限っては色が戻ってきています。

 

 

 

こんな感じで、特にリネン系のシャツに関してはカラ―シャツが久しぶりに戻ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの一部ですが、なんとなく来春夏の雰囲気を掴んでいただけたかなと思います。

気になる傾向やアイテムがありましたら、最寄りの店舗のスタッフにお問い合わせください。





 

 

 

11月は来春夏のラインナップやプレス内覧会と並行して、来秋冬のプレコレクションで毎日海外のサプラーヤーとの商談やミーティングが続き、我々のチームは大忙しです。

来秋冬のプレコレを見ながら ”あれ、シーズンなんだっけ?”みたいなことも多いです。(笑)

 

それでもプレコレをチェックしていると、なんとなく来秋冬の傾向が掴めてくるものです。

 

その ”なんとなくのイメージ”を持って1月のPITTI UOMOを迎えるのが私にとっては重要です。

 

PITTI UOMOはある意味なんでもありなので、意外と傾向が掴みづらいです。

漠然と見ているだけでは変化を的確に捉えることは難しいでしょう。

だから毎年11月のプレコレから本気モードです。

今週も毎日終日プレコレクション。

たまにきついダメ出ししてイタリア人から引きつられることも多いです。

ダメなものはダメ、真剣ですから。





















 

 













 

 

 

 

 

 









 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-11-22 16:34:08

2017春夏 ラインナップ説明会

テーマ:ブログ

 

先週2017年春夏のラインナップ説明会が行われました。

 

ラインナップ説明会とは、全国の店舗からスタッフが集まり、各レーベルのディレクターやバイヤーが来シーズン展開するアイテムを説明する大事な会議です。

簡単に言うと、”来春夏の展開商品の社内プレゼン” という感じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

会議の冒頭は、私が来春夏の傾向について画像見せながら解説します。

 

 

 

 

40項目に及ぶ傾向を掻い摘んで1時間で話します。

本来は2時間欲しいところですが、限られた時間で話さなければならないので、一時間で濃い内容になるようにまとめます。

 

展開商品の理解度を深める意味でも、流れを知ることは重要です。

いずれにしろ喋りっぱなしですね。

長い時間話す場合は聞く人達が飽きないように話すことが重要です。

ダラダラ話す人の話ほど頭に入らないモノはないですね。

 



 

 

 

 

参加しているスタッフは店舗を代表して参加しているので、自店に帰って内容を全スタッフに説明しなければなりません。

 

いつにも増して真剣な表情です。


 

 



各レーベルのディレクターやオリジナルの担当者の説明はかなり細かい部分にまで及ぶので、聞いている方も気が抜けません。

 

数ミリの変更点でもきちっと伝えるのが我々のアイデンティティーなので、説明する方も熱が入ります。

 

熱い商品説明が我々BEAMSのドレスクロージング チームの伝統と言えます。

 

私が一人でやっていた頃も喋りまくってヘトヘトになっていました。(笑)

 

 






 

サンプルもかなり揃いましたので、少しだけお見せします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの一部、チラ見せですみません・・・

諸事情もあり、今日はここまで・・・

来春夏の展開商品の画像は店舗のIpadでご覧になれます。

店舗スタッフにお申し付けください。

 

手前味噌ですが、来春夏もなかなかいいラインナップです。

既に予約で完売しているモノもあります。

 

早い・・・

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

明後日からは2017春夏プレス内覧会。

 



準備万端。

あとは喋りまくるだけです。(笑)





 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-14 22:15:37

Patern on Patern

テーマ:ブログ

 

今シーズンはクラシック回帰や英国調がドレススタイルのキーワードなので、チェックのスーツやジャケット、ストライプのシャツや大柄のヴィンテージ調のタイなどがトレンドですが、柄物のコーディネートが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

 

私自身は以前から柄と柄を合わせるコーディネートが好きなので、特に難しいとは思っていないのですが、ビジネスでスーツやジャケットを着る場合は、ジャケットやスーツやシャツは無地しか着れないという方が多いと思うので、なかなか柄と柄を合わせるようなコーディネートがイメージしづらいというのも理解できます。

 

 

柄と柄を合わせるコーディネートは、コツをつかんでしまえばそれほど難しくないので、今回はそのコツを私の実際のコーディネートを例にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2016年秋冬のカタログのスーツコーディネート。

 

 

グレーのウィンドウペーンのスーツにサックス×ネイビーのストライプシャツ、ネクタイはブラウンのヴィンテージ調のジャガードタイです。

 

スーツ、シャツ、ネクタイを全て柄モノでコーディネートしました。

スーツはウィンドウペーンですが、グレーの同系色であまり格子柄がハッキリ目立たないので、シャツがサックスベースのワイドストライプでも馴染みます。

 

この場合、ネクタイの柄の大きさや間隔がシャツのストライプの幅に近いとVゾーンがうるさくなるので柄のスペースの広い大柄のネクタイを選んだことがポイントです。

 

3つも柄を使うのが難しいと感じる場合は、ネクタイを無地にすると良いよ思います。

 

その場合、濃いネイビーの無地のタイを合わせるとVゾーンが引き締まり、まとまりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

先日行われた、ある雑誌の座談会の時のスーツコーディネート。

 

 

ブルーグレーのグレンプレイドの3ピースにシンプルなネイビー×ホワイトのキャンディ ストライプのタブカラ―、ネクタイはグレー×ネイビーのヴィンテージ調のプリントタイを合わせました。

 

これも、スーツ、シャツ、ネクタイを全て柄モノでコーディネートしました。

 

スーツは柄物ですが、遠目には無地に見えるシャドーチェックなので、あまりスーツの柄を意せずにコーディネートすることがポイントです。

チェックのスーツにストライプのシャツを合わせる場合は、ストライプの幅が狭い方が合せやすくなりますが、このくらいの幅がストライプが適度に主張しつつ、コーディネートがまとまりやすいので個人的に好んで使うストライプです。

かなり大柄なプリントタイですが、この場合ネクタイの柄が細かくなるとストライプの幅と近くなってしまい、逆にうるさくなってしまうので、大きな柄を選んだ方がVゾーンがまとまりやすくなります。

 

ネクタイの色目をスーツとシャツと同系色でまとめるのも、パターン オン パターンのコーディネートのポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

Instagramにアップしたスーツコーディネート。

 

 

白×黒のグレンプレイドの3ピースに上と同じホワイト×ネイビーのキャンディ ストライプのタブカラ―、ネクタイは大柄のペイズリーのタイを合わせました。

 

これも、スーツ、シャツ、ネクタイを全て柄モノでコーディネートしました。

 

オーソドックスなグレンプレイドですが、白×黒のグレンプレイドは柄が大きくなると淡いトーンに見えるので、ライトグレーのスーツに合わせるようなイメージでコーディネートするのがポイントです。

シャツは上の画像と同じキャンディストライプですが、スーツが大柄なので、このくらいの幅のストライプであれば難しくありません。

 

この場合、シャツのストライプの幅はもう少し太いモノを合わせてもいいですが、その場合ネクタイの柄のチョイスが難しくなります。


ネクタイは大柄のペイズリーですが、ペイズリーの柄がチェックの柄の大きさより若干小さいことと、ネイビー×グレーの2トーンなので、スーツとシャツと同じトーンで馴染んでいることでVゾーンがまとまりやすくなります。

 

ネクタイの柄がこれ以上大きくなったり、多色使いになると難易度が増すので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

MEN’S EX 12月号 BEAMS EXPRESSのスーツコーディネート。

 

 

スーツはネイビーのウィンドウペーンに見えますが、ベースはグレンプレイド、シャツはネイビー×サックスの幅広のカラーストライプに無地のタイを合わせました。

 

このスーツはベースはグレンプレイドですが、遠目には無地に見えるシャドーチェックなので、このくらい幅広のストライプを合わせてもしつこくはなりません。

 

柄物のネクタイを合わせることもできますが、ウィンドウペーンがかなり大きく目立つことと、シャツが幅広のカラーストライプで見た目のインパクトがあるので、この場合は引き算でネクタイを無地にした方がコーディネートがまとまりやすくなります

このように、柄のスーツとシャツを合わせる場合、無地のネクタイをうまく使うとコーディネートの難易度が下がります。

 

 

 

 

 

 

 

Instagramにアップしたジャケットコーディネート。

 

 

ベージュにブラウンのウィンドウペーンのジャケットに同じトーンの千鳥格子のツイードのジレ、シャツはホワイトのオックスフォードのラウンドカラ―にペイズリーのニットタイを合わせました。

 

ジャケットとジレの合わせは柄×柄であっても大きさが全く違うのと柄の色が同じトーンなのがポイントです。

この場合、シャンブレーやデニムのシャツを選ぶ方も多いと思いますが、色数を絞って白いシャツを選んだ方がVソーンがまとまりやすくなります。

 

ネクタイは大柄のペーズリーですが、ジレの柄よりかなり大きく、ウインドウペーンの大きさより小さいのでまとまりがいいです。

3つの柄を合わせていますが、それぞれの柄の大きさが違うのと、ブラウンとベージュとホワイトという、同じトーンでまとめているのがポイントです。

因みに、パンツはベージュと相性の良いライトグレーのフランネルを合わせています。

 

このように、柄を多く使うコーディネートは色数をなるべく絞って全体のトーンをまとめるとコーディネートしやすくなります。
 

 

 

 

 

 

 

MEN’S EX 12月号 BEAMS EXPRESS のジャケットコーディネート。

 


ブルーのウィンドウペーンのジャケットに小さなギンガムチェックのタブカラ―、ネクタイはウールのペイズリータイを合わせました。

 

ジャケットとシャツはチェック オン チェックですが、細かいギンガムチェックなので無地のブルーのシャツを合わせる感覚でコーディネートできます。

この場合もシャンブレーやデニムのシャツを合わせる方も多いと思いますが、細かい柄のシャツを合わせた方がVゾーンが引き立ちます。

 

ギンガムチェックのシャツのかわりにグラフチェックや千鳥格子のシャツを合わせてもよいと思います。

柄を3つ合わせていますが、シャツは柄モノであっても無地感覚なので、ウィンドウペーンのジャケットにペイズリーのタイを合わせる感覚でコーディネートすれば難しいことはありません。

このコーディネートもあまり色を使わず同系色でまとめているのがポイントです。

色数が多くなれば難易度の上がるコーディネートだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介したポイントは、柄モノであっても遠目で無地に見えるものは柄を意識せづにコーディネートを考えるのがポイントです。

そして、シャツもオーソドックスな5mm幅以下のストライプや小柄のチェックを合わせるのがポイントです。

ネクタイは柄のシャツと合わせる場合は、ストライプの幅やチェックの大きさより大柄のモノを選んで、スーツやジャケットの柄とのバランスを取ればうまくまとまります。

柄のネクタイが難しい場合は、ジャケットやスーツとシャツの2柄だけ柄物にして、無地のタイを合わせれば良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

このように、パターン オン パターンのコーディネートをする場合は、基本的なコツを掴んでしまえばそれほど難しいことはありません。

 

それでもパターン オン パターンのコーディネートが難しいと思う方は、柄を二つ取り入れることから始めるのが良いと思います。

今シーズンであれば、ストライプのシャツや柄の大きいヴィンテージテイストのネクタイをワードローブに加えて、手持ちのジャケットやスーツに合わせるだけでコーディネートの幅が広がると思います。

 

 

 

 

 

 

 

あまりブログでコーディネート解説をしてきませんでしたが、これから少しづつ回数を増やしていこうかなと思っています。

皆さんのコーディネートのヒントになれば幸いです。

 









 

 

 

 

 



 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。