1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-24 12:32:36

最近の買い物

テーマ:買い物


久しぶりの更新です。


11月は来年の秋冬のミーティングのため、


海外のサプライヤーの来日も多く、


連日長時間のミーティング、その後会食という流れになるので、


なかなかブログを更新する時間が無いという状況です。



そのような状況なので、自分の買い物も後回し・・・


空いた短い時間に店舗に行って取り寄せを頼んだり、


試着したりと、在庫が少なくなってきた状況の中、


慌てて買い物しているあり様です。



今日は最近購入したアイテムをご紹介します。





先日マイサイズ完売ギリギリで購入したジレがこれです。


image





"TAGLIATOLE" のジャガードのジレ。





濃いデニムに見えるようなブルーのトーンが刺さりました








近くで見るとドットのような柄にも見えます。




今シーズンはブルー系のジャケットを着ることが多いのでとても重宝しています。


ニットのジレに比べると見た目のインパクトもあるので、


コーディネートに変化をつけることができるのも このジレの良いところです。

色違いで深いグリーンもあるのですが、

なかなかいい色なので2色買いしようか迷っているところです。







今シーズンはデニムのパンツも含めネイビーのパンツの出番が多いので、

少し目先を変えたネイビーのパンツを購入しました。



SANTANIELLOの小紋柄のネイビーパンツ。








ジャガードの生地に製品染を施してあるので、


小紋柄が浮き出たように見えますが、


ネイビーの場合は遠目で無地に見えるので、


難しそうで意外と合わせやすく、


無地だけでなく、チェックのジャケと合わせても違和感を感じません。


コーディネートにちょっとした変化をつけられるのが、


このパンツを選んだ理由です。






因みに、このパンツ、ウオレットチェーンが付いていますが、


取り外しができるので私は外して使います。



最近このようにアクセサリーが付いているアイテムが多く、


それを敬遠されるお客様も多いですが、


シルエットや色柄が気に入れば、


取り外しができるものなら気にすることも無いと思います。


先入観を持たずにシルエットや色柄で選ぶことをおすすめします。


因みに、このSANTANIELLO、シルエットはスリムフィットですが、


ストレッチが利いていていてとても穿きやすいパンツです。


小紋柄が少し濃く浮き出るような感じですが、




ネイビーのニットジャケットは2枚持っているので、


今シーズンはネイビー以外のニットジャケットを購入しようと思い、


色々検討した結果、このニットジャケットを選びました。





GRAN SASSOのダブルブレストのニットジャケット。






バスケットのような編みとストーンウオッシュかけたような


ブラウントーンが絶妙です。



ボタンの赤い糸もポイントになっています。





このニット、元々フィッティングが大きかったのですが、


GRAN SASSOはクオリティの高いニットブランドですが、


シルエットとフィッティングが少し野暮ったいのが問題でした。



BEAMSがバイイングする条件がフィッティングの修正だったので、


それに応えてリクエストどおりのモディファイをしてくれた


GRAN SASSOに敬意を評する意味でも購入しない訳にはいきません。



まだまだ課題はあると思いますが、


日本のリクエストに柔軟に応えてくれるようになれば楽しみなブランドなので、


個人的にも注目しています。






シーズンも終盤に差し掛かっていますが物欲は増すばかり。


まだまだ欲しいモノがたくさんあるのですが、


全て買える訳では無いので、どれを買おうか悩んでいます。


完売間近のモノも多いので、懐具合と相談してなるべく早く決断しようと思います。


購入したらまたご報告します。











B.R.CHANNEL の動画更新しました。


{3362EDC0-2E9D-4EF8-83EF-5B9099950A8A:01}

今回のテーマは、私が今シーズン欲しいアイテムについてです。

是非ご覧ください。
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-11-13 19:12:42

MEN’S EX 連載12月号

テーマ:連載

MEN’EX 12月号が発売されました。

  

12月号はコート特集です。



私の連載 ”中村達也の今、買いのアイテム”
 
 

 

今回のテーマは ”大柄入りのテーラードコート” です。




今シーズンのテーラードコートは、
大きい柄のモノが注目されています。
PITTI UOMOやミラノのショールームでも、
ほとんどのサプライヤーが大きい柄のコートを打ち出していました。

 

  

  

 

  

  

  
 
このように、チェックやヘリンボーンやジャガードなど、
大きい柄の生地を使ったコートが多く見られました。




もちろん、トレンドに敏感な業界人たちも
大柄のテーラードコートに注目していて、
PITTI UOMO の会場でも大柄のテーラードコートを多く見かけました。

 

  

  

  

  

  

  

 ご覧のように、スナップ本やスナップサイトの常連の方々も
既に大柄のコートを着ていることからも注目度の高さがうかがえます。

テーラードコートと言うと、スーツやジャケットの上に着るコートという
イメージを持たれている方も多いと思いますが、
ヨーロッパではカジュアルなスタイルにテーラードコートを合わせるのは、
ファッションに敏感な人達の間では、すでに定番的なスタイルになっています。

ただ、ここ数年はダウンを中心とする中綿のアウターの勢いに押され、
そのようなスタイルの人が少なくなっていましたが、
昨年あたりからカジュアルなスタイルもエレガントな方向にシフトしていることもあり、
テーラードコートをカジュアルに着るスタイルが戻ってきています。

例えば、休みの日にローゲージのタートルやZANONEのKYOTOのようなニットに
デニムのファイブポケットを合わせるようなスタイルであれば、
昨年までは中綿のアウターを合わせる人が多かったと思いますが、
今シーズンは大柄のテーラードコートを合わせた方が今の気分だと思います。
その場合、足元はスニーカーでも良いと思います。

簡単に言ってしまえば、
柄物のジャケットを着る感覚でテーラードコートを着るという事です。

もちろん、大柄であっても色や柄が派手でなければ、
ジャケットやスーツと合わせてビジネス スタイルに着ても良いと思います。

因みに、私も大柄のヘリンボーンのコートを持っていますが、
既に昨年からジャケットスタイルだけでなく、
カジュアルスタイルにも合わせて着ています。

今でこそ、このような着こなしはお洒落な人たちのスタイルになっていますが、
私がテーラードコートをカジュアルなスタイルに合わせているのを初めて見たのは
90年代のロンドン。

当時、お洒落に無頓着そうな学生がシェットランドのニットにデニムを合わせ、
足元は黒のストレートチップ、コートは上衿がベルベットのチェスターというような、
どう考えても取りあえず持っているものを着ただけと思えるスタイルの若者達を
ロンドンの街で良く見かけたものです。

そんなこともあり、イタリアやフランスでテーラードコートをカジュアルに着るスタイルを
見るまでは、自分の中ではファッションに興味のない英国の学生スタイルというイメージでした。

私はローゲージのタートルに大柄のテーラードコートを着ようと思っています。
カジュアルに着る時は、パンツはむしろデニムのファイブポケットの方がいいと思っています。

実は、この大柄のテーラードコート、
今シーズンBEAMSでもお勧めのアイテムですが、
シーズンの初めから好評で、既に完売やサイズ切れも続出しています。

難易度が高いと言われるかと思いましたが、
私たちの提案を受け入れていただけるお客様が多く、
大変うれしく思います。

今シーズン、新しいアウターのご購入を検討されている方は、
是非大柄のテーラードコートをご検討ください。

もちろん、私も真冬に向けて大柄のチェックのテーラードコートをスタンバイさせています。
どんなコートかは、何かの機会にコーディネートと一緒にお見せしたいと思います。










1回目が好評だったB.R.CHANNEL

昨日2回目がアップされました。

 

今回は、短い足でも細く長く見せるコツ” がテーマです。

是非ご覧ください。


 B.R.CHANNEL
http://www.bronline.jp/feature_entry/?entry=104#.VGRlyTSsVyx




AD
2014-11-04 22:48:51

星つきでランチ。

テーマ:レストラン

BEAMSのオフィスのある原宿界隈は、
オトナがゆっくりランチが食べられるような店が極端に少なく、
お取引先とランチミーティングできるような店も皆無に等しいです。

青山まで行けばそこそこ選択肢も広がるのですが、
徒歩で10分以上かかるので、
ちょっとランチと言うには微妙な距離です。

徒歩10分圏内で前から気になっていたレストランがあったので、
先日ランチを食べに行ってきました。
その店は、キラー通りにある
”リストランテ ホンダ”

ミシュランの一つ星を7年連続で獲得している有名店です。
今回は初めてだったので前菜からセコンドまで食べられる、
プリフィックスコースをチョイス。




 

前菜は、ホタテ貝のパンチェッタ巻き、カボチャのピューレ添え、カプチーノ仕立てをチョイス。
ホタテの香りと食感、パンチェッタの塩気とカボチャのピューレの甘みのバランスが素晴らしい。
前菜からやられました。




 

パスタは、ブラウンマッシュルームといろいろキノコのフェデリー二をチョイス。
別料金で白トリュフか黒トリュフを加えることもできましたが、
今回はパスしました。
トリュフは嫌いではないのですが、
香りが強くなりすぎるのが苦手で、
料理によってチョイスするようにしています。
トリュフが無くても充分にキノコの香りがします。
フェデリー二も絶妙なアルデンテ。
味も食感も繊細で素晴らしい。




 

セコンドは、真鯛のソテー、舞茸のフリット添えをチョイス。
表面はカリっとしていて、身は柔らかく、ソースの味も魚の味を引き立ていて
とても美味しいです。




 

ドルチェは、巨峰と和梨のジュレ シャンパンのグラニテとともに。
さっぱりとしたドルチェが良かったのでコレをチョイス。
シャンパンのアルコールは飛ばしてあるということっだので安心して食べましたが、
5分後に心臓がバクバクしだして・・・
グラニテはかき氷みたいで大好きですが、
注意しないと危険です。
イタリアでも何度も倒れそうになったことがあります。(笑)
シャンパンが好きな方にはかなり香りがするグラニテなのでお勧めです。

画像を撮り忘れましたが、美味しいグリッシーニと全粉粒のパン。
そしてフォカッチャも付きます。

これで¥3,500-であれば満足度は高いと思いますが、
ポーションは少なめなので男性には少し物足りないかもしれません。
味の繊細さも女性向きかもしれません。

スタッフのサービスはとても気が利いていて感じがいいです。
気取った感じもないので、リストランテに不慣れな人でも安心して行ける店だと思います。

難点は飲み物が高い・・・
ソフトドリンクでも¥1,000-近くするので、
グラスワインとミネラルウォーターをオーダーすると、
ランチで一人¥5,000-を超えるでしょう。

私は普段トラットリア系の店しか行かないので、
リストランテは敷居が高い感じがしますが、
この店はディナーを食べてみたいと思わせる店です。

因みに、ディナーのプリフィックスコースは¥8,000-。
ワインリストも結構高いワインが多いので、
それなりの値段は覚悟しなければならないかなと思います。

夜は美味しくてもランチが美味しくないという店が結構多いです。
逆にランチが美味しい店はディナーも美味しいというのが、
私の経験からくる持論です。

リストランテ ホンダ、かなり期待感を持たせるランチでした。
ご興味のある方は是非ランチから食べてみてください。

因みに、店内は白を基調としたかなり洒落た空間です。
ランチでもあまりにもカジュアルなスタイルは合わないので、
ジャケットくらいは着て行った方がお店の人の印象も良くなると思います。

最近あまり聞かなくなったTPO。
そろそろ今の時代感にあったTPOを提案できればと思っています。
どこかのファッション誌で特集組んでいただけないでしょうか・・・


リストランテ ホンダ
http://ristorantehonda.jp/









お知らせです。

BR ONLINE の動画コンテンツ、

B.R.CHANNELに登場します。

 

初回は明日5日(水) 22:00にアップされます。

久しぶりの動画、是非ご覧ください。


B.R. CHANNEL
http://www.bronline.jp/feature_entry/?entry=97#.VFxCQTSsVyw


 


































AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>