1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-23 21:19:18

お洒落な雨合羽?

テーマ:買い物


この時期に着るアウターはカジュアルもドレスも迷います。

さずがに3月中を過ぎると洋服屋としては秋冬物を着る訳にもいかず、

かといって、3シーズン着られるようなアウターをそれほど持っていないので、

コーディネートがワンパターンになりがちです。


そんなこともあり、以前から欲しかったカジュアルなアウターを先日購入しました。





”K-WAY” のナイロンパーカ。

それも2色買い。(笑)


K-WAY というブランドを初めて聞いたという方も多いと思いますが、

ブランドの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

http://shop.beams.co.jp/shop/beamsf/goods.html?did=15938242



このケーウェイのパーカ。

実は数年前から展開したいと思っていたのですが、

なかなかルートが見つからず、

やっと日本に正式な代理店ができたこともあり、

今シーズンから展開することができました。


ケーウェイは数年前からイタリアで人気が沸騰し、

直営店もイタリア国内で何軒もできているのですが、


シーズンに入ると、どこも品薄状態。

有名セレクトショップでも扱われていますが、

入荷するとすぐに完売してしまうほどの人気です。


過去にもASPESIやWOOLRICHなど、

イタリアでは知らない人がいない程人気のあるブランドなのに、

日本ではあまり知られていないというブランドがありましたが、


ケーウェイは、まさにそのようなブランドと言って良いでしょう。


今イタリアでファッションに興味のある人であれば、

ケーウェイを知らない人はいません。

その中でも、このパーカはブランドを象徴するモデルとして、

歴史的なヒットを記録しているモデルです。


このパーカ、いくらイタリアで爆発的な人気があるとしても

コーディネートが浮かばないという方も多いと思います。


実際に私のfacebookのコメントにも


コーディネートに関する質問がありましたが、


簡単に言ってしまえば、”カジュアルなコーディネートであればご自由にどうぞ”

と言うくらい特に決まりごとはなく、現地でも皆自由なコーディネートで着ています。

敢えて言うならば、”艶っぽいイタリアンカジュアル” 的なコーディネートには向きません。




それでもイメージがわかない方は、

ウチのイケメンのコーディネートを参考にしてください。





こんな感じで、デニムやチノパンにスニーカーというような、

カジュアルなコーディネートで自由に着こなせることが、


このパーカーが人気の理由なので、

私も完全に休日のカジュアル用のアウターとして購入しました。



今年の1月のPITTIの会場でも、


ケーウェイのアウターを身に着けた人をかなり見かけました。











ご覧のように、既にイタリアでケーウェイは、


メジャーなブランドとして認識されているので、

定番以外のアウターもかなり人気があります。

BEAMSでも秋冬は更にバリエーションを広げて展開予定です。

ご期待ください。




ということで・・・

私も日曜日に早速ブラウンを着て二子玉川へ行きました。(笑)



シャツはBORZONELLAのデニムウェスタン。

パンツはJACOB COHENのベージュのファイブポケット。

なんてことのない合わせですが、

それでもなんとなくサマになるのが、


このパーカーの良いところです。


ファッションに興味のない方には、


”ただのナイロンの雨合羽”。

興味のある方には”お洒落なレインウェア”。

いずれにしてもイタリアで大人気なのは間違いありません。

ご興味のある方は是非最寄りの店舗でご試着ください。

因みに私、あまりにも気に入ったのでベージュも購入しようか迷っています。

1着でネクタイ1本の値段なので、3色買いもありかなと・・・























AD
2015-03-13 17:32:50

久々のリングヂャケット

テーマ:買い物


久しぶりにオリジナルのジャケットを購入しました。



BEAMSのオリジナルレーベル ”BRILLA per il gusto” のジャケット。


ここ数年、生地のチョイスからモデリングまで関わっているのですが、


実はブリッラのジャケットを購入するのは初めてです。


理由は、ブリッラを始めた当初、


年齢層の高いお客様をターゲットとしていたので、


ドロップ6に近い緩いシェイプだったこともあり、


自分の体形に合わなかったというのが理由です。


ここ数年は、年齢層の高いお客様もタイトに着たいという方が増え、

店舗からの要望もあり、徐々にフィッティングをタイトにしてきたことで

私の体形にもフィットするようになり、

今シーズン初めて購入してみました。




購入したのはこの2着。


1着目はサマーツイードのブルーのハウンドトゥース。







イタリアの ”LUIGI RICCERI” の生地を使っています。

この生地メーカーを使うのは初めてですが、

生地の展示会で見たときからかなり刺さっていたので、


絶対にオーダーしようと決めていました。


かなり太番手の糸を使っているので、

見た目もタッチもまさにサマーツイードです。

1㎝くらいのかなり大きめのハウンドトゥースで、

ブルーがインディゴのようなトーンなので、


2トーンですが柄がかなり目立ち、インパクトがあります。

素材感、柄の大きさ、ブルーのトーン、


全てが気にいりました。


素材は麻が92%にナイロンが8%混紡してあります。

ナイロンが8%混紡してあることで、

麻の素材感を活かしながら皺になりにくいという

メリットがあります。






もう一着は濃いめのベージュのサマーツイード。






イタリアの ”FERLA” の生地を使っています。

フェルラは、ここ数年イタリアのジャケット生地をメーカーで

最も人気のある生地メーカーです。


皆さんが知っている著名なブランドは,

ほぼ全て、このフェルラの生地をコレクションに入れています。


BEAMSが展開しているブランドでも

予約で完売したり、入荷早々に完売してしまうようなジャケットは、


このフェルラの生地を使っているケースが多いです。


この生地を選んだ理由は、上の拡大画像でもわかると思いますが、

変形のギンガムチェックのような複雑な織と柄、

濃いめのベージュと生成りの2トーンからなる絶妙なトーンが決め手でした。


素材はシルクが83%、コットンが17%なので、


シルクの上品な光沢があるのも、


この生地を選んだポイントです。







ブリッラのジャケットの特徴は襟にあります。


ゴージが高めで、襟幅 9cmと太めの襟です。



最近は細めのラペルが多かったので、

見慣れないとかなり存在感があります。

でも、実は太いラペルのジャケットが着たいという気分が

ブリッラのジャケットを選らんポイントでもあります。


最近はBEAMSで展開しているブランドでも

襟幅を少し太くモディファイしているブランドが数社ありますが、

個人的にも少し太めの襟が気になっています。






胸ポケットにも特徴があります。



箱ポケットの幅が内側に比べて外側が太くなっています。

これもブリッラのジャケットやスーツの特徴で、

ナポリのサルトのように、どこのサルトで仕立てたかわかるような


特徴のあるディティールを敢えて入れています。


ですが・・・、 これに関しては過去にショップスタッフから

普通のバルカポケットにしてほしいという声もありましたが、

却下しました。(笑)


ブリッラのジャケットやスーツは、

敢えて特徴のあるディティールやシルエットで

個性を表現することをポリシーにしているので、

クリーンで端正なBEAMS Fのオリジナルと比べると

濃い味付け?が重要であると考えています。


そして、このブリッラのジャケットとスーツは、


リングヂャケットで作られています。


私がオリジナルの企画に携わり始めた20数年前、

初めて一緒に仕事をしたのがリングヂャケット。

その当時担当だったのが現社長の福島さん。

そして、今でも毎シーズンの修正ミーティングには

社長である福島さんがモデリストと一緒に同席しています。


福島さん、これからも厳しい注文しますので、

今までと変わらぬ妥協なきモノづくり、

よろしくお願いします。(笑)


久しぶりに着たリングヂャケット製のジャケット。

数年前に比べて更に進化しています。


BRILLAのジャケットやスーツを着たことのない方は、


是非一度ご試着してみてください。



かなり濃い口ですが・・・(笑)

















AD
2015-03-06 21:55:16

MEN'S EX 4月号 連載

テーマ:連載



MEN'S EX 4月号
が発売されました。






私の連載 ”中村達也の今、買いのアイテム”






今回のテーマは ”同系色柄のブルージャケット” です。




ここ数シーズン柄モノのジャケットと言えば、

多色づかいのカラフルなジャケットがポピュラーでした。

今シーズンはネイビーやブルーがトレンドカラーと言うこともあり、

ブルー系のワントーンでまとめた柄のジャケットが、

トレンドとして様々なブランドから提案されています。


PITTI UOMOやミラノショールームでも

多くのブランドがブルー系のトーンの

柄ジャケットを打ち出していました。















ご覧のように、ジャガードやチェック、ストライプ、プリントなど、


ブルーの同系色でまとめた様々な柄のジャケットが


積極的に打ち出されていたことを見ても

今シーズンの明確なトレンドであることがわかります。


コーディネートは本誌でも解説している通り、

全身をブルー系でまとめるコーディネートが新鮮です。

シャツはデニムやシャンブレーとの相性も抜群なので、


皆さんがお持ちのシャツと合わるだけで、

今シーズンらしいVゾーンになると思います。


合わせるパンツは、あまりコントラストを付けないのが


今シーズンらしいコーディネート。

ネイビーやデニムスラックスと合わせるのが気分ですが、

ブルー系以外の定番的なパンツを合わせる場合は、


少し濃いめのベージュのパンツを合わせると良いでしょう。

ホワイトパンツを合わせる場合は、

こんなコーディネートがお勧めです。




上半身をなるべくブルーのトーンでまとめ、


シューズもネイビーにするなど、

できるだけブルーの分量を増やすと


今シーズンらしいコーディネートになります。




と言うことで・・・

私もブルーの柄ジャケットを購入しました。




先日のブログでも紹介し、本誌でも掲載されている


”ERNESTO” のストライプジャケット。

色々悩みましたが、今シーズンの1着目はコレにしました。



今シーズンBEAMSでもブルー系の柄ジャケットは


オリジナル、インポートともに色々なバリエーションで展開しています。


ご興味のある方は是非ご試着してみてください。


そして、「もう昨年まで着ていた多色使いのチェックジャケットは着れないの?」


と思われる方も多いと思いますが、


そんなことはありません。


ただ、少し合わせるアイテムの色やトーンが変わっています。

それについては、また別の機会に書きたいと思います。















BEAMSのオフィシャルサイトで新しい連載がスタートしました。




このMEN'S EXの連載をより詳しく解説するページです。

早速ERNESTOのストライプジャケットを着て登場しています。(笑)

動画もありますので、是非ご覧ください。


http://www.beams.co.jp/pickup/detail/4533






AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇