山田暢彦 直伝![英語って、本当はこんなに簡単]

TOEIC連続満点、国連英検特A級、英検1級。
英会話コーチ・山田暢彦(やまだのぶひこ)のバイリンガル・ブログ


テーマ:

こんにちは、NOBUです。

 

去年、半ば実験的にひっそりと始めた「Q&Aメルマガ」が、予想以上に読者数が増えていて驚いています。

 

そこで、過去の人気記事5本を1冊のe-book(PDFファイル)にまとめてみました。新規でご登録いただいた方には、このe-bookを参加特典として差し上げます。

 

→ http://www.nobuyamada.com/#newsletter

 

==================

 

トピック

・get on the train と take the train の違い

・try to 〜 と try 〜ingの違い

・「また遊ぼうね」の言い方

・「雨」は普通rainyとは言わない?

・「置き忘れる」は forget それとも leave?

 

==================

 

メルマガ記事を加筆・修正し、また写真もつけるなどして、ちょっとした小冊子になっています。読みやすい長さにまとめているので読みやすく、お得なワンポイントも結構含まれていると思います。よかったら、ご覧になってみてくださいね。

 

これまで書籍・セミナー・映像授業と、何十万人規模のオーディエンスを対象に英語指導をしてきましたが、この個人メルマガでは今後、プライベートなコミュニティーだからこそできるちょっと尖った企画や、よりディープな発信をしたいと思っています。

 

読者の "数" を追うよりも、僕の英語に興味があって(わざわざ)参加してくださる方々に、楽しくて役立つコンテンツを届けたい。少人数セミナーの先行予約や、非公開 "オフ会" へのご招待、オリジナルコンテンツの割引など、コミュニティー限定のご提案もどんどんしていくつもりです。

 

より濃く、よりダイレクトに。

 

まだ未登録の方は、是非この機会にNOBU's English Communityにジョインしませんか? 英語のレベルは問いません。英語好きの方のご参加をお待ちしています♪

 

→ http://www.nobuyamada.com/#newsletter

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★3分で驚くほど変わる!NOBUの発音レッスン★
 
前回の “no” のレッスンで取り上げた母音 “o” の続きです。
 
今回は、“on" を発音するときの母音oに注目してみましょう。
 
日本語の「オン」の感覚で発音してしまいがちですが、ネイティブの言うonは全くと言っていいほど違う音ですね。
 
はっきりと区別できていない方は、ぜひビデオで確認してみてください。「口の形」が特にポイントです。

この “o” の発音が身につくと、「ホット」「ストップ」「ショッピング」「ボディー」「ドクター」.....といった他の色々な身近なカタカナ英語も、グッと英語らしい発音に変わります。

Hope you enjoy the video!!

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★3分で驚くほど変わる!NOBUの発音レッスン★
 
今日のレッスンはシンプルに "No" の言い方です。
 
もちろん「ノー」でも通じますが、そのように発音している人は、go、show、don't など、他の基本的な単語もカタカナ英語になっている可能性があるので、ちょっと注意が必要です。

 

この1つのポイントを押さえるだけで、英語全体の印象がかなり変わります。ビデオで正しい「音」と「口の形」を確認してみましょう!

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hello, everyone! NOBU here!


「どんな教材を作ってほしいですか?」

最近、たくさんの学習者にこの質問を聞いて回っているのですが、レベルを問わず、多くの方が課題を感じているのが「発音」のようです。
 
もっときれいに発音できるようになりたい。でも、CDを聞いてもどこをどう真似すればいいのか分からない。発音の本を読んでも、文字やイラストではよく分からない...。

そこで、今回、動画で発音の無料レッスンシリーズを作ることにしました!

題して、3分で驚くほど変わる!NOBUの発音レッスン」。

 

発音は、子音、母音、アクセント、イントネーションなどの具体的な "コツ" を理解して練習すれば、誰でも見違えるほどよくなります

 

今回のビデオレッスンでは、口の形や舌の位置を確認したり、また僕のジェスチャーを見ながら一緒に練習したりと、書籍ではできないようなレッスンをお楽しみいただけます。

 

ビデオ第一弾は、挨拶の基本フレーズ "Thank you."。Thank you.はシンプルながら、発音の大事なポイントが詰まっています。「サンキュー」と言っている人は、ポイントを確認してみましょう!

 
「thank youをきれいに発音するコツ」
 
 
Hope you enjoy it!!

NOBU
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日はQ&Aメルマガの最新記事を共有いたします!Enjoy!!

↓↓↓

□■-----------------------------------□■
NOBU YAMADA NEWSLETTER 2016_8_25 Vol.5
□■-----------------------------------□■

Hello, everybody! Nobu here with today’s Q&A! 今日のQ&Aです!

QUESTION:
電車で席を譲って頂いた場合の御礼の言い方を教えて頂けないでしょうか?昨日、電車で外人の方に席を譲って頂いたのですが、どのように御礼を申し上げれば良いかわからず、「Thank you」だけ言って頭を下げるのが精一杯でした。

「席を譲る」を調べたところ、
・give one's seat to someone
・resign one's seat to someone
・offer one's seat to someone
・give up a seat for someone
など、色々出てきたのですが、一般的な言い方を知りたいです。

ANSWER:
"Thank you.” とお辞儀、これでバッチリですよ!
でも、たとえば、「席を譲っていただいてありがとうございました」ともっと完全な文で言いたい場合は、Thank you for offering your seat.と言うことができます。offerは「譲る」という意味ですね。

Thank you for 〜.で「〜をありがとうございます」という意味で、forのあとには具体的に「何に対してお礼をしているのか」を続けます。たとえば、Thank you for the present.なら「プレゼントをありがとう」という意味ですね。

注意点として、動詞を続けたい場合は、〜ingの形にしましょう(→〜ingの形にすることで「名詞」の働きになります)。Thank you for offering your seat.では、offerが〜ingの形になっていますね。別例で、たとえば家に遊びに来てくれた友人に、別れ際に「来てくれてありがとう」と言いたい場合は、 Thank you for coming.と言います。

最後にワンポイントとして、特別に親切をしてくれた人に対して「ご親切にありがとうございます」のようなニュアンスでお礼を言うときは、Thank you for 〜. のあとに You’re very kind. や It’s very kind of you. と添えることがあります(kindは「親切な、思いやりのある」)。上記の状況で言うと、たとえば電車を降りる際に、Thank you for offering your seat. It was very kind of you.とさらりと言えると、とても感じがいいですね。



ではでは、Hope today’s Q&A helped!! Have a wonderful evening!!

NOBUに質問したい方、他の方の質問への回答を読みたい方は、どうぞお気軽にQ&Aメルマガにご登録くださいね!→ http://www.nobuyamada.com/#newsletter

NOBU
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。